田所あずさ 「純真Always」発売記念イベントに行ってきた(感想)

東名阪+福岡で開催されたLIVE TOUR 2016 ~Live Forward~が1月末に終わったばかりだけど、さっそく新シングル「純真Always」がリリース。と言うことで発売記念イベントに行ってくることに・・・。

今回は、13日の秋葉原・横浜回、28日の秋葉原回の3イベントに行ってきたので簡単ながら感想を纏めたいと思う。

■イベント内容
 リリイベということでライブパート+トークコーナーという基本構成に、場所によって購入したCDへのサインもしくはプロマイドのお渡し。このあたりは、あずあずのイベントでは一般的なパターン。地域によってはお渡し会だけっていうのもあったようですが・・・。
トークコーナーは、リリースシングルの秘話に触れつつ、今回は某アニメ情報番組でコーナーを持っていたことに参加者のお悩みに答える相談コーナー。初回こそは回答にならない回答だったりしたけど、回を重ねるごとにうまく回答している感が。(あとは、毎度のことですがマネージャーの金成氏とランティスのあずあず担当である保坂氏のイチャイチャネタの暴露も)

■ライブパート披露曲
 新シングルのリリースイベントということで収録曲3曲に、各会場限定として過去のリリース曲から1曲の計4曲が披露。

 純真Always
 孤独な惑星
 Cherish
  +
(13日)ゲーマーズアキバ : 君との約束を数えよう
 (13日)アニメイト横浜: Hello My Revolution
(28日)とらのあなアキバ:あおぞら

参加者へのシングル曲のどれが好きかアンケートが毎回行われていたけど、孤独の惑星やCherishを選ぶ人がどんどん増えていった感じ。実際、この2曲を聴いてみると力強く歌う姿は、さすがだなぁ…と感心したほど。この2曲は速くライブで聴きたいなぁ・・・。(年末ごろにライブ開催されるはずなのでそれまでお預けだが楽しみでしょうがない)

ざっくりですが、感想はこんな感じ。
新しいアルバムのリリースも発表され、今後が楽しみですね。

てさプル!催しもの 昼・夜の部に行ってきた(感想)

2015年春アニメで放映されていた”てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう”の最後の集大成なイベントが今回開催されることになったので行ってくることに。ずいぶん時間経っちゃったけど今回はその感想。

そもそもこの作品は”てさぐれ!部活もの”シリーズの3期作。舞台は桃成高校に所属する5人が、新しい部活動のあり方を考えるための部活”てさぐり部”に所属し、個々が思う”新しいもの”を披露しあうトークメインのアニメ。アニメではあるけど、まぁ静止画率高いし実際は中の人の突拍子もないネタをキャラが披露している体にしているという作品。中の人には、西明日香さん、大橋彩香さん、明坂聡美さん、荻野可鈴さん、上田麗奈さんほか、話すと面白い声優さんや新人声優さんら参加したこと、実際の出てきたネタがシモよりも多く、なかなか笑える作品になったことで、気が付けば3期作にまでなった人気?作品だったりする。

で、昨年の3期終了以降、イベントは続いていたんだけど最後に全員集まってイベントするということになったので、全会の澁谷公会堂に続き参加してくることにした。

それでは、イベント参加で気になったことを

■昼の部
 昼の部は、1~3期までに作られた楽曲達を披露する歌の部。うろ覚えなんで少し順番前後、ヌケモレあるかもしれないが披露された曲は、3期作品のコラボとてさぐり部のキャラソンを交互に披露するような形で以下。
 
 1.やっぱりStand Up!!!!!
2.Red Hot Happy Days!
3.ひらめいチャッチャ!
4.キラキラBaby×Baby
 5.Call Me “Lazy”
 6.グリーン妄想モンスター
 7.心春日和
 8.青と黄色のあまのじゃく
 9.桃色友達認定
 10.とりかえっこ
 11.桃成高校 校歌
 12.色彩crossroad
 13.Stand Up!!!!

 この歌の部で記憶に残っていることは。
 
・西明日香さん、リハ頑張りすぎて首痛める。
 登場早々のMCで勢いあまって首を痛めてしまったことを吐露。それだけ楽しみにしてくださったのかな?と思いつつも、最初はかなり痛そうにしていたので大丈夫かな?と不安に。

・歌の部なのに、MCから下ネタで攻める
 1曲披露してからMCで自己紹介。作品で出てきた催すネタをはっしーがぶっこんできたり、みかこしさんが(お前たち)プルンプルン揺れてるか?その後演者さん達のおっぱいネタ(揺れる揺れない)に発展するあたりは、やっぱり”てさぐれ”だな・・と。

・上田麗奈さん、上坂すみれさんがマイクを取り違い
 自分たちの出番直前まで舞台袖でのんびりしていたようで、次が自分達の出番と気が付きあわててステージへ駆け込んでいった際に個々のマイクを取り違え。マイクの入りに違和感を感じた上坂さんが確認のために上田さんを連れて行く形で本来予定していなかったステージを左右行ったり来たりしたりとチョイとしたハプニングに。歌い終わった後、マイク取り違いを吐露し二人で笑いあうシーンは印象的でした。

・”とりかえっこ”が下ネタ曲に
 上田麗奈さん演じる萌舞子のキャラソン”とりかえっこ”。たくさん姉妹がいるから服とか、いろいろとりかえっこするなどの歌詞なんだけど、歌い終わったあとのメンバー全員集合MCで、”とりかえっこ”がツボにハマった数名が”へごのパンツを・・・・”など下ネタ替え歌し始め、上田さんが辞めて・・・と言い出すことに。
 
・公開処刑。参加者全員での”校歌”合唱
 てさ部メンバーが一小節ごとに歌詞を作り組み合わせた校歌を全員で歌うことに・・・。完全にネタ曲なので歌詞は・・・・たし、合間に男役と女役のそれぞれ掛け声もあって、この掛け声を参加者がやることになったのだが、女役をやらされた方々が「いゃーん」と女っぽく歌う場面は笑いが。うーんこれニコ生放映しているってことはここだけじゃすまないじゃないか・・・・(苦笑)

・”つむじ見てもシャンプーなに使ってるかはわからないよ”
 パシィフィコは3階席まであるのたが、ステージから3階席の観客を見た演者さんたちは、3階席からじゃ自分たちが見えにくい。ひょっとしてつむじしか見えていないのでは?と心配されていた。一旦はそれで終わったのだけど、その後のMCパートで何かネタが出た際に、誰かが再び3階席を見て”つむじ見てもシャンプーなに使ってるかはわからないよ”と、年末の某コミケで飲シャン騒動をネタ化。やっぱり演者さんたちにもあの騒動はご存じなんだなぁ・・・と。

