劇場版アイドルマスター&リスアニ! アイマス シンデレラガールズを観に行ってきた(感想)

1/25はアイドルマスターの劇場版の公開日でもあり、リスアニ!4ではシンデレラガールズのライブの日でもありました。

幸いどちらも行くことができたので今回はその感想を。
劇場版についてはネタバレが多分に含まれますので、まだ観られていない方は見てから読んでいただくことをオススメします。

■劇場版アイドルマスター 輝きの向こう側へ!
imas_toho
観終わった時の第一声は、最高!良い出来だ!
ぶっちゃけウンチクなんて語らずとも、まず見てくれと言いたい。きっと良いなと思えるはず。

で、ウンチク。
まず製作陣が(この劇場版に限らずだけど)アイマスを大切にしようと考えてくれていて、今回もそれが伝わってくるってこと。個々のキャラクターをしっかり活かし、ポジティブなところだけでなくネガティブな部分もしっかり表現してくれて、さらに彼女達の導き出す過程もしっかり表現してくれる。尺を気にしてカットしちゃう事例もあるけどそれが無かった。(現に119分が121分と2分増えたそうで)
個人的にもう少し深く掘り下げて欲しいかったという気持ちが起こることもなく、良い感じに纏まっていて納得感がある。

また正直アイマスを知らなくて初めてこの映画見る方にはどう映るのかは判りませんが、アイマス自体がプロデューサーという立場になってアイドルプロデュースする作品であり、我々も一員という感覚にさせてくれる分、アニメ版やゲームプレーヤーしていた方なら、アイドル達を成長シーンは感傷深いものが。このあたりがあるから余計良いと思えるのかも。

さて、幹の話から枝葉(作品の場面)の話になるが、今回の中でいくつか思ったことは以下。、

・各自の成長、そして変わらないもの
アニメ終わってから半年、1年?ぐらい経った設定なんだろうけど、この過ぎた時間の間に。皆が何かしら成長という変化が。雪歩、やよいは少し自信もついて動揺さが無くなったし、伊織なんかは仲間思いであることや対抗心や恥ずかしいとツンデレな態度になる部分は相変わらずだけど、Pが・・・の直後の場面では素直な気持ちを吐露するとか、それぞれの度合いは違うけど成長という変化があるが、一方で春香の「一緒に成し遂げる」という強い思い、それを皆が尊重しようとする点などは引き続きしっかり残っていて安心も。

・ミリオンメンバーの登場。特に可奈の心情の変化。
今回からミリオンライブメンバーも出演。バックダンサーとしての役回りで先輩の姿に憧れつつ、その上手さと自分の下手さに不安を感じたり、個人プレー気味な所から紆余曲折の上、一つになっていく様は微笑ましくもあり、またアイマスメンバーの最初の頃を思い出しつつもあり、誰しも感が通る道なんだなと。
その中でも、可奈は凄く重要な役割になっていて、序盤、中盤、終盤で心情が大きく変わっていく様は、時に微笑ましく、時に手を差し伸べてあげたくなり、最後にはやったな!と嬉しくもなり・・・、我々見ている側も作品上の先輩方と同じ気持ちに・・・。正直、実はこの映画の主役はこの子なのでは?と思う時も。(無論春香さんほかメンバーが主役ではあるんだけど、そのぐらい中心的に取り上げられていた。)
きっとこの映画で可奈推しの人増えると思うな・・・・。
(※可奈の中の人である木戸さん良い役貰えましたね)

・7thライブの再現とSSAへの期待。
2年前の7thをほぼ再現。レイアウトしかり、バックダンサーも(衣装もね)。横浜アリーナーに行ったメンバーならば感傷深いものがあるかと。そして「アリーナ」つながりでは2月に迫ったSSAでのライブ。M@STERPIECEなど新曲は当然披露されるので、映画通してSSAでもこんな状況になるんだという期待も。(22日 1日目のM@STERPIECEでは美奈子の中の人(大関さん)はいないけどバックダンサーで再現して欲しいね。)

