やっとiida G9が届いた

先日、間違って届いたiida G9
au経由で店舗に対応してもらった結果、3日後には無事、正しい商品が到着した。
iida_pink.jpg
十分迷惑を被ったが、その代償として店舗さんから端末代はタダ。さらに、本件で
数日間使えなくなったことに対するお心づけを提示されるなにど、細かい部分も無事解決。
これでやっとまともに使えることになった。
で、触ってみたが結構使いやすいですね。
段差になっているキーは以外操作しやすいし、なんとなく質感も良い。
au端末で久しぶりに長く使っても良いかなと思わせてくれる端末である。
感想はさておき先日、別回線でxminiを増設したが未だSIMを挿していないので
試しにG9のSIMを挿して動くか試してみた
機種変更だけどシンプルコースで1050円。Walkman Phone Xminiを買ってみた
結果としては、無事認識。その後、本来増設した回線のSIMを挿してみたら
こちらは違うSIMなので利用が出来ないと表示された。
ということで、初めて挿したSIMを正とするようだ。

auさん、またですか? 再び顧客の電話機・SIMを取り違える

あるネットショップでiida G9がシンプルコース13000円で売られていたので
NMPで契約し、本日商品が届いた。
g9_green.jpg
さっそく箱から端末を出したところ、端末の色が注文したピンクではなく
グリーンと違っていることに気が付く。
おいおい、違う色で登録かけてしまったのか?。(汗)
ひょっとしてSIMも?と思い端末からSIMカードを取り外し、カード記載のICCIDと
申込書記載のICCIDを見比べてみると、やっぱり違った。
いや、たまに申し込み書の記載間違いもあるからと思い、念のため電源を入れて
番号確認してみたが、やっぱり違った。
と言うことは・・・・(怒)
どうやら、私に送るべき端末・SIMを別の人に送ってしまい、別の人に送るべき
端末・SIMを私のところに送ってきたらしい・・・・。まぁ、端末の色が違った時点で
ぷんぷん匂いましたが、案の定ですか。。
とりあえず、早速店舗に電話したところ、反応無し。
仕方ないのでauのカスタマーセンターに電話。au経由で対応してもらうことにした。
そういえばもう2年ぐらい前に、秋葉原のヨドバシカメラで新規契約したときにも同様の
経験をしたことがあったので、今回で2回目。前回はauの営業部長やら担当営業
ヨドバシの代理店の担当者と責任者がこぞって訪問謝罪に来て、ヨドバシに限らず
他の店舗でもしないように徹底させます。と言っていたのにな・・・・。
出荷段階で申し込み書記載した端末番号、端末の箱記載の端末番号を見るだけで
解決できるのにね・・・・。ほんの数秒の確認を怠ったこと些細な人為的ミスで大きな
問題に発展してしまうのだから担当者さんも大変ですな。。
そういえば、去年は秋葉原のポケットプラスワンでW62H買った時もauが代理店へ
の通達がしっかりできていなくて、端末購入で得られる基本料金の特別割引が適用
されると案内しておきながら、適用不可になって後日弁済してもらったような。。。
そう考えるとなんかauはミスが多いですね。
顧客満足度が高いとか言っていたけど、実態はそんなことはない。
もったいないですね

まだ懲りていない? ANA プレミアムパスを再び販売へ

4月にANAプレミアムパス購入者が傍若無人な対応をしてマイレージの会員剥奪
され、その一件がゴシップ誌に取り上げられたことを書いた。
ANA 機上生活者と珍妙トラブル
企画したANAもしっかり手を打っていなかった点も問題だし、お客さん側もお得意様意識を
丸出しにして、やりたい放題やってしまったという両者に問題ありと言えるものであったが
正直この一件でANAはこの手の企画はもうしないと思っていたのだが、ここにきて再び
ANAが300名限定でプレミアムパスの販売を告知した。
プレミアムパス300 の告知ページ
サービスの詳細をまとめると以下の通り。
 ■ 価格やマイル積算など
  ・ 価格は300万円。募集人数は300名。
  ・ 有効期限は2009年9月からの1年間で、年間の搭乗可能上限回数は300回まで。
    (有効期限前に300回到達したら、期限があっても利用不可)
  ・ マイルの積算は、搭乗回数に関わらず一律20万マイルのみ
    (搭乗ごとのマイルは付与されない)
  ・ 上級会員など次年度のステータス判定するためのプレミアムポイントは、搭乗毎に付与
 
