【JAL搭乗録】【鉄道旅】小倉行くのにあえて熊本経由してみた。

11月に続いて今回も小倉へ。年内の国内外移動はこれで最後。乗り納めですね。

もともとは、この時期の飛行機運賃が軒並み高いので新幹線で小倉まで行くつもりで指定券を抑えていたものの1週間前にたまたま特典航空券の空席状況を確認してみたら、山口宇部線、熊本線、鹿児島線に若干空きがあったので検討の上、熊本を経由して行くことに。
という事で、今回は飛行機、JR含めた搭乗録を。

【1】羽田→熊本 (JAL1801便)
JAL1801_200131228
 ※撮影は熊本空港到着時のもの。

 機材:B737-800 JA307J
HND 06:25 Spot:4 R/W:05
KMJ 08:25 Spot:05 R/W:07
 コメント:
 羽田離陸時。搭乗機より1機先に離陸しようとしたソラシドくまもん塗装機が離陸中断。再び誘導路に入り引き返して行くハプニングも。その理由確認のためかいつでも離陸可能だったにも関わらず滑走路進入時に1-2分待機。安全確認後離陸。この微妙な待機時間で後ろに3-4機離陸待ちが発生。熊本到着後の運航情報を見たら2時間後に再出発していたので、おそらく機材トラブルだった模様。
(シップチェンジしたのかは謎)

この日は東北・北海道だけでなく東海・近畿・中国・九州とあちこちが寒波の影響で雪が降ったり気候が芳しくない状態。とは言え空を飛ぶ飛行機にとっては雪自体は離着陸時以外あまり関係ないのだが、九州便故に西から吹く強いジェット気流に立ち向かう形となってしまい、いつもよりも速度が出せない状態に。この時期自体はもともとジェット気流の影響を受けやすい時期なのでタイムスケジュールもそれを見越しているが、本来30000ft台まで上昇し巡航するところが、この日は比較的影響が少ない24000ftで熊本まで巡航。24000ft近辺での巡航は、大阪線とか比較的短距離路線なんかでよく見ますけど、九州路線ではあまり見かけない感じも。

【2】熊本→博多→小倉(九州新幹線&在来線特急)
熊本空港から40分ほどリムジンバスに揺られ熊本駅へ。(休日の朝なので道路が空いていた。本来は60分)
ここからは九州新幹線で博多まで行き、在来線特急で小倉へ。

kyusyushinkansen1228

jrkyusyu_sonic1228
※ソニック

なぜ博多から在来線特急かと言うと、JR九州のネットきっぷを購入したから。素直にみどりの窓口で買うと片道7000円近く掛かるけど、ネットきっぷならば片道でも4700円なり(往復だともっと安い)
ただこの切符オチがあって、この割引プランを使うには全区間がJR九州管轄路線を使う必要がある。山陽新幹線はJR西日本管轄なので、故に博多~小倉間は新幹線ではなく在来線特急になってしまう。そのため新幹線で博多→小倉は16分程度に対して、在来線特急は40分程度と少し時間が掛かる上、乗り換え時間も考慮すると熊本→小倉が1時間に対して1時間半程度になってしまう。
約2000円少々の対価とそれによって自由なる時間を買うかはお任せですね。

jrkyusyu_netchiket1228

【3】北九州→羽田 (JAL378便)
 小倉からリムジンバスで北九州空港へ。北九州空港は今回が初利用。
 こじんまりとした感じの空港。まだ最終便が2本あるにも関わらず売店・飲食店がほとんど閉店してしまう。なんとも商売っ気の無い感じがまたなんとも・・・・。広島空港にはお膝元であるマツダがクルマを展示しているが、ここではお膝元の日産がエクストレイルを展示。セントレアにもトヨタ車展示すればよいのに・・・・。

 jal378_1228_kkj
 ※ゲート前にて
 
 搭乗便:JAL378
機材: B737-800 JA328J
KKJ 21:20 Spot:3 R/W:36
HND 22:54 Spot:5(5B) R/W:34L
東京からの便が到着遅れた割には、空港での待機時間に少し余裕を持たせたようで遅延なく出発。(本来JALよりも15分程度早く出発する予定だったスターフライヤー便が30分程度ディレイしてた。北海道等影響受ける路線は持っていないから何故に影響受けたんだろうか・・・。)
離陸直後から雪雲の中を飛行。その後安定したのでベルトサインを解除した途端に大揺れが発生。ベルトサイン再点灯に。パイロットも予見できない不安定な気流だったのでしょうけど、もう少し慎重になっても良かった気はしますが・・・。

■今年の搭乗回数
 せっかくなので確認してみたら46搭乗。JAL22搭乗。ANA17搭乗、Jetstar 6搭乗。AirASIA 1搭乗。
 ざっくり8日1回は飛行機に乗ってるってことになりますね。
 海外出張が多かった部門から外れたため搭乗回数が下がったことも影響を受けたかな・・・。
 来年はどうなることやら・・・・。

【蒙古タンメン中毒日記】御徒町店 今年最後の食べ納めは北極やさい

nakamoto20131228

ほぼ毎週は通っている蒙古タンメン中本。その中毒性ある辛さは完全に自分好み。かれこれ2004年ぐらいから通いはじめたので気がつけば来年で10年ぐらい通い続けていることになります。どうりで知っている方々があちこちの店長とかなる訳だ・・・・。
さて、今年最後を締めくくる食べ納め料理は、北極やさい(辛さ3倍と野菜増し)と単品麻婆。
あえて冷やし味噌スープも追加したかったけど、既に遠征先でラーメン、うどん屋のハシゴしちゃっているので大人しめに。

これに、唐辛子をそれぞれに盛っていただきます。北極は頼めば5倍までやってくれるのですが5倍にすると完全にドロドロになってしまうので・・・・。スープあるけど5倍の辛さって出来ないんでしょうかね・・・・。次回聞いてみよう。

ちなみに今年度は29日が最後。来年は1/4から営業です。

田所あずさのお友達づくり~トーク&ミニライブ~inあるあるCityに行って来た(感想)

どうも日刊スポーツ(※もちろん非公式)ですw

このイベントに参加した結果、ひょんなことからMCで福岡吉本所属ルームメイトの大脇さんから「日刊スポーツの人(記者)」と名付けられてしまった駄目なヲタですが、今回小倉のあるあるcityで開催された田所あずささんのイベントに参加してきたので、イベント参加しようか迷っていた方に次回は来ようと嗾けるためにも、いろいろ纏めて見る事に。(別に記者役になったからって訳ではないですよ!!)

