いきなり、イオンセレクトカード ゴールド到着

aeonselectgold.jpg
イオンカードのゴールドカードと言えば、ゴールドなのに年会費は無料。
しかもジャスコにあるラウンジが使えたりする少し変わったカード。
しかしこれを得るには、一定金額以上利用しないと発行してくれないため
まずは一般のイオンカードに加入して経験を積む必要があった。
そんななかイオン銀行向けに新たに発行されることになったキャッシュカード一体型
クレジットカードであるイオンセレクトカードだけの特典として、イオン銀行に一定以上の
取引実績があればゴールドカードを発行してくれる条件がついた。具体的には100万円以上
の定期開設、投資信託、住宅ローンの契約のいずれかに該当する必要があるのだが
逆にこれらを満たせば、一定金額以上使わなくても発行してくれることになった。
幸い、イオン銀行自体はイオンカードを持たなくても20日、30日には5%オフ特典を享受
することができることから銀行業参入当時から持っていたため、これを機に試してみるべく
7月下旬に申し込んでおいた。
で、その結果が今日到着。いきなりゴールドカードが発行となった。
ネット等を見るとまずは一般カードが届き、1~2ヶ月後にゴールドが送られてくるケースが
ほとんどだったし、7月に店頭で確認したときも同じ案内だったため、てっきり一般カードが
くるものと思っていたのだが、どうやら最近は一発で発行してくれるようになったらしい・・・。
どちらにしても無事ゴールドカード発行となった。
まずは近いうちにイオンラウンジに行ってみたいところだが、このカードにして困ったこと
が一つ。イオンバンクカード(単なるキャッシュカード)の裏面にはネット取引用に必要な
確認番号等が印刷されていたのだが、スペースの関係でセレクトカードには記載されず。
おかげで確認番号記載のカードを別途持ち歩く必要が出できてしまった。
せっかく一枚に収まって便利だったのにちょっと不満が・・・・。
まぁ、銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体化したのでその分だけ持ち歩く必要
はなくなったわけですが、やはりこれも統合して欲しいと思ってしまった・・・・・・。

キティーケータイを買ってみた

kittyphone.jpg
香港の先達広場で購入した商品。
5月に視察に来たときに見かけてから欲しいと思っていたものの、ネタとしての利用
以外に使い道がないため躊躇してしまっていたのだが、今回は迷わず購入してみた。
端末がキティのデザインであることももちろん、専用の手提げカバン。中には
ネックストラップなどもすべてキティデザイン。
もちろん正規品ではないが、その品質の高さには驚くばかり。。
端末はGSM専用。価格は530香港ドル(1香港ドル=13円換算で6890円)

自動化ゲートでらくらく入国

25545960.jpg
成田に到着して、入国審査に行くとそこには人。人。人。
すべてのゲートに何十人も並んでいる状態で、おそらく素直に並んでいたら
20~30分ぐらいは掛かるのではないか?と言うほど。
そんなことはお構いなく、一番端にある自動化ゲートへ。
こちらは5名程度並んでいる程度。実質数分で入国審査も終了。スムーズ入国となった。
一度の登録でパスポート有効期限までは有効なので、ホント、これは便利ですな。

JAL ステイタス防衛修行2009 11日目(8月25日) 日本へ

3日間の香港滞在を終え、日本へ戻ることに。
【20(26)】 JAL732便 香港→東京成田 B747-400 ( JA8075 )
jal732_ja8075_0825.jpg
  香港    : (搭乗口) 41  (滑走路)  離陸 07R
  東京成田 : (搭乗口) 61 (滑走路)  着陸 16R
  (定刻) 15:00 → 20:20   (実績) 14:59 → 20:20
もともとはエコノミークラスで予約していたが、当日空港でチェックインしたところ
満席でゆったりできないかと思うのでビジネスシートへの切り替えしますと案内を
受け、アップグレードしてもらった。おかげで行き帰りどちらも、ゆったりなシートを利用
することに。。
jal732_ja8075_0825_2.jpg
※ ビジネスシート。
ほぼ定刻にドアクローズすると、その15分後には07Rから離陸。
いつもよりは少し早めに離陸できたのは単にドアクローズタイミングと離陸滑走路と
スポット位置までが近かったからか、はたまたその時間帯の便数ん゛少ないからかは
判らないが、おかげで長々と待たされることなく離陸となった。
離陸後は、いたって安定飛行。
少々うたた寝してしまったせいで、希望していた機内食が無くなってしまい
やむおえず和食となったことが残念。
jal732_ja8075_0825_3.jpg
※ 機内食。

