携帯業界は消耗戦 ドコモも家族間無料

家族向けに通話料にしたホワイト家族24をソフトバンクが出した直後こそ
は他社が追随することはなかったが、ソフトバンクの快進撃もあってか
auが追随。その後、イーモバイル、ドコモも追随。PHSでもWillcomが提供
しており、実質的にはPHS、ケータイ全社が自社同士のみという制約はある
ものの、家族間は通話料無料となる。
ユーザーにとっては、その部分の通話料が無料になるし、利用ケースによっては
一つ下の料金プランでも十分収まる等、お得になるため歓迎。ソフトバンクにとって
は、他社より優位に立つための駒がなくなり、ちょっと残念。他社にとっては、経緯は
どうあれ結果として追随したことで収入は低下、だんだん苦しい戦いになってきた。
もしかしたら、ユーザーにとってもは目先安くなるわけだから得と思うかもしれないが
実は長い目で見ると損するかもしれない。いまでこそ利益があるから良いが、今後も
値下げが続き利益が減れば、新たな投資もできなくなる。
それは、今後始まる3.9Gと呼ばれるLTEや4Gの構築等にも影響がくれば、その後
受けられた恩恵が得られなくなるかもしれない。
もちろん、今のキャリアの利益ベースで見れば、大手企業以上の収益を得ていたり
するぐらいなので、まだまだ下がる余地はあると思うし、ネットの思想で考えれば
キャリアは土管屋に徹して、その上のサービスはネット企業にまかせるでいけば
重複するものはサービスを統廃合等すればその分コストも減らしたりと、まぁメス
できるところは多そう。でも、一度価格競争に突入すると、そのスピードを止める
ことは何か事件事故など相当インパクトあることが発生しない限り難しくなる。
そのため、どこかで限界に到達したり、それを超えてしまうことも考えられる。
企業である限り、将来についてもいろいろ考え投資することになるだろうが
その際、過去はこれだけ稼げたという幻想や今後もこれぐらい得られるであろうという
皮算用的な試算で物事進めていると、急激な市場環境に即応することが
厳しくなることも。
次世代への費用捻出等最低限な部分は保持しつつ、ユーザーに最大限還元すると
それぞれが両立された良い方向に持っていって欲しいと思う。
————————————————–
携帯業界は消耗戦 ドコモも家族間無料
2月28日8時2分配信 産経新聞
 携帯電話業界に料金競争の嵐が吹き荒れている。昨年初から値下げを仕掛けてきたソフトバンクは、契約者獲得でトップ。対抗してKDDIとNTTドコモも、ソフトバンクと同様に家族間通話24時間無料の割引策を打ち出した。利用者にとっては歓迎すべき動きだが、携帯各社の収益力は弱まり、端末やサービスの品質低下を招く恐れもある。大手3社のこの1年の株価は3割近く下落しており、過熱する消耗戦に投資家も厳しい目を向けている。
 NTTドコモは27日、「ファミリー割引」などを契約すれば家族間の通話料金を4月1日から24時間無料にすると発表した。KDDI(au)が先週発表した料金改定とほぼ同じ内容で、これによりKDDIは年間250億円、ドコモは800億円の減収を見込む。
 家族間通話の無料化はPHSのウィルコム、ソフトバンクが先行。今年3月に音声サービスを始めるイー・モバイルも自社端末同士の通話無料を打ち出しており、携帯全社で家族間無料が実現することになる。
 ドコモとKDDIは当初、ソフトバンクの攻勢に対して「単純な料金競争をやるつもりはない」(小野寺正KDDI社長)と距離を置いていた。しかし、ソフトバンクに利用者が流れ始めると、昨年6月にドコモ、同7月にはKDDIも基本使用料の大幅割引を発表。この結果、半期分でドコモが約400億円、KDDIも約200億円の減収を余儀なくされた。今回の家族間通話無料化も、それと同等の減収圧力になる。
 こうした消耗戦のダメージが懸念され、携帯3社の株価は低迷している。この1年間でドコモとKDDIの株価は約28%下落、ソフトバンクも25%下落した。KDDIが家族間通話無料化を発表した後の今月22日には同社株が10・1%下落し、東証1部で値下がり率トップとなった。
 野村証券は26日にドコモとKDDIの投資判断を引き下げた。ただ、今回のドコモの対抗策で、大きな価格競争は一段落したとの見方を示す。リーマン・ブラザーズ証券アナリストの津坂徹郎氏も、「株価はすでに下がっており、ドコモの値下げはそれほど影響がないのではないか」とみて、今局面では織り込み済みと指摘する。
 ただ、携帯電話が日用品となった今、利用者はサービス拡充や高機能化よりも値下げに敏感になっており、料金競争の行方は予断を許さない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000068-san-ind
————————————————–