・さらりと新企画の発表も。
エンディングではやよい・響・真美によるユニット結成やエミリー・琴葉らの登場、シンデレラからも凛が登場など今後この世界が一つになっていくことを期待させてくれるシーンも。現にSSAライブでは一体となるわけですが、そろそろミリオン、シンデレラにスポットを当てたアニメ化とかあっても良いかもね。もちろん本家13人の今後も是非。 

書こうと思えばいろいろ書けるけど、一先ずここで終わり。是非観てに行って自分なりに感じてみて欲しいですね。

■リスアニ!4 アイドルマスターシンデレラガールズ ライブ
imas_lisani

今まで全員曲がお願いシンデレラしか無かったシンデレラガールズも9月のCD販売でグループ曲も増え、その披露機会を待っていたので待望。
とは言え個人曲はありえず、全員局も少ないのでセトリは予想通り下記で。

・お願いシンデレラ
・orange sapphire
・アタシポンコツアンドロイド
・Nation Blue
・ススメ☆オトメ

個人的にはススメ☆オトメはお気に入り曲なので、これが聴けたことは嬉しい限り。てっきり10月のマチアソビで披露と睨んでいたものの残念ながら実現ならずで、今後SSA、4月には単独ライブ(そしてきっと5月のマチアソビでもあると睨んでいる)と聞ける機会はあるけど、一番早く聞きたいと思いがあり、これのためだけに来たといっても良いぐらい。細かな感想抜きにして聴けて満足。
アイマス民ばかりではなかったせいか、ちょっとサイリウム振りがおかしかった場面があったことや、場所的に直接ガールズを視認することは出来なかったので表情等見られなかったのが残念だけど。

基本グループ曲はリーダーが目立つ感じはあったけど、中でも飯屋さんの存在感は個人的には強く残っている感じ。ゆきんこさん、ちきさんは凄く声援多かったですね。愛されているな・・・と。

【基地局巡り】au 電柱設置 & ビル設置型

3GやLTEだけですべてのトラフィックをカバーするのは大変故
各社WIFIスポットを整備中だが、従来の飲食店内への設置に加え
ここ1-2年で電柱や建物に設置するような事例も。

auwifi_dencyu_okachimachi
※御徒町ラーメン横丁近くにある電柱設置タイプ。
ぱっと見、筐体のサイズがアステルPHS 20mWタイプの残骸か?と思うけど、アンテナは異なるのと、筐体にKDDIロゴも。

  
auwifi_bill_sotokanda5
こちらは、外神田5丁目で見つけたビルの屋上に設置されたau。
こちらはもう一つ余分にアンテナがついていますが、以前の展示会で出展
されていた機器を見ると、上位回線(wimax)の関係なのかと。
http://gigazine.net/news/20111006_au_wifi_spot_ceatec_japan_2011/

【基地局巡り】ソフトバンク 東京ビックサイト局(鉄塔)

12/31にコミケに行った際に西ホール、東ホールの間に鉄塔設置を確認。近づいてみたらソフトバンクの基地局でした。
(Willcom、WCP、イーモバも併設している模様)

まだフェンス設置ができていないいないものの電力メーターは稼動していたので、コミケ開催中から稼動はしていた模様。これで少しは繋がりやすくなりますかね?

DSC_0017

DSC_0022

【蒙古タンメン中毒日記】御徒町店で蒙古卵麺

先週末に食べたばかりですが、また行くことに。
(残業で23時近くまで仕事しちゃって、この時間で食べるとなるとラーメン屋か松屋などのチェーン店ぐらいしか選択肢が無くなるので・・・・。好きではありますけどいささかやむ終えずな麺も)