 ■ チケットの予約、空港での提供サービスについて
  ・ 予約について、同一搭乗日かつ同一区間のご予約は1つに限定。
   (単純な1往復は可能だが、同じ路線をひたすら往復する俗に言うピストン修行はNG)
  ・ 経由便など複数便を乗り継いで目的地に向かう場合、乗り継ぎお手続き・手荷物の
    預かりは最大3区間まで、かつ1予約番号であること。
    (複数の予約番号に跨った乗り継ぎは不可 = 修業的な搭乗方法もNG )
  ・ 手荷物は最大35キロまで優遇
 ・ プレミアムパスユーザー専用のネームダグ・パスケースがもらえる
 とざっくり纏めてみましたが、修行層対策がしっかりなされています。
 そして、注意書きを見てみると・・・・・・。
  ———————————————————————–
  ▼お願い
  「プレミアムパス300」でのご予約は、変更・取り消しのお申し出が
  なければ、搭乗日まで自動キャンセルはされません。このため
  不要となった予約をそのまま放置されますと、座席の有効利用に
  支障をきたすことがございます。お使いにならない予約は必ず
  お取り消しいただきますよう、皆様のご協力をお願い申し上げます。
  出発前までに予約を取り消しされなかった場合、当該便に搭乗され
  たものとして、搭乗回数に含みます。
  ——————————————————————————
 
  ——————————————————————————
  ▼ご注意
「プレミアムパス300」でご予約・ご搭乗いただけるのは、「プレミアムパス」
   に記載されたパスの名義人1名様のみです。同一搭乗日・同一区間の
   ご予約は1つに限らせていただきます(日帰り往復の旅程は可能です)。
   例) 9/1 羽田⇒伊丹NH19便+9/1 羽田⇒伊丹NH21便・・×
       9/1 羽田⇒伊丹NH19便+9/1 伊丹⇒羽田NH36便・・○
   このほか、旅程上成立し得ない複数の予約などはご遠慮ください。
   他のお客様も含めた座席の有効利用、「プレミアムパス300」の円滑な
   ご利用のために、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
   また、このような場合には、弊社より予約の一部取り消しをお願いする
   場合がございます。あわせてご了承ください。
   ——————————————————————————-
 まさに、傍若無人な対応をし会員剥奪されたユーザー対策もしっかりされています。
 これで、変なお客さんも排除できて、搭乗回数制限でANAが採算割れすることも回避。
 しかも、300名から300万円を先に回収するので、いっきに9億円も売り上げが経つ
 分けで、収支面も含めて万々歳な状態になったわけです。
 これだけ企業側がハッピーな状況と言うことは、言い換えればユーザーから見れば
 昔と比べて明らかに改悪に。
 厳密に損得の計算は別の方に譲るとしても、搭乗回数だけで見れば羽田~大阪線
 のプレミアムシートの正規運賃は2.75万円なので、ざっくり100回以上乗れる人なら
 元は取れると思いますが、今まで得られていたマイルが一律付与になったことで
 長距離路線を利用していた人には旨みがさらに減ることになる。
  ———————————————————————————–
  例 : 東京~沖縄線を1日1往復で年間50日利用。
区間マイル 984マイル + プレミアムパスのボーナス100% = 1968マイル/搭乗
     1往復(2搭乗)×50日なので、計100搭乗で196800マイル。
     ※ 実際は、さらにプレミアムシートのボーナスもついた。
   ———————————————————————————–
  
  去年販売分なら200回、300回乗れれば乗っただけマイルもついたし、搭乗回数を
  300回と制限されてもマイルが積算されていれば、まだ良かったかもしれない。
  しかし、今年の条件はマイルの積算は一律20万マイルのみ。
  と言うことは、実質103搭乗以上する人は貰えていた部分がなくなり損することになり
  修行僧以外のユーザーにとってもメリットが減ってしまうことになる。  
 
正直、300万円も先に出す訳だから多少出しても良いと思うような条件にしておくべき
  部分もあるのだが、ここまでキツキツにし、修行層排除だけならまだしも一般ユーザーに
  まで魅力半減と感じさせてしまう可能性があるのにプレミアムパスを販売したのには
  驚いた。
  
  やはり顧客満足度より先払いで9億円手にすることができるという部分が魅力なんだろうか。
  申し訳ないが、ここまで企業側の利益ありき的な持ってきかたするならば、最初から
  販売しないほうがムダに顧客満足度低下させることなく良かったような気がするのだが。
  
  
  