香港国際空港に就航する飛行機たち

海外の空港に行ったら欠かさないのが、就航する飛行機の写真撮影。
今回もラウンジはしごの合間にバシバシ撮影してきました。
ba_hkg0825.jpg
※ British Airways B747-400
cx_hkg0825.jpg
※ キャセイパシィフィック航空 A340
cx_hkg0825_2.jpg
※ キャセイパシィフィック航空 B747-400
cx_hkg0825_3.jpg
※  キャセイパシィフィック航空 B777 ?
kal_hkg0825.jpg
※ 大韓航空 A330
nh_hkg0825.jpg
※ 全日空 B777
vietnamair_hkg0825.jpg
※ ベトナム航空 A321
virgin_hkg0825.jpg
※ ヴァージンアトランティック航空 A340
sg_hkg0825.jpg
※ シンガポール航空 A380

キャセイ・JALなど、香港国際空港内のラウンジをはしごしてみた。

いつもならば深夜便に乗るのだが、今回は深夜便がとれず日中の最終便で
帰ることに。
この便に乗るとなると、香港のライフスタイル(お店が11時ぐらいから開始するとこが
多い等)もあってか、あまり動きようがなく12時ぐらいまでホテルに滞在したのち
13時前には空港へ。それでも出発までは2時間近くあるため、セコイ点は否めないが
せっかくなのでラウンジをはしごしてみることにした。
一つ目はプライオリティーパスを利用してPLAZA PREMIUM LOUNGEへ。
ちなみに、JALの深夜便のラウンジもこちら。
部屋は狭いものの、お食事はそれなりに用意されており、ラーメンなどは
事前調理済みとは言えどその場で最終的な調理をして用意してくれる
hkg_plaza0825.jpg
30分程度ゆっくりしたのち、今度はキャセイパシフィック航空のラウンジへ。
さすが本拠地だけあって、ラウンジは広々。
※ラウンジの雰囲気
休むスペースのほかに、カウンターバー、そして飲食ルームもあり。
ここではラーメンなどをその場で作って出してくれる。
hkg_cxlou0825.jpg
ここでも30分程度休憩した後、今度は搭乗ゲート近くにあるJALのサクララウンジへ。
他のラウンジと違い、こちらは注文してから作るような品はなく、置いてあるものを
普通に取って食べるスタイル。日本の航空会社らしく、うどん、太巻きなど日本の食事が
置いてあるのが印象的。せっかくなのでうどんとハーゲンダッツのアイスをいただいた。
hkg_jallou0825.jpg
正味、1時間半の間に3つのラウンジをはしごしてみた訳だが、この中で一番良いのは
やはりキャセイパシィフィックのラウンジだろうか・・・・。広いスペースに加え、飲食と休憩
スペースが別々となったフロア構成は、疲れたときには持って来い。
そして食事も悪くない。パフォーマンス的におススメなラウンジである。
一方、サクララウンジやPLAZA PREMIUM LOUNGEは、スペースの広さ、開放感こそは
サクララウンジが良いが、食事面ではPLAZA PREMIUM LOUNGEの方が良かったりする。
まぁ、普通に考えればそんな何種類も選択できるような状況というのは少ないかもしれ
ないが、もし使い分けができるようであればそのときの気分に応じて使い分けてみては
いかがだろうか・・・・。

