奨学金延滞者は信用情報機関に延滞情報登録へ

とうとうやることになったようですね。
正しい判断だと思います。
経済状況が微妙になりつつあるけど、借りておいて返さないは
あってはいけないと思う。申し訳ないけど、余裕があろうが無かろうが
借りている以上、自分の余暇よりも返済が最優先で対応すべきであり
それが嫌なら既に借りていれば早めに返済するとか、そもそも借りなければ
良いだけのこと。信用して貸してもらったわけだから、小額でも頑張って返す
べきかと思う。
中には、返せるのに返さないなんて奴もいるが、正直恥じそのもの。
モンスターペアレントとか、モンスターペイシェントとか非常識な人が
増えていますけど、これらと返せる能力あるのに返さない人はこれらと
同属なんでしょうね。
どちらの状況であっても、そんな状態の人だからこそ、信用情報に滞納している
ことをしっかり履歴を残すことは良いことだと思う。本当に生活が厳しい人にとっても
その人が更なる借金を増やさないようにするためにも正しいことだと思うし、仮に
5年程度その履歴が載って借り入れができなくなっても、それはそれでやむ終えない
ことかと思う。そして悪意のある人にとってもは、安易なことをやった罰だろうし
そんなことやる人は、別のところも人に迷惑をかけるだろうから、痛い目にあって
良いかと思う。
まぁ、以前も書いたけど信用情報が重要になる時代は着々と近づきつつある
やるべきことはしっかりやっておくべきである。
——————————————————————–
奨学金延滞者は通報 学生支援機構、信用情報機関に
 日本学生支援機構は5日、奨学金の返済を3カ月以上延滞した人に
ついて、個人情報を信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターに
提供することを決めた。提供された人は各種ローンやクレジットカードなどの
利用を断られる可能性がある。2010年4月から実施する。
 奨学金事業で3カ月以上返済が滞っている不良債権額は07年度末時点
で2252億円。財務省などは「回収努力が不十分」として、同機構や所管する
文部科学省に改善を求めている。
 同機構は信用情報機関に通報することで、延滞の増加に歯止めを掛けたい
考え。原則として来年以降、貸与を受ける人が対象となる。提供する情報は
氏名や住所、勤務先、延滞額など。個人情報を提供することになるため
借り手からはあらかじめ同意書を取り付ける。同意書を提出しない場合は
奨学金を貸与しない。年間の通報件数は5万件程度になる見通し。(05日 23:39)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20081206AT1G0503E05122008.html
———————————————————————

カードポートフォリオ

毎年のことだが、年に一回。今持っているクレジットカードを
見直すことにしている。これは、特典が改定されて価値の低下等が
起きることが多々あるし、自分の利用状況では十分使いこなせていない
など契約当初と比べ持つことのメリットが変わってしまうことに臨機応変に
対応するためだったりする。
今年は、JALグローバルクラブJALダイナースカード、ANA SFC VISAゴールド
さくらカード発行のJCBゴールド、アメックスゴールド、JALカードsuica、Sofmapカード
東京メトロToMeカード(UC/MASTER)の7枚所有していたが、これだけ多いと
死に体になるカードは当然出てきて、東京メトロToMeカードはまさに未使用。
さらに多少使ってはいたけど特典面での価値を生かしきれなかったJCBゴールドと
この2つは残念ながら解約することに。そして年会費が無料ということでサービス
評価用として持っていたアメックスゴールドも十分堪能したので、こちらも解約することに。
これで7枚から4枚に減ることになるが、アメックスなど一部のブランドが欠けて
しまうのは個人的なポリシー上NGなので、その穴埋めをするカードを見つける
ことに・・・
さぁて、どんなカードを選んでみましょうか。
見直す時期がある

キャセイパシフィック アメックスカード

cathay_amex.jpg
香港国際空港内にあった垂れ幕。
キャセイパシフィツク航空マイレージカードでアメックス版があるようだ。
アメックスだと、航空会社とがっつり組んだカードがないので、あったら欲しいな
と思っていたので是非欲しい・・・・と思ってしまったが、ここは香港。日本では当然発行は
されていないのでお預け。
出して欲しいな・・・・

アイマスVISAカード 住友VISAカードが発行へ

P1020764_minimini.jpg
アニメのキャラクターをカードフェイスにしたものは、ゴンゾカードのカレイドスターとか多々
あったがなんでも、住友VISAカードがTHE IDOLM@STER(アイドルマスター)の
キャラクターをカードフェイスにしたカードを今年冬に発行するらしい。
いつも思うのだが、この手のカードって発行枚数って少ないような。
普及に貢献って言ってもな・・・・。
この手のカードフェイスっていざ使うってなると結構勇気が必要だったりします
さすがにコレクションって訳にもいかないでしょうし・・・・。
ちなみ、アイドルマスターとは、もともとはアーケードゲームで何名かいる女の子をアイドルプロデュースしていくゲームで、XBOXやPSPなどでもゲームが出でいる。アーケードでは、結構
お金を注ぎ込む必要もあったようで去年のオタク大賞では、ある審査員がキャバクラシステム
と揶揄していた。
http://www.idolmaster.jp/blog/cat9/

