都内で、萌えっ子フリー切符を買ってみた

moefreepass.jpg
先月、オフ会で留萌、増毛方面に行ってきたが、このエリアを管轄する沿岸バスでは
萌えっ子フリーきっぷという切符が売られている。
増毛から豊富までの区間が乗り放題なきっぷだが、地名を見ると髪が薄い方には
ちょっとした願掛けでもしたくなるようなものばかり。
6月のオフ会では、ここの企画担当者さんとお話する機会があったのですが
実際に切符まで買うことは無かった。しかし、香港在住の某大御所なお方が
日本に来られ今日は東京であるグループの方々とミニオフをすると言うことで
これに参加。参加者と雑談していたところ話の流れから、沿岸バスの企画者さん
がちょうど東京に来ていて、かつ切符も購入できることが判明。
急遽コンタクトを取り、みんなで有楽町まで移動して、駅の改札前で購入することになった。
ちなみに、この切符を購入した最南端の方は沖縄のあるお方なのだが、今回香港の大御所
も購入されたので、最南端は香港在住の方に変わることに。
それにしてもこの切符、行使率低そうですな。場所も遠いし、コレクション化する人に
とっては、なにかされるのも嫌がるでしょうし・・・。まぁ、逆にそのほうがバス会社さん
にとっては大もうけなのかもしれません・・・・。

特急カムイで札幌へ

kamui_fukagawa0607.jpg
増毛から列車に揺られること1時間20分で、深川に到着。
ウトウトしていたせいか若干寝ぼけていた部分もあったが
特急カムイへの乗り継ぎ時間が4分しかないため、早々に移動し列車に乗り込む。
speedtest_kamui0607.jpg
電車の中では、イーモバイルでネット。カムイの車両には各席に電源コンセントがあるので
電源のことは一切気にせず通信が可能。
また、イーモバイルのエリアもしっかり拡大していてほぼ札幌まで切断無く通信が可能。
モバイルサイトとかで見るより、やっぱPCでネットできるというのは良いですね。
どんどんPCでネットができる環境が増えていくことに期待したいところ

再び、留萌本線で深川へ。増毛~深川連続完走

mashikesta_2.jpg
次の列車が出発するまでの約1時間を利用し、国稀酒造を見学。
再び増毛駅に戻ってきた。
先ほど増毛駅に到着した列車(14時50分着)は、次の折り返し列車(15時48分発)となるまで
ここに停車。1時間ここに停車したままというのは、なんとも非効率という感じもするが
むしろ走らせるほうが非効率ということなんだろう。
それにしても出発15分前に駅に到着したとき、電車にいた運転士さんはかなり暇そうにして
いたな・・・・。せめて駅に誰か話相手でもいれば良いのにね。。
もう少しこの沿線を堪能してみたいが、東京へ戻るためにはこれ以上の寄り道はできず
やむ終えず一気に深川まで行くことに。
rumoiline_syasou1.jpg
留萌本線 深川駅列車の車内。今回は、我々一行がいたから10名近い乗車人数だったが
この手のグループが居ない日は、数名程度。う~ん。。

増毛 寿司屋すが宗

mashike_sugaso.jpg
自分のための備忘録。
すが宗さんは、地元でも結構有名なお寿司屋さん。
鮮度が良いのは当然としても、誰もが他と比べたら味は別格とのこと。
匠レベルらしい。
当初は、ここでお寿司を堪能する予定だったがお店が12名程度しか入れず
しかも、席の予約はしていないとのことで断念。
誰もが口をそろえて言うお店。次回は、ここに来たいな・・・・。

最北端の酒造 国稀酒造へ

kunimare.jpg
増毛駅から歩いて5分程度のところにあるのが、最北の酒造と言われている
国稀酒造。日本酒がメインだが焼酎も出している。
ニッカしかり、キリンしかり酒造に来たらやっぱり見学せねばということで
ここでも見学。
kunimare1.jpg
ニッカやキリンみたいな凄く丁寧なほどに感じてしまうほどの各製造行程はないものの
一通りは見ることができる。
kunimare2.jpg
そして最後は、試飲コーナー。飲みたいが、飲めない・・・・。
仕方ないので、お土産購入(北のきらめき)で我慢することに。。
kunimare3.jpg
ちなみに、売店では買う買わないに関わらず甘酒をサービスしてくれます。
この味がまた最高に美味しい。
何杯かお替りしたい。というかこれ売ってくださいと言いたいほど。
残念ながら売っていないので、ここでしか堪能できない。
是非、国稀来たら甘酒をお試しあれ

留萌本線の終点 増毛駅。しかし、ここ寂しいよ

留萌駅からディーゼル列車に揺られること30分。
留萌本線の終着駅である増毛駅に到着。
mashikesta0607.jpg
ホームは一線のみ。改札は運転手さんがチェックするだけ。終着駅らしく車止めがある。
よくよく考えてみたら留萌から増毛まで待避線がある駅が無かったような・・・。
まぁ、列車を交互からそれぞれ出しあうほどの需要すらもう無いってことなんでしょうね。
mashikesta0607_1.jpg
ホームの端にあるのが、増毛駅の駅舎。と言っても、中は立ち食いそば屋、待合室とトイレが
あるのみ。切符の券売機などはない。
今回、この列車に乗ってきたのは我々のメンバー7~8名+マニア系な人2~3名のみ。
現地の人らしい人はまったくいなかった・・・・・。
う~ん、もう足として使う人も少ないってことなんでしょうかね・・・・。