・アンコールでギダニエル氏登場。
 アンコールで出てきたのは、作者のギダニエル氏。(知らない人も多いためか)キダニエルという首掛けネームプレートをぶらさげ、さらに鞄やバッチ、タオルほかヲタグッズを身にまとい登場。(何処のラブライバーだよ。) 終わってしまったことを謝罪。その後シャルムメンバーがステージに戻ってきて、それらグッズ類を全部剥がされるシーンはなかなか面白かったし、キダニエルのネームプレートまで”みかこしさん(小松未可子さん)”にぶんどられ、今後はアンコール曲をその首下げネームプレートつけたまま歌うシーンもなかなか面白かった(どうやら、今後キダニエル氏のCVはみかこしさんになるそうです)

■夜の部
 昼の部が歌中心だったけど、こちらはトークの部。司会進行は松澤アナウンサー。

・得たもの失ったものコーナーで「(失ったものは)新人声優のイメージ」
 シャルムチームが得たもの、てさぐれチームが失ったものを答えるコーナー。この中で一番おもしろかったのは、大橋彩香さんが失ったものとして「新人声優のイメージ」。確かにこの作品では、イケメンネタほかいろいろ面白い発言もあったし、”へごちん”ネタもかなり広まった気がする。その結果親しみやすいと感じたファンも多かったとは思うけど、一方で新人声優らしい清楚?さは確かにこれで無くなった感も。

ちなみに、得たものでは3名が「ギャラは結構良かった」と回答。あれだけのことをしたわけですから多少はね。

・催しものだから催した? ステージに残尿跡?
 昼夜ともに開始直後から残尿感というワードが飛び交うステージでしたが、夜の部開始早々に、水を飲んでいた大橋彩香さんが(水を)溢してしまい足元にはたくさんの水が。再び残尿ネタで活況づき本来のコーナーが進まないことに松澤アナウンサーが必死に元に戻し奮闘し、その後コーナーも終わり別のコーナーに進もうとしたところ、今度は松澤アナウンサーまで水をこぼしてしまい・・・・残尿感ネタ復活。やっぱりあの作品と下ネタはきってもきれないなぁ・・・と。

・川柳は下ネタ
 3つのチームに分かれて各チームが言葉が書かれたカードを選び川柳を作るコーナー。
ちなみに創り出された川柳としては・・・・

「要注意 どうしてなった 西明日香」
 「ワンチャンス シングルベッド へごちんと」

 確か、残尿感、さくらんぼ などのキーワードを使った川柳もあったはず。しかしワンチャンスの川柳は面白かった。それこそこういうネタにされてしまうところは正に本人が新人声優としてのイメージを失ったそのものですし・・・。

・創作アフレコ
 事前に募集していた創作作品の上位作品のアフレコが行われ、「へごまね選手権」「 ゆりずきんちゃん」などが披露。へごまね選手権は完全に、大橋彩香さんのしゃべりを真似るお話だし、ゆりずきんちゃんは、あかずきんちゃんのパロディで行くおでかけする先々で百合な方に出くわすというお話。百合狼ネタを見ている分非常に楽しめた。
ちなみに、この創作には作者であるキダニエル氏も投稿したそうだが、ぬこP曰く面白くないから落選と相変わらずだった。

・荻野可鈴さん、みかこしさんに数度キスされご満悦
 この作品で存在感を出していたのは荻野さん。いちよ夢見るドレセンス(夢アド)のリーダーというアイドルなんですが、若い頃特有の無邪気な下ネタトークがまた面白くて親しみが持てる子だったりします。で、今回のイベントでもそのあたりは全開でしたが、なんでも”みかこし(小松未可子)”さんが好きなようでして近づくと緊張するということで、小松さんから離れようとするのだが、小松さんはこれを逆手にとり近づいたり、しまいにはキスまで。されたあとの荻野さんの表情が凄くご満悦状態で、あの表情はなかなか見られないなぁ・・・と。(正にリアル百合ネタに。)

いろいろ書きましたが感想としてはこんな感じ。マジで良い作品ですよ。残念ながら終わってしまった訳ですが、続編とかやって欲しいなぁ・・・と。
もし、イベントがまた開催されることになったら行くことをおススメします。

田所あずさ LIVE TOUR 2016 – Live Forward – 東京公演感想

東名阪+福岡でツアー敢行中の田所あずささん。とうとうツアーも本日の東京公演で最終に。
と言う訳で行ってきた感想を纏めることに・・・・。

ちなみに、東京公演は急きょニコ生で生中継を実施。会場に出向かなくてもライブが見られるという太っ腹。プレミアム会員ならタイムシフト視聴もできるようなので、良かったら見てみてください。(そして、良いなと思ったらCD買ったり、おそらく年末か年明けに開催されるライブにも来てみてください。)

※大阪公演と福岡公演も感想は以下で纏めておりますので良かったらご覧ください。
田所あずさ LIVE TOUR 2016 – Live Forward – 福岡公演感想

田所あずさ LIVE TOUR 2016 – Live Forward – 大阪公演感想

tadokoroazusa_livetour20160124
※東京公演は六本木EXシアター。

それでは東京公演の感想について語っていきましょう。
まずはセットリストから。
———————-
1.DREAM LINE
2.ヒカリになって
3.キセキ
※MC
4.Hello My Revolution
5.Brilliant sensation
6.DEPARTURE
※MC(ここでMCパートと誤解してしまい急きょグッズ販促)
7.シーソー
8.愛しさの存在
※MC
9.スキミ→(アコースティック)
10.Beautiful Wind (アコースティック)
※MC
11.純真Always
12.あおぞら
13.君との約束を数えよう
14.ツボミノコエ
※MC
15.Straight Forward
※アンコール
16.セツナレター
※MC
17.チュルリルラ
18.My Favorite Destiny
※Wアンコール
MC(ニューアルバム発表)
19.純真Always
———————-

セトリは他公演と原則同じ。異なるのはアコースティックパート1曲目。公演ごとに曲を変えるという宣言通り、東京公演では唯一披露されていなかった”スキミ→”を披露。また1st、2nd同様アンコール後にWアンコールを実施。夏に2ndアルバムをリリースするとの発表があったのと、再度純真Alwaysが披露された。
あとは、ころあずが間違ってDEPARTURE、シーソーの間にMCを入れてしまったことか・・・・。

所要時間はMCが余分に行われたことやWアンコール等もあったことで約3時間に。このあたりの時間配分は最終日ではお決まりの流れ。

それでは、気になったことを纏めていこうと思う。

■ニコ生放映で緊張?チョイチョイ失敗
他公演よりも一番観客が多かったし、ニコ生配信でうっかり変なことするとそのまま放映されて誤魔化し聞かないということで緊張していたのか、MC入れる予定ないところでMCを入れてしまったり、いろいろ噛んでしまったり・・・と失敗が多かった。でも、歌を歌わない時の”あずあず”はこんな感じなので、あーいつもの”あずあず”だ!と思いながら楽しませてもらった。

■新しいアルバム発表
過去数回のライブで必ず東京公演で何か新情報が発表されているので、今回もCDリリースか春アニメでのタイアップ決定か?など何か発表されるであろうと思っていたが、予想通りCDリリースが決定。今度はアルバム。昨年リリースしたシングルの一部が収録されると思われるがそれでも数曲は新曲が入るはずなので、また持ち歌が増えることに・・・・。次のライブからは所要時間を延長しない限り披露されない曲が出てくるってことなんだな・・・と、素直に持ち歌が増えることに嬉しさが。(それか公演ごとにセトリが大きく変わる可能性も・・・。ますます行くしかなくなる・・・)
また曲調はロック系になるそうで、福岡公演でロックで進みたいと発言していたことを思い出し、あーあの時の発言は布石だったのかな?と思ったり。