きりたんぽをもじった新しい秋田名物 きりちんぽ

典型的なオヤジギャグですな。
大方、酒飲みながらネーミングをネタ出しの際、きりたんぽの棒を見て
ち○ぽと思って言ったら、みんな楽しく感じてしまったんでしょうな。
でも、これ出していたら下手すれば「きりたんぽ」そのもののイメージまで
悪くしていた可能性もあったわけで、逆に出さないことに決定したことは
良かったかもしれません。
個人的にはキャラクターが見てみたいところです。
————————————————–
「きりたんぽ」もじった”秋田名物”、苦情殺到で販売自粛
2008.2.28 17:03
秋田の土産物企画販売の「フルゥール」(秋田市)は28日、新名物として
3月中旬から販売を企画していたマスコット「秋田名物きりちんぽ」の販売
を自粛することを決めた。ネーミングなどについて苦情が寄せられ、
「ジョーク商品として売り出す予定だったが、思いのほか不評だった」(同社)
ためという。
 このマスコットは、同社が土産物として企画したもの。秋田の郷土料理
きりたんぽを模した形に、たれ目のかわいらしい顔がついたもので、根付
ストラップ、キーホルダー、耳掻きなどの土産物にして販売する予定だった。
しかし、インターネットなどで紹介されたところ反響を呼び、同社に電話や
メールで名前や形について苦情が寄せられたという。
 反響の大きさに同社は28日に会議を開いて対応を協議、「思いのほか
不評だった。秋田の卸なのでネットについては詳しくなかったが、これほど
反響があると思っていなかった」(同社専務)と販売を自粛することを決めた。
製品はサンプルの段階で、本格製造には入っていないことから、名前を変えて
再登場するなどの予定はなく、「お蔵入り」する可能性が高いという。
 郷土の名物をキャラクター化したものとしては、北海道・阿寒湖の国の
特別天然記念物「まりも」を模した「まりもっこり」が人気を集めているが、
二匹目のドジョウを狙うには少しストレートなネーミングに過ぎたかも。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080228/trd0802281710009-n1.htm
————————————————–

あと70万で3000万契約。au、プリペイドで台数稼ぎ

TCAの1月末時点のauの総加入者数は2931万。ツーカーを含めれば
2963万と3000万契約まで目前。かねてよりKDDIは、一定のポジションを
築く上でも、3000万契約獲得は必要と目標設定としており、まさにその時
が近づきつつあるが、料金、端末デザイン等で自社の商品力、イメージが落ちつつ
あるなかに加え、ソフトバンクやドコモの攻勢もあり、かつてのような飛ぶ鳥
落とすような勢いがなくなりつつある。

おそらく、どうにかして3000万達成して、ユーザーに対してauはこんなにも受けて

いるんだぞ!!と高々と宣伝したがっているのが見え見え。

 

まぁ、数さえ増やせればという点で言えば、かつてのボーダフォン時代のなかなか純減

しなかったのはプリペイドによるものではないか?とか、結果として合算させることは失敗した

がドコモの2in1等もあったので、別に悪い話ではないのだが、公正という点で見れば

先のドコモ同様、総務省からプリペイド契約は数に含ませるな。となるかもしれませんね。

 

ちなみに、auのプリペイドですが、TCAの数値を見ると2007年12月から激増し、2.3万件獲得。

2008年1月末には4.1万件獲得している。ちなみに、2007年7月までは多いときで2万件程度

獲得していたが、8月以降は多いときで1万件下回る程度。

一年前の状態に戻しつつあるという言い方もできる一方、実施前後(11月と12月)での効果

比較すれば、なんと23倍の効果をあげたことになり、それなりの効果があげているようである

————————————————————————-
プリペイド携帯で契約”水増し” KDDI、無料配布
2月27日8時1分配信 産経新聞

 KDDIがプリペイド携帯端末を無料配布していることが26日、分かった。
同社は年度内にauブランドの携帯電話で3000万件の契約獲得を目指して
おり、契約者拡大が狙いとみられる。端末を0円で販売することは違法では
ないが、総務省は「契約数を水増しするような販売方法は、市場競争の健全性を
阻害する恐れがある」とし、対応を検討している。

