どこかでマイルで旅行してみた(広島編)

JALが突如発表した「どこかでマイル」
最低でも往復10000以上する特典航空券だけど、「どこかでマイル」は6000マイルと低価格。だけど申し込み時点ではどこへいけるか判らない。ユーザー的にはなかなかスリリングではあるけどネタになる、JALとしても話題性もあるし、なにより提示したいくつかの候補地の中で一番空席率が高い便に押し込むことができる。航空会社にとって空気運ぶぐらいなら安くても載せたいと思うから良い施策かも。

で、今回はさっそくそれを行使したところ広島に行くことになったのでそのレポを

■ 候補地は、ある程度規則性がある。組み合わせは最大100回/日?。

どこかでマイルのページに行くと、出発日と到着日を入力すると、候補となる旅行先が4つ表示れる。

この4つのなかで、どこに飛ばされるかは判らないわけだけど、そもそも4つの旅行先が気に食わないということになると再度シャッフルしてくれる機能があるので、それを使って少しでも自分が行きたいと思う旅行先が出るように頑張ってみても良いと思う。

ただし、このシャッフルには1日あたりできる回数が設定されている。厳密にかぞえた訳ではないが、約100回程度はシャッフルさせていたら今日はもう出来ませんエラーが出たので、無限にできる訳ではないことに注意が必要。
また表示された組み合わせが悪くないと思っても、まだ良い組み合わせ出るかもとシャッフルしてしまうと、後からやっぱりあの組み合わせが良いと思っても、早々その組み合わせが出てこないことも注意。

またまた、比較的混雑しやすい日時の場合は、そもそも選択肢がほとんど変わらないパターンもあった。同じ地域が度重なるようであれば、その日、その地域の搭乗率が低いことが予想され、その候補を含めた場合そこにいく可能性が高くなることは覚悟しておいたほうが良い

上記はサンプルの画像だが、私が選んだのは「福岡・北九州・熊本・広島」の組み合わせ。
75%の確率で九州ということにしたが、いざ申し込んでその数時間後に帰ってきた回答は広島だった。

てっきり九州と思っていたので表紙抜けではあるが、広島もまだ行けていない場所があったのでこれを機に制覇することに。

▪️広島へ
   ここからは当日私が呟いたものを中心に。
   朝六時台の初便がアサインされたので、早朝から羽田空港へ。
   ラウンジで軽く休憩したのち、ゲートに移動し優先搭乗で機内入り。
   もう挨拶はしないと公式宣言されていたが、この日は珍しくCAさんがご挨拶してくれた。

 広島行きなので、07から離陸し、川崎から八王子、山梨と進んでいくルート。この日の富士山が少し雲が。

 この日は、前日は低気圧で広島などは雪。
初便で到着した時には、除雪済みとはいえ、凍結した状態に。
とはいえ、この程度じゃなんなく着陸。

広島空港に降りて、向かったのは岩国の錦帯橋。
ANAだったら迷わず岩国空港でいくべきだけど、JALは岩国に就航しておらず。そもそも「どこかへマイル」は場所も選べないので仕方がない。
広島空港からリムジンバスで広島駅まで行き、そこからJR線で移動。岩国からはバスで。

長年行きたかった場所に来られたので嬉しかったのだが、錦帯橋も凍結しておりまして、日陰部分の階段で足を滑らせ滑り台で降っているかのような形に。ズボンが汚れたのが・・・

錦帯橋を散策したのち、今度は広島方面に戻るのだが、基地局ヲタということで珍しい基地局を見に途中下車。
auの基地局で地権者さんがレストラン経営ということで、イタリア国旗と同じペインティングを基地局に施したもの。機械自体はありきたりなんですが、こういうのあまりないので見ておきたいのです。

広電で市内に入り、平和記念資料館近くで下車。
立ち寄ったのが、広島風担々麺のお店。辛さ100倍までできるというお店でしたが、控えめに50倍に。
でも、100倍普通に行けましたね。

徒歩で平和記念資料館に移動し見学。
以前、ここに来た時は夜だったので原爆ドーム等を見る程度で資料館に行けなかったので、やっとこれた感じ。
残念ながら、館内一部は改修ということで全部を見られた訳ではないですが、様々な遺品等が展示され、その凄まじさ等を肌で感じ、じわり涙が出るコーナーも。兵器としての原子力。無くすべきですね。