一先ず、夏はリリイベであちこち遠征は覚悟しておこう・・・・。そして年末か来年年明けにはライブも開催されるはずなので、今度もあちこち遠征かな・・・。

さて、ライブツアー4公演も無事終了。今回3公演参加してきましたが、セトリ自体はほぼ変わらずではあったけど、楽しかったの一言に尽きる。2014年12月開催の東販ライブと比べると確実に成長したなぁと感じたし、今回公演をこなしていく毎にあずあず・あずさ2号のパフォーマンスも洗練されていったし、見ている我々もファン同志の一体感、あずあず・あずさ2号とファンの一体感を強く感じる場面も。終始居心地良い感じが・・・。
気が早いけど次回のライブではまたこれが楽しめると思うと楽しみでしょうがない。

さて、少し話を変えるけど、昨年ぐらいからニコ生を積極活用しているけど、まさかライブまで生配信してしまうとは思わなかった・・・・。ぶっちゃけ6k+交通費とお金払って会場行ってる人がいるのに、片や月500円の有料会員に無料で、かつ自宅で同じタイミングで見させてしまう。ファンじゃなかったら、ニコ生でいいじゃん。むしろ金はって損したと不満が出たっておかしくないのだけど、それらが出ることも考慮した上でやってきたことはビックリ。なんとなくだけど、ランティスにとっては今年は重要な年と位置付けているのかもしれませんね。

この1年で、あずあずはどう変わっていくのか。楽しみ。

田所あずさ LIVE TOUR 2016 – Live Forward – 福岡公演感想

只今、ライブツアー中の田所あずささん。先週、大阪・名古屋をこなし今週は福岡に。
と言うことで、大阪に続き、福岡公演にも行ってくることに・・・・。

今回その感想を纏めたいと思う。
田所あずさ LIVE TOUR 2016 – Live Forward – 大阪公演感想

tadokoroazusa3rdlive_fukuoka
※福岡公演の会場。手書き感が凄い。

まずはセットリストから。
———————-
1.DREAM LINE
2.ヒカリになって
3.キセキ
※MC
4.Hello My Revolution
5.Brilliant sensation
6.DEPARTURE
7.シーソー
8.愛しさの存在
※MC
9.wonderful dreamer(アコースティック)
10.Beautiful Wind (アコースティック)
※MC
11.純真Always
12.あおぞら
13.君との約束を数えよう
14.ツボミノコエ
※MC
15.Straight Forward
※アンコール
16.セツナレター
※MC
17.チュルリルラ
18.My Favorite Destiny
———————-

セトリで見ると、他公演との違いはアコースティックコーナーの1曲が変ったぐらいで披露曲数等には変化なし。変った1曲は、場所ごとに変えると言われていて、大阪がいいことありそう、名古屋がpositive shakingときて、福岡はwonderful dreamer。来週の東京公演はスキミ→?だろうか。

他公演同様所要時間は2時間半程度。残念だったのは、想像していたよりも福岡公演参加者が少なかったことだろうか。開場前の入場整理でもファンクラブ枠が250程度。その後の一般枠では3ケタ案内が無かったのと、実際開演前のフロアを見ると、後方はずいぶんゆったりしていたので・・・・。福岡でももっとファンが増えてほしいぜ。

それではライブ中に気になったことを

■にわかせんべいのお面をつけて登場に会場内は困惑
開演して1曲目DREAM LINEを歌うべくステージに上がってくるバンドメンバーの皆さんが”にわかせんべい”のお面をつけて登場。見ている側は早速ネタぶっこんできたか・・・と笑いがあったが、そのあとにステージに上がってきた”ころあず”までもがにわか面をつけて登場。で、いつ外すんだろうと思ったら外すことなくイントロを歌いだしてしまい・・・。結局、イントロからAメロ移る伴奏でお面をはずしたが、自分のまわりで見ている側は結構困惑気味に。個人的には素直に笑ってしまったが回りが困惑モードで実は笑ってはいけなかった?と若干不安になったほど。

■前日入りして福岡堪能。
皆さん前乗りしたそうで、前日は福岡タワーに行ってきたそう。タワー自体、ころあずは初めてだったようで楽しかったそうですが、タワーにはカップルが多かったそうで、若干肩身が狭い思いをしてたとのこと。それでもせっかく来たからには楽しもうということでしたが、その中でも(名前は伏せますが)バンドメンバー間にカップルがいらっしゃってその二人のやりとりがなかなか面白かったとのこと。その後も、もつ鍋”幸”さんでもつ鍋を堪能しつつ、はしごでラーメン屋へ。さらに温泉に行くなど福岡を堪能したお話が語られた。

■ライブグッズにはピンクを積極活用を宣言
あずあず個人としてはピンクは結構お気に入りな色らしく、今回のライブシャツではピンクが多く使ったデザインに。ただ、あずあずとしてはピンクを多用したものの買う側が野郎なので少々気にしていたようでトークパートでいざ振りだしてみるとファン側はそんなこと気にしていなかったので”ふーん。”と反応薄めな反応を返してたのだが、どうやらお世辞と捉えたのか、「皆さんが思っているより似合ってます。」(某芸人のフレーズである)「安心してください。似合ってますよ」とフォロー発言も・・・・。ご本人とファン側の意識ズレによるやりとりの流れがなかなか面白かったのですが、その後の流れで今後もピンク使っていくよ!と宣言。
(ぶっちゃけですが、どのイベントでもシャツとか販売が当たり前で、毎回買ってる人もそのライブのため+イベント1-2回で使えれば良いと割り切ってる人多いから気にしていないんですよね・・・・。仮に日常で使うにしても部屋着かインナーで使用だから、対外で露出しない分気にしていない・・・。個人的には日常とかでも使えるデザインを望みたいですが、そうするともう名前が入ってないとかになるから今度はライブシャツの意味が・・・・。)

■今後の曲調はロック路線で
MCは比較的他愛のないトークが多かったのだけどStraight Forwardを歌う前のMCで、あずあずがStraight Forwardに込められた想いを吐露。他公演でも憧れの先輩に追いつきたいという想いを込めたことや、今後はまっすぐ進んでいきたいということも。そのまっすぐ進むという話の際に、あずあずとしてはロックの路線を進んでいきたいと本人の意思を感じる発言が。その上でロック路線で進んでよいか?と我々ファンに投げかける場面も。一個人としては曲調の路線うんぬんよりも”歌”と”声優”二つの仕事があるなら”声優”を重視して欲しいな・・・という思いがあるんだけど、私の想いはさておき”あずあず”が自らその路線で行くと宣言したので、結果数年後どうなっているか?行きつく先を見届けてみたいと思った。