 KDDI関係者によると、契約獲得に向けた社員紹介キャンペーンで、500円分
の通話ができるプリペイドカード付き携帯電話を端末代金も設定手数料(税込み4200円)
も無料とする販売方法を導入した。先週には約1万5000人の社員全員が
知人や親戚(しんせき)へ斡旋(あっせん)するよう通知を受けたという。都内の
あるauショップでも、プリペイド携帯に500円分のカードを付け、端末・手数料0円で
提供していた。

 これに対して、KDDI広報部では「社員紹介キャンペーンはauの携帯を試して
もらうことが目的。auショップの販売政策は代理店が工夫して行っており、コメント
できる立場にない」としている。

 情報通信事業者協会が毎月集計している携帯電話の事業者別契約数によると
プリペイド携帯の契約数は各社ともおおむね減少を続けてきたが、昨年12月と
今年1月はKDDIだけが急増に転じている。

 プリペイド携帯は、カードを購入する形で通話料金を前払いして利用する仕組み。
不正な転売や譲渡によって犯罪に悪用される例が相次ぎ、NTTドコモは
平成17年3月にプリペイド端末販売を終了。KDDIとソフトバンクは本人確認を
徹底して販売を続けている。

最終更新:2月27日10時54分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000088-san-bus_all
————————————————————————-

KCP+搭載機で、また不具合。

KCP+が原因ではなく、ソフトウエアに原因が・・・・。なんか言い訳じみた返答
に感じてしまいました。
kcp.jpg
※ KDDIプレスリリースより。 (2007/10/16 KDDI統合プラットフォーム「KCP+」の構築完了について)
 KCP+はプラットフォームだが、この中にはOS、ミドルウェア、通信制御
 などもあり、当然これらを動かすための基本中の基本な機能をソフトウエア
 (アプリとかではない。)も含まれていると思われる。今までのバグを見ていると
 その基本中の基本部分がしっかりできていないように感じてしまうのは
 気のせいであろうか
 新しいプラットフォームになれば、そりゃバグが出るのは当たり前としても
 販売開始すると宣言してから度重なるバク発生は正直、まともにQAをして
 いたのか、疑問も残る。
 10月に2007年秋冬モデルの新製品発表とプレスを打ってから、もう4ヶ月。
 既に2008年春モデルの発表を済みで、まだきちんと出てこない。
 これだけの時間がかけても、まともな精度すらでないとなると、そもそもとして
 なぜ10月に発表したのかもすら疑問が残る。
 やはり、ドコモやソフトバンクの動向が気になり、話題先行で先走ったのだろうか・・・・。
————————————————–
auのW54S/W54SA/W56T、またも不具合が明らかに
 KDDIは、新端末プラットフォーム「KCP+」を採用した新機種
「W54S」「W54SA」「W56T」に複数の不具合があることを明らかにし
ソフトウェア更新サービス(ケータイアップデート)の提供を開始した。
 対象機種の稼働台数は、2月21日時点で、W54Sが5万6,985台、
W54SAが3,177台、W56Tが4万5,136台となる。
■ “着うた”を着信音設定できない
 今回明らかにされた不具合は4種類。そのうちマナーモード・
着信音設定・キー照明設定の3種類の不具合は、3機種全てに共通する。
 マナーモード関連の不具合は、グループ着信の音量が設定されて
いる場合、そのグループに該当する相手から電話がかかってくると
マナーモード設定中にもかかわらず、着信音が鳴ってしまう場合がある。
 また、240KBより大きな着うたは、グループ着信音や個別の着信音に
設定できない場合がある。
 このほか、キー照明設定がONとなっていても、Eメール受信後に
点灯しないことがある。この事象は、Eメール受信から10秒以内に
電源/終話キーを押した場合に発生し、通話終了後やCメール受信後、
アラーム起動後などで正常な状態に戻る。
■ W54SAのみの事象はテレビ電話関連
W54SAのみで発生する事象は、テレビ電話の着信ができない場合
があるというもの。この事象自体は、2月中旬に明らかにされており、
今回のソフトウェア更新サービスで解消できることになった。
 W54SAは、7日に北海道・北陸・沖縄で、8日には四国で発売され
たが、8日にはプリセットアプリが「!」と表示される不具合が明らか
になり販売休止となった。
 その後、13日には「W54S」「W56T」とともに、別の不具合が明らか
にされ、14日には、8日発覚のプリセットアプリ関連不具合を解消する
手順が公開され、各地での販売再開がアナウンスされたが、15日に
なって、今回解消できるテレビ電話関連の不具合が発覚し、全国での
再発売が延期されることになった。
 2月25日からは、沖縄で販売が再開されているが、沖縄での販売
再開分のW54SAは、プリセットアプリ関連不具合が解消されている
ものの、テレビ電話関連の不具合は発生する可能性があるため、今回
発表されたソフト更新サービスを適用する必要がある。
■ 原因は「KCP+」ではない
 KCP+を採用した3機種は、2007年10月に発表された冬モデルだったが、
発売は2008年2月となり、2008年春モデルと同時期にずれこんだ。
W54SとW56Tは発売直前に発売予定日が未定となったり、W54SAは発売後
にたびたび不具合が明らかにされている。
 W54S、W54SA、W56Tは、それぞれ異なるメーカーが手掛けた機種だが
今回、そして2月13日に明らかにされた不具合では、3機種に共通するもの
が多い。3機種いずれも共通プラットフォームである「KCP+」、あるいは
クアルコム製のチップセット「MSM7500」を採用しているが、KDDIでは、
今回の不具合の原因はソフトウェア部分にあると見ており、
「KCP+やMSM7500に起因するものではない」と説明している。
 なお、沖縄でのみ販売が再開されているW54SAだが、他の地域での
販売再開時期は未定となっている。
(関口 聖)
2008/02/27 12:29
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38711.html