■田所あずさのお友達づくり~トーク&ミニライブ~とは?
 知っている方も多いでしょうけど、アイマスや勇しぶなどにご出演の声優田所あずささん(以下:ころあず)が、先輩声優と繰り広げるトークイベント&ミニライブ。今回は洋画の吹き替え、犬夜叉、らんま、名探偵コナンなど広範囲な世代で一度はその声を聴いたことがあるはずの山口勝平さんをゲストにお迎えし、大先輩にいろいろお話聞いてみようという企画。両声優さんに加え、あるあるCityでも定期イベントを実施されておられる福岡吉本所属のルームメイト(大脇さん、中島さん)が進行役に。1部・2部の構成で様々なトークが繰り広げられました。(今回は、帰省時期&翌日ミリラジ&コミケとか時期的な問題と場所柄もあり1-2部別々で60-70名程度の参加者。しかしチケット自体は重複購入者もいたようで+10-20は売れていそう・・・)

山口勝平さんプロフィール(有限会社悟空へ)
ルームメイトさんのプロフィール(吉本HPへ)

イベントの詳細は参加した方だけの特典!なので詳細割愛するが、ルームメイトさんのトークからのネタを拾い方が美味いこともあってか、ころあずの面白さが十分引き出され、終始笑いが絶えない楽しい状況に。では、その中でも印象に残ったことを・・・・。(ちょっと記事見出し風に)

 ■黒幕は痛風持ちのマネージャー!
 お友達づくりというイベントタイトルの由来について質問を受けた際、何の迷いも無く「マネージャーが勝手に決めた!」と回答し、ルームメイト両人によるツッコミが。またルームメイトさんのことを「ルームシェアさん(1部)」「スクールメイト(2部)」と呼ぶなどで絡む場面を多々用意するも、結局のところマネージャーがあずあずに耳打ちで「そう喋れ」と言われたことを暴露。みんなマネージャーに転がされていたことに・・・・。
 
 ■勝平さん、ころあずが語る声優のお仕事
  1部2部の2回に分けてトークパートがあり、両人に対して声優になったきっかけ、俳優と声優の違い、アニメと吹き替えでの声のあて方の違いなどのお話や、勝平さんに技術アップのためにどうやって学ぶのか?など参加者にとっても勉強になるトークが繰り広げられる一方で、1部では1つ目に真面目な質問の後に、2つ目の質問が「好きな食べ物なんですか?」と(勝平さんことはあまり)興味ないかのような質問が投げかけられ、ルームメイトさんから総ツッコミを受け、慌ててそんな意図じゃないと弁明されていた。単に初福岡で美味しいもの食べたい!という意図から聴いたようですが、ここから話が盛り上がり他地域の人から見たら福岡県民は酒飲んだ後の〆はラーメンと思っているかもしれないが実はうどんの率が高いという話にもなり、麻倉ももさん(もちょ)一押しの「牧のうどん」(俺も好き)の話に発展するなどうどんネタで盛り上がった。)
     
 ■ころあずの下ネタ勉強発言にファン苦笑い(いや不安を覚えたか・・・・)
  勝平さんへの質問時に話の流れから下ネタ話に及ぶことが数度発生。勝平さんの自制もあり話が発展することは無かったが、自分が聴きたいから質問していたこともあり勉強になります。もっと頑張ります的な受け答えをしてしまい勝平さん、ファン共々苦笑い。真面な性格故にそちらに発展されることを危惧するファンもちらほら・・・。(マネージャーさんへ。もし見ていたら教育的指導お願いします。)

 ■絵描き披露では、両人共に一芸以上の秀でる才能を披露
  2部では(あずあずが)勝平さんがイラストレーターもやられているという話を聴いたので、それを見てみたいという話になり、勝平さんがウソップをその場で描いて披露。そのクオリティーの高さに誰もが歓喜。その後、勝平さんが以前ルフィン役の田中真弓さんに簡単にルフィンを描ける方法を教えた話になり、勝平さん、あずあず、さらにはルームメイト中島さん3名でルフィンのイラスト描きへ。ここで、あずあずがその場でクオリティー高いルフィンを描き、ファン歓喜する一方で勝平さんも褒められご満悦状態に。さらには勝平さんが描かれたイラストについてはあずあずが猛烈頂戴アピール!貰えることになり凄く感激されていた。(ちなみに、あずあすが描いたイラストは参加者プレゼントに。)

 ■ファン発狂!ルームメイト中島さんがころあずに公開プロポーズ!
  2部では勝平さんの吹き替えのお仕事に少し触れられ、その話の流れから勝平師匠による演技指導が行われることになり、なぜかルームメイト中島さんがあずあずにプロポーズするという設定で即興演技することに。これにはファンからブーイングが(笑)。
 
ちなみに、そのトークは多少うろ覚えですが以下。(中:ルームメイト中島さん あ:あずあず)

