時代の変わり目 クイックキャスト終了とイーモバイル サービスイン

3月31日は、移動通信サービスにとって大きな節目の日である。
一つは、1968年から始まりこの3月31日でサービス終了するドコモのクイックキャストもともとはポケットベルという名称だったサービスである
pb.jpg
もともとビジネス利用が主なものだったが、90年代頃から女子高生らがこぞって持つようになりコミュニケーションツールとして大活躍したが、携帯電話にシフトした後は利用者減少の一途を辿っていた。もう一つは、新規参入枠によって参入してきたイーモバイル。もともとADSLサービスを提供するイーアクセスが移動体へ参入。いずれは音声サービスも提供するが、まずはデータ通信での定額サービスを提供。今後、既存の携帯3社とPHS1社に対してどう戦っていくか。どの程度善戦するか楽しみである。
一つのサービスにビリオドが打たれ、また一つのサービスが始まる。
時代の流れを感じさせる日である。
ありがとうポケットベル。そして、頑張れ。新規参入会社

都知事選立候補者の顔ぶれ

前日、うっかりテレビをつけたまま寝てしまったのだが、早朝の東京都知事選挙の政見放送で目が覚めてしまった。と言うのも、この政見放送では3人の候補者がいろいろと語っていたがその内容があまりに呆れるものばかり。
ストリートミュージシャンの外山恒一候補者は、少数派はそもそも選挙に勝てないそもそも選挙なんて関係ない言い切り、さらには政府転覆させよう・・・・とのこと。また、勝訴証拠評論家らしい佐々木崇徳候補者は、自分自身が不当な逮捕された事を取り上げて、その時の検事を逮捕するために頑張っているから応援して欲しい・・・・とのこと。さらに、国際創造学者のドクター中松は、知事に相応しい4条件を取り上げたが、その項目がすべて微妙。例えば、東京にずっと居る人という項目に対して、自分の先祖は旗本の時から東京に居て・・・・。発明できる・・の項目に対しては、もし北朝鮮がテポドンを東京に打ったとしても、私の発明ならそのテポドンをUターンさせることができる・・・・。

もう、なんじゃこれは!!のオンパレード。
私欲が強くて、東京都のことを考えているようには到底思えないし、なにより本人達は正気のつもりなんだろうけど、考えていることが異常過ぎる。それにしても、年齢等基準が満たしているからと言っても、そもそもこんな人たちが立候補出来てしまうのは、問題のような気がしてならない。ちゃんと、それなりの社会経験や実績、知性、見識がある等などの一定の資格は設けたほうが良いように思えてならない。

全日空が新会員組織 ANAマイレージクラブ 旅達(たびだち

4月より、ANAマイレージクラブの中に、新たな旅行会員組織「ANAマイレージクラブ『旅達(たびだち)』」を設立するとのこと。サービスの内容については、一言で言ってしまうとJALマイレージバンクたび倶楽部と同等
なものになっており、 旅達会員向けに会員限定の旅行商品・サービスなどの販売、提供を行うと共に、飛行機搭乗時に通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルがもらえるというもの。

なお、この会員組織設立を記念して、いくつかキャンペーンが展開されます。
1、搭乗ボーナスマイルプレゼント
キャンペーン期間 : 4月~12月末まで
対象運賃 :旅割、超割、個人包括旅行割引運賃(ANAセールス主催のツアー商品のみ)エコ割(エコ割21、エコ割14、エコ割7、エコ割週末ステイ)
包括旅行運賃(ANAセールス主催のツアー商品のみ)

ボーナスマイル : 
ANA国内線往復 500マイル(片道250マイル)
ANA国際線往復 1000マイル(片道500マイル)
 
2、入会キャンペーン 
入会するとEdy 500円分プレゼント
キャンペーン期間 : 4月~5月末
条件:2005年~2007年9月までにマイル積算歴があることが条件
       