機種変更だけどシンプルコースで1050円。Walkman Phone Xminiを買ってみた

xmini.jpg
春ぐらいから、現在利用中の端末が3ヶ月以上ならば機種変更なのにシンプルコースで
低価格で購入できるという話のあったXmini。
端末自体は去年の年末に販売されたものだが、音楽視聴をメインにした仕様でサイズも
あまりに小さすぎる故か人気がなく、あっという間に低価格で販売されることになった端末。
しかしこの低価格販売もそろそろ在庫が無くなるという噂を耳にして、せっかくだしそろそろ
抑えておくべきと思い、ネット通販のレクサスプランニングさん
購入することにした。
xmini_letter.jpg
で早速商品が届いたのだが、一緒に入っていたお知らせを見ると
「au ICカード対応機は最初に挿入したaui ICカードのみご利用いただけます」
「※ 相違するICカードを挿入した場合、ご利用者がしようできるようにするには
 auショップにて登録が必要となり・・・・」と興味深いコメントが。
これって、最初に増設した回線以外の回線のSIMを挿したら動くのでしょうか。
無駄に試してみたくなってしまいました。
ちょうど、iida G9をNMPで申し込んでいるので届いたら、そのSIMを挿して試して
みることに。
と言うわけでしばらく利用はお預けです。

台数分マウス・キーボードあることに嫌気をして自動切換器を買ってみた

pcautochange.jpg
パーツ買い替えを頻繁に行うのは毎度のことだが、それでも気が付くとここ数ヶ月で2台純増。
自分用だけで7台まで膨れ上がってしまった。
で、ここまで増えるとその分だけキーボード、マウスを用意すると場所もとられて面倒になる。
かつては4台用の自動切換器を使っていたが、経年劣化で引退。その後は2台用の自動切換器
を使いつつ、残り2台はそれぞれキーボード・マウスを用意して使っていた。しかし、ここ数ヶ月で
2台増加し、1台目追加された時は、キーボード・マウスを用意してしまったが、2台目追加時点
でもうスペースはなし。ということでもう一つ2台用の自動切換器を購入することにした。
今回購入したのは、RATOC製のもの。実は、自動切換器にはマウス・キーボード・VGAが
3つを同時切り替えするタイプが主流。数は少ないがマウス・キーボードだけ切り替えるタイプ
もある。液晶3台を6台で共有し、かつ一部機種はデュアルディスプレイ化していたりするので
実は、マウス・キーボード・VGAが同時切り替えよりマウス・キーボードのみ切り替えが良いの
だが、後々必要になったときに買いなおすのは面倒。
しかし、3つ同時切り替えする製品の大半は、この3つが接続されていないとダメなものも
多く、ハードは対応していてもVGAは接続しないという自分に都合の良い使い方が
出来にくい状況だったが、このRATOC製だけはVGAを外していてもOKとのことだったので
買ってみることにした。
まぁ、そもそも6台を1つのキーボードとかでコントロールできたほうが良いんでしょうけど
そうすると同時進行もしにくいしなぁ・・・。
それでも、4つあるキーボードをあと一つぐらい減らしたいな・・・・。

FSB1066に対応したPentium Dual Core E6300を買ってみた

pendce6300.jpg
先月に余ったケースを埋めるためにPentium DualCore E5200とMini-ITXのマザーを
購入して一台組み立てたが、その後もう一つケースを購入してしまったため、再びMINI-ITX
ケースが余ってしまった。
と言うことでもう一台購入することに。
さすがにMINI-ITXマザーを買うのは意味がないので、一旦ケースとマザーを組み直すことに
した。まず、MINI-ITXマザーはMINI-ITX用ケースにセット、そして今回マイクロATXマザーを
購入し、買ったばかりのMINI P180に組み込むことにした。
マザーは前にも購入EG41MF-S2H。この型の後継品が販売されているのだが、発熱軽減
させる部分を除いてスペックにあまり違いが無く、またツクモが在庫処分で新製品の半値
近い金額で販売していたのでこれをチョイスし、CPUは出たばかりでFSBが800から1066に
あがったPentium Dual Core E6300を購入。
今回の購入で自作PCは6台。ノートパソコンやら入れると・・・・。まぁそれなりの
数になりますが、それはそれとして。とりあえず、E5200のほうは、ストリーミングサーバー
にでもして、E6300はUbuntuやら WINDOWS7 RCでも入れて遊ぶとしますか・・・・。

