都内で、萌えっ子フリー切符を買ってみた

moefreepass.jpg
先月、オフ会で留萌、増毛方面に行ってきたが、このエリアを管轄する沿岸バスでは
萌えっ子フリーきっぷという切符が売られている。
増毛から豊富までの区間が乗り放題なきっぷだが、地名を見ると髪が薄い方には
ちょっとした願掛けでもしたくなるようなものばかり。
6月のオフ会では、ここの企画担当者さんとお話する機会があったのですが
実際に切符まで買うことは無かった。しかし、香港在住の某大御所なお方が
日本に来られ今日は東京であるグループの方々とミニオフをすると言うことで
これに参加。参加者と雑談していたところ話の流れから、沿岸バスの企画者さん
がちょうど東京に来ていて、かつ切符も購入できることが判明。
急遽コンタクトを取り、みんなで有楽町まで移動して、駅の改札前で購入することになった。
ちなみに、この切符を購入した最南端の方は沖縄のあるお方なのだが、今回香港の大御所
も購入されたので、最南端は香港在住の方に変わることに。
それにしてもこの切符、行使率低そうですな。場所も遠いし、コレクション化する人に
とっては、なにかされるのも嫌がるでしょうし・・・。まぁ、逆にそのほうがバス会社さん
にとっては大もうけなのかもしれません・・・・。

SIMフリー版 iPhone 3GS 到着

iphone3gssimfree.jpg
香港での販売が解禁された11日にアップルストアで購入したiPhone3GSが無事到着。
これで心置きなく海外行っても現地SIMで定額でデータ通信が出来る。
早速、いろいろ触りたいところだが、現時点では少しお預け。
あー、早く使いたい。。。

iPhoneを格安で修理してくれるお店

※ほぼ自分のためのメモ
電池交換も9800円ぐらいかかったあげく、本体そのもの交換となるため
面倒だし、値段も結構高い。液晶のひび割れについても本体交換ゆえに
最低2万円程度はかかってしまう。
どうやらこのお店ではずいぶん格安でやってくれるようだ。
まぁ、2台ともアップルケア加入しちゃったので利用頻度は少ないかと思うけど
とりあえず万が一の時にはここを使うことに・・・
http://ilab.cc/index.html

HKIA Frequent Visitor Cardが到着。香港への入国が簡単に

hkg_frequent.jpg
香港国際空港に過去12ヶ月以内に3回以上入国したユーザーに対してのみ
申し込めるHKIA Frequent Visitor Card。このカードがあると、専用のゲートを
利用して入国することが可能となる。このゲートは通常のゲートに比べて明らかに
空いているため、混雑時下手すれば20~30分待たされるのが解消できるという
メリットがある。
ちょうど去年の11月とこの5月に日本からの入国と台湾からの入国で3回となって
いたため、一ヶ月少々ぐらい前にネットから申しこんだのが、それがやっと到着した。
ちょくちょく店舗視察で行く自分にとっては、これで入国時の手間が軽減されるのは
うれしい限り。ちなみに、このカードは発行から2年間有効。この2年間で6回以上入国
すると継続のカードが送られてくるらしい。
HKIA Frequent Visitor Cardの申し込み

初音ミクが初ライブ ミクFes’09(夏)開催へ

mikufes.jpg
と言っても、ミクはバーチャルですから当然実在はしませんが。
今までミクに歌わせてきた曲の中でも人気がある曲をライブホールで
流してみようという企画で、各作曲者達が出演されます。
もう、これは行かないとアカンって感じですね。
と言うわけで、先ほどから開始した抽選先行予約に応募しておきました。
是非、当選して欲しいな・・・・。
ちなみに、ネギの持ち込みはダメらしい。。
てっきりサイリウム(商品名らしく正確にはケミカルライト)の代わりに、みんなでネギを
振り回すのかなって思っていたのですが・・・・・。
いっそのこと生ネギはダメだろうけど、サイリウムをネギっぽくしてみようかな・・・・。

