今月末で国内航空会社から完全退役してしまうB747-400を偲び、乗り納めしてきた

以前は、JAL、ANA2社共に主力機として数十機以上を抱え、日本の空を支えてきたB747。
しかしその後、同じ500名以上の輸送できるキャパシティーを備えながら、双発機による燃費向上を謳い登場したB777に主役を譲り、徐々に姿を消していくことに。特に再生法適用したJALは、会計上の問題もさることながら、コストが掛かるということで再生期間中に退役が進められ一足先に姿を消してしまい、残されたANAも退役を進めていたが、とうとうこの3月末で最後の2機が退役。姿を消すことになった。

と言うことで、今回はその乗り納めの搭乗録を。

■ 嫌い、好き両方の気持ちを持った飛行機

余談で恐縮だが、なぜわざわざ乗り納めなんてしようとしたかと言えば、それはこの飛行機が私にとって様々な思い出があるから。
この飛行機は私にとっては怖いとイメージを付けられた飛行機でもあり、私が飛行機好きになったきっかけでもある飛行機でもある。
私が、初めて飛行機に乗ったのはかれこれ20年近く前、学生の時の修学旅行で沖縄に行った時のこと。今でこそ修行と称して1日10搭乗することも厭わない私だが、実はそれまでは大の飛行機嫌いだった。理由は日航ジャンボ機の墜落事故の惨劇(JAL B747-100SR)。子供ながらにあれはインパクトがあったし、事故のあったあの日、あの時間帯、私も家族で東京から新潟に向け高速道路で移動していた。ラジオで騒がしく放送がなされ、また事故現地の天候は晴れだったはずだが、新潟に向かう何処かで通り雨な雷雨に遭遇。高速道路の見通しが悪く走行を断念、親が苦労しながらPAに寄って雨が止むのを待った記憶がある。(飛行機は視界悪くても計器飛行で飛べるけど、あの時はこの雨じゃなぁーなんて考えていた)

その翌日テレビに映された現場は散々たるもので飛行機とは怖いものだと植え付けられてしまった。(連日報道されてましたしね)
それからは遠出するにも鉄道を好む子になってしまったのですが、10年後ぐらいに冒頭触れた修学旅行で沖縄に行くことに。当然沖縄に行くのに飛行機使わないなんて選択はできる訳もなく、心中穏やかでない状態で搭乗したこと記憶が。しかし、この搭乗時に私の考えが大きく変わった。トイレに行くため席を立ち、トイレ待ちしていた時非常口の小さな小窓から景色を見たのだが、何時もならば上にあるはずの雲が下にある景色に凄く新鮮に感じ、また見たいと思った瞬間だった。それ以降の私は飛行機に感心を持ち、遠方に行く時は飛行機優先と飛行機大好きになり、それが今では社会人による財力のおかげでたくさん乗るヲタになってしまった。

そのキッカケとなった修学旅行で乗った飛行機こそANAのB747-100SR。那覇空港行き。
時期は違えど良いイメージと悪いイメージ両方植えつけてくれたB747-100SRは既に引退済みで厳密に言えば機種は違う。でも同じシリーズだし、ANAとしてのB747運航はこれで最後なので、当時の思い出を振り返りつつ、一つの節目として乗っておこうと言うことに。本当はエアアジアみたいに最終便搭乗が良かったけど、3/31の最終便のチケット争奪戦に負けてしまったため苦渋ながらこの日に。

■退役を偲び写真に収める人が多々

B747ネタはいくらでも話せる気がするが、さて話を本題に戻そう。
朝から多摩方面で開催されたイベントに行った後、羽田空港へ。14時30分頃に空港に到着して最初に出向いたのは、展望デッキ。もちろんB747の雄姿を写真に収めるためだけど、これから搭乗するのにあえて展望デッキに出向くのは理由があって、実は羽田空港2タミは1タミより後で開業したため搭乗する人と降機した人の導線が分離されている。その導線が仇になっていて搭乗者向けエリアから駐機している機材を写真に収めようとすると、窓のフレーム等が必ず映ってしまう(一部スポットは問題ない)。

そのため羽田空港で窓枠なしで機材の写真を収めようとすると搭乗ゲート後のボーディングブリッジ(但し構図は固定)、もしくは展望ブリッジぐらいになってしまう。(1タミの方が良いよ・・・)

ja8961_20140301
 ※展望デッキにて。

14時50分ごろ。
何処かのスポットからトーイングカーに引っ張られてきたB747が所定のスポットで駐機。これを見届けた後、優先レーンから搭乗者エリアへ。しばしラウンジで小休憩したのち搭乗ゲートへ。