 中:「ただいま」
 あ:「おかえり」
   ※ これで部屋に帰ってきた設定に。
 中:「お腹すいた」
 あ:「ごはんチンするね。いまセブンでアイカツやってるの・・・。」
   ※しっかり宣伝を怠らないですね。それともはや手料理の話すら及ばず・・・(最近賢い手抜きができるようになったようで・・・・。以前冷凍保存とかできてなんかいい感じの料理の質問があった時にセブンのパックものオススメってコメントしちゃったけど、それの影響受けていないよね?別の方の影響であって欲しい・・・・。)
 あ:「はいどうぞ」(料理が何かは示されず) 
 中:「うまい。昨日より・・・」
あ:「いつもと違うものだったから・・・・」
※少し失念。で、確かコレなに?な話を振られ・・・
 あ:「セブンのタラコパスタ」
   ※あまりに話が長くなったので大脇さんがフッタギリはじめつつ、中島さんも応対に困り始めながらもプロポーズを試みるが・・・
 中:「やっぱり言えない・・・。まだ時期が・・・」
   ※結局話が進まないので、急かされながらも言う羽目に。
 中:「俺たらこみたいにたくさん子供欲しいから・・・結婚してくれ!」
 あ: (少し間を置いて)「時期が早いわ…」(バッサリ)

 とたわいの無い演技とは言えルームメイト中島さんは公開処刑され、一部ファンにとってはドキドキな時間だったようですが、肝心な勝平さんによる演技指導は「見てなかった」でバッサリ。それ以前に「たらこみたいに産める訳がないだろう」と相方さん、勝平さんから総スカンを喰らうはめに・・・。演技やってみた感想として中島さんより一瞬そんな感じになれたという感想に、あずあずから演者としてはありがたい一言と嬉しがっていた。(ただしばらくは「たらこスパ」みたらこれ思い出しそうと、忘れられない思い出になりそう。とも)
 
 ■ファンからの質問タイムでは、今後の目標についても。
 ミニライブ後には、ファンからの質問に答えるコーナーも。一人暮らしの状況、勇しぶで自分の役以外で演じてみたい役、3年後の自身がどんなことをしていたか?(目標)、ルームメイトさんから見たあずあず&あずあずから見たルームメイトさんなど様々な質問が飛び出し答えられていた。ちなみに、日刊スポーツの記者wwの立場としては3年後の自身がどんなことをしていたか?(目標)を質問させていただきましたww。故に何処か記者っぽい真面目な質問故に、ルームメイト大脇さんから名付けられてしまった訳ですが、実は個人的に理由があって質問してみました。もちろん今日質問コーナーがあるとき思っていなかったから事前に考えていた訳ではないですが)

どの質問にも丁寧な回答を返していただけて記者含め質問された方はもちろん、他の参加者も嬉しかったと思います。
 
ということでいろいろ纏めてみましたが、拙い文章ではすみませんが面白いイベントでした。
参加できなかった方は無論。1部だけで帰った方も勿体無いです。きっと次回もあると思うので、今回来られなかったかたは是非ご検討を。 

ちなみに、ありがたいことにサイン入りイラストの争奪ジャンケンに勝ってしまい、いただいたしまったのですが本当はブログ公開で皆さんにもその上手さを見ていただきたいのですが、当日痛風持ちなマネージャーさんに確認したところ、ちょっとNGと言われてしまったためすみませんアップは断念します。なお、会場写真撮影された方。口頭でお話したとおりブログやソーシャル系へのアップはお控えください。お願いします。

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014 のセットリストについて考えてみた

2月22日23日に開催されるTHE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014。

私は7thからの連続参戦しているが、回を重ねるごとにいろんな面でversion upがされていて、夏に行われた8thではシンデレラガールズ、ミリオンライブの出演者も各公演数名参戦。そして今度はシンデレラガールズ、ミリオンライブからの出演人数が大幅アップ。
それだけアイマスという世界が大きくなって、それに出られる演者さんも増えてきたってことで、アイマスPとしては大変喜ばしいことなのですが、ライブという限られた時間枠においてはこの人数に1人ずつ単独曲を数曲歌ってもらうことは厳しい感じも・・・。
(もちろん、何時間でもよいので歌って欲しいですけどもね。)

ということで、勝手にどうなるか考えみることに・・・。
(アイマスPとしては連想することもまた楽しい一時なり)

imas2014 memberlist

今回の出演者を見ると、アイマスのメインメンバーは産休でお休みされていた平田さん、7th以降お休みされていた智秋さんがそれぞれ復活される一方で、若林さんがお休みされることに。
若林さんの歌われる「いっぱいいっぱい」などが聞けないのは残念なものの、智秋さんや平田さんの歌が聞けることはまた嬉しい限り。このメンバーは2日間固定。基本セットリストは変わらないんだと思われる。いつもならば全体曲を除き1人あたり単独で2曲歌うのかな?と思うのだが、後述する点を考慮すると、今回は単独では1曲。もう1曲は単独で歌う方もいれば、ペアで歌う形か?
(どのみち1人2曲程度になると推察)

■シンデレラガールズ、ミリオンライブメンバーの個別曲は1回限り?