なお、6月からは旅達ツアーデスクでANAのツアーパッケージを購入する際1000マイルを1000円としてツアー代金に充当できるキャンペーンも展開予定とのこと。とりあえず、4月になったら迷わず加入というところでしょうか・・・・。
ANAマイレージクラブ『旅達(たびだち) プレスリリース

JMB CRYSTALに昇格しました。 

1月に38搭乗しているにも関わらず那覇~久米島間の搭乗が多かったせいかFOPが10000超えせず、2月の修行でやっとCRYSTAL達成となったのだがステータス昇格は、マイレージバンクの規定で達成した時の翌々月から。この間に、ステータスがないまま搭乗回数を重ねサファイヤ達成、JGCカード取得となってしまったが、この時の取得したステータスのカードがやっと届いた。
jmbcrystal.jpg
届いた資料一式。
jgccrystal.jpg

※ 【4/1追記】 ホームページ上のステータス表示。既にJGC会員なので
JGC CRYSTALとなってますが、隣にはワンワールドのステータスがあります。本来CRYSTALは、ワンワールドルビーなのでワンワールドロゴの下の色は赤ですが規定の搭乗回数超えということで、ここがワンワールドサファイヤと同じ青色になってます

さて、CRYSTALで得られる優待サービスを纏めると以下の通り。
・ボーナスマイル 50%
・国際線搭乗時のみ 優先搭乗
・超過手荷物 超過10㎏
・クラスJ利用時のみ プライオリティバッゲージサービス
・優先キャンセル待ち(予約時)
・国内線空港 優先空席待ち
・国際線空港 優先空席待ち
・カード提示による専用チェックインカウンター
  (国内線はJシート利用時のみ、国際線は成田、関空、福岡、中部)
・(マイル引き換え)ラウンジクーポン
・(マイル引き換え)クラスJクーポン
 + ワンワールド ルビーの特典
 
ボーナスマイルや国内線空港での優先空席待ちあたりは、修行時に使えたら良かったなぁと思ってしまったが、そもそも2月の段階で、残り6搭乗とか無かったので、仮にステータス取得が規定より早まってもあんまりメリットは無かったかもしれません。来月には、サファイヤのカードが届くはずなので、正味一ヶ月間のお役目。この一ヶ月間の間に出張とか入らないかな・・・・・。

秋葉原 中華そば 松楽


松楽 (しょうらく) 
千代田区外神田1-11-9
 ※ 吉野家の隣

中央通り沿いにある中華そばのお店。値段も490円と結構手頃です。
一個人としては、久しぶりに中華そば食べて、かつて駅前にあった
いすゞを思い出してしまいました。
営業時間が11:30~16:30と短く、また日曜日が休みと秋葉原の稼ぎ時と
マッチングしていないので注意。

羽田空港の新滑走路が着工

羽田空港に4本目の滑走路を建設することが決定し、本日無事着工となった。もともと、昨年春頃に着工する予定であったが、周辺漁業への影響による補償交渉に時間がかかり、結果として1年遅れで工事スタートとなった。
新しい滑走路は、C滑走路の南端(34R寄り)の先に建設され、長さは2500メートル完成後の年間の発着回数は、約41万回と現状の1.4倍に拡大。うち3万回程度は国際線枠として確保され、近距離路線を中心に就航するとのこと。
jaljgc2.jpg
※ 国土交通省 羽田空港及び首都圏第3空港のホームページより抜粋

なお、完成は2010年10月と3年先。この滑走路建設と平行する形で、旧羽田空港跡地(天空橋駅近辺)に新国際線ターミナルの建設されることになっている。その後は、京急、東京モノレールでは国際線ターミナルと連絡するための新駅建設国際線ターミナル移転後の跡地は、第2ターミナルの施設拡張に使われたりなど建設ラッシュが・・・・・。