15:30頃
出発25分前にゲートに到着すると、既にサポートが必要な方向けの搭乗開始を案内。
搭乗開始に近づくにつれ、やはり偲んで搭乗する客が多いのか。搭乗開始前にゲート前の写真を収める人が多かった。
nh137_spot57_b747_20140301
※57番搭乗口にて。

ja8961_20140301_hnd57
※ボーディングブリッジから見たB747-400

優先搭乗開始にあわせて改札を通過。人が少ないうちにボーディングブリッジからの機体撮影、そして搭乗後の自席から機内の写真撮影に。

■変わった座席が存在するB747

 B747には他の機材には無い座席ポイントが存在する。特徴である2階席(アッパーデッキ)はもちろんだが、このエリアの上部手荷物入れは1階席よりも若干小ぶりで、窓側席にはお土産品やバックが収納できる収納入れが存在。(逆に小型のキャリーバックを持参する人はこの席にはいかないほうが良い。) また、2階最前列71列目のA、K席は窓側とおもいきゃ実は窓から離れた席で、その後ろの72列A、K席以降が本当の窓側であり、かつ72列目だけ71列目まで足を伸ばせる快適シートだったり、86列AC席は先に乗ると後から乗ってくる客と否応無く目線があってしまうだけでなく、1階席の人がトイレ等に出向いた際に下から上を覗かれてしまうという、ある意味晒し者席だったり・・・。
1階席だと、最前方のプレミアムシートには”沖田艦長席”というまるで艦長ポジションに座っているような機にさせてくれる1人席もあるし、56列目みたいに窓側だけど席と窓の間に無駄に荷物が置けてしまうスペースが存在する席もあるなど、特色があったりする。
沖田艦長席以外は一通り乗ったことがあるのだが、オススメは気持ち広く感じる2階72列目と1階56列。今回は、72列目が抑えられてしまったため、56列に。

nh137_room_b747_20140301
※最後部からの機内。
nh137_room3_b747_20140301
※56列。微妙なスペースだけどこれがありがたい。

座席は、定期的に交換されているから普通ではあるけど、モニターなどは古いまま。デザインもさることながら、映し出される映像もクタクタ感が。

nh137_room2_b747_20140301
※ブラウン管モニター。未だB777とかでも健在ですが、それでもここまで古めかしいデザインはB747だけ。

15:55 定刻より1-2分早いぐらいでドアクローズ。プッシュバックしたのち05滑走路に向けタキシング。
   この時間故に離陸待ちなどなくスムーズに離陸。

飛行中は、気流がよろしくないせいか羽田離陸後からの上昇時、そして那覇空港着陸に向けた降下時に揺れが続いたものの順調に飛行。逆に順調すぎて予定より10分早着することに。少しでも長い時間搭乗していたい身としては10分短縮は残念だけど、本来目的地に早くお届けする点ではありがたいことなんですよね。複雑。

飛行中の機長アナウンスでは36000feetなど高度の案内がされると共に、23年間愛されてきたB747が2機ともに3月末で退役すること。乗員一同、残りを1回1回を大切していきたいというお話が。我々乗客もそうですが、ANAの社員にとっても皆さん何かしら経験しているほどの主力機の引退ですから名残惜しいですよね。その気持ちはよく判ります。

ja8961_20140301_oka33
※33番ゲート付近からの機体正面からの写真。

ja8961_20140301_oka33_2
※その後、神戸行き搭乗時にボーディングブリッジから撮影したB747。

空港到着後はボーディングブリッジでたくさん写真を撮られる方が。また折り返しの便に乗る方は搭乗ゲート付近から撮影をしている人が多々。みなさん今しか見られない雄姿を残しておきたいってことなんでしょうね。

B747へ。ありがとう。

最後に、twitterにでも呟いたフライトログを以下。
ANA137 (JA8961 B747-400D)
HND 15:55 Spot:57 R/W:05
OKA 18:28 Spot:33 R/W:18
最後のB747搭乗。上昇、降下時に小刻みな揺れが続く。予定より10分早着。

【ANA搭乗録】福岡往復

20131203-231725.jpg

小倉で行われるイベントに参加するため福岡へ。
本当は、北九州空港が最寄りなので北九州空港往復が良いのですが、イベント終演時間がなんとも不明瞭だったのと21時20分発の最終便で帰えるためには20時5分に小倉発北九州空港行きリムジンバスに乗る必要があり、逆に小倉から新幹線で博多、そして地下鉄で福岡空港ならば小倉を20時30分まで居られて、福岡空港発最終便21時30分に間に合ってしまうことから、あえてこのルートで。