22日はミリオンライブのメンバー11人に対してシンデレラガールズは6人。
23日はシンデレラガールズが11人に対して、ミリオンライブは6人。両方足せば17人に。
1人1曲歌わせるとこれだけで17曲になってしまう。その上全員曲も入れたらもはや20曲超えは間違いなく、メインメンバーも含めたら35-40曲以上になってしまう。
1曲平均3-4分としても最大160分。もしも開演時間が7thの日曜日公演みたいに15-16時頃からスタートだったら、まだ1時間ぐらい延ばしてもって感じもするが、今回は両日共に17時開演。4時間は十分ありえるけど、さすがに5時間超えは厳しいと思われる。

故に皆さん想像は付くだろうけど、この部分のセットリストは変則的になることが予想される。
勝手な予想だけど・・・・・。
 22日:
 ミリオンメンバーは全員曲1-2曲、各自1人1曲披露。
 (全員曲はthank you!、そして曲名不明だがミリオンラジオのENDで流れる曲と予想)
 シンデレラメンバーは全員曲を1-2曲披露で終わると予想(お願いシンデレラ、ススメオトメ)

 23日:
 22日の逆パターン。
 シンデレラが全員曲1-2曲(お願いシンデレラ、ススメオトメ)。各自1人1曲披露。
 ※大阪公演で聴いた「あんずのうた」、「ましゅまろ☆キッス」「おねだり Shall We ~?」、そして2日目不参加故に聴けていない「ミツボシ☆☆★」が聴ける!
 ミリオンメンバーが全員曲を1-2曲(曲は22日と同じ。)

片方が極力歌う回数を減らすことで時間短縮。その分MCに時間が割り振られ、所要4.5時間以上ってところかな?と。正直最初はミリオン、シンデレラはメドレーってことも考えたけど流石に難しいだろうな・・・と。でなんとなくこの辺が落としどころなのかな?と。

ただこれだと片側が極端に出番が少ない寂しい扱いになってしまうので、何かフォローが入ることに期待。

メインメンバー推しであればどちらでも楽しめるだろうけど、シンデレラ、ミリオンを推す人がいれば、日時を考慮は必要。まぁ大半のPは全部好きなので両日参戦は必須なんだと思う。
ただ、そうするとライブ会場のキャパとしてはやっぱりSSAでも狭い感じが・・・・。
(結局みんな2日間ってなったら参加できる人は増えませんからね・・・)

故に4月にシンデレラガールズとしては単独ライブ開催ってなった訳だろうし、いずれはミリオンも単独ってなるんでしょうね。そして今あるアイマスのメインメンバー向けライブに、双方一部が参戦すると。

もしもこんな感じになったら定期的に楽しみが出来ることは嬉しいけど、ほぼ2-3ヶ月おきに何らかのライブになりそうなので、日々チケット争奪戦発生ってことになるんでしょうかね。ちょっと気が重くなります。

■ガミPは何を発表するのか?
 一先ず、ぷちます2期、PS3版アイマス ワンフォーオールの最新情報ってところは固いかと思いますが、気持ちとしてはアニメ2期(映画の興行成績次第。しかしメインメンバーではなく、シンデレラもしくはミリオンが主か?)、PS4版アイマスの最新情報が出てくることを祈りたいところ。
こちらについても楽しみですね。

どちらにしても真相は2/22、23までのお楽しみ。
チケット購入できた方は気長に待ちましょう。そしてまだ確保できていない方は次のweb先行頑張ってください。

【ラーメンめぐり】蒙古タンメン中本 御徒町 限定 蒙古卵麺

moukoranmen_okachimachi1222

週に最低1回は食べないと手が震えてしまう(嘘)ぐらい好きで通いつめている蒙古タンメン中本。
行く店は極力変えていて高田馬場、吉祥寺、大宮、秋津、御徒町、品川、目黒、渋谷、(今月で閉店した)高円寺などでローテーション。(昔は本店、新宿、池袋がメインだったが混雑するのでここ数年はパス気味。とは言え深夜便で羽田着いて夜な夜な食べに行くときは池袋か。)

いつもは北極ラーメン3倍など辛さ重視でこの日もそのつもりだったけど、ちょうどこの日までの限定で蒙古卵麺を販売いうことだったので頼んでみることに・・・・

味噌卵麺同様の辛めのスープに、蒙古タンメンの野菜そして麻婆豆腐が盛られた一品。味噌卵麺ではもやしなので、それよりは野菜食べた感がして良いのだが、野菜が甘みがでる故に味噌卵麺よりは少し甘い感じに。

辛さ好きとしては物足りないため唐辛子てんこ盛りでの調整と、追加で冷やし味噌スープを追加で辛さを補強したいところ。とは言え、定常メニューじやないのでこんな時にして頼めないので、たまにはこういうのもアリかと。(しかし欲求不満になるので結局また喰いに行く羽目になる・・・)

ゼンハイザー(SENNHEISER) MX985を購入してみた

sennheiser_mx985

数少ないインナータイプのハイエンドモデル、SENNHEISER MX985を購入。(ヨドバシで10800円)
自分はカナル式など耳を塞ぐタイプのものは大嫌いでして、長年インナータイプを愛用していてオーディオテクニカルのATH-CM700、ATH-CM707(現在2つ使用)と乗り継いで来ているのだが、CM707は未だ健在であるもののインナータイプは人気低迷でどんどん減っていくばかり。最近では製品付属品、廉価版ぐらいしか無いのではないかと言いたくなるほど、ハイエンド系モデルは全滅に近い状態。

そろそろ、もう少しハイエンドなモデルも買っておきたいな・・・と思っていたところ、コレがあり買ってみることに。
まだ数曲聴いた程度だけどCM707よりクリアな感じが。とは言え、もう少し慣らしてからいろいろ比較してみたいなぁ。

田所あずさ1stソロライブ~ヒカリになって~に行ってきた。(感想)

azusa1stlive_twinbox

ころあずの1stソロライブに行って来ました。
ころあずは、アイマス8th横浜公演でPrecious Grainを聴いて、そのなかなかの歌い方から凄いなと思い、ウォッチしはじめたのがきっかけだったりするが、その後も9月8th幕張、10月のマチアソビ(はっしーと一緒のライブ)、11月のネオジェネ(ゲスト参加)、AFA(ホリプロ枠)、Anison Ichibanとちょくちょく聴く機会があったが、毎回その歌唱力には驚かされるばかり。

