JALカード ブランド変更してみました。

マイルをためる上で、クレジットカードは手っ取り早く貯めるためのツールですが、カードによって還元率も異なるため、どのカードを選ぶかのポートフォリオが重要になってきます。自分の場合は、以前はJAL、ANA両対応させていたものの効率性を考える1社集中が良いため、JALのみにして、ここ数年貯めに貯めた訳なのですが、再びANAカードを入手し始めたこともあり再び再編を考えることに。。今持っているカードを挙げますと・・・・。

--- JALへの集約 ----
JAL JCB(CLUB-A)
AMEX
UC-GOLD(VISA)
--- ANAへの集約 ---- 
ANA-VISA
Diners Club
--- 非提携 ----
JACCS(MASTER)
VIEW(JCB)
計 7枚
 
上記が今までのカード構成でしたが、一言で言えば「カード持ちすぎ」な状態。個人的なスタンスとして、すべてのブランドは持つという考えがあるためその点を踏まえつつ、マイルが貯まりやすいようにとしていた訳ですが若干、不効率さは生じていたことから、メスを入れることに。で、今回手をつけたのが・・・・・。
  
1、DinersをJALカード(Diners)にして、JAL-JCBは解約
2、非提携のカード2枚の解約。
 
JALカードとしての年会費23100円と高くなるものの、両方持ったときの年会費は25000円以上となってしまうため、集約した方が安くなるというのもありますがなによりJAL Diners Clubにするメリットとしては、ポイント積算条件が1万円単位から100円単位に変わる。この部分が一番大きかったりします。Diners Clubは普通、1万円単位でポイントが付与されるわけですが、9999円以下は付与されないので、結構不効率だったりするわけですが、JALにするとショッピングマイルプレミアのおかげで100円単位でマイルが積算され、また手続きをすればDiners Clubのポイントも貰うことが出来るのですが、この時の積算単位も5000円単位と通常よりも条件が緩くなるため、どちらで使ってもお得になるというのがあるわけです。ANAにもDiners Clubがありますが、こちらは通常のカードと同じ積算条件。Diners Club持つならJAL。と言えそうです。そんなこともあってか、ちょうど1月始めに申込みをしたところ、修行中に届いていたようですが、当然受け取れるはずもなく、本日郵便局で無事受取。これで、今まで以上にDiners Clubを使う機会が増えそうです。残りの2枚については言うまでもないですが、今回JAL-JCB含め3枚解約するとJCB、MASTERブランドが無くなってしまうこと。何かで抑えないと・・・・。変に凝る癖いい加減に治さないと・・・・・。やっぱ死ぬまで直らないのかな・・・・

修行まとめ。 石垣空港編

石垣空港へ行かれる方への見所を少々。
 
・後部ドアから搭乗が可能
 普通、飛行機に搭乗する場合、前方のドアから搭乗するのが基本であるがここ石垣空港では出発、到着どちらの便でも搭乗率が高い場合は、前方のドアに加え、後部ドアからも乗降が可能になる。なかなか体験出来ない事なので、あえて試してみてはいかがだろうか?なお、後部ドアから乗降希望の場合、後部側の席(B737だと、だいたい15列目以降~)をアサインしておくことが望ましいです

SN380010

SN380010

・着陸時の強力な逆噴射に注意
 有名な話ですが石垣空港は、滑走路が1500メートルと短い。このため、ジェット機でもB737などの小型機に限られ、しかも急制動で着陸するぐらい程の短さである。この着陸時の急制動が、一般的な空港への着陸に比べると、本当に急なことからベルトをしていても、前のめりになることが多々ある。この急制動は、他の空港ではあまり味わえないので、是非お試しあれ。また、もし子供や年配の方、飛行機苦手な方にはこの着陸時だけ気をつけておくことが良いかと思います。

SN380007

SN380007

JAL JGCをゲットすべく、いざ沖縄へ!! (4日目)














搭乗回数便名路線FOP
28RAC871那覇→久米島88
29RAC874久米島→那覇88
30RAC877那覇→久米島88
31RAC878久米島→那覇88
32JTA211那覇→久米島88
33JTA212久米島→那覇88
34JTA517那覇→宮古266
35JTA516宮古→那覇266
36JTA221那覇→久米島88
37JTA222久米島→那覇88
38JAL1930那覇→羽田1672
合計FOP2908

4日連続修行の最終日でもあり、久米島ピストン修行も最終日。ここまで続くと若干飽きてしまう時が・・・・。やはり違う路線を混ぜるということも大切だと実感。そもそもとして4日連続すること自体どうかと言うのもあるが・・・・。最後は何事もなく終わるかと思ったが、1930便が機材繰りの関係で遅延。定刻から40分以上遅くれて出発となったが、うまい具合に気流に乗ったようで、到着は定刻の10分遅れと大幅な回復。しかし、もし定刻通りに出発していれば、定刻より早く着いた可能性があったで・・・・・。若干トホホである。