一先ずこんな感じ。
今週はとうとう最後の公演。

おそらく東京公演は最新情報が発表されるはずだから期待。
(ニコ生でライブ中継するらしいから尚更かな)

田所あずさ LIVE TOUR 2016 – Live Forward – 大阪公演感想

声優活動の傍らアーティスト活動されている田所あずささん。2013年12月にTwinBoxでの1stライブ開催皮切りに、2014年は5月に渋谷で2nd、12月には東阪ツアー(3rd)ライブを開催と順調にこなしてきたが、今度は東名阪・福岡の4か所を巡るライブツアー(4th)が開催されることに。

個人的にはソロライブ前からアニソンイチバンほか個人名義で参加するライブにも参加していたので、ソロライブ開催発表時はこれで全曲あずあずの歌が聴けるのね!と歓喜し、1stからずっと参加させてもらっている。当然今回のツアーも参加するのだが、今回は東名阪+福岡の4公演。さすがにスケジュール上、全部巡ることはできず(名古屋だけ不参加)に。1st-4thに行ったという意味では全通とも言えるけど、全開催地参加してこそ全通とするならば今回の4thライブを以て全通と言えなくなる・・・・。(涙)

と個人のお話はさておいて、新年早々さっそくツアーがスタート。
1/9大阪公演に行ってきたので、さっそく大阪公演の感想を纏めてみたいと思う。

いつも通り、まずはセットリストから。
———————-
1.DREAM LINE
2.ヒカリになって
3.キセキ
※MC
4.Hello My Revolution
5.Brilliant sensation
6.DEPARTURE
7.シーソー
8.愛しさの存在
※MC
9.いいことありそう(アコースティック)
10.Beautiful Wind(アコースティック)
※MC
11.純真Always
12.あおぞら
13.君との約束を数えよう
14.ツボミノコエ
※MC
15.Straight Forward
※アンコール
16.セツナレター
※MC
17.チュルリルラ
18.My Favorite Destiny
———————-

■セトリ構成
 前回の東阪ライブツアーBeyond Myselfと比較した違いとしては、一つは”全曲が田所あずさ名義の曲”になったこと。2015年はシングルを2枚(シングル毎に4曲新曲が作られていた)リリースしたこともあって持ち歌が充実したことが大きい。今後も適宜リリースはされてくるだろうから、ご本人として特別な想いが無い限りキャラクター名義(CV:田所あずさ)や縁のある曲を歌うことは無くなっていくんだろうと思われる。二つ目は、前回のライブでは東京公演のアンコール時に披露されたDREAM LINEを除き、2015年リリースされたシングル2枚が自身のライブとしては初お披露目になったこと。まぁリリースイベントなどに行かれている方はもう何度も聴いているからそんな感じしないだろうけど、リリイベやフェスに行っていない方にとってはこのライブでやっと生で聴くことができたということになる。

3つ目は披露された楽曲数が増加したこと。この大阪公演では18曲が披露。前回(大阪公演)が15曲だったので3曲増えた。またアコースティック曲が1→2曲に増えたなどが挙げられる。またアコースティックバージョンは4地域ともに異なるということだったので、少なくともいいことありそうのアコースティックはここだけしか聞けないことになる。

この曲数アップで所要時間はアンコール前の段階で1時間50分程度、アンコール含めると2時間20分程度(20時少し前には終演)と公演時間は増加。いろいろな曲を聴ける時間が増えたことは純粋に喜ばしいことなんだけど、どうにもアイマスライブに通い詰めている身としては、あっという間に終わってしまった感がある。
比較的参加者が10代~20歳前半が多いせいか帰りやすいように配慮してくださっているんだろうな(実際開場前には、親御さんに連れてきてもらっていた中学生っぽい子もいたので。無論親御さんは会場には入らず、どこかで時間調整ですかね。) 遠征組視点で見れば今後も20時までに終演ならば最終の新幹線で東京。そして博多まで帰ることが可能。20時10分ぐらいの南海ラピートに乗り込めれば21時30分過ぎに出発する関空発東京行の飛行機にも飛び乗れそう。逆に遠征しやすいってことにも。

おそらく次の名古屋や福岡公演も、今年度末か来年に来るであろう5thライブもそんな感じになるだろうから、もし帰れるか不安と思って見合わせていた方は是非検討して欲しいな。

田所あずさワンマンライブ2014 -Beyond Myself! 大阪・東京公演の感想

それではここからは個人的な感想へ。

■”ヒカリになって”と”キセキ”の連続披露に懐かしさと嬉しさ。
 最初に作ってもらった”ヒカリになって”その後ゲーム「星霜のアマゾネス」OPとして作られた”キセキ”この2曲はソロライブ前のアニイチから歌われてきた楽曲達(厳密にキセキは、1stライブの数か月前に開催されたアニソンイチバンで初披露だったはずなので、それよりずっと前からってほどでもないけど)でもある。早いうちから田所あずささんを応援していた人たちにとってはこの2曲は当時数少ない持ち歌だったので何度も聴いてきたし、現実に今でも聴くことは多いけど連続して歌ってくれたことは、単にどちらも盛り上がれる曲ってだけでなく、どこか懐かしく、そしていろいろな曲が増えてきた今だからこそ原点ともいえる楽曲達を連続で聴けることが嬉しく感じた瞬間が。

■改めて語られた作詞活動秘話。
Straight Forwardは初の作詞にチャレンジした楽曲だが、リリースイベントでも歌詞を作ることが辛かったこと、そのベースは自身の高校時代のテニス部所属時のこと、憧れの人を想定して書いたことは語られていたが、今回その憧れが(女性の)先輩だったことや単なる憧れというよりも好きだったと吐露(若気の至り?というようなワードを使ったりと、好きの意味に意味深さが残ってしまいましたが。)作詞には、その当時の思い出と今頑張っている点を重ね合わせながら作詞活動したことや、歌詞にはテーマがないと作れないなど、リリイベでは語られてなかったことが語られたのが印象的。

■ちょっとおとなしく聴く時間が長すぎた?
セトリを見ていくと、序盤は会場のブーストが上げるべく盛り上がりやすい曲を持ってきて、6曲目からアコースティックで歌った10曲目まではしっかり聴かせる曲に。そして11曲目から13曲までは再びブースト。その後は再びしっかり聴かせる曲とメリハリを持たしている。ただ6-10曲目までのしっかり聴かせるが連続で続いたのは、ちょっと勿体なかったかも。実は6-8曲目は運営側もファン側が盛り上がるつもりでいたのかもしれないけど、実際はファン側が聴き入ってしまったから、もし想定と違ったなら少しセトリを見直してみても良いのかもしれない。

ほかにもいろいろ思うことはあったけど、一先ず感想はここまで。
ライブ中はただただ楽しくて気が付けば終わっていて、あげくいつもなら思い出せるセトリが熱中しすぎてすぐに思い出せない状況になるほど没頭しちゃってました。私にとってはあと福岡公演と東京公演があるので、そちらでもまた楽しめると思うと今から楽しみで仕方がない。また感想を纏められればと思う。