せっかくなので、糖朝に行ってみた。

深圳散策を終えたのち、再び先達広場などを巡回するなど一通りの目的を済ませ
少々遅めの夕食へ。ホテルから近いことや本場の味を試してみたく、糖朝に行って
みることにした。
toucyo0824.jpg
toucyo08242.jpg
頼んだのは、飲茶。ワンタン麺、麻婆豆腐。そして、マンゴープリン。
糖朝はデザートが有名なので、普段なら食べないがデザートも注文してみたが
これは正解。
ただ、自分よりも少し遅めに入り隣に座っていた中年カップルがデザートだけ頼んだ
ものの、10分程度程度でまだ来ないと痺れをきらし、キャンセルして帰ろうと息巻く
ものの、その数分後にデザートが来て食べた途端。まぁ手のひらを返したかのような
やりとりが繰り広げられたのには、いささか口閉してしまった。
Twitter実況
Twitter実況
Twitter実況
あれさえなければ、よかったんだけどもな。
糖朝への行き方

黄大仙廟・旺角先達広場・深水埗。ケータイ、アニメ、PCのすべてを見尽くしてきた

空港からエアポートエクスプレスとエアポートエクスプレス利用者向けリムジンバスを
乗り継ぎ、今回の宿泊先であるロイヤルパシフィックホテル&タワーズへ。
チェックイン手続きを済ませ、小一時間ほど休んだ後、早速行動を開始。
もう定期巡回化してしまった深水埗(Sham Shui Po)と旺角の先達広場、信和中心へ
行くことにした。
しかし、これだと単なるショップめぐり。有名な観光地はある程度は見ているものの
少しは香港の観光地も見ておきたいと思い、近場にある黄大仙廟へ立ち寄ってみた。
 
wongtaisin.jpg
ちなみに、この黄大仙廟は病気治療や占いの神として信仰を集めた黄大仙を祭った寺院。
本堂は伝統的な建築手法で建てられたものらしいが、残念ながら2010年まで改修工事に
入っているため見ることが出来ず。しかし、ここに来る方々が皆熱心にお祈りをする姿は
日本の寺院等にはない雰囲気があり、これはこれで文化の違いと知ることができた。
30分も居なかったと思うが、一通り見学したのち深水埗(Sham Shui Po)へ。
到着後は、PCショップが多くある黄金電脳商場。携帯電話販売店が多い鴨寮街。
それぞれ見学する。
shamsuipo_goldenpc0823.jpg
※ 深水埗 黄金電脳商場のPCパーツ屋さん
PCネタはさておき、携帯電話ネタだが、パチモンが多いこと多いこと。
山寨(Shanzhai)ケータイと呼ばれている端末で、まいどお馴染みiPHONEや
ノキア端末をサイズ含め模倣したり、ミニチュアサイズな端末を販売していたり。
強いて言うなら日本の端末はホント見かけなくなった感じ。
最後に、いつものお店でプリベイドSIMを購入したのち、今度はバスにて旺角へ。
先に信和中心に行く予定だったが、降りる場所を間違えてしまい、先に信和中心へ。
相変わらず、秋葉原に来ているかのような熱気と取り扱い品目の多さに脱帽。
そして相変わらず健在する日本のアニメ作品のコピー版を販売する2店舗も視察。
前シーズン(4~6月期放映)のタイトルが既に販売されているのはもちろんのこと
今シーズン放映中(7~9月期)の作品のうち既に放映分の4話分が収められた
DVDが売られていたりと、相変わらずその速さと日本アニメの人気度に驚く。。
なんやかんやで、この時点で19時。日本時間では20時ということもあり、お食事タイム。
今回は坦々麺やら酸辣湯スープなどを注文。
hkg_monko0823.jpg
※ 複数人なら品数たくさん注文も出来るのだが、今回は一人なのでこのぐらいの品数で・・・・・。
空腹を満たした後、先達広場へ。
前回は5月に行ったので、実質4ヶ月弱ぶり。どう様変わりしたのだろうか・・・・・。
SENTATSU0823_9.jpg
SENTATSU0823.jpg
SENTATSU0823_2.jpg
SENTATSU0823_3.jpg
SENTATSU0823_4.jpg
SENTATSU0823_5.jpg
SENTATSU0823_6.jpg
SENTATSU0823_7.jpg
SENTATSU0823_8.jpg
海外携帯を専門的に扱うところでは、最新端末等が並んでいるのはもちろん
キティーフォンや5月に見つけた筐体はau W33SAだけど中身はGSM専用、デュアルSIM対応
基盤という端末も取り扱い店舗が増加。日本携帯を扱うお店は相変わらずの店舗数だが
中古でイーモバイル端末(H11T)が多々売られ、ドコモのエヴァンゲリオン ケータイが売られ
ていたり、ソフトバンクのビックなお父さんストラップが展示されていたりと、勢いは劣らず。
強いて言うなら中国向けシャープ機が多数増えて、日本のキャリア向けシャープ機が減った
ことでしょうか。。
実は、この雰囲気をリアルに体感してもらうべく動画を撮ったのだがアプリがダメダメ
な仕様で撮影がおじゃんに。。iphoneアプリのUstream Recorderは二度と使わん。。
ともあれ、やはりここの視察は楽しいものです。。