今回の修行で得た獲得数


搭乗回数38回合計FOP8892


JAL JGCをゲットすべく、いざ沖縄へ!! (3日目)













搭乗回数便名路線FOP
18RAC871那覇→久米島88
19RAC874久米島→那覇88
20RAC877那覇→久米島88
21RAC878久米島→那覇88
22JTA211那覇→久米島88
23JTA212久米島→那覇88
24JTA517那覇→宮古266
25JTA516宮古→那覇266
26JTA221那覇→久米島88
27JTA222久米島→那覇88
合計FOP1236

那覇~久米島ピストン修行2日目。昨日より1往復増え4往復。まさに行ったり来たりなのですが、この日の午後は那覇到着便が相次いで遅延。516便から221便までの乗り継ぎ時間が25分しかない上で、516便の到着時間が221便の出発時間と同刻となってしまいヒヤヒヤだったが、ご多分に漏れず
221便の機材も遅延していたことで、何事もなく搭乗となった。

JAL JGCをゲットすべく、いざ沖縄へ!! (2日目)













搭乗回数便名路線FOP
RAC871那覇→久米島88
RAC874久米島→那覇88
10RAC877那覇→久米島88
11RAC878久米島→那覇88
12JTA211那覇→久米島88
13JTA212久米島→那覇88
14JTA517那覇→宮古266
15JTA516宮古→那覇266
16JTA625那覇→石垣376
17JTA626石垣→那覇376
合計FOP1812

この日から那覇~久米島間のピストン修行へ。午前中の2往復は琉球エアコミューター便。自動チェックインができないため、カウンターに行き搭乗手続き。この時点で、1往復の帰り分と2往復目の行き分まで一緒に発券してもらい、その後自動チェックイン機に行き、残りの路線すべてを発券。結果として手元には10搭乗分の搭乗券が・・・・。少々異様な光景である。

琉球エアコミューターで使われている機材は、DHC8-100。38人乗りのプロペラ機である。個人的にはYS-11搭乗後、プロペラ機大好きということもあり、嬉しかったりする。

SN380013

SN380013

JAL JGCをゲットすべく、いざ沖縄へ!! (1日目)










搭乗回数便名路線FOP
JAL1905羽田→那覇1476
JTA609那覇→石垣376
JTA612石垣→那覇376
JTA517那覇→宮古266
JTA516宮古→那覇266
JTA221那覇→久米島88
JTA222久米島→那覇88
合計FOP2936

JGC取得を現実にするため、いざ行動!と言うわけで沖縄へ行ってきました。今回は、短期間に結構な数をこなしてしまうべく、4日間連続修行とハードスケジュールで組んでみたのですが、結果はいかに。と言うわけで、まずは1日目のレポートを。



水曜日であるにも関わらず那覇行きは満席。やはりバーゲンフェアの影響は
凄いとしみじみ実感しつつ搭乗へ。

SN380006

SN380006

相変わらず羽田では離陸待ちになり10分遅れて那覇へ到着。1時間後には、石垣へ飛ぶため、短い時間に手荷物受取、ロッカーに預け直し那覇発の搭乗券の発券、チェックインなど。。すべてこなす必要があったのだが、満席なだけあって手荷物受取に時間が掛かってしまい、慌ててすべての処理をすることに。無論、出発15分前には搭乗ゲートには居たのだが、もしも、さらに遅延していたら間違いなく厳しい状況になっていた訳で、そもそも手荷物を預けないか、もう少し時間に余裕を持たすと言った配慮が必要である。

あるある大辞典 納豆ダイエットはねつ造だった

納豆食べると痩せる・・・・。
その番組自体見ていなかったものの、この報道で一気に人気が上がり毎日食べていた者としては、とたんに品薄となり迷惑だったりしたのだがこの報道について、ねつ造と発表された。痩せたいと思う人に対して、嘘をついたことは良くないことだし、まして公正な報道が求められる存在がやってしまった。昔と比べ、いいかげんな報道が多いこともあり、他の報道同様もっとしっかりとした報道をしていただきたいと言う思いである。ただ、視聴者側も一言苦言を言うなら、特定食材だけ食えば痩せられるというような、そんな簡単にできるものに飛びつくのも、そろそろ辞めるべきだと思うそんな簡単に実現なんて出来やしない。本当に痩せたい人は、運動やったり、食事のバランスまでコントロールしたりと努力を重ねている訳で、本当に痩せたいのなら誘惑に負けず努力すべき。それと、「あるある」含むの健康番組見て思いませんか?番組では、一つの食材にスポットが当たりますが、その番組は毎週続いている訳で、そのたび効能は違えども取り上げる食材は違う。
でも、長年見ていると、過去報道された別の効能に効く食材は、今回取り上げた食材と一緒に食べるより効能がある。とかなる訳で結局のところ、ちゃんとした身体を作るには、偏った食材ではなく、バランスよく食べること。
となってしまう。ね。そろそろ、惑わされない人になりませんか。