※先日オバマさんが来館されましたが早速そのコーナーも。彼が残したコメントは凄くよかったです

再び広電で広島駅に。
バスに乗るまでの間に、駅ビルの麗ちゃんでお好み焼き。
ついついここにきてしまう。

再びリムジンバスで広島空港に戻り、搭乗。
ラウンジが改修中ということで代わりに商品券をもらい、お買い物。
嬉しいけど使い道なくて困った。

と、こんな感じで楽しんできた訳ですが、やはり6000マイルで楽しんで来られるというのはお得ですね。
近距離路線でも往復10000マイルかかるので、搭乗回数がそれなりにあれば貯まりやすいけど、買い物レベルなら10000マイルは結構大変。でも6000マイルなら手が届きやすい。

個人的にはこの施策。また使っても良いと思っているほど。

みなさんも機会があれば是非

デルタ アメックスゴールド ゲットで全アライアンスの上級会員をコンプリート

cardface

という事で、スカイチームの上級会員ステータス欲しさにデルタアメツクスゴールド
に申込み。無事本日受け取り。12/3には申込んだので実質10日ほど。
(10年前はカード申込みから発行まで1ヶ月ぐらいざらだったんだけど。)

もともと飛行機好きで、学生時代からオフ会等で全国あちこち旅行していたこともあって
比較的早い時期から航空会社の上級会員制度を知り、その獲得を目指していたものの
結局JAL(ワンワールド)、ANA(スターアライアンス)の上級会員をゲットしたのは
6年ほど前。正直、カードを増やしたくなかったのと、国内大手抑えたのでもう良い
だろうと思い抑えてきたものの、海外に行く率が増えスカイチーム系の利用も増えて
きたので、この際ゲットすることに。

実はほんの2-3ヶ月前には、紹介でセゾンプラチナアメツクスをゲットしたばかり。
そのまた2ヶ月前にはセゾンパールアメックスを申込み。さらには勝手にドコモさんには
割賦審査かけられ申込情報に履歴が残っていたりと多重契約者状態。
ひょっとしたら落とされるかも・・・という不安があったが無事ゲット。

これですべてのアライアンスで上級会員ステータスをゲット。
もう宗教上を理由に航空会社を選ぶ必要もなくなり一安心だし、なにより海外で飛行機乗る時は(バゲージロストの不安から)日本以上に大型ケースを機内持ち込みする方が多くて、終盤搭乗すると荷物の置き場所がなくて困ることが多々あるので、優先搭乗は必須。
これでまた不安がなくなり助かった感じです。

ちなみに、余談ですが。
セゾンプラチナアメツクスは2度目のゲット。昔下記カードフェース時代にゲットしていたもののセゾンっぽいデザインということでカード集約の際に解約。しかしその数年後には申込制からインビ制に切り替わり、かつカードフェースが現行のカッコイイ感じに。実は再びゲットを考えていたものの実績つくりがメンドクサク半ば諦めていたところに、ありがたいお誘いが。
おかげで今回のデルタ含めて合計年間5万円も年会費が増えてしまったわけですが、一先ず
カードヲタクとしては満足。
saison_pratinum

ANA SFC獲得修行2日目(6月16日) 伊丹ピストン修行

JAL株主優待で購入した大阪→東京間のオープンチケットがそろそろ期限を向かえるため、急遽伊丹ピストン修行をすることにした。すでにJALはサファイヤ獲得済み。ANAは現在修行中。しかし片道分だけJALのチケットだけはあるため、行きはANAで飛び実績を積みつつ帰りはJALでJGCの威力を体感すべくと普通に考えれば変な旅行である。 





搭乗回数便名路線プラチナポイント切符 費用
4ANA023羽田→伊丹420特割1 12450
(51)JAL3006伊丹→成田420株主優待 10300
合計FOP420費用12450

【4】 ANA 023便 羽田→伊丹 B777-200( JA8198 )

 
 羽田: (搭乗口)63 (滑走路) 33R離陸 
 伊丹: (搭乗口)10 (滑走路) 32L着陸 
 12:04→13:03
通路側をアサインした関係で外の景色はわからず。嬉しいことに隣の席に誰も座らなかったことで空間的にゆったり。音楽と聞きながら過ごす。
  
【(51)】 JAL3006便 伊丹→成田 CRJ200( JA206J ) 
 伊丹: (搭乗口)63  (滑走路) 32L離陸 
 成田: (搭乗口)バス (滑走路) 34R着陸   
 14:20→15:35
 
