台湾新幹線で左営へ <台湾旅行2日目>

台湾2日目。朝から足ツボマッサージに、光華市場と散策したのち
翌日のオフ会オプショナルツアーへ参加するため、高雄へ移動することに。
個人的には飛行機で高雄へ行きたいところだが、台湾新幹線が出来てから
新幹線と飛行機の競争が激化。高雄まで1時間ほどに対して新幹線は遅くても2時間。
料金は新幹線のほうが若干お安いこともあってか、今年に入ってから飛行機側が減便
燃料費高騰も影響して、今では1日1便程度まで激減してしまった。
この辺は、日本でもよくある話で新幹線で3時間以内にいけるところは飛行機側が
衰退しやすいという話はよく聴く話だが、これは日本に限らずの話だったようだ。
ということで、ここであえてローカル線で移動も考えたが特急でも5~6時間かかる
ことを考えると時間的にもったいないため、新幹線で移動することに。。
taipai_sta1.jpg
 再び、窓口で指定券を購入。平日ということで指定席で1190台湾ドル。
 ちなみに、この写真を撮っている間に購入客が増え、15人以上の待ち状態へ。
 結局購入に20分程度かかり、この間に2本ほど乗り過ごしてしまった。
taipai_sta2.jpg
 改札口。桃園などと比べる手狭な入り口。
 ちなみに、何処に乗るか、どの列車に乗るかで改札口が異なる
 必ず行き先表示をみておく必要がある。
taipai_hr.jpg
 改札開始と同時にホームへ降り。指定されたシートへ。
 一番乗りだったようで、車内はガラガラ。内装はまんま日本の新幹線そのもの。
taipai_hr2.jpg
 ※ 左営到着。 
 台北を出発後、板橋・台中に停車し左営へ。所要1時間30分。
 あっという間の到着だった。目的地である高雄へは、MRTか台鉄
 に乗り換えて移動することに。ちなみに、台鉄の場合列車によって運賃が
 異なるので注意が必要。

台北車站 電気屋さん巡り <台湾旅行2日目>

台北には光華市場のほかにも、もう一つ電気街があります。
場所は台北駅前。新光三越を中心に左右にそれぞれお店があります。
taipai_sta.jpg
※ 台北駅。
 ちなみに、一つ目がNOVA。別に、私腹を肥やしまくったあげく倒産した
 どこぞの英会話学校ではありません。
 このNOVAは台北以外に台中とかにもあるのですが、なかには光華市場同様に
 小さい店舗がたくさん営業しています。
 
 扱っているものは、B1Fは携帯電話。1F~3Fまでは、パソコンなど。
 光華市場と違って市販PCの比率のほうが高め。パーツはさほど多くはありません。
 駅の目の前なので、ちょっと覗くには最高なロケーションです
taipai_nova.jpg
 もう一つが統一元気館。
 こちらもパソコン、プリンター、オーディオプレーヤー等市販品の販売が主でが
 上の階にいくと無印用品があったり、ペッパーランチがあったりしますが
 結構面白いお店がたくさんあります。
taipai_genki.jpg
 ※ 統一元気館。こちらも新光三越の隣。
taipai_genki2.jpg
 ※ フィギュアの販売店。なんか秋葉原にでも来た感じになります。
taipai_genki3.jpg
 ※ 台湾新幹線のNゲージ。Nゲージもやっていた私としては無性に欲しくなりました。
taipai_genki4.jpg
 ※ GUNDAM BASE TAIPEI  ガンダムのプラムがたくさん展示されています。
taipai_genki5.jpg
 ※ 一階にあるケータイ電話のデコレーションショップ。日本同様台湾もデコレーションが
    盛んです