さて以下は搭乗録。
1.羽田→福岡
NH245(B777-200 JA713A)
HND 09:00 Spot:73 R/W:05
FUK 10:55 Spot:7 R/W:16
もともと11時過ぎの便だったものを前倒し。しかし満席のためキャンセル待ち。
幸いステータス持ちが私だけだったようで難なく前倒し完了。

2.福岡→羽田
NH274(B737-800 JA60AN)
FUK 21:30 Spot:5 R/W:16
HND 23:11 Spot:67 R/W:34R
数便の着陸を待ってから離陸。

【ANA搭乗録】帯広往復

nh4761_20131116

10月後半からほぼ毎週何処かにお出かけしているのだが
今週は友人に会うため北海道へ。
例年千歳から入ってレンタカーで帯広するのが恒例なんだが
この土日はジャニーズライブとバッティングで千歳線で
希望便が取れなかったので直接帯広に乗り込むことに。

以後、搭乗便録

11/16
NH4761 羽田→とかち帯広(B737-500 JA8196)
HND 07:10 Spot:504 R/W:34R
OBO 08:44 Spot:2 R/W:35
ANA.ANKそしてAirDoと流浪な96年製古参機。ジャニライブの
影響で流れてきたのか?不明だが満席状態

11/17
NH4768 とかち帯広→羽田空港 (B737-500 JA300K)
OBO 19:05 Spot:2 R/W:17
HND 20:53 Spot:56 R/W:23
ANAから転用された97年製古参機
定刻より早くドアクローズ、移動開始するが出発準備が
間に合わず滑走路上で数分待機

【ANA搭乗録】宿泊なし、行き帰り共に深夜便な弾丸シンガポール渡航

Twitterでは逐一つぶやいているのでダブルポストになってしまう
のですが、よくよく考えれば呟く頻度によって2-3年で消されちゃう
ので、過去の振り返り用途でtwitterでやっているもの
としては、それじゃ困るなぁ・・・と。大したこと書いていませんが
履歴残しのためにも今後はきっちり残していくことに・・・。

シンガポール線といえば、運賃もお手頃な路線だけあって修行コースにも
なってますが今回はシンガポールで行われるAFA2013を見に行くために利用。
シンガポールは2011年6月のCommunicASIA2011に行った以来なので、2年ぶり。

さて搭乗録を

ANASIN20131108

【1】NH151(B787-800 JA803A) 羽田発シンガポール(チャンギ)行き。
  搭乗日:11/8
  HND 23:30 Spot:111 R/W:34R
  SIN 05:45 Spot:E22 R/W: 02
  
台風30号がフィリピンを通過するコースをとっていたため
 フィリピン通過後ぐらいから軽い揺れがおさまらず。
 特に南シナ海飛行機時は4万フィートで飛行しているにも関わらず
 も揺れが続く。

ANA902_20131110

 【2】NH902(B787-800 JA803A)
搭乗日:11/10
  SIN 2:03 Spot:E22 R/W:
  NRT 09:53 Spot:57 R/W:16L
行きと同じ機材。この区間はひたすらシンガポールと東京を往復させる
  運用になっているようですね。ただ、これが仇にもなってしまい、どうやら
  私らをシンガポールまで輸送し、折り返し東京に戻る時に機材不具合が
  発生。出発が1時間遅延。(SIN→TYO)
  ジェット気流等のおかげで飛行時間短縮ともならずそのまま1時間遅れて
  東京到着。再びシンガポール便として出発するにも折り返しのタイム
  スケジュールに余裕がなく1時間遅れで出発と遅延が一向に回復しない状況
  に。当然シンガポール到着が遅れたため、乗って帰る便も遅れ。
  定刻では0:55発だったが、1時間遅れの1:55発に遅延。
  でも搭乗開始は1:45。実際にドアクローズしたのは2:03。
  
  ちなみに、この遅延で乗り継ぎ失敗した方がたくさんおられたようで
  到着時にはゲート前にテーブルを用意し地上係員さんが対応に追われて
  ました。(事前に機内でその方々向けにアナウンスがあった際、羽田経由で
  石垣島へ行く人がいることが判明。明らかに国内線乗り継ぎでのポイント
  稼ぎな修行僧さんが乗っていることに少し笑ってしまった。)

【ANA搭乗録】広島往復

今週は、竹原で開催される憧憬の道、呉での艦艇見学、
尾道散策、広島でのたまゆら音楽祭などに行くため利用。
(とは言え雨で、呉の艦艇見学、竹原の憧憬の道は共に延期に)

行きは新幹線で行く予定だったんですが、所要4時間30分だと
広島滞在時間が減ると思い、飛行機に変更を画策していたが
既に満席。キャンセル待ちを入れて1週間前にやっと席が確保
できたので飛行機で行くことに。