もともとは、JAL120便で羽田に戻るつもりであったが、ほぼ同時刻に成田行きの便があることに気がつきJGCカウンターですかさず便変更。幸い窓側の席も確保できたので早々にサクララウンジへ移動。出発までの間、昼間からビールを飲んだりとまったり過ごす。
    
 
  ※ サクララウンジの入り口
 
   ※ ラウンジ内
出発15分前になりラウンジから出て、14番搭乗口へ。すでに搭乗開始していたため、そのまま乗り込む。
 
 
 
機材はJ-AIR CRJ200。50人乗りのリージョナルジェット機。   
成田行きだけあって海外に行く人で便はほぼ満席。
  
天気が良いこともあってか眺めは抜群。中部国際空港、建設中の静岡空港、大島空港を眺めることができた。九十九里まで海上飛行をしたのち、成田に向かって旋回。そのまま成田の暫定平行滑走路へ着陸。少し前に着陸したIBEXエアラインの飛行機と一緒に第二ターミナルの外れにあるスポットに駐機。バスでビルまで移動。
—————-
単純なピストン修行もこれで終わり。京成線のスカイライナーに乗車して帰還。余談だが、スカイライナー乗車中にイーモバイルでデータ通信しようと
を試すものの通信状態がよろしくないため臼井あたりで早々に断念。モバHO!の品質テストに切り替える。勝田台あたりから日暮里まで視聴したが、結構揺れるぐらいスピードよく走っている中でもほぼ問題なく視聴ができた。(※市川真間、高砂あたりで若干とぎれが生じた )

ANA スーパーフライヤーズカードの獲得を目指して・・・・

本日、書店に立ち寄ったところ日経トレンディの最新号が販売されていた。
今回の特集は、久しぶりの「ポイント長者」特集。

ここ一年でポイントを取り巻く環境も変化しており、内容もそれらをすべて最新に更新した感じであるが、さらに航空会社の上級会員制度を得るための特集ページが組まれ、ご丁寧に安く修行できる方法まで記載されている。
これを見て思ったのが、資格取得ハードルが高くなったり、特典縮小するのではないか?という不安。最近、上級会員を目指すことを促す記事や本が多々あり、それらを見てやってみよう!と思うユーザーが現実に増えつつあるのだが、ユーザーが増えた分だけサービスの恩恵を受けにくくなっている点もある。また、たくさんのユーザーが上級会員になるということは、提供側もその分だけ提供するコストも増えることになる。先日、JALのワンワールド加盟に伴うグローバルクラブの施策発表にもあったように対抗上、同等のサービスを提供するものだが結果は、同等にするには一定のハードルを設けた訳で、今後の加入者増などによってはJAL、ANAどちらにおいても今までよりも条件が厳しくなったりする可能性がある。さすがに、この特集などにより即座に条件変更等は起こらないが、ユーザー動向に
よっては来年度の条件は変わる可能性もあり、また年々航空運賃値上げで初期投資額は増加傾向。いっそのこと今年あたり、ANAも獲得しておいたほう良いのかな?と思っていたりする。まぁ、条件悪化等は毎年囁かれることなので杞憂かもしれませんが、皆さんはどうされますか?
日経トレンディ ホームページ

JGC入会キットが届きました

先月、晴れてJAL Global Club会員となったが、入会者向けへのノベルティー一式が本日到着した。
jgcpackset.jpg
届いたノベルティーは、パスポートケース(革製/会員名刻印) が一つに
バッゲージ・タッグ(革製/会員名刻印)が二つ(小サイズが1つ、中サイズが1つ)バッゲージ・タッグには、会員番号と名前入りというのが、実際使うとなると気が引けてしまうが、せっかくのオリジナルなので大切に使うつもりである。これで、修行によって得られたノベルティー類は一通り到着。あとは今月末に来るはずのJGC サファイヤカードぐらいだろうか・・・・。

また、CRYSTALカードが届きました

先日、JALマイレージバンクから、JMB CRYSTALカードが届いたばかりにも
関わらず、またもやJALから一通の封書が届きました。
中身を見ると、先日貰ったCRYSTALカードと酷似しているものの、よく見ると
JGCのロゴが・・・・。
jmbjgccrystal.jpg
勝手な予測ですが事務処理上、早い段階でJMB CRYSTAL確定し、CRYSTALカード
発行準備を進めていたのでしょうが、この確定タイミング後にJGC会員になってしまった
為に、慌ててJGC CRYSTALカードの発行を行ったのかもしれません。
どちらにしろ、貴重なカードが手に入ったのはありがたいことですが、見方を変えると
カード作成の費用とか無駄だなぁ・・・と思ってたりします。