SIMフリー版のiPhoneを申し込んでみた

hkg_appleshop.jpg
7/10から香港でのiPhone 3GSが販売解禁された。
日本は6/26から販売開始したので2週間遅れの販売スタートである。
既にiPhone 3Gは持っているが、OS3.0にしてからというものの挙動の遅さが
顕著に目立ち、正直嫌気が増していたので少しでも処理速度が速いものが
欲しいと考えていた。
しかし、今ソフトバンクで買い増しすると、iPhone 3Gの残債返済に加えてに特別割引も
なくなってしまうため、当初実質30000円で購入できると案内されたが、これが6万とかに
なってしまう。
その上、iPhone 3GSを買い増しするとなると新規よりもインセが減るため
若干購入総額は高くなるし、iPhone3G同様SIMロックが掛かっているので海外で
海外キャリアのSIMに差し替えて使うこともできないため、機種変するにはちょっと
慎重にならざる得ない。
そんななか香港版のiPhoneについては、お国柄SIMロックが掛かっていない。
もちろん、価格はキャリアの補助がない分高いが、少なくとも今の自分の状況下
であればソフトバンクで買い増しするのと負担額はあまり代わらない上に、SIMフリー
なので、海外で現地キャリアのSIMを差し替えたり、日本では800M・1.7G帯では使えない
がドコモでも利用できるし、デザリングも出来てしまう。こうなると買ってしまったほうが
得なので、香港のアップルストアで購入することにした。
なお、お値段は16GB  5388香港ドル   32GB   6288香港ドル
 (※ 1香港ドル=13円とすると約7万円、約8.2万円。ただ急激な円高で実際はもっと・・・)
ちなみに、香港のアップルストアは送付先が香港のみのため、香港の住所がないと
販売してもらえない。幸いなことに香港在住はあるお方様にご好意でご対応してもらえ
ることになったので、とりあえずは商品到着まで待つのみ。
※ ちなみに、以下のサイトで買い物のお手伝いをしてくれます。
   日本の海外ケータイ取り扱い店での購入より総額ベースで明らかに安いので
   ご興味のある方はご利用くださいませ。。
   電脳中心買物隊 in 香港