本人の希望やホリプロさんも歌唱力を訴求させたいと思っておられるのか個人的には思いのほか早くに1stソロが発表。今回行ってみることにした。、

セットリストはゴメンナサイ全部覚えていないのでヌケモレ。順番違いもあるかもしれないけど以下。

・MC
・ダイヤモンドハッピー
・1曲披露。確か何かのゲームだった記憶が。失念。
・SELF PRODUCER
・MC ここで衣装変わってウシ柄公開。そして呼び名(あずあず、ころあず、あずさ)を
   ※本人曰くころあずは、ちょっと小馬鹿にされている感じがあって好きらしい。
・エキストラレボリューション
・レンアイカスタマーサービス
・MC 確かここで掛け声(ころあず)「○○で」(ファン)「しょうがないー」
・KIRA☆POWER
・1曲あったはず。失念
・優しい忘却
・MC
・2曲披露したはず。共に失念
・キセキ
※ファンによるアンコール
・映像:誕生日お祝い。タイガービール飲んで「苦っ!」そしてツボミノコエのプレゼント
・ツボミノコエ
・MC ゲスト登場。オーディション前の合宿での秘話を話したのち、5/1に2ndソロライブの時期発表
・ヒカリになって

正味2時間。場は終始盛り上がっていて、もっと歌って欲しかったなという感じ。MCでもみんなの声援を極力拾って返そうとするところとかあって、ころあずの人の良さが伺えるし、あの2時間で一時的にでもマネージャーがMCすると言ったこともなく、すべて一人でやりきったことは凄く成長した感じも。(不安でしょうがない・・・って言っている割には堂々としているので、もはやその思い込みを捨ててしまえば良いのでは?と思ったほど)

初のソロライブに立ち会えたことは良かったと思っているし、次回のソロにも期待。が、しかしソロライブ凄く良かったんだけど個人的にはこの楽しみに乗り切れず消化不良ぎみに。実はほぼ隣にヲタ芸の類い(身振りが大きすぎ)をやる奴らがいて、そいつらは掛け声にmixやるわ、合いの手で掛け声したあと仲間内で大声で笑うは話しだすはで煩いのなんの。さらにはその連中に痺れ切らしたのかガタイのデカイ奴がそいつらはきのけて前に出てくるわ・・・で、歌に集中できないし、またスタート当初では後ろの連中がセンター周辺の連中を押し始め、将棋倒しにでもする気?といわんばかりな状況になったりと、終始歌に集中できなかった。9月のはっしーのBDイベントでも同じ会場で2列目だったけど、そんなことは無かったので凄く残念。(ファン層があまり礼儀正しくないのかな・・・・。)

まぁそんなこと気にせず・・・っていけば良かったんですけど、やっぱり演者さんしかり、場の雰囲気しかりすべてセットでもあるので、次回はもう少し自重して欲しいなあ・・・と。
まぁ彼らが読むことも無いでしょうし、そもそもそんなことまで意識できる奴らならば最初からやっているだろうから見たところで守ろうともしないだろうな・・・。

あまり小言を言いたくなかったけど、たぶんそんなことが無かったら最高に楽しいライブだったと思う。次は楽しみたいなぁ・・・。

デルタ アメックスゴールド ゲットで全アライアンスの上級会員をコンプリート

cardface

という事で、スカイチームの上級会員ステータス欲しさにデルタアメツクスゴールド
に申込み。無事本日受け取り。12/3には申込んだので実質10日ほど。
(10年前はカード申込みから発行まで1ヶ月ぐらいざらだったんだけど。)

もともと飛行機好きで、学生時代からオフ会等で全国あちこち旅行していたこともあって
比較的早い時期から航空会社の上級会員制度を知り、その獲得を目指していたものの
結局JAL(ワンワールド)、ANA(スターアライアンス)の上級会員をゲットしたのは
6年ほど前。正直、カードを増やしたくなかったのと、国内大手抑えたのでもう良い
だろうと思い抑えてきたものの、海外に行く率が増えスカイチーム系の利用も増えて
きたので、この際ゲットすることに。

実はほんの2-3ヶ月前には、紹介でセゾンプラチナアメツクスをゲットしたばかり。
そのまた2ヶ月前にはセゾンパールアメックスを申込み。さらには勝手にドコモさんには
割賦審査かけられ申込情報に履歴が残っていたりと多重契約者状態。
ひょっとしたら落とされるかも・・・という不安があったが無事ゲット。

これですべてのアライアンスで上級会員ステータスをゲット。
もう宗教上を理由に航空会社を選ぶ必要もなくなり一安心だし、なにより海外で飛行機乗る時は(バゲージロストの不安から)日本以上に大型ケースを機内持ち込みする方が多くて、終盤搭乗すると荷物の置き場所がなくて困ることが多々あるので、優先搭乗は必須。
これでまた不安がなくなり助かった感じです。

ちなみに、余談ですが。
セゾンプラチナアメツクスは2度目のゲット。昔下記カードフェース時代にゲットしていたもののセゾンっぽいデザインということでカード集約の際に解約。しかしその数年後には申込制からインビ制に切り替わり、かつカードフェースが現行のカッコイイ感じに。実は再びゲットを考えていたものの実績つくりがメンドクサク半ば諦めていたところに、ありがたいお誘いが。
おかげで今回のデルタ含めて合計年間5万円も年会費が増えてしまったわけですが、一先ず
カードヲタクとしては満足。
saison_pratinum

【Jetstar搭乗録】久しぶりに沖縄そば屋巡り

先週こそ東京にいたものの最近は何処かへお出かけばかり。今回は沖縄へ行って来る事に。

もともとは10月に行われる沖縄県の酒造所がすべて集まり試飲できるイベント「ゆんたく会」に行くために予約していたものの体調不良、そして台風接近で延期。その時変更したのがこの日。(しかし本音はさらに延期したかった)
沖縄には単純往復などの搭乗修行としては6月以来だが、観光としての訪沖は2011年10月以来。
久しぶりにレンタカー借りて沖縄そば屋でも巡ることに・・・・。
(本当は1泊して、夜は喜作行って泡盛飲みながら島寿し、インガンダルマとか食べたかったのですが。)