JMB CRYSTALに昇格しました。 

1月に38搭乗しているにも関わらず那覇~久米島間の搭乗が多かったせいかFOPが10000超えせず、2月の修行でやっとCRYSTAL達成となったのだがステータス昇格は、マイレージバンクの規定で達成した時の翌々月から。この間に、ステータスがないまま搭乗回数を重ねサファイヤ達成、JGCカード取得となってしまったが、この時の取得したステータスのカードがやっと届いた。
jmbcrystal.jpg
届いた資料一式。
jgccrystal.jpg

※ 【4/1追記】 ホームページ上のステータス表示。既にJGC会員なので
JGC CRYSTALとなってますが、隣にはワンワールドのステータスがあります。本来CRYSTALは、ワンワールドルビーなのでワンワールドロゴの下の色は赤ですが規定の搭乗回数超えということで、ここがワンワールドサファイヤと同じ青色になってます

さて、CRYSTALで得られる優待サービスを纏めると以下の通り。
・ボーナスマイル 50%
・国際線搭乗時のみ 優先搭乗
・超過手荷物 超過10㎏
・クラスJ利用時のみ プライオリティバッゲージサービス
・優先キャンセル待ち(予約時)
・国内線空港 優先空席待ち
・国際線空港 優先空席待ち
・カード提示による専用チェックインカウンター
  (国内線はJシート利用時のみ、国際線は成田、関空、福岡、中部)
・(マイル引き換え)ラウンジクーポン
・(マイル引き換え)クラスJクーポン
 + ワンワールド ルビーの特典
 
ボーナスマイルや国内線空港での優先空席待ちあたりは、修行時に使えたら良かったなぁと思ってしまったが、そもそも2月の段階で、残り6搭乗とか無かったので、仮にステータス取得が規定より早まってもあんまりメリットは無かったかもしれません。来月には、サファイヤのカードが届くはずなので、正味一ヶ月間のお役目。この一ヶ月間の間に出張とか入らないかな・・・・・。

JALグローバルクラブ会員へ

先週末にJALグローバルクラブへの切替申込書をポストに投函したのも束の間本日、JALからグローバルクラブの案内書、カード一式 計2通到着した。JGCデスクにて書類請求した時は、約2週間掛かると言われていたがわずか一週間で到着してしまった。
jaljgc2.jpg
カードが届いたということで、久しぶりにJALのホームページを覗いてみるとステータスが平JMBからJGCに。1月末から修行を始めてから早2ヶ月であっと言う間にJGCへ。修行時は大変に感じたが、今思うと少々あっけなく終了してしまった感じも・・・・・。

次は、ANAも攻めましょうかね・・・・。
jgcstatus.jpg
余談ですが、JMBダイナースからJGCダイナースへの切替ですが、JCBやDCブランドと異なりカード番号は変わらず。かなり面倒な再手続きをしなくて済む点は、結構ポイント高いです。
jaljgc.jpg
※ JMBダイナースとJGCダイナース。個人的にはJALCARDのロゴがもう少し大きい方が・・ 

JALグローバルクラブ(JGC)に申込みを・・・・。

先日の大阪方面への修行により、無事50搭乗を達成し、晴れて
サファイヤ獲得となったが、実際にプレサービスが提供されるのは来月下旬。気長に待つというのもあるが、先日Yahoo!オークションで意味もなく株主優待券を落札してしまったことから、優待券の消化が必要となった為、早めにJGCを入手すべく、FOPと搭乗回数が反映直後にJGCデスクへ相談。
jalsta0311.jpg
おそらく同様なことをしている修行人が多いせいか、あっさりと切替申込み書送付してもらえることになった。
jgcorder.jpg
先日この手紙が届いたが同封された申込み書は、既にCLUB-A GOLDを持っている為、記入箇所もあっさり。すぐさま記入の上、ポストに投函。これで問題なければ2週間後にはJGCカードが到着するはずである。さて結果はいかに・・・・。