電波教師 YDスペシャルイベント ~冬季特別講習~ イベント感想

画像

2015年春アニメとして放映されたアニメ「電波教師」
やりたいことしかできない病な先生と、それぞれに悩みを抱え立ち止まっている学生が先生の特別授業によって一歩踏み出していくという、昔のドラマでもよくあったジャンル(学生に熱心な熱血系先生的が奮闘する系)の2次元版っていうところだろうか。(違う点は、体育会系な先生に対して文化系。しかも重度なヲタと現代に適したキャラ設定いうところか。)

個人的には、もはや週刊マンガ等を読むこともしなくなったので、応援させてもらっている声優さんが出演しているきっかけでアニメから入ったけど、ある意味安心できるストーリーだし(週刊マンガらしく)要所要所にギャグも散りばめられて面白く見させてもらった。で、2クールやって2015年9月には終わってしまった訳だけど、今回初のイベント開催ということで行ってみることにした。

ということで、今回は電波教師イベントの感想をまとめたいと思う。

■ 盛りだくさんのイベント
イベントの中身は大きく以下。学園系作品ですし、冬季特別講習とタイトル付したぐらいですから、コーナー毎に1時限目・2時限目と付けられていた。

・作品振り返り
 キャストによる一番の見どころ
・東先生へのインタービュー
・イラスト勝負
 純音役の松井さんによる温泉回のワンシーンを描いてほしいというお題によるイラスト対決
・ライブパート
 トライセイル、スフィアによる主題歌披露
・クイズパート
 実在する変わった学校校則を当てるクイズ 
・朗読劇
 いろいろと問題がある内容で書けないなので割愛。

所要時間としては2時間半と思っていたより長かったのと、今回MCとしてニッポン放送吉田氏が担当ということで、キャストの方々の発言をいろいろ拾ってくださったおかげで、それぞれのコーナーで裏話等も聴けてなかなか面白かった。

ということで、各コーナーで面白かったことをまとめ。

■作品振り返り
・神谷さんの収録時ぼっち発言。
 ほとんど女性キャストさんしかいなかったので主役を担当された神谷さんはさぞ両手に花状態と思いきゃ、実際は自分の周りに女性キャストさんが来なかったと吐露。天さんは1話目の時は隣に座ってくれたけど・・・。ころあずも(ご本人の人見知りな性格もあって)挨拶以外したことなく、このイベントで初めて・・・などそれを裏付ける結果に。

・(神谷さんから見て)雨宮天さんは変わった子。そして本人による闇発言
 神谷さん曰く綺麗だし、アーティストさんだけど変わった子と発言。その理由としては一例として、アーティストだから音にこだわるっていると思ったら付属品のイヤフォンを使っていたこと。さらにインナーイヤー型イヤフォンにはよく付属しているパットも使っていたことに不思議だったようで収録時に理由を聞いたら「音聞こえますよ」と言われ、そこじゃないだろう!と思ったことを吐露。また本人も受験時使っていた片耳イヤフォンを長年使っていたなど無頓着さを裏付ける発言も。
(インナーイヤー型はだんだん減ってますけど、確かに音質としてはカナルとかの方が良いのですが、個人的には耳に負担がかかるのと、移動中とかに聴くとなると密閉すきるのも考えものなのですよね。最近減りつつありますがインナーイヤーで1万円台の製品を使っていたり。)

 また、作品振り返りでは天さんはご担当された美奈子に触れた1話を取り上げていましたが、先生の行動に対してこんな先生だったら私ももう少し学校に行っていたなぁ・・・といかにもあまり学校に行っていなかったような発言を展開。さすがに深く聞くことはしなかったが発言がホントだったら、いろいろあったのかな?と思ってしまうほど。

■東先生へのインタビュー
 事前に出演されることは発表されていなかったのでサプライズゲストとして登場。ただステージ出てきた姿は全身タイツ。一般的に原作者がステージ来るときって結構きちんとしていることが多いですが、さすがに今回の登場にどこの芸人だよ!と言いたくなるほど脱帽。なんでも東先生は元劇団ひまわり出身という異色な芸歴をお持ちのようで、そのあたりも影響していた模様。で、そんな全員タイツで登場だけでも十分なネタなんだけど、裏話としてアフレコに結構いらっしゃってたようでその度にドーナツの差し入れがあったようだが、毎回東先生の住む地元で買ってきたものと言ってたようだが、いつの日かころあずがアフレコ現場近くでドーナツを買う東先生を目撃してしまい、その日のアフレコ現場でも「地元で買ってきた」と言ってたことから東先生を嘘つきな人認定していたことを暴露。なかなか面白い展開に発展。結局もともとのコーナー趣旨は、東先生に作品に対するお話を聞く予定だったけどタイツネタとドーナツネタで、肝心な話に進むことなく終わってしまうことに・・・。

■イラスト勝負の勝者の絵はトップレス
 純音役の松井さんは今回ビデオレターでのご出演となったが、作品に携わったものの一つ心残りなこととして温泉回が無かったことを吐露。ということで、純音の温泉回があったとしたらどんな回?とそれを連想すする絵をステージにするキャストさんに描いてもらい、勝った絵を東先生に後日書くというお話に。
神谷さん、三森さん、田所さんらが一生懸命書いている間に、東先生は純一郎と純音のイラストを描き上げ、芸人のような感じだけどやっぱり原作者なんだな・・・と感心。で、出てきたイラストだが、一番まともだったのが三森さんの書いたラーメンの汁に浸かる純音。(トップレス)

結局これを東先生が後日書いてホームページで公開することに・・・・。

■クイズパート
 実在する変わった学校校則を当てるクイズを、電波教師チーム(東先生、神谷さん、三森さん、田所さん)、トライセイルチーム、スフィアチームの3チームで戦うことに。この校則クイズがなかなかに面白かった。クイズで出てきた問題としていろいろあったが、記憶に残っているものとしては以下。

・近畿圏の学校にあるバレンタインに関する校則。
 ”バレンタインのチョコには毒が入ってるかもしれないから食べちゃダメ”
・どこの地域は失念したが、学校にマンガ持参することを禁じた校則
 ”学校に漫画持ってきちゃダメだが、先生に貸す場合は持参可”
・服装違反に関する罰則だけど・・・・
 ”服装違反したら半年間教頭と交換日記”
・地域の人にちゃんと挨拶しましょうとか学校外での行動について記した校則なんだけど・・・・
 ”金持ち、それらしい人には礼儀正しく学校の品位下げるな”
・授業中に笑ってはいけないという校則なんだけど・・・・
 ”授業中、笑ってはいけないけど大声で笑い場合は良し” (うろ覚え)