BeG3hPJCAAABd1h

今回は御徒町店で蒙古卵麺、野菜大盛。
御徒町は年末の食べ納め以来(実質2週間)>

北極3倍ほど辛くしたくない時によく注文する品。(1倍で喰えよはナシです。
辛いものは極限に辛くしないと満足できず、逆に欲求不満になるのです。)
野菜と言っても卵麺は北極同様もやししか野菜が無いので、これが大盛りになるだけ。大盛りと言っても二郎のようなドカ盛りにもならないけど、それなりのボリュームにはなるのでお腹一杯に。

【基地局巡り(再掲)】ドコモ 花モチーフなソーラー基地局 CV館山伊戸

もともとPHS携帯研究所(www.pkml.com)にて公開していた基地局集も
諸般の事情で一旦店じまいしたのだが、久しぶりに活動復活することに
一先ずは当時珍しいとされていた基地局の写真を再掲することに。

今回は館山市に建設したドコモのソーラー基地局。館山伊戸局。
ここは花をイメージされる塗装にした風力・太陽光発電設備をつけた基地局。
開局した当時はMovaだったはずだが、もうあれから結構経つので現在は
FOMAやxiの基地局になっているんでしょうね。

docomo_tateyamaito

docomo_tateyamaito2

【蒙古タンメン中毒日記】高田馬場店 今年最初は北極やさいと単品麻婆

moukotanmennakamoto140112

本年初の蒙古タンメン中本へ。
年始故に辛めで攻めたいと思い、北極やさい(やさい増、辛さ3倍)、単品麻婆を注文
でもよくよく考えれば年末も同じ注文を・・・・。
とは言え北極の辛さ(でも味もしっかりある)に、蒙古タンメンの野菜を盛られ、甘みも体験できたりとなかなか良いとこ取りで美味しいのですよ。

さて今年は何回食いに行くのだろうか。
例年真面目にカウントしたことは無かったのですが、今年はあえてカウントしてみましょうかね。

デルタの機内WIFI(GOGO inFlight)を利用してみた

飛行機の中でもインターネットができる・・・・。
国内線はまだしも中距離以上の国際線でいつでも使えたら結構ありがたいのだが、実際のところ最近JALやANAが一部の長距離路線で導入し始めたばかりとあまり整備はされておらず・・・・。

今回CESに行くためデルタ航空を利用したのだが、アメリカ国内に限定されるものの衛星インターネットを導入していることから試してみることに。

■エリアであっても接続できるとはわからない不安定な環境
 
 デルタ航空のホームページを見るとエリアはアメリカ本土・アラスカという話だったので、まずは行きの便でアラスカ沖から接続を試みるものの全く接続ができず。具体的にはまず機内自体wifiを吹いているのでクライアント端末からはアクセスポイントを認識、接続できるのだが、ブラウザを起動すると本来認証ページに行くはずが、下記のエラーメッセージが表示され接続がでない。

gogo_error

 つまり、機内APから先。WAN側の接続が確立できていないことが原因なのだが、この状態がアラスカ沖だけでなくアメリカ西海岸~ラスベガスまで接続ができず。飛行高度は常時30000フィート台なので問題ないはずなのだが・・・。結局、行きは全く接続することが出来なかった。
で、到着後改めてエリアを調べてみたのだが、デルタ航空と提供事業者であるGOGO社でエリアが違っていてアラスカ沖はエリア外が判明。

delta_gogo
 ※デルタ航空の提供エリア
gogoinflight
 ※GOGO社の提供エリア

 アラスカ沖は誤植としてもアメリカ本土で接続できなかったのは気になるところだが、衛星測位・セッション確立などでうまく行かないことが多々あるようで不安定さを感じざる得ない面も。一先ず繋がればラッキー程度で見ておくべきなのかも。
 
■帰りの便で無事接続。やれることはいろいろあるが、制約も。

 行きが全く使用できなかったので帰りの便では絶対接続させたいと思い、事前に簡単ログイン可能なアプリをダウンロードしてみたりと事前準備を行った上で搭乗。
 搭乗開始が出発50分前と早めだったため優先搭乗後にWIFIを有効にしてみると機内WIFIの波が見つかり、試しに接続しみたが行き同様のエラーが。当然10000フィート(上空3キロ)以上でないと接続できないので、このエラー表示は正常。とは言えサービス提供できない状態では機内WIFIの波も落ちると言ったことはしていないようだ。(オンオフするのが面倒か。)