以下搭乗録

ANA20131102_HND

【1】NH671 (B777-200 JA8967)
 搭乗日: 11/2
HND 06:52 Spot:73 R/W:05
HIJ 8:22 Spot:5 R/W:28
初便だけど満席。待ち客対応で定刻から少し遅れてドアクローズ。
何年ぶり?そのぐらい利用したことがなかった中間席に座ることに。
正直しんどい。

 ビジネスシートとは言え、東京~ロンドン線の所要12時間を中間席
 で過ごした時も肉体的にはビジネスシートで救われたものの
 精神面的には良い感じはしなかったけど、正直エコノミーでたった
 1時間少々だったけど気疲れ。あれには乗りたくない。

ANA20131103_HIJ

【2】NH688 (B767-300 JA8578)
搭乗日:11/3
HIJ 20:44 Spot:5 R/W:10
HND 21:57 Spot:69 R/W:34L
93年製造な長期使用機。座席は新しいが荷物入れやモニタは初期仕様。
気流の関係で上昇、下降ともに揺れ。

3連休の2日目ですし、なによりビジネスマンがいない故に、優先搭乗が最初に
なってしまい久しぶりにCAさんアテンドされながら機内へ。
カジュアルワイシャツにビジネスパックの風体からか(いや、これが一番
当たり障りがないトークワードか)「お仕事帰りですか?」と言われ話を
することに・・・。正直そんなに気を使わなくても良いですよ・・・っと。

【ANA搭乗録】初の神戸空港を利用して徳島へ。

徳島で開催されているマチアソビに行くため、今回は神戸空港経由で行くことに。

もともとは徳島に直接行こうとJALの特典航空券で抑えていたものの、諸般の事情で
一旦キャンセルする羽目に。しかしどうにか日帰りなら行ける事になり、徳島便を
予約しようとしたものの時既に遅し。ほぼ定価運賃しか買えない状態であったため
直接徳島に行くのは断念。

徳島滞在時間をそれなりに確保しつつと考えると往復新幹線ではあまり時間がとれない。
新幹線対抗で前日でも安く買える大阪線で行くにも伊丹や関空では時間ロスも。
ほぼ消去法で神戸空港が残り、時間を調べてみると6時20分発で神戸に行き、到着後三宮まで移動。
8時40分の高速バスで10時30分に徳島到着。帰りは、渋滞を考慮して17時の高速バスで徳島離脱。
18時30分に三宮到着し、神戸空港へ移動。21時の最終便で東京に帰るコースなら徳島滞在時間を確保
できそうだったので、これを使ってみることにした。

で使ってみた感想だが、行きは問題なし。帰りは神戸周辺で渋滞はあったもののバスの運転手がルート変更など
機転を利かせた対応をとってくれたおかげで、ほぼ定刻で到着。これなら1時間遅らせて帰っても問題ない感じも。

徳島や高松とか四国便は競合が少ない分価格が高めなので、直行便より多少時間かかることを了承できれば
これは結構使える感じ。

以下。搭乗録。

ana411gate67a_20131012

【1】ANA411 神戸行き(B737-800 JA-69AN)
   HND 06:20 Spot:67A R/W:16R
   UKB 07:31 Spot:4 R/W:27
   ※初便だけどB737故か搭乗口は一番端。伊丹線とかはセキュリティーゲート出てすぐの60番台が多いから
    なんか不遇感は否めないけど・・・・。
    
ana416_20131012

 【2】ANA416 羽田行き (B737-800 JA-71AN)
    UKB 21:20 Spot:4 R/W:27
    HND 22:44 Spot:68 R/W:34L
    お手伝い対応もあり出発遅れ。セントレア上空を通過したあとから気流が悪い状態に。
    また羽田上空も混雑していたせいか、房総沖で着陸待ちの調整(旋回)をしたのちに34L着陸。
    着陸位置とゲートとは正反対な位置のため移動にも時間がかかり定刻より15分遅れ。 
 