自動販売機で格安航空券を購入

航空券の購入と言えば、旅行代理店もしくはネットで購入であり、なかでも
ネット購入が一般的になりつつあるが、そんななかレストランや大型店に
自動販売機を設置し、格安航空券を販売するという変わった展開をする会社が
現れた。
実際の稼動は5月頃なので実物は見れないが、イメージを見ると
自販機ですべてをこなすというよりは、ケータイでこの会社のサイトに
誘導して、手続きやら決済をさせるようで、とするならば自販機というよりは
コンビニ等におかれているおさいふケータイをかざして誘導させるための
機械と見ると良いのかもしれない。
—————————————————————————–
格安航空券、自販機で・エアプラスなど、おサイフケータイ利用
 思い立ったら近所で格安航空券購入――旅行会社のエアプラス(東京・港)と
IT(情報技術)ベンチャーのモバイルゲート(同)は共同で、代金決済機能付き
の携帯電話で格安の国際航空券を購入できる自動販売機を設置する。
レストランや大型店、オフィス内など全国数百カ所に置く。専用の販売機を
使った航空券の販売は国内初の試みという。
 航空券の販売機「空デジ」(仮称)は5月にも設置を開始。利用者は販売機上
の「ハワイ」などの地名に決済機能を持つ携帯電話「おサイフケータイ」をかざすと
携帯電話が情報を読み込んで航空券を選択できる。航空券は携帯電話に
個別の識別番号の形で取り込まれ、空港の航空各社のカウンターで番号を示すと
搭乗券を入手できる。(09:32)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080227AT1D260AH26022008.html

