携帯電話通話料、東京はNYの3倍以上

世界各国と比較して通話料金がまだ高いとのことだが
きちんとしたテスト条件が載っていないので判断しにくい。
自社同士なのか、他社宛なのかとか・・・・。もちろんあちらは
ほぼ定額制に近い状況だが、日本には定額制がない訳でもなく
自社同士であればソフトバンクのホワイトプラン、WILLCOMの定額プラン等で
比較すれば今回の調査でも相当差が縮まったと思う。
一方、ブロードバンド関連になると日本は値段も速度もトップ
一方アメリカとかは日本の20~25倍程度高くなる。
このデータも適切な条件が載っていないのでなんとも言えないが
結局、両方使う場合とかで比較すると、さぼど変わらない程度になりそうである
国によって、必要とされているものが変わってくるので、値段等もそれらによって
変わってくる。一つだけ見て、高い高いというより一般的な生活をおくるにあたって
世界的にどうなのかと言った視点で見ていったほうが良いかと思うのだが
いかがだろうか。
※補足
日本のブロードバンドは6年連続で世界最安値,総務省が通信料金の価格差調査
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070828/280564/
—————————————————————————–
携帯電話通話料、東京はNYの3倍以上
8月28日21時10分配信 読売新聞
 2006年度の東京の携帯電話の通話料金は、1分あたりの単価で
比べるとニューヨークの3倍以上も高いことが、総務省が28日発表した
電気通信サービスの内外価格差調査でわかった。
 毎月の通話料金(基本料を含む)は、東京も「おおむね平均的な水準」
だが、通話時間を含めて比較すると割高な実態が浮き彫りになった。
 調査は今年3月末の世界7都市を対象に、その国の最も占有率(シェア)
が高い会社の代表的な料金プランを比較した。東京はNTTドコモを採用した。
 その結果、月額料金は東京が3800円、ニューヨークが3900円で
月平均の音声通話時間は東京が97分、ニューヨークは672分だった。
この結果、「分単位」の通話料は、東京は39・4円と7都市中3番目に
高かった。一方、ニューヨークは、着信にも料金がかかるため通話料金を
2倍として計算しても、11・7円にとどまった。
最終更新:8月28日21時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000012-yom-bus_all

「閉所恐怖症」で旅客機遅れる

サービス業であれば、明らかにお客さんが悪いケースも多々あり
人としては文句の一つや二つ言いたくもなる。
しかし、サービス業。心の中では「いい加減にしてよ!!」と叫びつつ
顔や言葉、態度には出さずに対応するのが基本。
そんな中、こんなコメント発表した点については、正直理解に苦しむのだが
閉所恐怖症と自認していて、無理な可能性があったにもかかわらず
飛行機になった、この人に対しても正直理解に苦しむ。
本人は軽い気持ちだったのかもしれないが、運行が遅れることで迷惑が
かかるケースだってある。そこまで考えていれば、おのずとどうすることが最良か
判断できたはずである。
鉄道みたいに一定間隔で停車するなら駄目なら降りれば良いし、バスや車みたい
に、その気になればいつでも止めてもらうこともできるものと違う。
持ちたくて持った病気ではないのは判るが、でも常に相手のことも考える
気持ちは持っておく必要があるのではないだろうか・・・・。
——————————————————————————-
「閉所恐怖症」で旅客機遅れる 全日空・鳥取
8月30日11時26分配信 産経新聞
 鳥取空港で29日夕、乗客の女性が「閉所恐怖症」による体調不良を訴え
東京行きの全日空機が遅れるトラブルがあった。全日空東京空港支店鳥取空港所
では「唖然とするような理由。他のお客様のご迷惑を考えれば、航空機に搭乗
すべきではなかった」とのコメントを発表した。
 全日空によると、29日午後6時10分ごろ、鳥取空港で鳥取発東京行きの
全日空298便が離陸のために滑走路に向かう途中、乗客の女性が突然、体調不良
で「どうしても降機したい」と訴えた。同機には女性を含め乗客158人が乗っており
そのままターミナルに引き返して女性を降ろした後、24分遅れで離陸した。
 女性は客室乗務員らに「自分は閉所恐怖症。乗ってみたけど、どうしてもダメだった」
と説明。女性はその後、JRで東京へ向かったという。
 鳥取空港所によると、鳥取空港では16日にも同じ全日空298便で女性客が
離陸直前にトイレに行こうとして倒れ、約30分間の遅れが発生した。この女性客
はその後、風邪気味で直前まで点滴を受けていたことが判明。最後は全日空が
用意した救急車には乗らず、父親の「お迎え」で実家に戻ったという。
 国内の空港では「自動機」による搭乗手続きが進み、従来のようにカウンターで
体調に関する声掛けを行う機会が少なくなっている。鳥取空港所では「体調不良を
訴えるお客様がいた場合、人道上無視して出発する訳にはいかず、結局は他の
お客様にご迷惑を強いることとなってしまう」としている。
最終更新:8月30日13時4分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000907-san-soci