    その上、ゲートが朝同様一番端のため実際に到着ロビーに来たときには、55分頃。
    この時間帯でこの時間ロスは痛いなぁ・・・

ANA搭乗録 6月1日 香港へ

台北で開催されるComputex Taipei2011に行くのだが、香港も久しぶりに
立ち寄ってみたいと思い香港経由で行ってみる事にした。
【搭乗便】
 ANA1171便 東京羽田→香港 B777-300ER ( JA778A )
ana1171_hnd.jpg
東京羽田 : (搭乗口) 108  (滑走路)  離陸 05
香港 : (搭乗口) N32 (滑走路)  離陸 25R
(定刻) 8:55 → 12:35   (実績) 8:55 → 12:35
羽田空港に1時間30分前に到着。香港から台北まではエバー航空利用だったので
手荷物を台北までスルーバゲージしてもらうが、微妙な手違いもあり手続きに時間を
要したのと、成田と違って上級会員向けのセキュリティーレーンがなく、見事に混雑に
嵌ってしまい搭乗時間の20分前にやっとラウンジで小休憩。
いつもならば優先搭乗で行くがこの日は最終案内タイミングで搭乗する。
定刻にドアクローズし、すぐさまプッシュバックしたものの一向に機体が動き出さない。
10分程度経ったところで機長より「左エンジンのエアコンシステムに不具合
発生で緊急整備中」とのアナウンスがあり、プッシュバックして20分少々経ってやっと
滑走路に向け移動開始する。(すぐ後ろには、このスポットに入る予定?のエバー航空な
機体も待機中。これのおかげで多少なりとも出発遅延とかしていそう・・・・。)
9時30分頃、R/W05より離陸したあとは、順調に飛行。ただ、香港到着は羽田での整備
の影響でいつもなら定刻より15~20分程度早く到着するところが、ほぼ定刻に到着。
時刻表上では定刻出発の定刻着だが実質はディレイ。
機内では、ラウンジでの朝ビールに続き、機内でもビールを飲みながら、エンタメシステムで
どちらも良い味を出していた俳優さんである、児玉清氏出演番組と中条静夫氏出演番組
を視聴する。
ana1171_hnd_eat.jpg
※ 機内食。

ぶらり旅 はじめての根室中標津空港

ana837_101113.JPG
気がつけば1年ぶりの更新でしょうか。
やっと更新できるだけの力が戻りつつあるので、まずは一回更新してみることに・・・
(再び続けられるように頑張らないと)
毎年恒例となった北海道養老牛温泉でのオフ会に参加。
いつもならば釧路から入りますが、今年は仕事の関係で根室中標津から入ることに。
※ ANA837便 東京羽田→根室中標津 B737-800 ( JA58AN )
  東京羽田 : (搭乗口) 504 (スポット402 (滑走路)  離陸 34R
  根室中標津 : (搭乗口) 1    (滑走路)  着陸 16
  (定刻) 11:40 → 13:20   (実績) 11:40→ 13:24

ANA搭乗録(8月9日) 千歳から羽田へ

もともとは20時50分発のAIRDOとのコードシェア便で帰宅予定だったが
到着したのが17時過ぎだったこともあり、前倒しすることに。。
【4 (24)】 ANA053 東京羽田→札幌千歳 B747-400 ( JA8966 )
ana074_0809.jpg
  千歳     : (搭乗口) 8 (滑走路)  離陸 19R
 東京羽田 : (搭乗口) 58  (滑走路)  離陸 34L
  (定刻) 18:30→ 20:05   (実績) 18:33 → 20:03
(Twitter)
この便も満席。前倒ししてもらった際にどうにか窓側席を確保してもらったものの
2階の階段近くだったため、窓と席の間に若干空間があり若干見難い状況に。
まぁ前倒しできただけでもよかったと言うべきなんだろうが、ちと残念。
混雑もあってドアクローズ自体は定刻後となったが、即離陸できたこともあってか
遅れを挽回し、2分ほど早く到着となった。

ANA搭乗録(8月8日) 千歳へ

北海道でBBQをするという話が持ち上がり参加することに・・・・。
前回のオフ会から2ヶ月ぶりの北海道である
【3 (23)】 ANA053 東京羽田→札幌千歳 B747-400 ( JA8966 )
ja8966_20090808.jpg
  東京羽田  : (搭乗口) 52  (滑走路)  離陸 34R
  千歳     : (搭乗口) 9 (滑走路)  着陸 19R
  (定刻) 8:00→ 9:35   (実績) 8:03 → 9:38
Twitterへのカキコ
搭乗ゲート
 夏休みシーズンということで満席。また当初、53番スポットからの出発であったが
 急遽機材変更(と言っても同型JA8961からの変更)がかかり、52番スポットから出発に変更
 それらもあってか搭乗開始予定時間から遅れて開始するなどあり、定刻より遅めの出発と
 なった。
 ドアクローズ後20分後に離陸。北海道内では雲が低い位置まで立ち込めていたこともあり
 若干揺れ等もあったが無事到着。最近は、乗ったらウトウトしてしまうが毎年恒例となった
 ANAオリジナル扇子を購入する必要があったため、ウトウトすることなく過ごす。。