光華市場へ行って来た <台湾旅行2日目>

PCパーツの生産拠点である台湾。
当然、秋葉原同様なパソコンパーツを取り扱う電気街が台北にもある。
MRT板南線忠孝新生駅から歩いて5分もしない周辺エリアがその地。
koukashijyo_near.jpg
※ 開店時間前に散策したのでお店はシャッターがしまったまま。光華市場を中心に
   東西に小さな店舗がひしめいている
パソコン・カメラ・携帯電話等の機器を販売するお店があちこちにあるのだが
その中でも有名なスポットが光華市場。
(営業時間は、現地時間10時以降順次。すべての店が開くのは12時ごろ。夜は21時頃まで)
koukashijyo.jpg
 ※ 新しくなった光華市場
光華市場は最近新しいビルが建てられ、それまで仮設で営業していた店舗は
新しいビルに引越した。店舗の中は、PC・PCパーツ・MP3プレーヤー・ケーブル類
書籍・ソフトなどを扱うお店が中心だが、ところどころに携帯電話屋さんもある。
koukashijyo2.jpg
 ※ 店舗内。数坪程度の店舗が各階に多数あり。見ているだけで楽しくなる
   ちなみに平日の午前は空いていたが、土曜の夕方に再度来ると結構混雑していた
koukashijyo3.jpg
 ※ 携帯電話屋さん。こちらは二手(中古)端末のほかに、端末を守るプラスチックカバー
    液晶保護シートが壁一面に陳列。
koukashijyo4.jpg
 ※ 携帯電話屋さん。こちらは新品と二手を扱うお店。まだ台湾では販売されていない
    はずのiPhoneが販売されていた・・・・。
softsale.jpg
 ※ ソフト屋さん DVDやPCゲーム販売がされているが、結構日本のタイトルの移植が
    目立つ。中でも明らかに正規品とは思えないものも多数存在。
なお、肝心な価格だが、パソコンパーツについては日本より若干高い。
たとえばあるお店ではウエスタンデジタル製(3.5インチ)500Gのハードディスクが
2800台湾ドル程度から売られていたが、レートを1台湾ドルで3.5円とすれば
単純に9800円。(※2008/08/28の価格です)
この値段だと日本ならば、9800円以下で購入できてしまうし、メーカー選ばなければ
640GBなども変えてしまうほど、そんなわけでPCパーツについては余程、日本で売られて
いない商品などのレアもの以外は台湾に来てまで買うほどではない。
一方、ソフトについては国外持ち出しはNGとされるものだと、300台湾ドル程度から
購入可能。日本のドラマ、アニメ、18禁ゲームもあり、放映から少し時間が経ったドラマは
全話収録の値段だし、日本のドラマに関心がある国だけあって、現クールで放映中のドラマ
の3週間前ぐらいに放映した分だけ(例:1~6話とか)のDVDが販売されていたりする。
また、正規品とされているものは最新のものは1000台湾ドルぐらいするが、それでも
日本円で3500円程度。人気がないものなんかだと、DVD10巻セットで300台湾ドルで
売られていたアニメも。台湾はリージョン3なので、日本と異なるものの対処方法はネット
等でいろいろ載っているので活用すれば、正規品ならば堂々と持って帰ることも可能。
どちらにしてもソフトについては購入の価値ありだったりする。
それにしても日本のソフト販売価格は高いですね。制作費高騰などで高くせざる得ない
のも分かりますが、高くしているが故に売れない訳で、もう少し考える必要があるようです
※ なお、違法行為を進めるつもりはありません。あくまで行って見てきたことを纏めた
   ものですので、各自自己責任でお願いします。

足ツボマッサージ <台湾旅行2日目>

台北に行く数日前から腰が痛くなったり、舌噛んじゃったりと
体はお疲れモード。台湾は足ツボなどマッサージも有名なので
ここいらで小休憩すべく、マッサージ屋に行くことに。
jiwado.jpg
今回、来たのは光華市場の前を通る高速道路に沿って5分程度北上すると
ある滋和堂。日本にも出店しており、有名人なども来るそれなりに有名なお店
らしい。
入り口の受付でコースを決めたのち、奥にある洗い場で足を洗った後
足裏マッサージがスタート。30分間いろいろツボを押されたが、私の悪いところは
肝臓・坐骨神経(腰)・目・首とのこと。
まぁ、腰は数日前から痛かったし、肝臓も・・・・。目や首は仕事でパソコンをガンガン
多用するし・・・。まぁ、体は素直ってことですね。
このあと、腰の負担を和らげるべく追加で全身マッサージも追加。
施術を受けたあとは、体が軽くなった感じがした。
ちなみにお値段は、30分間の足裏マッサージと30分間の全身マッサージが
それぞれ700台湾ドル(両方だと1400台湾ドル)、30分間の足裏と10分間の手・首の
マッサージのコースが900台湾ドル。
ちなみに、JCBのパスポート・VISAの優待ガイドを提示し、カード決済すると10%オフとなる。
日本でやるよりはお手頃だが、他のお店ではもっと安いところもあるので
次回は違うお店もチャレンジしてみたいところ。