離陸後10000フィートまで上昇を確認した後、再度チャレンジしてみたところ無事接続することが可能。

※事前にダウンロードしたアプリでログインしようとしたが反応が悪く、普通にブラウザ起動したら認証ページ表示できたので、事前の作業はあまり意味が無かったようだ・・・。

gogo_success

 晴れて、無事接続出来たので早速いろいろ試してみることに。あまり利用者が多くないタイミングでスピードテストを実施してみたところ、下り1.3Mbps 上り0.3Mbps。
PINGは思いのほか早いことに驚いたもののやはり衛星インターネット故、あまり速度が出ない。勿論スピードテストのテストサーバーまでのルートなど速度が落ちる要素はいろいろあるので一例に過ぎないし、そもそも繋がらないよりはマシなんだけども沢山のユーザーが利用したり、それこそ誰かが専有するような状況になるともっと速度低下する可能性も。

dl591_gogo_speedtest0110

 次に、サービスの使い勝手という点で、Twitter、Facebookなどのソーシャル。Webブラウジング
そしてYoutube、ニコニコ動画の視聴も試みてみることに。
結果はブラウザやソーシャル系はどれも問題なく利用可能。但し動画は先程の速度があまり出ないことが影響してバッファを食いつぶし途切れてしまうケースが多々。また、ニコニコ生放送についても試して見たのだが、今回試したのがアイマス ミリオンラジオだったからかもしれないけど、そもそもアメリカが視聴対象外となるようiP制限等しているようで視聴できず。

やはり繋がるとは言え、利用に適する・不向きは存在すると見ておくべき。

ちなみに、前述したエリアだがgogoの告知通りで帰りの便でも西海岸の沿岸に出たら接続できなくなり、以後アラスカ等でも接続はできず。(今回1.5~2時間ぐらい使えた感じ)
 ※余談。成田到着後、入国ゲートに向け歩いていたところ同じ便に乗っていた人が機内wifi接続できると案内されたけど試してみたが繋がらなかったよ。とぼやいていた。試したタイミングとかは不明だけど、もしエリア内でダメだったとしたら、ひょっとしたらアクセスポイントと端末の相性とか癖もあるのかもね。

■値段を考えると就航路線によってはメリットが無い。利用権購入は利用時に!

ちなみに、この機内wifiサービスは残念ながら無料とはいかず、有料。
料金プランは24時間利用可能なプラン14ドル、1ヶ月など複数ある。
とは言え、大半の人は24時間プランを選ぶと思うのだが、前述の対象エリアもあるのでNYなど東海岸、ダラスやミネアポリスなど大陸の中間地の便に搭乗するならば数時間は利用できるはずなので利用価値があるものの、サンフランシスコやロサンゼルスなど西海岸に飛ぶ場合なら、ほとんど利用できないと思ったほうが良いかも。(24時間以内であれば複数便でも利用可能なので直行である必要はなし)

それと、利用権自体は1年間有効。しかしエリア外で利用できないからと言って払い戻しは出なさそうなので、事前に利用権を買うよりは当日、問題なく接続できることを確認してからの購入がオススメ。14ドルとは言え損するのは嫌ですからね。

一先ず今回の試した結果を纏めてみたが、機内でネット接続できることに嬉しさも感じる一方で不安定さもあるので絶対利用できるという期待を持つとゲンナリするかも。とりあえず使えればラッキーで、使えた時は機内エンタメや自身の音楽プレーヤー、読書以外の暇つぶしツールが増える程度と見ておくべき。
とは言え、はやく品質精度高めて安定的に使用できるようにして欲しいし、エリアも拡大していつでも何処でも使えるようにして欲しいですね。