じぶん銀行 口座開設完了

KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で作った「じぶん銀行」
通信会社が絡んだ初の銀行で、やっと先月から申込み開始した。
電話番号で振込みができるなど、なかなか面白いサービスなどもあり
せっかくなので申込みをしてみたところ、本日やっとキャッシュカード一式
が到着した。
jibunn.jpg
※カードデザインは、かなりアッサリめ。
ちなみに、サービス内容見ると、なにげに定期預金等の金利が高めに設定されている。
(1ヶ月 MUFG 0.25%→じぶん銀行 0.45%)
後発組み故の宿命なんでしょうが、ここの銀行自らATMがほとんどないせいか基本的には
三菱東京UFJ銀行のATMで入出金を行うため、三菱東京UFJ銀行ユーザーからすれば
使い勝手変わらず金利高めな美味しい商材に。
まぁ、少なくとも申込みしてカード受け取りまでの手間やその後カードがもう一枚増えたりと
手間はかかるが、まぁ状況によっては活用するのも手かもしれない・・・

iPhone購入

iphone.JPG
7/11に販売されてからかれこれ1ヶ月近くなったが、やった購入。
当初は徹夜するつもりでもあったが、うれしい諸事情によりここまで延ばすことに。
いつもならスーパーボーナス一括で購入するが、今回は割賦で。
理由は、最近から信用情報機関の情報を参照することになったようで
どんな記録が載ったか確認してみたいから。。
来月あたりCICあたりでも開示してもらうことにしますか・・・・

2000円からゴールドカードが持てるのだが・・・・

三菱UFJニコスと言えば、日本信販、DCカード、UFJカード(元ミリオンカード)の
3ブランドを有するカード会社。どこかでこの3ブランドを統合しようとする動きが
必要になるのだが、その前段となるのか今回新しいカードブランドとして
MUFGカードが発表された。
面白いのが、ここのカードは3種類のカードを発行するが最低でもゴールドカード
となっていること。しかも2000円から持てるという。
UFJが発行していた年齢関係なくヤングゴールド相当になるプレミオの年会費が3000円
なので、それよりも安くなるし、かつて無料でゴールドカードが持てるということで話題となった
GONZOカードホルダーを巻き取るためにもお得な価格設定となっている。
ちなみに、3種類ともにゴールドカードなのだが、一番上はAMEX。かつてニュースで
三菱UFJがAMEXと協議している旨のニュースが出ていたが、今回それが具現化された。
21000円という年会費、プライオリティーパスなど付帯サービス内容を見ると
セゾンプラチナアメックスと変わらぬ内容となっており、みずほ銀行と連携しているセゾンを
意識したようにもとれる。
かつてゴールドカードといえばステイタス的な部分が主として強かったが、ここまで
年会費が下がってくると、年会費でステイタスを買うよりもその付帯サービスを買う
ような感じになってくる。
老舗でまだステイタス色が強いAMEX、ダイナースを含む既存のゴールド、プラチナ発行
会社が今後その価格差に見合うほどのサービスを打ち出してくるのか気になるところ
である。
———————————————————————–
三菱UFJニコス、新カードブランド「MUFGカード」デビュー!
「ゴールド」「ゴールドプレステージ」「ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」発行へ!
~”2000円からゴールドカードが持てる時代へ” 3種類のゴールドカード 
7月16日一斉スタート!~
 三菱UFJニコス(代表取締役社長:佐々木宗平)はこの度、新しいカードブランド
「MUFGカード」を構築、3種類のプロパーカード「MUFGカード ゴールド」
「MUFGカード ゴールドプレステージ」「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス
・カード」をラインアップし、7月16日から会員募集を一斉に開始します。
 「MUFGカード」は、DCカード、UFJカード、NICOSカードに続く、新カードブランド。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のブランド力を背景に、「安全・安心・高品質」
なサービス提供を目指し、当社カード事業の新たな中軸を形成します。
 今回登場する3種のカードはすべてゴールドカード仕様。いずれも高水準の機能・サービス(「補償制度・セキュリティサービス」「付帯保険」「ポイントプログラム」「T&Eサービス」など)
を付帯し、幅広い顧客層のメーンカードに相応しい商品設計になっています。特に
「ゴールド」は年会費2,000円(発売記念初年度無料)という業界屈指のチャージパフォーマンス
を実現、初めてカードを持たれるお客様でも安心の低価格でゆとりあるゴールドカードライフを
エンジョイできます。
 また、プレミアム・カード戦略の第一弾として、「MUFGカード」のもと新しく
アメリカンエキスプレスと提携し「ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を発行します。
このカードは、3種類のゴールドカードの中で最高位の機能とステータスを兼ね備えています。ゴールドカードとしては革新的な、海外コンシェルジュ、プライオリティ・パス
(海外の空港ラウンジ利用)など充実したサービスを備えたプレミアム・カードです。
 なお、「MUFGカード」では地球環境の保護にも配慮、券面や入会申込書にエコ素材を
使用するほか、新たにWEB明細書(ペーパレス)の利用回数に応じた環境保全団体への
寄付プログラムを用意したり、ポイント交換商品として「カーボンオフセット」を導入し
カードブランドの品質向上に努めています。
 当社では、環境変化の著しいカード市場にあって、三菱UFJフィナンシャル・グループの
リテール部門を担う中核企業に相応しい信頼のブランド構築や新しいコンセプトの商品投入
によって、優良顧客の獲得、市場シェアの確保を一段と強力に推進してまいります。
http://www.cr.mufg.jp/news/2008/080701_01.html
———————————————————————–