いやー、嘘のようで本当に実在している校則に終始笑いだったが、それ以上にそのクイズに答える各チームの行動もまた楽しいものばかり。特にミュージックレイン所属であるトライセイル、スフィア両チームがなかなか面白く、回答内容がほぼ同じだったり、暴走する子と止める子がいたりと、行動と思考が似ているなぁ・・・と。その中でもスフィアは4人揃っておふざけに走っていったけど、トライセイルはもちょ、天の二人が暴走。ナンスが冷めた状態で見ていて途中からはもちょ・天の回答とナンスの回答と2つ回答することに。
あとは、もちょの爆弾発言ですかね。確か”授業中、笑ってはいけないけど大声で笑い場合は良し” の問題の時だったけど、回答に「愛想笑い」と書いたトライセイルチーム。その際もちょが「例えばこの現場でも・・・」と、私いつも愛想笑いしているんですと言わんばかりのような発言をしたのが印象的。いつもの言葉の使い方間違って・・・なんで気にする必要もないですが、神谷さん推しの女子が多く来られていたので、トライセイル知らない人には結構悪いイメージを取られていないだろうか?と気になってしまった。

■朗読劇
 東先生自ら作ったものなんですが、映像化されないことをいいことに色々アタリが生じてしまうようなワード等が散りばめられていたのが印象的。大晦日活躍される某キャストさんがいらっしゃるので、某作品ネタをぶっこんでキャストにしゃべらせるとか・・・。なかなか楽しかったですよ。

と、こんな感じ。
結構楽しめました。

個人的には、応援している田所あずささんが東先生嘘つきネタをしゃべったり、その後行動・発言等で笑いを誘い、良いポジションを気づけていたので良かったかなと。MCが吉田さんだったことで吉田さんが地味に田所あずさの人柄等をさらりとアピールしていたので、ころあずをあまり知らない人にも関心を持ってもらえるのではないかな?と思う。(ただ少し頼りすぎかな・・・という部分もありましたけどもね)

ともあれ、楽しいひと時でした。

さて電波教師は今後どうなるのだろうか。
原作は淡々と進んでいますけど、映像化はあるとしたら単行本とセットでOVAか?。
再び映像で見てみたいものです

TrySail TRYangle harmony FES イベント感想

画像

声優さんによるラジオ番組はAM・FM・ネット放送等でたくさん展開されていて、当然のことながら追っかけることは不可能な訳ですが、そんな中でもしっかり聞き続けているラジオ番組がTrySail TRYangle harmony。(あとはモモノキファイブ、田所あずさのANNM、アニアモ、洲崎西。あとは適宜アイマス系ラジオか・・・って結構聴いてるなぁ。)

トラハモはトライセイル3人組の個々の性格が反映されたトークが面白くて、ラジオ番組イベントとしては初回から皆勤状態が続いているほどお気に入りの番組の一つだったりする。
で、今回ラジオ番組イベントが開催されるということで昼夜共に行ってくることにした

melparukuhool
※会場は浜松町・芝公園の間にあるメルパルクホール。

と言うことで、今回はトラハモフェスのイベント参加した感想を纏めてみようと思う。

■構成はいつも通り

イベントの中身は以下。

・公開録音(昼は12/29放送分、夜は1/5放送分)
 ・ナンスの白黒つけましょう
 ・もちょの名言めもちょ
・会場限定お楽しみパート
 ファンディスクで試みた新企画を会場でやってみる
 昼: もちょのやみーレストラン、新訳トラハモ辞典
 夜: 夏川椎菜の可能性、ドヤ宮天の挑戦状
・ライブ
  新曲whizの披露

トラハモイベントとしてはもうお馴染みのラジオ公録、限定パート、ライブの3部構成なんだけど、トライセイルとしてライブ活動をすることになったのでトラハモでのライブパートは縮小に。よってイベントの所要時間も以前は2時間ちょっとだったのでほぼ1時間半に短縮。ミューレ所属推しのファンの人には1イベントの濃さよりイベント回数なのかもしれないけど、今までが濃かった分若干残念感も。

さて個々の感想なんですが、ラジオ公録パートについてはどちらも放送前なので感想は割愛。一つ言えることは、もちょはやっぱりもちょだったってことか。

あとは限定パートの感想だが、こちらは二つ。一つは、もちょのやみーレストランがなかなか面白かったのと、二つ目はドヤ宮天の挑戦状は天さんのドS属性が炸裂して笑えたなぁ・・・と。

やみーレストランは、もちょ(麻倉ももさん)が食べたいと思う食事が数品出され、その中から食べたいと思ったものを天さん、ナンスに当てられず済んだら見事食べられる企画。ファンディスクで出てきた高級フルーツ、チョコレート、プリンという選択肢の中で、(答え合わせまで我々も知らないけど)もちょが選んだのはプリン。それぞれの質問をうまく乗り切り見事当てられずに済みプリンをゲット。と文字で書くと、もちょ冴えている!と見えるが実際は天さんに早々に見抜かれていて、でも天さんとナンスとの協議でナンスがどうしても自分達がフルーツを食べたいという理由から天さんがしぶしぶナンスの意見に合わせフルーツと回答をした結果のこと。とは言え結果は結果。無事ゲットし美味しそうに食べる”もちょ”とひたすら謝るナンスとご不満な天さんが印象的。(以降、ナンスは低姿勢モードに)

ドヤ宮天の挑戦状は、なぞなぞが出題されて一番先に正解したらドヤドヤタイムが与えられる企画。ファンディスクでも天さんのドヤトークが凄すぎたが、実際の今回も正解したドヤ宮さんのドヤトークは強烈すぎた・・・。まぁもはや素なんでしょうけど本当にドSな方なんだな・・・と。あとは複数回の出題で相変わらず”もちょ”は答えられず置いてけぼりを食らっていて、ほぼ天VSナンスの戦いになってしまっていたのが印象的。

どちらも面白かったけど、前者はコストアップするしラジオで登場商品に触れるのもやりにくそう。後者はほぼ無理かな。今だってそれっぽい場面はあるけど、あのドヤトークは結構キツイトークも含まれていたから、あまり経緯知らない方だと性格悪い人が電波に乗せてわーわーしゃべっていると捉えられても仕方ない部分も。無尽蔵に増える業界でポジション作る観点では悪くもないけど少々リスクもありそう、事務所・本人共に評価を許容できないならば面白いけど辞めた方が良いかもしれないね。

と、こんな感じ。
イベントとしては十分楽しめましたから次回も是非ですが、新企画については楽しかったけど先々考えるとうーん・・・という感じがしたイベントでした。

最後に、これはこのイベントに限らずなんだけど、最近度々思うのがナンスが少し浮いてるような・・・・。正しくは他人との距離がありすぎるような・・・・
(ミリオンのニコ生でもそうだったし、今回のイベントもたまにそんな場面も)
まぁ単なる気のせいかもしれませんが・・・・