イーモバイル 音声通話提供開始、同時にNMP、ローミングもスタート

イーモバイルが新規参入してから、はや一年。
当初の予告どおり、音声通話サービス、NTTドコモ網へのローミング
そしてナンバーポータビリティー(NMP)の提供をスタートすることになった。
 正直、エリアはまだまだ微妙だし、NTTドコモ網ローミング対応機は1つのみ
 で、しかも従量制。でも、Willcomよりも高速通信ができて、あの値段は安い。
 また、これは個人的な話だが、既にデータカードを1年契約で所持し、その期限が
 4月。一旦解約して、新たにPDAタイプを購入すれば、一契約で両方楽しめて
 しまうのは、凄くオイシイ。
 さらに、NMPができるので、余っている良番を移動させることができ、その分コスト
 削減も可能。一個人としては良いこと尽くめ。
 とりあえず、NMPスタートの3/28にはHTCもしくは、投売り状態のEM ONEαでも
 ゲットしましょうか・・・・。
—————————————————————————–
イー・モバイルが音声サービス開始――”基本料金0円/月、パケット定額
1000円/月”からの「ケータイプラン」
2月25日15時47分配信 +D Mobile
 イー・モバイルが3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。
通話の基本料金が無料で、パケット定額が1000~4980円/月(新にねん契約
の場合)の「ケータイプラン」は、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が
付属し、2万3825パケットを超過すると0.042円/パケットが課金され、上限が
4980円となっている。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが
2.1円/通。
 また、データカードと音声回線を契約するとデータ通信料が0円~3980円になる
「ケータイプランデータセット」も用意。同プランを利用することで、データ通信カード
ユーザーは、追加の月額料金を支払うことなく音声携帯向けサービスを追加できる。
ケータイプランデータセットには、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が
付属し、2万3825パケットを超過するとパケット通信料が0.042円/パケット課金され、
上限は3980円となる。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが
2.1円/通だ。
 いずれのプランも、月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間
の音声通話を24時間定額で利用でき、固定電話への通話は5.25円/30秒、
他キャリアケータイあての通話は9.45円/30秒と非常に低価格になる。
 なお契約解除料は、「新にねん」を契約した場合、利用開始月から経過期間1カ月
までが2万4000円、2カ月目からは毎月1000円ずつ減額され、経過期間2年で1000円、
2年1カ月目以降は不要になる。端末購入時に、2万4000円を分割払いする「ご加入
アシストにねん」を利用した場合は、利用開始月から経過期間1カ月までが4万8000円、
2カ月目からは毎月2000円ずつ減額され、経過期間2年で2000円、2年1カ月目以降は
解除料が不要になる。
 イー・モバイルのサービスエリア外では、NTTドコモによるローミングで音声および
データサービスが利用できる。国内ローミングサービスを利用するには別途申し込み
が必要で、料金は月額105円。通話料は一律30秒あたり22.05円、パケット通信料は
1パケットあたり0.0735円、イー・モバイル端末間のショートメッセージサービス(SMS)
は1回5.25円(配信通知なし)もしくは7.35円(配信通知あり)。対象エリアは北海道の
札幌近郊をのぞく道内、青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、長野県、富山県
石川県、福井県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県
大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県で、その他の地域では
地下なども含めてローミングは利用できない。
 音声サービスに対応する端末は、2機種発表した。1つはHTC製のスマートフォン、EMONSTER「S11HT」で、QWERTYキーを備えたWindows Mobile 6搭載端末
となっている。SIMロックをかけておらず、海外では現地のSIMを装着して利用可能。
もう1つは東芝製の音声端末「H11T」で、ワンセグを搭載した回転2軸型の端末だ。
カラーバリエーションは4色を用意する。
最終更新:2月25日18時5分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080225-00000046-zdn_m-mobi
—————————————————————————–

狭山 中華そば 青葉

sayama_aoba.jpg
川越から国道16号線を狭山方面に行き、狭山のカルフール前にあるのが
中華そば青葉。
sayama_aoba2.jpg
店内に入り食券を購入。既に10名程度が待っており、自分もその順番に加わる
待つこと20分。席に座り5分程度待っていると注文したのが出てきた。
今回注文したのは、中華そば 大盛り。和風出汁が効いたスープ。麺は中麺
おいしいと言えば、おいしいがなにか足りない。そんな感じがする味