「UQはうちの会社だ! 」 と、KDDI小野寺社長兼会長が発言

3日にロイターの記者がKDDIの小野寺正社長兼会長にインタビューをした際に
WiMAX提供事業者のUQコミュニケーションについて発言したもの。
WiMAXへの参入条件として総務省から議決権ベースで33%以上の株を保有できない
出資制限、MVNO提供などの義務が課せられている。端的に言えばどこかの企業色を
出さず、広くあまねく企業を受け入れサービス提供しなさいというもので、WiMAX提供事業者
は日本では地域ベースは別として全国提供可能なのはこの1社だけなので、そりゃ当然と
言えば当然の話なのだが、実際のところは参入後から議決権ベースは33%以下だが
優先株を含む総株式総数では33%を超え、下手すりゃ過半数に到達するほど。
そして今回、さらなる設備投資で資本増強をすべくKDDIが追加出資をする方向で進めて
いるようで、この辺についてロイター記者としてはツッコミしたところ、「総務省が参入条件
として出資制限しているから仕方なくやっているだけで、実際は我々の会社だぞ」と言った
趣旨の発言を堂々と言ってしまったらしい。
もともとKDDIの社員がUQに出向しているのだから、自然と他社より身内に対して優しく
なるのは、人間の感情としては自然なこと。だから、まぁ多少動きが鈍いとか、密告されない
ぐらいの非協力的な対応は当然予見できるものなのだが、それでもそれを露骨に表現
してしまうのはあってはならないと思うのだが、それを社長自ら言ってしまったものだから
まぁ大変。
ぶっちゃけ、公平に対応とか総務省が掲げた参入条件だって、参入枠が少なくて誰かが
勝って、誰かが負ける状況下なら、その後のシコリを無くすために表面的に付けた条件に
過ぎない気もするのだが、それでもこの条件があるからこそ、競争に負けた企業は本当に
使う・使わないに関わらず、いちよ一選択肢として検討時にカードを持つことができる。
しかし、今回の発言はそんな角が立たないための配慮も無意味に。総務省としては
少々面子がつぶれた感じがする。
この発言だけで参入取消しとか言われることはないが、それでも何らかの影響はありそう
な感じ。どんな結末になるか楽しみです
——————————————————————————————
インタビュー: WiMAXのインフラ構築でUQコムに追加出資も=KDDI社長
東京 3日 ロイター] KDDIの小野寺正社長兼会長は3日、ロイターのインタビューで
今月から始まった高速無線の「WiMAX(ワイマックス)」を運営する持分法適用会社の
UQコミュニケーションズ(UQコム・東京都港区)に追加出資する構えがあるとの考えを
示した。
 UQのインフラ構築資金は必要に応じて提供する方針で、今後、大容量データの利用で
成長が見込める高速無線市場の基盤を固めていく姿勢を示した。
 WiMAXは受信速度が毎秒最大40メガ(メガは100万)ビットで、固定回線のADSLの
速さに匹敵する無線回線。7月1日から有料サービスを開始したが、当初は首都圏
名古屋、京阪神の一部のカバーにとどまる。運営会社のUQコムは、これから順次エリアを
拡大し2012年度までに1400億円をかけて全国をカバーする計画。サービス開始までに
UQコムは、KDDIのほか、米インテル、東日本旅客鉄道、京セラの出資で470億円の
資本金・資本準備金を調達した。今後も追加出資や銀行借り入れで資金を調達する方針。
 ただ、総務省が新規参入を促すことをねらいとして設けた制限によって、UQコムには
KDDIほかNTTドコモやソフトバンクなど第3世代携帯電話会社からの出資が議決権
ベースの3分の1未満に制限されている。このためKDDIが保有する普通株の議決権
比率は32%となっているが、5月にはUQが優先株で実施した第三者割当増資を引き
受けたことで、KDDIの出資総額は207億円になった。UQの資本金・資本準備金に
対する比率は44%となる。
 小野寺社長は「UQはうちの会社だと思っている。(優先株による出資は)3分の1の
制限があるから仕方なくそうなっている」と指摘。その上で「(今後の出資は)増やす
必要があれば増やしていく。他社も比率をキープしたいなら按分することもあるかも
しれないし、いろいろなケースがあり得る」との考えを示した。
 インタビューの詳細は以下のとおり。
 ――今月からWiMAXの有料サービスが始まったが、KDDIは拡大するデータ通信
市場でどのように事業展開するか。
 「auとWiMAXではマーケットが違う。Auは携帯電話のサービスだが、WiMAXは
パソコンがベースで当面はノートブックがメインになるだろう。MID(モバイル端末)も
そうだ。最初のうちは(パソコンに挿入する)データカードを販売していくことになるが、
将来の発展を考えるとパソコンに初めから内蔵される時代に間違いなくなる。データ
通信市場は、携帯で広げることも考えているし、UQでの展開も考えているが、エリア
や料金の違いがある。どちらが有利かはお客が判断していくことになる。ただ、UQは
パソコン、auは携帯。基本的にはそういう方向に行く」 
 ――KDDIは出資しているだけでなくUQから回線を借りるMVNO(仮想移動体通
信事業者)だが、どんなサービスを予定しているか。
 「法人向けのデータカードがメインになる。ただ、WiMAXのサービスエリアはまだ狭い。
WiMAXだけでは不十分という人のために、EVDO(携帯のデータ送信)とのデュアル
(自動切換え)モードを出す」 
 ――WiMAXのカバーエリアの拡大で、UQの設備投資のために追加出資の考えはあるか。
 「当然、増やす必要があれば増やしていく。他社が比率をキープしたいなら
プロラタ(按分)でやることもあるし、いろいろなケースがある」
 ――既存の携帯事業者は、WiMAXの運営会社に3分の1以上出資できない
制限があるが。
 「UQは3分の1の出資制限があるので別の会社にせざるを得なかったが、もともとは
KDDI自身がやりたかった。今の(優先株の注入)は仕方なくそうなっている。UQは
うちの会社だと思っている」
 ――米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)による携帯向け基本ソフト(OS)を
搭載した「アンドロイド」携帯端末の発売はいつか。
 「2010年中には発売する。(実験的なものではなく)きっちりしたものを出す。
どのくらいの数の端末を出すかは言う段階にはないが恐らく複数になる」 
 ――携帯端末と通信料を分離した販売方式の導入が進んで、端末料金分を
差し引く分だけ通信料が下がる傾向にある。
 「シンプルコース(分離プラン)への移行によって、あと1年か2年の間はARPU
(契約あたり月間収入)は減っていくだろう」
 ――音声ARPUが下がる一方、データARPUを引き上げるのが課題だが、
どのように取り込んでいくか。
 「データをたくさん使うお客のパーセンテージは大体決まっていて(課金の)上限に
張り付いたままだが、ほとんどのお客がメールしかやらないなどの最低のデータ利用
しかない。こうしたお客に魅力的なコンテンツを提供していく。あまり使わない人に
どうやって使ってもらうか。ここを底上げしないとARPUは上がらない」 
 ――今期の配当予想(1万1000円)は配当性向20%を下回っているが、予想よりも
増配する予定はあるか。
 「今までも通期の業績予想を出したとき、配当20%を割った配当予想を出したことが
過去に何回もある。それで決算をやった結果、われわれがコミットしている配当性向20%を
割れば、必ず20%を上回る配当性向に増配している。今回も決算の結果が業績予想
どおりなら期末に(増配)することになる
—————————————————————————————–