さて以後は搭乗録、そば屋紹介など

■搭乗便
 今回は、ジェットスター便。毎度のことですが6時発なので4時過ぎにはクルマ走らせ成田空港へ。もう慣れたとは言え、やっぱり成田は遠い・・・。
 
1.成田→那覇
gk301_1207
GK301(A320 JA01JJ)
NRT 06:00 Spot:414 R/W:34L
OKA 09:17 Spot:21 R/W:36

2、那覇→成田
gk306_1207
GK306(A320 JA18JJ)
OKA 18:45 Spot:12 R/W:36
NRT 21:00 Spot:403R R/W:34R
那覇空港としては久しぶりの沖止めからの搭乗。この時期はジェット気流が強く行きより所要短縮。

■移動手段はタイムズのカーシェアリング
沖縄はクルマ社会。市内まだしもクルマ無いと不便。なので毎回レンタカーかカーシェアリングを借りて行動。もともと沖縄はレンタカーの相場も安く、地元系なら1日3000円程度で借りられてしまうので、ほとんどはレンタカーなのだが滞在時間が短いときはカーシェアリングを利用する。
カーシェアリングの料金体系は15分/200円。よって沖縄のレンタカー相場を考えれば単純な料金比較であれば4時間以上の利用では損することになるが、ガソリン代込みなので距離を考えれば逆にお徳にもなる。ちなみに、オススメは6時間パック。6時間で3900円と普通に借りるより安くなる上にガソリン代も込み。これより長時間のパックになると走行距離に応じて課金が別途発生してしまう。(最大6時間程度は延長もできるので状況に応じて使い分けると良い)

carnote1207
今回借りたのは日産ノート。新型発表直後にタイムズプラスでスーパーチャージャー搭載モデルを借りることができたことがあって、走行感を試すために仕事終わってから房総方面にドライブなんてこともやったが今回はノーマルモデル。さすがにチャージャーモデルを全国配備とはいかないらしい。
しかし時間の差はありえども両方試せたるのはありがたい。

で感想だが個人的には微妙。ハンドルが軽く、ちょっと動かすだけ曲がってしまうため、もう少しドッシリ感が欲しいし、エンジンフィーリングも低中速までは加速感はあるけども高速巡航で、いざ加速となると少しもたつく時が。また軽くアクセルを踏むだけでエンジン回転数がすぐさま2-3000回転まであがってしまい、勢い良く加速しそうになるので、市街地ではちょっと扱いにくい感じも。まぁ慣れなんでしょうけど、ちょっとヤダな。

■そば屋巡り
 いつもならば個人的にお気に入りな王道なお店に加えて、まだ行ったことがないお店を巡るようにしているのだが、かなり久しぶりということで今回は王道なお店に絞った。とはいえ昔は4店舗ぐらいハシゴできたので体の衰えからか2店舗しか行けなかった・・・。あと1店舗いける体力あれば新店開拓しに行ったのに・・・。

 1、名護市 前田食堂
 maedasyokudo1207

 見ての通りもやしが盛られた牛そばで有名なお店。大宜味村に本店があり雑誌等でも本店が紹介されているのだが実は名護にも支店がある。オクマ方面やドライブ兼ねて美ら海水族館等に行くなら本店に行くことオススメするが、そこまで行くのは・・・という方にはこちらがオススメ。
とは言え住宅街にあるので、雰囲気的には断然本店がお勧め。
牛そばに盛られた牛肉・もやしは塩コショウで炒めてあって、その煮汁もスープに入っているので沖縄そばのあっさりさはない。しかしこの味がまた他にはなくなかなか絶品。
少なくとも私は沖縄来たらこの店は外せない。
ちなみに、もやしが多く見えるけど実はどんぶりが少し小さめ。故に意外に皆さん平らげてしまうと思う。   
 
 2、沖縄 島そば。
shimasoba1207
 沖縄北インターから石川方面に行くとあるそば屋さん。ここのオススメはてびちそば。
 てびちは豚足なのだが、豚足は若干臭みが出やすくそれが嫌って人は多い。お店によってはこの臭みが取りきれていないところもあるため慣れていないと食べられない人も。そんな中で、名護の新山食堂やこの島そばは、その臭みもなくオススメしやすい。
何よりこの島そばの良いところは、十分に煮込まれたてびちが入っていて、既にスープがとんこつっぽい状態になっていること。肉はやわらかいし、スープもまたなかなか。
こちらも是非試して欲しい。(ちなみに、地元民に人気があるお店で飯時はひっきりなしに人がきます。また15時ぐらいになると閉店してしまうこともあるので、行くならもう少し早めに。)

中島愛さん活動休止と今の声優業界について思うこと(戯言)

先日、まめぐさんこと中島愛さんの音楽活動休止が発表された。

プレスリリースを見た上で要約すると以下。
・本人名義での音楽活動を無期限休止。
・理由は「ニュートラルな状態でこれからの未来をもう一度見つめ直したい」という思いから。
・現時点で決定している声優活動については予定通り継続。

巷では音楽活動だけで声優は続ける?とか移籍して違う名前で・・とか引退? などなど。人それぞれですが、現時点で2014年の夏アニメ(7月期)は決まっていないだろうから、2014年3月までにオファーがなければ原則はそのまま引退って感じがします。
そもそも休止理由が今後の活動方針の違いから…。「ニュートラルな状態でこれからの未来をもう一度見つめ直したいとの本人の強い意向」ですからね。
まめぐさんは比較的、音楽活動に寄せていたイメージがあって、そんな声優さんの中でもRasmusFaber、大江千里さんのコラボや曲提供受けたりといろいろ恵まれていたと思うのですが、まさかそれが嫌だったのかな?それとも実は声優本業志望だけど音楽路線にさせられていた?ならば今からでも…。正直本当の理由など分かりませんが、本人と事務所の間で売り出し方で納得できない何かがあったんでしょうね。