Wake Up, Girls Festa. 2015 “Beyond the Bottom Extend” ライブ感想

画像

Wake up Girls!と言えば、AVEXと81プロデュースがタッグを組んだ企画で、アイマス、ラブライブなどのアイドルにスポットを当てたオトナアニメ作品の第三勢力的存在。(プリパラやアイカツなどをコドモアニメを入れるとキリがないので除外)
正直この手の作品はハマり出すとそれなりの出費も伴い大変なので、個人的にはアニメ(劇場公開含む)はどれも見るけどライブ等深追いするのはアイマスだけにしている。そんなWake up Girls!を推すワグナーではない私が諸般の事情でライブにご招待いただく機会をもらったので行ってみることに・・・・。今回はその感想をまとめてみたいと思う。

wugfes2015
※幕張メッセ電磁ホール5。

まずはセットリストから。

■セットリスト
1. 少女交響曲
2. 地下鉄ラビリンス
3. 極上スマイル
<イベントパート> バッティング企画
4. 7 Girls War
5. 素顔でKISS ME
6. レザレクション/I-1club(ネクストストーム)
7. Beyond the Bottom

<アンコール>
8.ワグズーズー
9.タチアガレ

今回のライブはアンコール含めて2時間ちょっと。イベントパートが1時間近くやるという訳のわからないことをやってしまい披露された曲はたった9曲と最近のアイドル系作品のライブにしてはずいぶん控えめすぎ。劇場版前篇でリリースされた少女交響曲、素顔でKISS ME(AVEXらしい曲調)に加え、前日から封切られた後編のBeyond the Bottom、レザレクションなどが披露されたが、同じく作品上重要な役目をもったI-1club内でのメンバー対決で使われた”運命の女神”は残念ながら披露されなかった。

■総じて不満しか残らないイベント。
ライブを終えて感じたことは、なんともいえない感。時間が経つごとに不満しかなく主催であるAVEXの力不足感が作品の魅力を半減させているなぁ・・・と感じてしまう。まず曲。Beyond the Bottomとか少女交響曲とか聴けて嬉しかったけど、圧倒的に披露した曲が少ない。Wake up Girls!は正直、アイマスやラブライブみたいに楽曲は多くないので、2-3時間ずっとライブパートは難しいと思うけど、それでもまだ全員曲で歌っていない曲もあるし、個人曲を含めたりすれば、少なくとも今回以上の曲披露は可能。せめて前述した”運命の女神”とか劇場版で流された曲を披露するぐらいは必要だな・・・と。

次いでイベントの構成。今回ライブとライブの間に、劇場版での戦いの舞台となった”アイドルの祭典”に掛けて、メンバー間で戦うということでバッティング企画が行われたが、このバッティング企画自体が作品と関連性もなく、さらにこれに1時間近く時間を費やしてしまった。所要時間の半分をこれで終わらせるはさすがに無いし、企画の発想が芸能人のお遊び企画をアニメイベントでもやってみた感じで根本的に間違ってるなぁ・・・と。素直に歌や作品の感想とかをやるとか、あとはせっかくなんだから劇場版後編では静止画でしか表現しなかった優勝シーンを朗読劇とか演じるとか。方法はいくらでもあったと思う。

また告知タイミングもあんまり良くなかったなぁ。そもそも告知ってライブパートが結構な時間が経った時に演者さん、そして観客側双方にちょっとした休憩を与えるタイミングに用いるもの。企業視点で見れば広告してナンボなんだけど、今回はバッティング企画で時間を使い、ライブもあまり多くしていない中での状態で逆に興ざめしてしまう。今回の構成ならば各席にパンフも備え付けてあったから宣伝コーナー設けないほうが良かったかもね。

さらに、アンコール後の最後の挨拶で本人たちがマイクを使わず挨拶してくれたが、あの時音響さんはBGMの音量を下げなかったのも痛い。ちゃんと音量下げて本人たちの大声あげての感謝コメントをみんなに届けてあげないと。私はB1ブロックと比較的近い位置だったけど正直ほとんど聞こえなかった。イベントに来るようなファンの方々は優しいから良いけど、やっぱりこのあたりの配慮は必要

そして演者さんの使い方。今回出演されたのは以下の方々。

Wake Up, Girls!
(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)
I-1 Club(ネクストストーム)
 大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん
I-1 Club
 山本希望さん、上田麗奈さん

浅沼晋太郎さん(マネージャー)、下野 紘さん(ファン)、宮本 充さん(白木)

早々たるメンバーだけど、白木役の宮本さんは冒頭と最後にチョイ出てくる程度。希望さんや麗奈さんに至ってはイベントパートでバッティングするだけで、歌も歌うことがなければ作品の感想もなし。凄く勿体ないし、観に来ていた我々も希望さんや麗奈さんが歌ってくれるであろうと予想していたはずでがっかりした方も多いはず。それこそ前述した今回歌わなかった”運命の女神”をI-1全員で歌っても良かったと思うのよね。同じく前述した朗読劇だって出来たよね。(それをやっていれば、最後の新企画発表ももう少しワクワク感出せたと思う) 実に勿体ないなぁ・・・と。

そして最後は、新企画発表について。
劇場版後編を見た方は判るとおり、作品上ではトップのアイドル集団であるI-1 Clubに勝利してしまったので、その先どうするんだろ?と思っていた方は多かったと思う。この状態だと仮に続編をやるならば、優勝後の人気が出た場面や再び戦いがあって防衛するか否やを描いたりするぐらい。もし歌劇団への夢を持っていた”菜々美”の方向性決断がこの後編で描かれていなければ、メンバー一部離脱を掛け合わせるもあったけどそれも一先ず消えた(本人の気持ちがグラつく可能性もあるけど作品内で意志が固いともうブレることはないと宣言してますからね。自ら道を塞いだ感も)。
だから、一先ず今回新企画発表されたことはWUGが好きな人には一安心したと思う。

でも、新企画の内容は白木さん曰く「I-1と合併」
と言うことは、WUGのメンバーがそのままでI-1が加わって歌うというよりは、間違いなく前篇の練習シーンみたいにメンバー選別されバラバラになることが予想される。それって本当にそれでよかったのかな?と。アイマス、ラブライブでも同じ会社内で異チーム同士のコラボとかはあるけど、まったく別の団体同士が合併してって、どうなんだろうね。むちろん真夢が志保や愛らと組んで初代I-1のようなコラボもできることは楽しみかもしれないけど、ストーリー次第ではWUGがWUGでなくなる気も。

こちらは続編を見守るしかないけど、なんとなく一波乱起きそうな気がするのは気のせいだろうか。

と長々とイベント行った思ったことを書いたが、いろいろ残念さが残る内容に。
次回はもう少し良くなってくれると良いですね

池袋シネマチ祭2015 アーティストアワーに行ってきた(田所あずささんパートの感想)

画像

2年ほど前に引っ越してしまい長年通学・通勤で使っていた池袋を通らなくなったせいか、池袋周辺のイベントには疎くなるばかり・・。最近シネマチ祭が開催されることを知り、かつ応援させてもらっている田所あずささん(声優)が出演するイベントもあるということで、行ってみることにした。(本当は、伊藤美来さんが出演される「ろこどる」も見たかったけど、強めの雨が身体が冷えてしまい断念)

ちなみに「池袋シネマチ祭」とは主催ページの情報曰く”新しい映画の楽しみ方を提案する「街」と「映画」のファンを増やす映画祭”らしいけど、一方で、”アニメとマチが一つになる”とのキーメッセージも。スケジュール等を見る限りはアニメに寄ってる感じ。なら”アニメとマチが一つになる”一本にしちゃえば良いのに・・・。