まだまだ羽田は凄くなりそうです。

全日空 規定の資格を持っていない整備士が機材整備

全日空の整備士11人が、規定の整備資格を持っていない機材の整備を
行ったとのこと。なんでも、767型の整備資格を持っていたが、B767-300Fはこの整備資格とは別個の資格が必要とのことだが、この資格がないまま整備を行っていたとのこと。機材は貨物機ですので、直接乗客は乗らないものの、万が一が起きればそうもいかないわけで、しっかりとした整備をしてもらいたいものである。
全日空 プレスリリース
ちなみにこのニュースは、フジテレビのお昼のニュースで報道されたものだがそれ以外のニュースなどでは、あまり報じられていない。

※【補足】 11:49時点での書き込みでは、全日空含めほとんどリリース出ていませんでしたが20時時点では全日空と下記のサイトでニュースが出ています。

毎日新聞 全日空:無資格で整備確認63回
日本経済新聞 資格ない整備士が機体の整備確認・全日空に厳重注意

もし、これがJALだったらどうなるのでしょうか・・・・。間違いなく、マスコミは一斉に叩くのでしょうね。どの業界もそうですけど、何処か一つ企業の不祥事がクローズアップされてしまうとそこばかりに集中し、のちに出てくる同業他社の話題は、意外に重いものでも軽く流されてしまうケースもあるほど。マスコミさんも、一カ所責めすることなく公平な報道をしてもらいたいものである。

航空機内では携帯電話の電源を切りましょう

数年前から航空機内での利用が制限されている携帯電話。
利用者側も搭乗するたびごとにアナウンスされ、すっかり認知されていると思っていたのだが意外に守られていないようで、実際に航空機内で乗客が使用した携帯電話などの電子機器の影響で、機体に異常が出た件数が2005年には48件あり、1999年の10件から激増したとのこと。これまでに報告された障害の約半数は操縦室のモニター異常らしいが2001年には高度約3000メートルで上昇中に機体が突然右に25度傾くトラブルが発生。2003年には、空中待機中の航空機が高度を約120メートル逸脱するなど運航に影響が出た例もあったようで、これらはいずれも乗客が携帯電話の使用をやめると正常な状態になったとのこと。これらを踏まえて、新たに通信機能がある電子ゲーム機やワイヤレスマウスなどパソコン周辺機器の一部機能の使用制限する方向で調整しており、早ければ夏休み前にも実施するとのこと。幸い大惨事は起きていないが、そうならないようにするためにも搭乗前にはしっかり電源を落とすようにしましょう。
毎日新聞 携帯電話:航空機内の使用で異常、05年に48件

<本紹介> ダカーポ アニメビジネスについて特集が組まれています

ダカーポ4月4日号において、アニメビジネスについての特集が組まれています。
dacapo.jpg
内容としては、世界における日本アニメの評価、アニメビジネスの仕組み、最新トピックス女性向けアニメ、少年アニメ等各ジャンルの現状についてなどがいろいろと書かれています。値段も手頃ですし、一冊持っておいても良いかもしれません。

ドコモ 白いSIMカード

先日、ドコモからSIMPURE L、NM850iG、hTc Z、BlackBerry 8707h等の
海外対応携帯電話で海外利用中に認証失敗すると圏外となり、日本帰国後も
圏外状態が続いてしまう不具合が発表されたのだが、まさに持っている携帯がSIMPURE L。その対象機種とのことで、SIMカードを交換してもらうべくドコモショップへ行ってきた。
ドコモのプレスリリース
お店で事情を話すと、早速SIMカードの交換となったのだが出てきたSIMカードが白色。通常、FOMAカード(SIMカード)は緑色であり、サービス開始当時から利用している一部ユーザーについては青色だったりするのだが、白色というのは珍しい。
simcard.jpg
ドコモショップのお姉さん曰く、保守交換用カードはこの色になるとのことだがそもそも色を区別する必要があるのでしょうかね?前回の青から緑への変更時同様に、何らかの機能差がありそうな気がするのですが・・・・・。
それとも、今後新規保守関係なく、この白色SIMカードに統一されていくのでしょうか。少々気になります。