ANA 東京メトロと営業提携

JALがJRと組んだのに対抗するかのごとく、ANAは東京メトロと提携を発表。提携内容は、営業面、ポイントプログラムに関してとなるで、気になるポイントですが、以下の通り。
 
・ 東京メトロの発行するクレカ(Tokyo Metro To Me CARD)とAMC間でポイント交換が可能
  
AMC 10000mile → Tokyo Metro To Me CARD 10000Point
 Tokyo Metro To Me CARD 1000Point → AMC 600mile
 
マイルを貯める上で、よく使う所との連携してくれるのは嬉しいことだが、いかんせん特定カード間だけとされてしまうと、新たにクレカを作る必要になり、複数作って貯めようとしても、逆にマイルが分散してしまい効率よく貯まらず。と負のスパイラルに入っていく訳で、これはこれで結構困りもんです。幸いなことに、3月からはPASMO(私鉄、バス)とSuica(JR)の相互利用が可能になり、自分の好きなクレカで決済が可能な「モバイルSuica」も当然使えるはずなので、結果的として、これを使うことが一番効率良く貯める方法のようである。
http://www.ana.co.jp/pr/07-0103/index07-ana-metro.html

JAL国内線 ファーストクラス導入

正式発表前から新聞で賑わしていたJALのファーストクラス導入が正式に発表されました。
元JASファンだった者としては、レインボーセブンで展開された3クラス仕様の復活とも言える訳で、懐かしさを覚えるほどです。導入される機材はB777-200 計15機とのことで、これはJAL保有機材のB777-200すべてに導入されることになるようです。
  
※ AIRLINE2月号のB777記事を参照(発注数で15機、うち受領済が14機)リリースでは大阪、福岡の幹線に投入とのことですが、B777-200導入路線であれば、利用できる可能性は高いかもしれません。使われるシートなどは、記者会見のダイジェスト版があるので、参考にどうぞ
 http://www.jal.co.jp/jaltv/source/?s1=jalnews&s2=news&s3=topics&id=newservice

国内線2倍マイルと国内線ステップアップ

JALから2つのキャンペーンが発表されたので、早速キャンペーン登録。
来週修行スタートするのだが、いきなり山場と言えるほどの行程となるため
私にとっては、2倍マイルキャンペーンは非常にありがたい限り。ただ、このキャンペーン。全メンバー対象ではなく、なにかの社内基準に準拠した人に送られてくるらしい・・・・・。よって、人によっては案内すらされていないようなので、ざっくり内容をまとめると以下の通り

・国内線2倍マイルキャンペーン   1/15~3/20
 国内線全路線でフライトマイルが2倍になる
 
・国内線ステップアップキャンペーン 1/15~3/20
・区間マイルが100マイル以上かつ、普通運賃、回数券などマイル換算率が100%以上運賃で搭乗した人に限り搭乗回数に応じてボーナスマイル並びに FLY ON ポイント(FOP)がもらえる。なお、FOPボーナスは10回以上から貰えるが、10回で20000FOP以後1回ごとに2000FOP 最大20回 40000FOPが貰える。
   
区間マイルと運賃の縛りはあるのが嫌ですが、50回搭乗と言った回数稼ぎしなくても基準達成出来てしまいそうです。で、実際にやってみようとした場合どの程度で出来るのか試してみました。
  
 例: 羽田~大阪 区間マイル:278マイル FOP:576
    4回回数券 14500円(回)で 20搭乗すると、FOP 11120
    
これにボーナスで40000ですから。なんと!!これだけでFOPが50000を超えることになります。しかも料金は29万円(4回回数券×5セット)相当安いです。さらに大阪線と言えば本数も多いですし、何より回数券ですから特定割引運賃と異なり日程にも縛られないので、気楽にチャレンジが可能な訳です。これは、悩むことなく試すべきかと思います。ただ、沖縄方面で修行する為2ヶ月前ぐらいから、いろいろ仕込んでしまった者とすれば、今更路線変更は不可能な訳でして・・・・。いささか悔しさがありますが、純粋に旅を楽しもうと思います。