電車で留萌から増毛へ移動

rumoi06071421.jpg
12時に留萌に到着したので、ざっと2時間半の滞在となったが
今度は、14時21分発の列車で増毛まで行くことに。
増毛までは約30分。海外沿いを走る。
せっかくなので買ったはがりのおにぎりとシフォンをいただくことにした。
kaboshifon.jpg
isomusobi.jpg
おにぎりは、2つ入り。ごはんは発芽玄米入りの留萌産のお米に、具は留萌さんのにしん
と数の子の佃煮。これが結構うまい。特に電車で食べるとまた格別。
そしてかぼシフォン。甘すぎずの程よい甘さで、これまた自分にとってはベストな味。

留萌は、萌えの町だった

蛇の目寿司さんでお寿司をいただいたのち、再びタクシーで留萌駅へ。
さっそく増毛方面に行きたいところだが、ローカル線ゆえに本数は少なく
次の増毛行きまで30分以上。留萌到着後、散策せずに寿司屋に行ってしまったので
駅前を散策することにした。
rumoista0607.jpg
※ 留萌駅
rumoista0607_1.jpg
まず、留萌駅内で散策。まず改札前にはかつての国鉄時代の運賃表、レールなどが記念に
展示されている。運賃表には東札幌など既に廃止された駅も。
rumoista0607_3.jpg
駅の2階に、コミュニティーラジオ局があるようで、コンポで設置されラジオが聞ける
ようになっている。ラジオ局名はFMもえる。やっぱり「萌える」からとっているってことです
よよね・・・。日曜日だからか、はたまた13時過ぎだったのか理由は不明だが放送しておらず
視聴はできなかったのだが、どんな番組を配信しているのか気になるところ。。
【追記】
せっかくなので、帰宅後FMもえるのサイトを覗いてみた。
コミュニティー局だけあって、地域に根ざした番組が多い。
ひょっとしたら、ひょっとするかもと期待してみたが、さすがにそこまでは無かった
FMもえる
rumoista0607_2.jpg
深川駅同様に、駅内には立ち食いそば屋さんがあるのだが、お店の前にお弁当販売の案内が。
数の子などの海産物もはいり、価格も800円台とお手ごろ。あったら速攻で買い込む
ところだが、残念ながらこの弁当は事前予約が必要らしい。
次回も来る機会があったら事前に予約してゲットしたいところ。。
shopmoe0607.jpg
駅の散策を終え、正しくは見尽くしたので、駅から歩いて1分程度のところにお勝手処 萌へ。
留萌で生産されたものを扱うお土産屋さんである。
shopmoe0607_1.jpg
昆布やらお菓子やらいろいろなものが売られているのだが、ここで抑えておきたいのが
留萌産のかぼちゃを使用したかぼシフォン、同じく留萌で取れた具を使ったおにぎり。
値段もシフォンが150円程度、おむすびも300円程度とお手ごろ。
来たら是非ゲットをおススメします。
そろそろ電車が来るころなので、再び駅に戻ろうとしたところ、駅前の交番前にある
留萌案内にふと目を移すと気になるものが。
rumoiannai.jpg
rumoiannai_1.jpg
これを作っているのは、地元の高校生。そして作成に携わった子たちのおススメスポット
と似顔絵も掲載。
う~ん、地域ぐるみで町おこしというのも凄いですが、ここまで萌え要素を入れておくとは。。
さすがです。
ただ、肝心な萌えに反応しそうな観光客が少ないのが気になるところ。
というか、ヲタもしっかり働いて金を持っている層と自宅警備員系とかバイトとか
カツカツな生活している層と分かれつつあるし、萌えに加えて乗り物系の要素がある人
じゃないと、さすがにここまで来ないしな・・・・。
なんかもったいない。というか、この努力がしっかり身を結んで欲しいところ。。
沿岸バスさん 萌えっ子フリーきっぷ販売中。詳細は、是非サイトを見てみてください
(知り合いが通販で買っていたらしい・・・。とりあえず俺も抑えておくべきかな)
沿岸バス

留萌到着後、蛇の目寿司でお寿司

ローカル列車に揺られること約一時間。留萌駅に到着。
まずは腹ごしらえということで、駅前散策は後回しにして
駅からタクシーに乗り3~4分程度の距離にある蛇の目寿司へ。
jyanome0607.jpg
頼んだのは、極特上寿司2100円なり。鮮度は文句なし。数は12カンで、カニやらウニやら
入っているのでまぁ納得ではあるのだが、確かよく行く南小樽の鷹寿司だともう少し安かった
ような。。
満足はしたが、ちょっとお得感が少ない感じが残念かも