個人的見解としては、たくさんいる中で声優としてはメインどころではないけど細々ながらも長くやって行かれるポジションを確保できていたと思うのですがね。勿体無い感じもします。
マクロスFのランカ・リー役として脚光を浴びましたが、個人的にはたまゆら関連曲などもなかなか良くて先日2期が終わったばかりですが、いずれくる3期でも歌ってくれるものとばかり思っていたから残念。作詞者別だけど「ありがとう」なんかは作品のためでもあるけど、自身の活動を意識しファンに対する感謝も込められているのでは?と思ってみたり。公のライブイベントが残り少なくなってしまった中で、11月の広島・竹原でのたまゆらイベントで生で聴けたことは今となっては貴重な感じに。集大成でもある3月の最終ライブも絶対行きたいところ。
本当に残念。

そんな衝撃的な発表や最近のいろいろなイベント等を見て、ふといろいろ業界のことを考えてみてしまったのですが、気がつけば声優さんが増えましたね。無尽蔵すぎる。
アイマスだけ見たってメインの13名にモバマス、グリマス。それぞれに声優さんが付いていたりしますからね。もうAKB一派と張り合えるだろって。(増やしすぎ)

当然いきなり増える訳も無く90年代の第三次声優ブーム。2000年後半の第四次声優ブームでアイドル化どんどん進み、それを見てきた子達が徐々に声優という職業に目を向け始めて、仕事として目指す・・・と。まぁなるべくしてなった状況だったりします。とは言えこの数の多さは既にテレビ枠では相変わらずな話ですが、こちらの業界でも無尽蔵に増えていくと出れる作品も少なくて、収入成り立たない人もたくさん出てきそう…。
(もはや新人・若手の数は多く芸人並み。ちゃんみお日記のように掛け持ちでブラックパイナップルwのコンビニでひたすら仕事なんてことになるんですよね。とは言えあちらは単純作業故の賃金の安さへの許容と外国人との戦いか。どんな業界もお仕事獲得は大変です。)

正直、最近はイベントも増えましたしね。個としてのイベントは少なくけど声優全体で見ると、土日あたりは複数アーティストがそれぞれイベントとか開いていて、ファンの中には掛け持ちされている人もいますし・・・。彼女達にとって物販は大事な収入源。一生懸命アレコレ作って販売し利益を得る。彼女達は凄いと思います。でも、少なくとも以前まではここまで物販に熱を入れなくてもどうにかなっていた部分もありましたから。

事務所側は所属アーティストの出演料よりも手堅く養成ビジネスで儲ける方向だろうから事務所はたくさん人を受け入れて育てるけど、卒業から先の受け皿が少ない。(有名な方による寡占化もあるし)
パソコン普及途上時にコレ受けると内職できて大儲けという触れ込みで獲得集めて実際は仕事を1-2件出す以外は仕事が来ないという詐欺まがいなアレもあったけど、それと比較しちゃいけないけど何処か通ずる部分もあって・・・。一先ず数年程度は作品に出れるように事務所も頑張るんだろけど、そこから先は実力と言う言葉でぶった斬る。実力、運。確かにその一面もあるけど、ご都合よく使われてしまっている感じも。いやね、普通に会社勤めしているケースでも同じだけど仕事っていきなり出来る訳ではない。もちろん得意不得意の差で慣れる時間差はあるけどやっぱりいろいろ経験することで身に付くモノも多い。それは、この仕事も同じだと思っていて、ある程度経験積むことで成長、進化していく部分があるから多少なりとも一定期間は雛にいろいろ教える親鳥のように、技術教えつつ、餌を与えてあげる必要はあるんだと思うのだが、最近はその餌を代わりに与える時間が短い感じも。(普通の社会でも新人を育てる中年世代がリストラ等で少なくなって教育担当が減り、新人世代に十分経験積ませることなく現場に出すもののいろいろ失敗とか・・って話もありますね)

この業界まで同じような感じに見えてしまうのですが、これには凄く残念かな。大事に育てたら?とね。志望者も多いし営利企業だから・・・っていうのも分かるから門を閉めるなとまでは言わないけど、セーブしたら?と。せっかく夢を持ち来たけど食ってかれなくて挫折。そのうちこの職種にはやって行けないなんて話も広まり人気なくなって…。本当に必要な時に成り手がなくてなんて本末転倒。

えっ?ボカロがもっと進化してそのうち人はもっと減るのでは?。オイオイ衰退化が進み輸入依存な1次産業のようになってどうするよってね。でもね、声優は基本技術職ではありますが、どんな技術でも進化っていうのはあって長いスパンで見たら簡単に出来るようになってしまう。技術進化等で簡単な仕事になってしまうと、それはいずれ置き換えが入る(製造では後進国だったけど、この業界では新たに生まれる新人達、もしくはボカロか?)。営利企業は収益あってなんぼ。だから安くて技術が維持されるなら遠慮なく変える。だから労働者は常に技術を磨き、その領域で確固たる地位を持つか別領域のスキルも持ち付加価値つけるか、ポジションを変えて必要がある。正直その領域に残るのは一握り。ダメなら別の領域に変えて再度ポジション確保するか…。まぁ、それ自体はどんな業界でも言える話だから特別騒ぐほどでも無いんだけど、ちょっと気になっているのは放り出された後の子達の行く末。
最近の社会は職歴経験ないと雇わない会社が増えているので、もしも離脱するならばそれは相当なハードルになるってこと。
昔だって30歳ぐらいから異職種での転職がキビしくなり始め、35歳ぐらいになればその職種でほぼ固定化されてしまう(もちろんスキルあれば別ですよ)
今もその傾向はしっかり残っていたりする。

仮に放り出された時、彼女たちが持っているスキルは普通の業務では通用しないため人事の人から見れば若ければまだどうにか。しかし年齢によっては・・・・。きっと今が無尽蔵に出てきている時期、人は必ず年老いますから、あと数年すればこんな話も顕在化するかもしれませんね。なんか世知辛いですな。

■生き残るには実力+事務所パワー&ファンパワー?