JAL、カード子会社の売却を延期

有利子負債の削減を急ぐJALが、売ろうとしていたJALカード。
昨年から入札が行われ、クレディセゾンや東京三菱UFJなどが名乗りをあげ
交渉が行われていたが、ここにきて売却が延期されることになった。
先日、1500億円の調達の見込みが立ち、いまいま資金が不要というのもあるだろうが
なによりJALカードは、航空券の決済等でよく使われており本業との関連性が高い
ということで、まだ手放したくないという気持ちもあるようだ。
JALカードのユーザーとしては、東京三菱UFJならまだしも、どこぞの会社に売却される
よりは残ってくれたほうがマシというのもあるが、下手に延期し、再度売りに出したときに
イマより価値が下回ってしまい、後で売っとけば良かった!となったりしないだろうか
といらぬことを考えてしまう。まぁ、そもそも売却されないことが、ありがたいのだが。。
—————————————————————————
JAL、カード子会社の売却を08年度以降に延期=関係筋
2月21日19時9分配信 ロイター
[東京 21日 ロイター] 日本航空(JAL)<9205.T>は21日、カード子会社
であるJALカード(東京都品川区)の株式売却を2008年度以降に延期する方針
を固めたことが明らかになった。関係筋がロイターに語った。本業での業績回復
や資本増強にめどがついたことなどを受け、売却後の提携効果を慎重に判断する
ことにした。
 JALは、JALカード売却で得る資金を有利子負債の返済や、燃費に優れる航空機
の導入、財務体質の改善などに充てる方向で、07年度中に株式売却の契約を締結
すべく昨年秋から売却先候補と交渉を進めていた。三菱東京UFJ銀行などを軸に
売却先候補を絞り込んで交渉を進めているが、まだ最終決定に至っていない。
 一方、国際線での客足の戻りやリストラ効果などで07年4─12月期の営業損益が
黒字に転換するなど、業績は回復基調にある。主力行を中心に最大1500億円規模
の資本増強にもめどがついた。このため、本業である航空事業との連携など
JALカード株式売却後の提携効果をより重視することにした。
最終更新:2月21日19時9分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000444-reu-bus_all
—————————————————————————

最近の女子高生は凄い

とうとうここまでやるようになったか・・・・と思わせてくれる事件が
この数日に2つもあった。
一つは、17歳の少女がデリバリーヘルスを経営し、男に紹介したとした逮捕され
もう一つは、高校一年生の女子が大麻を所持したとのことで逮捕された事件。
どちらも18歳以下。しかし事件の内容は、万引きや器物破損とかよりもっと凶悪。
特に同世代の女の子を男に斡旋してしまうというのは、正直驚きを隠せない。
世の中どうかしてますね。
———————————————————————-
17歳少女が中高生売春あっせん、無許可風俗店も経営
2月21日14時35分配信 読売新聞
 出会い系サイトで売春させる女子中高生をスカウトし、無許可の派遣型
風俗店(デリバリーヘルス)を経営、男客に紹介していたとして、埼玉県警
少年捜査課と久喜署が同県上尾市内の無職少女(17)を児童買春
児童ポルノ禁止法違反(あっせん)の疑いで逮捕していたことが21日、わかった。
 少女は同市の無職男(24)ら知人3人に指示し、東京都や埼玉、愛知県から
家出してきた5人前後の女子中高生をホテルに送迎させるなどしていた。
 調べによると、少女は2007年6月、上尾市内のホテルで、同市の会社
社長の男(32)に、同県久喜市の中学2年の女子生徒(14)を買春相手として
紹介し、報酬として部下の男とともに約3万円を受け取った疑い。
最終更新:2月21日14時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000035-yom-soci
———————————————————————-
<大麻>校内で所持した高1女生徒を逮捕 大分
2月21日14時14分配信 毎日新聞
 大麻を学校内で所持していたとして大分県警が1月中旬、同県内の
私立高1年女子生徒を大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕して
いたことが21日、分かった。
 関係者によると、県警が大麻所持の情報を入手し、捜査員が同校を
訪れたところ、女子生徒は1グラム未満の大麻を所持していたという。
県警は女子生徒を大分地検に送検し、地検は1月22日、同法違反の
非行事実で大分家裁に送致した。
 その後、生徒が合成麻薬「MDMA」も所持していたことも判明。生徒は
同月29日、麻薬・向精神薬取締法違反(所持)の非行事実でも大分家裁
に再送致された。県警は大麻、MDMAの入手経路を追及している。
 校長は「生徒には一日も早く更生してもらいたい。周囲の大人の責任が
大きく、学校現場でも問題の根を絶つよう努めたい」と話した。【金秀蓮】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000074-mai-soci
———————————————————————-

強風による砂嵐

おでかけしていた際のワンショット。
20080223.jpg
強風で、砂が舞い上がり、広範囲でこのありさま。黄砂ですな。
写真は狭山市の入間川から川越方面を撮影しましたが、その後関越高速では
あたり一面黄砂で、視界が悪く。ノロノロ運転。首都高では中央環状線の一部が
強風で通行止めになり、その影響で都心方面に向かう路線は軒並み渋滞。
こういう日は、素直に家にいるべきなんでしょうね。