台湾新幹線で台北へ <台湾旅行1日目>

桃園空港からバスになり高鉄桃園まで来たが、ここから新幹線で台北へ。
thr_touen.jpg
thr_touen2.jpg
チケットは自動券売機か窓口で購入。
現金であればどちらでもOKなのだが、クレジットカードとなると窓口に限定されて
しまう。正確には自動券売機でも使えるのだが、台湾国内で発行したクレジットカードに
限るとなっている。JCBなどのロゴも入っているので大丈夫かな?という感じもするが
やはり駄目らしいのでご注意を。
台湾新幹線の料金体系は、利用する曜日によって異なる仕組みになっており
桃園から台北までは、自由席で平日だと110台湾ドル。土日などは140台湾ドルとなっている
なお、所要時間は20分ほど。あっという間に到着である
thr_touen3.jpg
 台湾新幹線の切符。
 コーポレートカラー同様オレンジ色になっている。
 日本の改札機は、切符を表だろうが裏だろうが入れれば処理してくれるが
 なにぶん海外製の改札機のため融通が利かず、指定された向きに入れないと
 拒否されてしまう。改札に通すときは、切符の裏側を上にし、かつ矢印が書かれた
 方向を改札機に通す必要があるので注意。
 幸い、どの駅には改札付近には駅員が立っており、仮に失敗しても対応してくれる
 ばすだか、とりあえず利用される際はご注意を
thr_touen4.jpg
改札口は結構開放感があり、何処かの空港を彷彿するほど。
どの駅でも似たようなデザインになっている。
なお、改札開始時間にならないと通してくれないこともあるのであわせて注意
thr_touen5.jpg
台北行きの列車。
色こそ違うものの、まんま日本の新幹線。それもそのはず、台湾新幹線の車両は
700系をベースにしたものが使われている。(しかしレールなどはヨーロッパなど混在している)

桃園空港から高鉄(THR)桃園までの移動 <台湾旅行1日目>

桃園から台北へ移動する場合、リムジンバスの利用が一般的だが
台湾新幹線(THR)が開通してから空港~桃園間を結ぶバス路線も開設され
うまい具合に接続できれば1時間弱で台北まで行くこともできる。
また、台中・高雄等へいく場合の新幹線利用についてもしやすくなった。
■ 台北(桃園)空港からTHR桃園駅への移動 (※THRは台湾新幹線を指す)
 第二ターミナルからの乗る場合、バスのチケット売り場へ移動し、そこの出口から 
 出たところにバス停がある。
 
thr_bus3.jpg
 ※ バス停に停車中の桃園行きバス。
 料金は30台湾ドル。所要は20分程度。
 
thr_bus1.jpg
 ※ THR桃園駅の乗り場
 桃園駅の目の前にあるバスターミナルに到着。降りればすぐ台湾新幹線の駅となる。
 ちなみに新幹線のダイヤだが、この駅は各駅停車のみとなり、間隔は30分に1本程度
 タイミングが悪いと若干待ち時間が発生してしまうので要注意となる。
■ THR桃園駅から台北(桃園)空港への移動
 到着場所同様、駅の前にあるバス乗り場から出発する。
 ダイヤは時間帯によっては異なるが10分間隔ぐらい。
 ただ、定員制(座席は23名)のようで座席が埋まった時点で乗車させてもらえなく
 なる。勝手な予測だが、高速道路を通るため立ち席を認めてもらえないのかも
 しれない。そのため、新幹線が到着した直後に発車するバスなどは混雑で乗れない
 可能性がある。そのため時間には余裕をもったほうが良い。
 ※ ちなみに、私が乗ったときは後から来た人の一部は乗車できず次便に
    乗車なった。
 