さて、シネマチの話はさておきアーティストアワーのお話に。出演者は田所あずささん、佐土原かおりさん、遠藤ゆりかさん、かなでももこさん。アニメ・ゲームシーンでアーティストとして活動中の女性をシネマチ祭的にフィーチャーし、トーク&ライブを行うという企画目的の下、約40分と短い枠の中で、ライブとトークパートを展開。

それぞれのアーティストさんが2曲程度歌われ、最後のトリとしてあずあずが登場。
歌ったのは、君との約束をかぞえよう、Straight Forwardの2曲。

その後はMC登場しトークパートへ。と言っても結構時間がおしてしまったようで、質問では「今後歌いたい曲は?」ぐらい。
この時、あずあずの回答が「鬱な曲を歌いたい」と言っていたのが印象的。今までイベント等で聞いたことが無かったので、心境の変化に驚きつつ、是非とも聞いてみたいなぁ・・・と。

うーん。あまりに時間がタイト過ぎてイベントとしてはこんな感じ。

2015ときわ祭 田所あずさ トーク&ミニライブ に行ってきた(イベント感想)

秋と言えば学園祭シーズン。学園祭には必ずと言ってよいほどステージが作られ、なんらかの催し物が行われる。そしてその催し物の目玉として昔だったらお笑い芸人とか歌手が芸能人さんが招待されていたのだけど、最近は芸能人よりも声優さんが招待されることもしばしば。で、影ながら応援させてもらっている、田所あずささんが昨年に続き今年も茨城県水戸市にある常磐大学でイベントをやることになったので、急遽行ってくることにした。


常磐大学正門。

■常磐大学への行き方。
常磐大学に初めて行ったけど今回は直接クルマ行ってきた。赤塚、水戸どちらの駅からもかなり離れていて歩くのは得策ではない上上に、土日はバスの本数が少ない(ただ学園祭時は増便される模様)ので鉄道で行くぐらいなら行くのやめようと感じていたのだけど、じゃクルマはどうなんだ/と言えば、こちらも大学周辺にはコインパーキングはない。一番近いところは約1.5キロ離れた偕楽園・桜山駐車場ぐらい・・・とこちらも面倒。それでも1.5キロ程度なら普段から歩いている分、許容できるということもあったし、直前にいろいろ調べたら普段許可された学生だけが使える駐車場が学園祭の時は開放されるということを知り、これならクルマのほうが鉄道より安上がりかつ便利と結論から。しかし、学生用に駐車場があるなんて、やはりクルマ社会な地だけのことはある。

■トーク&ミニライブは学園祭野外ステージ。

正門から入ってすぐにある野外ステージがイベントの会場。実は体育館などホールもあったようなのだけど、そちらはバンド向け。やはり目玉イベントだけあって、こちらで開催らしい。ただ今日は風も強いし気温も低めだったので、結構寒かった。

1時間ほど早く来てしまったので展示物などを見学。社会人になると普段会社で資料を纏めたり、プレゼンしたりは日常茶飯事だけどパワポとか活用して、判りやすい図や1スライド1メッセージにしたりとか一瞬で相手にインプットさせるためのテクニックを使って相手に見せたり、相手から見させられたりするから、学生の皆さんが纏めた資料等見るとなぜか凄く新鮮さが。

さて、そろそろ本題に戻して、ころあずのトーク&ミニライブについて纏めましょう。

■トークパートは、手触りだけでモノを当てるゲーム。
昨年は行けてないんだけど、昨年に続き今年もボックスに手を突っ込んでモノを当てるゲームが行われることに。運営さんの思惑としては外してもらって罰ゲームとして声優さんらしくセリフしゃべりをしてもらうつもりだったけど、昨年は地元で萌えセリフやるのは恥ずかしいという理由で、全力で全問正解になってしまい思惑外れとなったことから、今年は運営さんらが思考を凝らして再チャレンジ。

1問目は柑橘系であることを見抜き見事にグレープフルーツを当ててしまい、2問目も高野豆腐が入っていたのだけど、家政科出身(確かネットで出回っている出身校に家政科ありましたな)のころあずにとっては、調理等でよく触っていたということで、こちらもズバリ的中。昨年同様に全問正解かな?と運営さんが若干表情が曇りはじめたところで、最後の3問目にチャレンジ。人形であることは判るものの何かは判らず不正解。やっと運営さんの狙い通り、罰ゲームとして萌えゼリフをしゃべってもらうことに・・・。テーマは、王道である幼馴染の女の子が寝ている男の子を起こしにくるシーン。

■ライブパートは、若干致命的なトラブルが発生。
トークパートが終わりライブパートに。今回は歌ったのは以下の3曲

1.君との約束を数えよう
2.ドリームライザー(ガルパン主題歌 ※カバー)
3.Straight Forward

最新リリースされた”君との約束を数えよう”をいつも通り力強く歌いあげ、また自身のファンではない方への配慮、さらには茨城という場所を考慮してガルパン主題歌をセレクト。そして最後に自身の作詞曲でStraight Forwardと良い流れになるはずだったんだけど、いざ歌いはじめようとしたところ本人よりも先にスピーカーからころあずの声が聞こえ始めてしまい、ころあず自身もビックリ。歌い始めから30秒程度まで流れたところで中断するという致命的なトラブルが発生。

※どうやら声なしのCDをセットすべきところ、声入りのCDをセットしてしまった模様。

ただ、このトラブルで少し空気が変わってしまった感も。中断されるまでの間、戸惑いながら音響さんに指示出しつつ”口パクじやないからね”とフォローを入れられていたが、普段ちょくちょくライブに行き歌声聴きなれている奴は判るけど、あまり馴染みの無い方にはネガティブに捉えた奴が出てきたもおかしくないなぁと不安に感じたほど。(むしろ、”君との約束を数えよう”とか前曲が力強く、そして綺麗に歌われていたので、その出来の良さが逆に仇になった感も)

再セットまでトークパートが復活。観客側の質問に答えるということで「休みの日はなにしてる?」(回答:クレヨンしんちゃん見てる)、「最上静香を演じるときに意識していること」(回答:(うろおぼえだけど)いろいろ抱えている子だから、自分なりに抱えている人の気持になって演じている)などをやりとりをしたのち、再度Straight Forwardへ。(良かったし盛り上がったけど、なんかさっきと雰囲気が変わったなぁ・・・と)

ライブパートが一先ず終わりそのまま終了?のはずが、時間が少し余ったとのことで急遽萌えセリフを1つ披露することに・・・・。こちらも横道なツンデレなシュチュエーションで、男の子に弁当を作ってあげた女の子が”あなたのために作ったんじゃない”と。ツンデレキャラを演じる機会が少ないから上手く演じられているのか不安がっていたのが印象的。

と、正味45分ぐらいのイベントは終了。
水戸まで行く手間は面倒だけど、リリイベ並みの内容を無料で見られた点でも満足。またトラブルに立ち会うという貴重な経験ができたので。