JAL 国内線にファーストクラス導入

以前から導入を発表していたJALが正式にファーストクラス導入を
発表した。
お値段は8000円。最初は、大阪線で、後に札幌、福岡へ拡大させる
とのことだが、札幌、福岡はわかるものの大阪線では、飛行時間から考え
ても8000円という対価に見合ったサービスは受けられないようにも感じて
しまう。
個人的には、沖縄線で導入してほしいけど観光路線なので、難しいかも
しれませんね。とりあえず、札幌か福岡線に就航したタイミングで利用して
みたいものです
—————————————————
日航、国内線で12月にファーストクラス導入
 日本航空は12月、国内線で初めてファーストクラスを導入する。
前後の座席間隔は130センチとゆとりがあり、高級料亭や有名レストラン
と提携して提供する食事を好きな時にとれる。国内線運賃に8000円を
加算した料金で利用可能。羽田―伊丹(大阪)線から1日7往復(14便)
程度で始め、来年度以降、羽田―福岡・札幌線に導入。年40億円の
増収を見込む。
 ボーイング777―200型機に14席のファーストクラスを設ける。海外製
の革張り座席で、最大42度まで背もたれが傾けられる。どの時間帯でも
食事や軽食、飲料をとれる。専用ラウンジやカウンターも設けており
優先的に搭乗でき、手荷物も40キログラムまで無料で預けられる。
 羽田―伊丹線は10月1日から予約を開始する。来年7月には同線の
全15往復(30便)に導入。同時期に羽田―福岡線や羽田―札幌線に
も広げる。ファーストクラス導入で、国内線の座席は「クラスJ」と
エコノミークラスの3種類となる。(20:30)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070828AT1D2806M28082007.html
—————————————————

ネットカフェ難民は5400人

テレビで、ネットカフェを寝床にしている低所得者が増えている
ということが多々報道されていたが、今回厚生労働省が実態調査
をしたところ、その人数が5400人と発表された。
聞いて最初に思ったことは、「言われているほど多くないじゃん」
まさにこれである。
下手すれば、ホームレスのほうが多いのではないかと思うほど
それにしても、所得格差は年々広がってきて、一方税金は上がり
思っているより生活が楽になったわけでもない。
頑張ったら評価されることは良いことだが、逆にそうでなくても最低限は
担保されているようなシステム、すなわち終身雇用はやっぱり必要なの
かもしれない。(個人的には、核家族化も結構問題)
——————————————
ネットカフェ難民5400人=半数が非正規雇用、4割失業者-初の全国実態調査
8月28日11時1分配信 時事通信
 厚生労働省は28日、定まった住居がなく、インターネットカフェに
寝泊まりしながら不安定な就労を繰り返す「ネットカフェ難民」に関する
初の実態調査を公表した。それによると、「難民」と言われる人は全国で
約5400人(推計)に上り、その半数を派遣やアルバイトなどの非正規雇用
が占めたほか、失業者や無業者も全体の4割に達していることが判明した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000064-jij-pol
厚生労働省発表
日雇い派遣労働者の実態に関する調査及び
住居喪失不安定就労者の実態に関する調査の概要
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/08/h0828-1.html
———————————————–

銀座シシリア ナポリタンスパゲッティー

naporitan.jpg
久しぶりに、銀座シシリアへ。
ハンバーグやらもあったが、ナポリタンスパゲッティーの大盛りを注文。
写真の通り、相変わらずボリュームがある
ちなみに、価格は550円で大盛りは200円増しの750円。
がっつり食べたい人にはおすすめです。

銀座シシリア [ イタリア料理 ] – Yahoo!グルメ

店舗情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります(0007124725)。

秋葉原 がんこラーメン

スーパーボーナス一括0円で回線契約し、その開通待ちの間
ちょうどお腹が空いたので、気になっていたラーメン屋に行ってみることにした

その名もがんこラーメン。
店のつくりも変わっており、一瞬初めてのお客様には入りにくいが
かまわず来店。
こってりの大盛りをオーダー。
店の中には、まずいラーメン屋の3か条があり、こんなラーメンは出さないぞ
という意気込みが感じられる