thr_bus2.jpg
 ※ 2008年8月末時点の時刻表
  今後、このダイヤが変わるかもしれないが、参考までに乗せておく。 

台湾でプリベイドSIMを買おう <台湾旅行1日目>

日本で利用しているケータイは古い機種を除けば世界でも使うことができるが
 いかんせん料金が高い。着信にもかかるし、発信も高い。しかもパケット通信なんか
 するものなら、即高額請求。
 幸い、香港で買ったNokia6120c、イーモバイルのS11HTとSIMフリーな端末もあるので
 海外SIMを調達することに。
 台北空港に予定よりも早く到着することになり、到着後早々に入国審査
 手荷物を受け取り、空港内にあるキャリアショップへ。
 TPE_mobilephone.jpg
 ※ 第二ターミナル到着ロビーにあるカウンター。営業終了後にとったため、かなり暗い。
 カウンターは、台湾モバイル(TM Mobile)・Far Eas Toneともう一社(たしかHI Power)
 の3社があり、HI PowerがHSDPAモデム(イーモバイルのHUAWEI製と同じもの)のレンタル
 だが、残り2社はプリベイドSIMを販売している。
 
 なお、営業時間は出発と到着ロビーで営業時間が異なる。契約したところは
 到着ロビーのカウンターだが、こちらは現地時間で夜は21時(日本時間22時)まで
 営業しているが、出発ロビーについては現地時間16時までとのこと。
営業終了15分前に駆け込んだため、店員さんは業務終了モードな感じがあったが
 片言の英語で相談しても気さくに対応してもらった。話による、台湾モバイル(TM Mobile)
はGRPSは対応していないと言われてしまったものの、FarEasToneは対応しているとの
 ことでデータ通信用としてまず契約。パスポートの提示し、申込書にサインを書いて 
 GRPSの設定方法が書かれた紙をもらい手続き終了。正味10分で完了してしまった。
 
 その後、音声用としてTM Mobileも契約。こちらもパスポートの提示をし、いくつかから
 好きな番号を選び、申込書にサインをするだけ。こちらはGRPSの設定方法とかを聞かない分
 5分程度で完了。
 どちらも支払いはクレジットカードが利用できたので、両替前でも安心して手続きが出来た。
 
 tm_mobile2.jpg
 ちなみに、料金は台湾モバイル(TM Mobile)が345台湾ドル(3.6円計算で1240円ほど)
 から。通話料も台湾内なら5.7台湾ドル/分(日本円で20円程度)と日本のケータイを
 使うよりは便利である。
  
FarEasToneもミニマムは500台湾ドルから。通話料は1分あたり約6台湾ドル。
  パケット通信(GRPS)は0.02台湾ドル/パケット(※1パケット 128Byte)となる。
ちなみに、今回契約できなかったHi PowerのHSDPAモデムのレンタルは
 日本円で1日700円程度で通信がし放題とのこと。預かり金としてそこそこの金額は
 かかるようだが、壊したりしなければ戻ってくる費用なので、実は通話用SIMとHiPower
の組み合わせが一番便利と思われる。
 
 presim.jpg
 ※ 今回契約したプリベイドSIM
 
 

JAL ステイタス防衛修行5日目(8月27日) 福岡・大阪・台北

しばらくご無沙汰だった修行を再開。
今回は、昔から参加している電話系オフ会が台湾で開催されることになり
途中所用も済ませつつ現地へ向かうことに。
実は、香港に立ち寄って一年ぶりに携帯電話市場の見学も考えチケットも
抑えていたが、結局断念。今回は台湾を徹底的に堪能することにした。
現地ネタは別途。とりあえず、今回の修行は以下の通り。





搭乗回数便名路線FOP切符 費用 備考
13JAL309羽田→福岡962先得割引 14100 クラスJ利用
14JAL2566福岡→大阪関西430特便割引1 13100
15JAL653大阪関西→台北(桃園国際空港)特典航空券