VOCALOID鏡音リン・レンの楽曲を中の人が歌ったアルバムが販売された 「Prism/鏡音リン・レン feat. 下田麻美」

prism.jpg
ボーカロイドと言えば初音ミクの知名度が高いが、実は他にもバリエーションがあり
Gacktのボイスを活用した「がくっぽいど」とかあるのだが、キャラクター系シリーズでは
初音ミク(CV:藤田 咲)のほかに、鏡音リン・レン(CV:下田 麻美)、巡音ルカ(CV:浅川 悠)と
3つある。初音ミクモノについては、ゲームもあればミクの楽曲のCD集も販売されているが
それ以外のキャラクターでは、あまりその動きがなかったのだが、新たに鏡音リン・レンの
楽曲を収めたCDが販売されることになった。
しかも今回はボーカロイドとしての楽曲収録ではなく、中の人である下田 麻美さんが
自ら歌ったバージョンが販売。ボーカロイドとしてのCDも欲しいが、中の人とボーカロイドで
どの程度変わるかも気になり買ってみることにした。
で、感想は操縦しにくいリン・レンに比べて、実にスムーズな歌声。って当然なんですけど
これはこれで凄い。特にジェミニとかあたりは、さらに作品が良くなった感じ。
買って正解だったなって感じ。
【インタビュー】声優・下田麻美が「鏡音リン・レン」に挑む! 「Prism/鏡音リン・レン feat. 下田麻美」、6月10日リリース

ANA搭乗録(6月7日) 羽田へ。

オフ界も終わり、東京に戻ることに。
帰りは行き同様にANA便に搭乗。



搭乗回数便名路線FOP切符 費用 備考
ANA082札幌千歳→東京羽田

【17】 ANA082 札幌千歳→東京羽田 B747-400 ( ※失念した。 )
ana082_0607.jpg
  千歳     : (搭乗口) 8 (滑走路)  離陸 19R
  東京羽田  : (搭乗口) 54  (滑走路)  着陸 16L
  (定刻) 20:45→ 22:20   (実績) 20:45 → 22:15
札幌から快速エアポートに乗り20時に空港着。既に必要な買い物は済ませていたため
そのまま手荷物検査を受けゲートのラウンジへ。
10分程度の小休憩の後、優先搭乗の案内にあわせて搭乗する。
この飛行機も満席。ユーザーがたくさんの荷物を抱え、座席上の収納棚に分散して
入れていく中、こちらは二階席の窓側だけにある収納ボックスをフル活用し
たくさんの荷物を収納。さらに行き同様後ろに席がないシートを抑えたので
快適そのもので、おかげで1時間30分の時間をほぼ爆睡してしまった。
と言うか、最近即寝てしまう比率が増えましたな・・・・

こういうナビもありだね。有名声優の声で道案内するPND MAPLUS

オフ会で、あるお方に車で会場まで乗せていただいたのだが
そこに搭載されていたナビがこれだった。
maplus.jpg
販売されたときにこれがニュースになって、へぇ~。面白いなって感じていたのだが
その後ウォッチして無かった。しかし、実際に実機を見て、しかも某声優さんの道案内を
聞いてみると、結構欲しくなった。でも、これ結構使えるかもしれませんね。
好みのものを使いたいという気持ちはあるし、地域によっては異なる方言で案内して
くれたほうが良いと感じる年齢層・世代もいる。最近のナビは通信モジュール内蔵したり
ケータイと接続したり、メモリーカードを通じてPCとの連携も可能。
と言うことで、容易にデータ入れ替えられるわけだから、メーカー出す製品は一つだけど
もっとパーソナライズなものに出来ても良いかもね
せっかくだから、ケータイのナビアプリもこんなの採用したら良いのにね。
ちなみに、どんな声優さんが参加されているのか以下参考までに。
maplus2.jpg

特急カムイで札幌へ

kamui_fukagawa0607.jpg
増毛から列車に揺られること1時間20分で、深川に到着。
ウトウトしていたせいか若干寝ぼけていた部分もあったが
特急カムイへの乗り継ぎ時間が4分しかないため、早々に移動し列車に乗り込む。
speedtest_kamui0607.jpg
電車の中では、イーモバイルでネット。カムイの車両には各席に電源コンセントがあるので
電源のことは一切気にせず通信が可能。
また、イーモバイルのエリアもしっかり拡大していてほぼ札幌まで切断無く通信が可能。
モバイルサイトとかで見るより、やっぱPCでネットできるというのは良いですね。
どんどんPCでネットができる環境が増えていくことに期待したいところ