ダイナースクラブカード 信用情報機関CCBから脱退 新たにテラネットに加盟 

ダイナースから利用明細書が到着。
中身の案内を見てみると、気になる案内が。
dinners_creditinfo.jpg
内容としては、信用情報機関の加盟について、6月を以ってCCBから脱退。
10月からはテラネットに加盟、登録照会を行っていくとのこと。

三井住友VISAカード マイ・ペイすリボ ポイント2倍復活へ

三井住友カードから一通の手紙が。
さっそく開いて内容を見てみると・・・・
smbccard_mypays.jpg
春に終了したマイ・ペイすリボ利用時のポイント2倍が復活することになった。
これで再びマイル貯めやすいカードがなったかと言えば、やはりしっかり抑えられていて
結局のところマイル還元については現状どおりとなる。
変更点は以下。
 ・ マイ・ペイすリボ登録のお客様に、ワールドプレゼントのポイントを2倍に。
 ・ ポイント付与条件としては、利用代金の請求月にリボ払い手数料の請求があること。
 ・ ワールドプレゼントのポイントはANAへのマイル移行はできない。
今までマイ・ペイすリボ登録だけして支払い前にATMでの事前返済
毎月の支払い金額を高額設定し実質一括払いにしていていたケースなど三井住友カード
にとってポイントだけ付与しているだけという損していた部分もしっかり押さえられている。
若干、マイルがより貯まることにならないのは残念ではありますが
ワールドプレゼントでギフトカードに変えることはできるので、その点で言えば
若干還元率が戻ったことにもなり、その点では歓迎だったりする。

各企業のポイント引当金はさらに増加 総額3200億円へ

どこのお店行っても、なにかしらポイントサービスを展開していることが多い。
ポイントはその場で使われることは少ない分、価値がある限りはいつでも使われる
可能性がある。当然、使われることを考えある程度は原資を持っておく必要がある
が、この原資は企業側で自由に動かせるものではないため債務として扱われるため
結構重荷になりつつある。
今まで、特に電気店等では販売金額の20%もポイント還元するなど加熱ぎみだが
カード会社等一部ではポイント還元率を低くするケースも相次いでいる。
しかし、ポイント還元を渋ると利用が減ってしまうケースもあり、やめたくてもやめられない
状況が続いている。
最近は、給与が上がらないのに、税金や物価上昇等などから景気悪化しつつあり
売り上げも落ちることが考えられるが、少なくなったパイを少しでも抑えるために
販売促進としてポイント還元率アップへ。その後は他店も追随すれば、もうやめられず
いずれは何度となく言われている、ポイントによる倒産が出てきそうな感じがする。
我々としてはポイントもらえるのは嬉しいが、この悪いスパイラルに陥る前に
何処かで断ち切る動きが必要なのかもしれない。
———————————————————————–
ポイント引当金、カードなど50社で3200億円 07年度、14%増
 クレジットカードの利用や買い物でたまるポイントの利用に備えて企業が
積む引当金の増加が続いている。引当金の計上額が多いカード会社など
50社の2007年度の合計は3200億円で前年度に比べ14%増えた。利便性が増し
付与を拡大した結果、積み増しを迫られた。ポイントは負担増につながりかねないため
企業は付与の見直しを進めている。
 ポイント引当金は企業が過去のポイントの利用実績などをもとに発行額の3割程度―全額を
負債として計上している。利用客を囲い込むため、小売りやカード各社などを中心に
ポイントの付与を増やしている。(08:54)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080626AT2C2502025062008.html
———————————————————————–