忠犬ハチ公がハリウッド映画に。リチャードギア主演「HACHI 約束の犬」

hachi_themovie.jpg
かつて、ハチ公物語として映画化された忠犬ハチ公。この実在する物語が
ハリウッドでも作品化されることになった。ちなみに主演は、リチャードギア。
基本的な作品のストーリーであるご主人に可愛がられていた秋田犬ハチが毎日駅まで迎えに行く
ご主人が亡くなってひたすら駅で待ち続けるという点は変わらないものの、設定地などは
日本ではなくアメリカになったり、ハチと主人の巡り会い方が異なったりと多少ハリウッド風に
アレンジされているらしい。
感動な作品がどんな風に仕上がったか気になるところ。
ロードショーまでは約1ヶ月あるが、スタート後は一度見に行ってみたいところ。

実は買う気は無かったけど、VARDIA RD-G503を購入してみた

rd-g503.jpg
まだ一年も経っていないはずだが、東芝製レコーダーのRD-S601を購入し番組を
ひたすら録画していたりするのだが、600GBもあったハードディスクはほぼ満杯。
ごにょごにょな機器とか活用して、取り込んである形式に変換したりししているが
全部処理するには結構な時間も必要で、大変の一言。
いっそのこともう一台でも買ってしまおうか・・・なんて気持ちも出ていたのですが
それでも実際に買う気は無かったのです。
ただ、ふとネットを見るとたまたまヤフオクに出展しているショップさんで東芝製
レコーダーVARDIA RD-G503が3万円弱と安い価格で出品しているのを見つけ
その価格から見てもどうせ入札が増えて、落札すら出来ないだろうと軽い気持ちで
3万で入札したところ悲しきことに落札してしまった・・・・。
まぁ、10台出品していたので多少どうにかなってしまう点が幸か不幸か落札できて
しまったようだ。正直軽い気持ちという不順な動機ではあったが、まぁ、あればあったで
使うのでそのまま手続きして無事本日到着した。
これでレコーダーは2台体制。そういえば一度S601を購入したときに、移行期間として
XS30との2台体制で運用していたような・・・。結局、整理してもやっぱり増えてしまうのね
PC同様に難儀だな・・・。

上海・香港・深圳(シンセン)に行こうと画策したのだが・・・・

そろそろ夏休みシーズン。
一気に休みがとれるシーズンでもあるので、再び海外に行くことにした。
ちょうど前回行けなかった上海・深圳(シンセン)で携帯市場を見学しつつ
香港でSIMフリー版iPhoneでもゲットしようと考え、ANA・上海航空のスターアライアンス系
で羽田から関空経由で上海に行き、その後香港に飛ぶコースでチケットを確保したのだが
確保してから一週間経った今日、サイトを覗いてみると「予約便出発時間が大幅に変更に
なりましたので連絡ください」との記載が表示があり、予約行程を見ると上海から香港への
上海航空便が17時発が8時発に前倒しされていた。
当然この日の朝に日本から上海に移動して、香港に向けて移動するまでの数時間の滞在で
携帯電話市場を視察する予定だったのだが、これでは上海滞在どころが、上海に行く前に
なってしまうため、とりあえず、ANAのSFCデスクに連絡し、便変更の相談をする。
しかし、上海航空の香港便でかつスターアライアンス加盟ユーザーが利用できる便は
17時より前倒しされた15時台のみ。関空から上海に到着するのが11時過ぎなので
滞在するにはちと厳しい感じ。
仕方なので一旦すべての行程をキャンセルすることにした。
そういえば昨年の11月に上海経由で行こうとしたが、あの時は15時台の便を希望して
いたものの、この便が欠航になって17時台しかないと言われ、やむ終えず香港行きの
直行便にビジネスシートを利用して行った記憶があるが、今度は17時台希望だったのに
予約便が8時台に変更され、しかもその日の利用できるのは15時台。
なんというか、このコロコロ変わる部分がさすが中国というべきなのでしょうか・・・・。
とりあえず、別日で再設定しますか・・・・。でも、SIMフリーなiPhone買うだけなら
香港在住のあるお方様に別途費用お支払いしてお願いする方法もあるので
わざわざお金かけていくまでもないような気も・・・。ついでに5月に行ったばかりだしな・・・・。
う~ん迷います。。