出てきたラーメンがこれ。チャーシューも大きめが2枚
麺は細めんの縮れ。その名の通りこってりしていたが、こってり過ぎず
スープまで完食してしまった。

中華航空機炎上事故 整備ミスの疑いが濃厚に

どうやら、今回も中華航空の整備ミスの疑いが強いようです。
それにしても、数年後ごとになんらかの事故を起こし続け、都度再発防止に努めると言い続けていたにもかかわらず、こうもトラブル続きなのは組織体制がしっかりなっていないのでしょうか。自分たちだけでつらい思いをするならまだしも、乗客にまで迷惑かけるのはさすがに困ったもの。いい加減、学習できないのだろうか。
————————————————-
中華航空機炎上:整備ミスの疑い濃厚 7月にボルト点検
 那覇空港の中華航空機(ボーイング737-800型機)爆発事故で国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(事故調)は25日、事故の直接原因を、右主翼の高揚力装置「スラット」のアーム(駆動機構)先端部のボルトが脱落し、燃料タンクを突き破って燃料が漏れ、エンジンの熱で引火したためと断定した。事故調は、ボルト脱落の原因となった留め具のワッシャーが外れていたのは整備ミスとの見方を強めており、今後、中華航空関係者から事情聴取を進めると共に、整備記録を調べ、事故の全容解明を目指す。また、沖縄県警も航空危険行為処罰法違反の疑いがあるとみて捜査している。事故調は同日、現地での機体調査を終了した。問題のボルトを巡っては過去、同型機でアーム先端部のボルトを締めるナットが緩み、脱落した例が2件あった。このためボーイング社が06年に新しいナットで締め直すよう注意喚起を促す通知を航空各社に出していた。中華航空の整備記録によると、この通知を受けて今年7月6日の点検で問題のボルトを締めた。事故調は「この際に留め具のワッシャーを付け忘れていなかったかどうかは今のところ不明」としている。 事故の経緯は(1)着陸後、右エンジン脇の5番スラットを右主翼に収納する際、アームが燃料タンクに接する収納ボックス「トラックカン」内に後退(2)脱落していたアーム先端部のボルトがアームに押されてトラックカンと燃料タンクの壁(厚さ数ミリ)を突き破り、燃料が外部に漏れた
(3)漏れた燃料が気化し、エンジンの熱で引火、爆発した--とみられる。 アームにボルトを固定していたワッシャーは、燃料タンク前方の主翼内部の底部に落ちていた。明確な損傷はなかった。締め具のナットはボルトについたままだったが、アームの穴がナットより大きくなっており、ボルトごとアームから脱落したらしい。また、タンクに開いた穴は長さ41ミリ、幅23ミリの大きさだった。事故は20日午前10時半ごろに発生。地上に漏れ出た燃料にも引火し主翼中央部や左主翼内のタンクが爆発した。地上にいた整備士が燃料
漏れを見つけて機長に通報した一方、乗客が煙に気づき、乗客・乗員165人
は爆発直前に全員脱出した。【木下武、松本光央、松谷譲二】
毎日新聞 2007年8月25日 21時03分 (最終更新時間 8月25日 22時10分)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070826k0000m040065000c.html
————————————————-

麻布十番祭りへ


大江戸線や南北線の開通により行きやすくなった麻布十番。今週は恒例の麻布十番祭りということで、ある出店を目当てに行ってきた。相変わらず、人、人でいっぱい。去年はメイン通りから行って大変な目にあったため、今年は裏から。目的の出店は、イタリアンレストラン Avanti。この出店は、かれこれ15年近くTOKYO FMで放送されているSuntory Saturday Waiting Bar “AVANTI”。この番組は、仙台坂上のイタリアンレストラン内にあるウェイティングバーで繰り広げられる客同士の会話を常連客である紳士と一緒に聞き耳を立てる・・・・という設定で展開されており、その流れで毎年麻布十番祭りの際には出店を出展。イタリアンレストランということで、食べ物ではペンネを販売。あとは番組で作られたCDや本などを販売されている。今年もペンネを食しつつ、8月に販売されたCD、カクテルブックを購入しさらに9月に販売されるCDを予約。他のお店やステージは、人ごみが多いため立ち寄ることなく早々に出てきたが可能ならもう少し落ち着いてみられるとなぁ・・・・・



AVANTI(アヴァンティ)公式サイト

とうとう、スーパーボーナス一括で0円

0805akiba_supabo.JPG
秋葉原に行ってきたのだが、電気街口そばにある石丸電気でソフトバンク 804Nがスーパーボーナス一括価格0円で売られていた。一括ということは、契約時に端末代金はすべて支払い済みにするということなのだがその支払額は0円。しかも、特別割引はそのまま残るので、基本料金は相殺されて実質タダ。前回、PDCの端末を3150円で購入したが、それよりもコストパフォーマンスが高い。
当然、躊躇せずに購入。当初は2台契約するつもりでいたが、販促の店員が2台在庫あるといい、申込書まで書かせておきながらやっぱ1台しか無いという始末。普通、申込書書かせる段階でモノの確保はしておくものなんですけどもね。。。
804n.JPG

705SH スワロフスキー・クリスタル・バージョン 買っちゃいました

705shswaro.jpg
 705SH スワロフスキー・クリスタル・バージョンと言えば、今でも売られている705SHに
 スワロフスキーをあしらったデコ電。ソフトバンク自ら限定1500台販売した端末なのだが
 販売当時、4万円で売られており早々買う気にもならなかったのだが、ある方を通じて
 端末だけお手ごろ価格で購入できることになり、思わず衝動買いしてしまった。
 で、頼んだ端末がオーロラ。
 思っていたよりも綺麗。
 う~ん、でもさすがに自分が使うのはちょっと・・・。とりあえずコレクションだな。