【13】 JAL 309便 羽田→福岡 B777-300( JA8944 )
jal309_0827.jpg
 羽田 : (搭乗口) 10    (滑走路) 34R離陸
 福岡 :  (搭乗口)  7    (滑走路)  16着陸
 (定刻) 7:30 → 9:15   (実績)  7:30 → 9:15
始発列車に乗り早々に羽田に到着後は、ラウンジでまったり。
 搭乗開始とともに機内へ乗り込む。
 ほぼ定刻にドアクローズし、34R滑走路へ。実は、ラウンジで休んでいたときには
 何機かは34Lから離陸だったので、結構楽しみだったのだが我々が乗った時点からは
 いつもどおり34Rとなった。
fujimot0827.jpg
 離陸後は富士山・京都と福岡線おなじみのルートで飛行。所々若干揺れたものの
 予定通りに到着。
 
 荷物を回収したのち予約していたレンタカーを借りて、長崎方面へ移動。所用を済ませ
 たのち、再び福岡へ戻りと忙しない行程となった。
【14】 JAL 2566便 福岡→大阪関西 MD-81 ( JA8499 )
 jal2566_0827.jpg
※ 関西空港にて撮影 後ろにいるDHC8-400は同時刻福岡発のANA便。
 福岡    : (搭乗口) 8   (滑走路)  16離陸
 大阪関西 :  (搭乗口) 24?  (滑走路)  24L着陸
 (定刻) 15:15 → 16:20     (実績)  15:20 → 16:20
出発一時間前に到着し、荷物を台北まで預けてもらうよう依頼。
 その後、買い物へ。
 しかし、請求金額が間違っていたようで、セキュリティーエリアに入る前に
 店員さんに声をかけられ一回戻り手続き。その後、手荷物チェックを受けたのち
 搭乗ゲートに向かっていたら再び声をかけられ、なんでも手荷物にライターが
 入っていたようで、再び外へ戻ることに。
 結局、搭乗口前についたのは15分前。ちょうど搭乗開始となりそのまま乗り込む
 ことになった。
 小さい機材ということで着席に時間がかかり、また一部のお客さんが機内持込容量
 を明らかに超える荷物をたくさん持ち込んでくれたことで、ドアクローズも遅れたし
 その後も収納などでCAさんはてんやわんや。救命胴衣の装着法など安全案内が
 終わったのは離陸の寸前。福岡空港で16離陸の場合、ターミナルから近すぎるため
 ある程度客室内側の準備が整うまでプッシュバックしなければ良いのに・・・と思う
 反面で、大半があまに大きい手荷物の収納に時間がかかったこともあり、お客さんの
 自分勝手な行動がそうさせた訳で、正直ゲンナリしてしまった。 
 天候は福岡・大阪ともに雨。西日本エリアの天候が悪いことにあって
 離陸後から大揺れ。10分程度ベルトサインは消えたものの、この時間ではドリンク
 支給は無理ということで、キャンディサービスのみとなった。
着陸後は荷物は既に台北まで預け済みのため、手ぶらで国際線ロビーへ移動
 並んでいるエコノミーカウンターを尻目に、ガラガラなJGC専用カウンターでチェックイン。
 JCBカウンターに立ち寄ったりと空港散策したのち、出国手続きへ。
 kix_mono.jpg
 出国手続き後は、搭乗口近くまでのシャトルに乗り、搭乗開始までさくらラウンジで
 まったりすごす。
 kix_sakura2.jpg
※ さくらラウンジで、ビールを飲みつつ少々小腹が空いたため、うどんですかいなどを
    いただく。
【15】 JAL 653便 大阪関西→台北 B767-300 ( JA602J )
JL653_0827.jpg
 大阪関西   : (搭乗口) 28   (滑走路)  06R離陸
 台北(桃園)  :  (搭乗口) D7? (滑走路)  05着陸?
 (定刻) 18:55 → 20:45      (実績)  18:55 → 20:30
ラウンジでまったりしていたら搭乗開始の案内があり、搭乗口へ移動。
 前側の席のため最後のほうに機内へ乗り込む。
 飛行機は06Rから離陸後沿岸にそって上昇。福岡からの便では揺れたものの
 こちらはほとんど揺れることなく飛行。高知・鹿児島・東シナ海を通り台北へ。
 JL653food_0827.jpg
 ※ 機内食。ミニワインを飲みながら、いただきつつ雑学王やタモリの番組を見て過ごす
    