こんだけたくさん出てくると、我々コンテンツの消費者?番組の視聴者?にとっては、好みの子の1人や2人出てくるものです。
我々が何処まで関心を持ち続けられるか?という問題もありますが、少なくとも関心がある間はその子が長く活躍して欲しいと思うことも。しかし、お仕事には洋画の吹き替え、ナレーション、アニメ番組などそれなりにあるものの、普通のお仕事に比べれば与えられる席はさぼと多くはならないので、必ずあぶれる人が出てくる。あぶれないようにするには、本人の実力(それは技術や人を惹きつける人間性など含む)があった上で、その人の活動・振る舞いによってファンをどれだけ魅了するか、さらには事務所パワーとか(あえて悪い言い方をすればあまりフェアじゃない力による推し)になるんでしょうね。
 
 ※ちなみに、事務所パワーもその人の力の一つ(運の良さ)ですよ。何処の事務所が良いか見極めて入ったならそれは先見の明ありかな。コネ入社を悪く言う人もいますが、それ自体は人脈とかによるものなのでこれも実力。問題はその人が入った後で立派な働きができるかどうか。なんか日テレさん所属の水道業兼業の大物芸能人さんの息子さんは・・・・ですが。(ただコネ組みって大変なんですよね。後ろの力次第では多少なりとも甘やかす、本人がそんなこと嫌い厳しく対応していれば良いけど、それで良いと思ったらズルズル・・・。本人の意思・行動が普通以上に重要視されますね。)

ただ、なんとなくだけど最近ファン側にも若干主導権を委ねられている感じはしますね。AKBの例なんか最たるもので、人気投票で上位の子にはtv活動とか歌わせてもらえるとか。故に自分にとって実力的に良い。何年も業界に残してあげたいと思う子が出たらファンが支援って話になってきそう。とりあえずイベントには必ず参加するとか、フラスタ出してみるとか。おっと、コレ。もうキャバクラの発想ですよね。その子を月間売り上げトップにするために、意識して欲しいから高価なプレゼント上げるとか。つまるところAKBビジネスは、まさにこの心理を上手い具合に取り入れてますものね。(秋元さんもかつてはキャバ勤務されていましたしね。)
最近の子はキャバとか行く機会も少ないし、貢ぐことも無いだろうけどアイドル・声優に対して貢いでる。まぁ形が変わっただけですな。まんまと乗せられていることは分かっているが、そんなことが容認された時代になってしまった以上、ファン側も考えて行動しないと…って感じもします。(結局、欲望系産業やその要素取り入れると売れちゃうのは・・・。)

事務所パワーっていうのもあるけど、ただ可愛いからで実力伴わなければある日を境に消えていくし、実力あっても人気がそこそこなければこりゃまた消えていく。
その子の持つ何かしらの実力がまず先とは言え、ファンの応援。この両方がなければ難しい感じも。普通に社会に出て仕事して・・・と比較したら結構な労力ですよね。普通なら、その職場の人と仲良くやるぐらいで成立するんだから。
そこは芸能人同様なんらかの一芸を持っているってことなんでしょうね。

グダグタ感ありますが、いろいろ大変な環境になりつつある業界に少し不安に感じてしまっているヲタの戯言でした。

ちなみに、タイミングよくSMAPの中居さんが番組でこんな発言したってニュース記事が。
実力だのファンだの言いましたが、ぶっちゃけ最後の決め手は、事務所パワーってことですかね。(そもそもジャニーズはイケメンの類の集団ですから、既に実力の1つは持っているからこそか)
——————————————————————
チケット売れず、客席ガラガラでも紅白出場 SMAP中居「ジャニーズって会社でかい」
http://www.j-cast.com/2013/12/07190666.html?p=all

中居さんが「下積み」時代のことを明かしたのは、「ナカイの窓」(日本テレビ系)でのことだ。
2013年11月28日の放送では、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんからの
「イベントでお客さん集まんなかったときなかったんですか」という質問をきっかけに
デビュー時のことを語り始めた。
「デパートの屋上みたいなとこで、抱き合わせみたいにアンパンマンショーの次にSMAP」
渡部さんから「それを下積みっていうんですよ」と指摘されたが、「いや全然何も思って
ないのよ。俺なんか昔はこんなことやってて苦労したねってのは、たぶんSMAPで誰も
思ってない」と笑いながら話した。

当時のことは、番組内で語られたライブのエピソードからもうかがえる。名古屋の
レインボーホール(現:日本ガイシ スポーツプラザ)でライブをした際、幕が
上がると「アリーナの半分しか埋まってない」状態だったという。
「これドッキリだと思いながら歌ってても、なかなか夏木ゆたかさんが出てこない」
ドッキリ番組と勘違いするほどの客入りが少なく、「何かのミスかなと思ったけど
単にチケットが売れなかった」。

チケットが売れなくても「それでも紅白に出てるし、環境はいいのよやっぱり。
歌番組も出れるし、大物の人とも絡めるし」と事務所の「環境の良さ」を語り
「ジャニーズって会社でかい」と強調した。
——————————————————-