50搭乗達成! JAL修行6回目









搭乗回数便名路線FOP
45JAL1509羽田→大阪(伊丹) ※クラスJ476
46JEX2205大阪(伊丹)→仙台596
47JEX2206仙台→大阪(伊丹)596
48JAC2323大阪(伊丹)→コウノトリ但馬106
49JAC2324コウノトリ但馬→大阪(伊丹)106
50JAL1526大阪(伊丹)→羽田420
合計FOP2300

早々にサファイヤを獲得し、JGCカードをゲットしようと思って修行を開始した
のが1月末。これぞ! ピストン修行と言うほどの4日間連続で朝から晩まで
搭乗しまくりの強行スケジュールを慣行し、一気に38搭乗稼ぎつつ、2月に
6搭乗のプチ修行を行ってきたが、とうとう残り6搭乗を残すのみに・・・・。
————————
6時30分過ぎ、車で羽田空港へ。
ある会社の株主優待で駐車場の無料利用権を貰ったのだが、4月末が期限
となるため直接羽田に停めるのではなく利用権を公使すべく、いざ浜松町へ
しかし、首都高速が渋滞。環状線で事故が発生した影響をモロに受けてしまった
ため、一般道や首都高を利用しながら、うまい具合に進めていたものの、それでも浜松
町への到着が8時20分頃となってしまったことから利用権行使を断念。予定を変更し
そのまま羽田空港へ。
8時50分前に羽田空港に到着後。
その後は新大和へ。アメリカンエキスプレスカードの優待サービスを公使して
山かけセットをいただきながら、一息ついたところで搭乗口へ。
hnd0310.jpg
JAL 1509(機材 B777-200 JA771J 先得ジェット)では、予約がとれず珍しく通路側。
お隣さんが3~4才ぐらいのお子様で、客室乗務員さんから貰ったおもちゃを一生懸命
組み立てている姿を微笑ましく思いながら、音楽聞きつつ読書しつつで時間を過ごす。
0310JA771J.jpg
ほぼ定刻に到着後は、乗り継ぎまでの40分程度あったため、帰りのJAL1526便の
クラスJへのアップグレードすべくキャンセル待ち手続きを行いつつ、但馬路線の
発券など事務手続きを一通り済ませたあとは、16番搭乗口へ移動。
itm16.jpg
JEX 2205 使用機材はMD81(JA8295) JALエクスプレスは初めての搭乗のため
出来ればJEXロゴ入り機材に搭乗したかったなぁ・・・と思いながら、機材へ乗り込む。
満席状態で出発、離陸後しばらくして隣の方がいきなり立ち上がり、後方のトイレ
に向かって歩き出すというハプニングがあったものの、その後景色を見ながら過ごすが
雲もの中に入ったあたりで、熟睡モードへ。
軽い熟睡後、猪苗代湖を見下ろしつつ、降下へ。ほぼ定刻に仙台空港着。
0310JA8295.jp
仙台空港到着後は、折り返しまで約2時間弱も時間があったため、仙台空港内
で飯を食べ、名産品購入を行い、その後は、ビジネスラウンジへ移動。
UCゴールドカード(ダイナースでも良かった)を提示の上、ラウンジ内でゆっくり
過ごすことに。
しかし、このラウンジ。会社の会議室的な雰囲気になっている。部屋も受付
するところと、休む所が通路を挟んで別々にあったりと、もともとラウンジを作る
予定がなく、急遽決まったのでその場の有りモノだけで作ってみました・・・み
たいな一言で言えば即席感がある。羽田、千歳、大阪、沖縄などなど主要空港
のカードラウンジを多様している人から見れば少々驚くかと思う。
sendaiair1.jpg
空港全景
sendaiair2.jpg
出発ロビー
sendaiair3.jpg
搭乗待合室。なんとなく関空を感じさせられるのは気のせい?