深圳(シンセン)の携帯電話マーケットを見学しに行ってみた

携帯電話マーケットとして香港、台湾、上海、深圳は最低限見ておきたいと考えていたが
今回やっと深圳に行ってくることにした。
場所は、華強北路。最寄は地下鉄華強路駅。
香港からだと、東鉄線の羅湖駅で入国の上、地下鉄1号線で華強路駅下車。
もしくは同じく東鉄線の落馬洲駅から入国し地下鉄4号線にのり、途中で1号線に乗換えし
華強路駅下車。
shinsen0824.jpg
華強路駅を降りて地上に出ると、そこは高層ビル街。
広い道路にその左右には、近代的なビルが立ち並ぶ姿は香港はもちろろん、秋葉原の
電気街とも異なる雰囲気。これらがすべてショップがあると思うだけでびっくりする。。
この華強北路は、PC、携帯、ファッションなど様々なものが扱われているが
携帯電話を扱うところとしては、この街道沿いには4~5つあり、うち大きいところは
3つ程度存在する
shinsen0824_0.jpg
shinsen0824_1.jpg
 ※ 港澳城。 
    ここの一階に携帯電話を扱うお店が多数ある。
    ビル自体が新しいからか、中も明るい雰囲気。しかし、1店舗数坪しかないお店が
    多数ひしめき、携帯電話を販売。。
    この雰囲気すら香港とは異なっている。
shinsen0824_20.jpg
shinsen0824_2.jpg
shinsen0824_3.jpg
shinsen0824_4.jpg
shinsen0824_5.jpg
shinsen0824_6.jpg
二つ目のビル。むしろここか総本山というべきかも。
なかに入ると、一つ目のビルよりも熱気のある光景がそこに・・・・。
ちなみに、その熱気を感じてもらうため今回は動画も撮影してみた。
3つほど用意したのでお楽しみください。
※なお、フロア内は警備がウロウロしていたこともあり、ぶらぶら歩きながらの撮影
  です。詳細があまり見えにくいかと思いますが、また次回行きますのでそれまでの
  お待ちいただければ。。



3つめのビル。こちらは1、2件目のビルに比べたらかなりライト。
こちらも動画を用意しているのでお楽しみください。
shinsen0824_7.jpg

正直、今まで見てきたマーケットに比べると世界がまるで違うというのが感想です。
携帯電話の販売もあれば、パーツも販売していたり、ロック等を解除するお店。
なかにはノキアの電池パックシールをたくさん用意して、ある電池に一枚一枚シールを貼って
いるお店があったりと・・・・。まぁ脱帽。
このお店だけでも2時間程度居ましたが、まだまだ観察してみたいと思ったほど。。
治安があんまり良くはないですが、是非行ってみたいものです。。

HKIA Frequent Visitor Cardでスムーズ入国

hkgfvc_20090823.jpg
JL731便で香港到着後。入国審査へ移動。
いつもなら長い列に並んだのち審査となるが、数ヶ月前に申請取得した
HKIA Frequent Visitor Cardを使って入国することに。。
もともとこのカードを持つ人も多くないのか?やはり専用の審査レーンは人はまばら。
正味2~3分もかからず無事ゲート通過することができた。
このなんとも出来ない時間を短縮できることはなによりも良いですね
もし、何度も行かれている方でまだ取得していない方がいれば是非取得をおススメ
したいところ。。
Twitter実況書き込み
HKIA Frequent Visitor Cardが到着。香港への入国が簡単に