 当初は45分着ということだったが、うまい具合にいけたようで15分程度早く到着。
 本日の修行も無事終了となった。

蒙古タンメン中本 御徒町店へ行って来た

蒙古タンメン中本が御徒町にも出来たとのことで、秋葉原に立ち寄った
ついでに寄ってみることに。
nakamoto_okachimachi3.jpg
御徒町南口から秋葉原方面へ歩くこと1分程度。
ラーメン横丁内にある。
nakamoto_okachimachi.jpg
開店間際ということもあって、開店祝いがあちこちと。
nakamoto_okachimachi2.jpg
ここのメニューは、他の店舗と若干異なり、味噌卵麺などその場で調理をするような
手間がかかる商品は扱っていない。言い方変えると蒙古タンメン、北極等ある程度
作り置き可能なものが中心となっている。また営業時間は11時~20時までと短め
今後営業時間延長も検討中のようだが、しばらくはこの時間帯での営業となる。
この日は暑かったので、冷やし五目蒙古タンメンと単品麻婆をチョイス
おいしくいただいた。。

JAL 安全啓発センターを見学してきた

jal_safety.jpg
羽田空港 整備場の一角にある安全啓発センター。
1985年8月12日に起きた日航ジャンボ機墜落事故をきっかけに
作られた社員向け教育施設。
ここには、123便や過去の事故に関する記録があるだけでなく
123便の尾翼・圧力隔壁・座席・フライトレコーダー・遺留品の一部などが
保管・展示されており、主に社員に対して事故を起こしてはならないことを強く認識
させるための教育施設として使われているのだが、事前予約は必要だが一般にも
見学することができるようになっている
前々からこの施設を見学したいと思っていたが、平日のみ。しかも時間は16時まで。
(正確には説明員さんの説明に基づく見学なので、最終は15時開始まで)
と短いことから、なかなか行くことが出来なかったが、今回やっと見学する機会が
できた。
残念ながら入り口こそは撮れたものの館内の撮影はNG。
それ以前に取れる環境だったとしても撮るべきではないな。という感じがする。
展示の内容は、
 ・事故を起こした機材(B747SR JA8119)のシートマップ
   ※ 何処に乗客が乗っていて、そして誰がお亡くなりになられたのか。
 ・フライトレコーダ、ボイスレコーダー、尾翼、圧力隔壁
  変形した座席、遺族が提供されたり、誰のものか分からなかった遺留品、
  最後の想いが綴られたもの、すべて現物の展示
 ・ボイスレコーダー・フライトレコーダーの全解析結果の掲示
 ・事故当時から慰霊祭まで含む新聞記事
などなど。
これに、要所要所にはNHKさんに作成してもらったビデオがあり、これを鑑賞し
しつつ、説明員さんの説明も伺いながら事故の凄まじさ等を理解することができる。
一つ一つ拝見したが、どれもが記憶が残っている。
シートマップを見ると、528名の乗客が乗せられるが、実際搭乗したのは509名。
(乗員15名を除く)
どこが空席だったのかと興味本位なことを知ることができる一方で、乗客4名を除いた
すべての方がお亡くなりになられたという悲しい現実を突きつけられる。
圧力隔壁の展示では、原因とされる修理ミスの箇所も見ることができるが
自分の目でその不適切な修理箇所を見ていると、これさえなければと憤りの気持ちと
「なんでものぐさしたんだよ・・・」と一人の些細な行為がたくさんの人の命を奪った
ことに悲しくも感じてしまう。
遺留品(座席含む)は、衝撃の凄さを我々に突きつけるし、最後に残した遺言は
亡くなられた方々のご家族に対する想いが痛いほど伝わってくる。
一時間の見学であったが、凄く悲しい気持ちにもなるけど凄くためにもなった。
あれだけの大惨事でもあり、見学したいと思わないかもしれないが、個人しては
是非見に行って欲しい。見て、事故の凄さを見てもらい、二度と起こらないように
願って欲しい。
YouTubeに事故発生時点での報道番組の動画があったのでリンクしておく。


こちらは安全啓発センターを特集した番組の一部