JEX 2205 使用機材はMD81(JA8261) 行き乗ってきた機材で戻るのかと思って
いたが、札幌行きとして運用され、変わりに札幌から来た本機材が、大阪行きとなる。
この便は、ほどほどの搭乗率。隣の席が空いたため、ゆったりと過ごすことが出来た。
ちなみに、この便を担当された客室乗務員さんがJEXレターに載っていた人で、少々
びっくり。失礼の話だが偶に写真と実際にギャップを感じてしまうケースがあるが
この方は、写真通りの可愛い方でした。
この便は、定刻より約5分早く到着。但馬行きまでは、1時間少々時間があるため
ゴールドカード公使でラウンジオーサカにてゆったり過ごす。ただ、数名の修行僧と
おぼしき方がおり、2chやらANAのホームページで予約していたのには、気持ちとして
は、頑張れというエール半分、おいおい・・というゲンナリ半分ってところであろうか・・・。
JAC 2323 使用機材はSAAB340  日本エアコミューターに乗るのも、SABB機に
乗るのも初めて。うれしいことに、旧塗装機。JASの面影を思い出させてくれてうれしい
限りである。搭乗率は半分程度というところだろうか・・・・。数名明らかに修行僧と
分かる方がおり、修行路線だけあるなと変に関心してしまった。
出発時点で雨が降り始めたこともあり、離陸後は雲の中の飛行。噂通り、揺れたが
個人的には、楽しいぐらいであった。着陸10分前ぐらいから、雲から抜け景色が
見えるようになったが結構、山頂すれすれを飛んでいるようにも見受けられ驚かされ
たが、豊岡の市内をぐるっと旋回するような形をとりつつ無事着陸。
SAAB340.jpg
tajima1.jpg
コウノトリ但馬空港。駐機場から施設を望む。
tajima2.jpg
コウノトリ但馬空港内の出発ロビー。正直、何処かの公民館と言った集会場を思わせる
雰囲気。久米島空港なんかは、まだ空港らしさがあったのが、ここまでローカルライクな
感じには驚いた。ちなみに、ここには蕎麦など但馬周辺のお土産が売られている
ので、地域貢献しましょう。
tajima3.jpg
コウノトリ但馬空港全景。山を切り開いた所にあるこの空港。回りには、お店などが
無いのが悲しきこと。
ankys11.jpg
空港の隣には、引退してしまった国産旅客機YS-11が飾られている。
今となっては間近で見られるのは、埼玉所沢の航空公園ほか数カ所と数少ない。
dcm_tajima.jpg
YS-11が展示してある所とは反対側にあるのが、これ。ドコモのケータイの
基地局(但馬空港無線中継局)。特別珍しいモノではない。むしろauやソフトバンク
のアンテナが無かったなぁ・・・・。

折り返すまでの25分間にこれらを撮影しておりました。

JAC 2324 使用機材はSAAB340 搭乗率は、行きよりも若干多い。3列のうち
1列分の人がいないような感じであろうか。離陸後、数分で雲に入ってしまったが
行きの着陸時同様、豊岡市内を旋回しながら高度を上げていったようだ。
その後は雲の中を揺れながら飛行、着陸5分前ぐらいにやっと雲から抜け、景色を
見ると、市街地。パッと見た感じなので外れているかもしれないが、千里、御堂筋を
通り、大きく右旋回しながら32Rに着陸。定刻より5分ほど早くの到着。駐機場からは
バスに揺られて到着ロビーへ。
東京行きまでの40分ほど。先得割引利用によるお買い物時の割引を利用すべく
一旦、外へ出て、出発ロビーを通り、手荷物検査前のお土産物屋で買い物し
時間をつぶす。
itmrobby.jpg
JAL 1526 使用機材はB767-200(国際線仕様) もともと予約した時は、B777-200だった
はずなのだが、最近見たらこの機材に変更されていた。せっかくなので、国際線仕様の
ビジネスシートを体験したいと考え、クラスJへのアップグレードをキャンセル待ちでお願い
しておたが、結果はNG。一席あいていたようだが、上級会員にとられてしまったようだ。
トホホ。
機内は満席。なぜか、学生とおぼしきグループがが多数いた。故に、うるさかったという
のもあるし、若干手荷物収納に手間取っていたが遅れることなく出発。
多少揺れたものの、定刻より早く16Lに着陸、無事修行が終了。
hndrobby.jpg
駐車場へ戻るため、一旦出発ロビーへ。ちょうど関西空港への最終便の搭乗
受付が終了し、片づけの準備。日中の混雑時などでは、人の行き来が多くて
広々さを感じない時がありますが、この時間になるとその広さを実感できます。
ただ、ちょっと寂しい感じがしますね。
車に乗り込み羽田空港を後にしたあとは、蒙古タンメン中本に途中寄り道しつつ
そのまま自宅へ。
これで50搭乗達成し、来月末にはステータスがサファイヤに変わり、JGCが申し込める
ことに。短期間に、よくやったというのが正直な気持ちである。
次はどうしようか・・・・・。