ラスベガスでセリーヌディオンのコンサートに行ってみた

ラスベガスと言えばカジノが有名だが、ショービジネスも有名で、あちこちのホテルでコンサートやショーがたくさん開催されている。中にはホテルがアーティストとコンサートの長期契約を交わし、ロングラン公演をしているケースも。

セリーヌディオンも長期契約している一人であり、渡航前から滞在中タイミングよくコンサートがCaesars Palaceで開催されることが知り、仕事が長引かなければ行ってみようと考えていたのだが、幸い無事予定通り仕事が終わったので行ってみる事に。

celine_las140108

ちなみに、費用は3階席の113ドルが最安で、2階席、1階席と階が下がるごとに値段もアップ。1日1公演らしくスタートは19時30分から。
別のイベントでは21時台、24時台とかあるけど、そこはコンサート故仕方ないか。
ちなみに、ネットで検索すると予約代行サイトが出てきますが、ほとんどが手数料を取られてしまうので余程混雑しそうな状況でなければ、直接会場のチケット売り場で購入するほうがオトク。

celine_las140108_stage
※今回購入したのは3階席。開演中は写真撮影不可なので開演前を写真に収めたが3階席でも決して見えにくいということは無い。

ライブは2時間で、今回は2013年にリリースしたアルバム「Loved Me Back to Life」の楽曲とセリーヌの代表曲+αで約15~18曲程度を披露。

曲順は順不同だが、少なくとも以下の楽曲を披露。
 (アルバムLoved Me Back to Lifeからより)
 ・Loved Me Back to Life
 ・Overjoyed
・Thankful
・At Seventeen
・Lullabye
・Open Arms
(過去の有名曲)
 ・The Power of Love
・It’s All Coming Back To Me Now
・I drove All Night
・Because You Loved Me
 ・All By Myself
・River Deep, Mountains High
・My Heart Will Go On

セリーヌの曲を聴くことは多々あってもライブは初だったので、いざ聴くとその歌唱力も凄いけど、エンターテイメント性も存分に散りばめられた演出にも凄いと思うものばかり。最後のMy Heart Will Go Onでは一番良いところで雨降らせてしまいその中で熱唱なんて演出も。あっと言う間の2時間だったし、個人的にはかなり感動。

次回もベガスに行く機会があればまたコンサートに行ってみたいところ。
セリーヌがお休み中の時にロッドスチュワートが代役を務めるという話だったので個人的にはお気に入りのアーティストさんなので、これも見に行きたいところ。

いっそプリンスやボビーコールドウェルもベガス公演してくれないかね・・

【スカイチーム搭乗録】CES2014に行くためデルタ航空でラスベガスへ

毎年アメリカ ラスベガスで開催される家電展示会CESに仕事で行くことになり、当初はJALで行くつもりだったが日程的にラスベガスの滞在時間が少なくなってしまうため、別便で再検討していたところにデルタ航空がCES開催にあわせて臨時直行便を運航することが判明。
現在はラスベガスに直行する便がないため、ロスなどを経由していくしかないためこれだけでもありがたいのだが、しかも半日早く出発ですることでラスベガス滞在時間が2日→3日と1日伸ばせることから、これに変更することに。

せっかくスカイチームに搭乗することになったので、デルタ スカイマイル アメックスゴールドにも契約。これによりスカイチームも上級会員に。

さて搭乗録を。

【1】1/7 成田→ラスベガス デルタ航空DL590便
 DL590_0107

機材:B767-300ER N199DN
NRT 15:29 Spot:18 R/W:16R
LAS 09:03 Spot:E1 R/W:25L
コメント:
飛行時間約10時間。アラスカ沖からしばらく揺れが続く。もともとは14時30分発だったが、2-3週間前に1時間遅らせ15時30分発に変更。とは言え時差の関係で到着は、出発時間変更前の時の到着時間と変わらない同日朝8時20分(日本時間では24時)。定刻より40分も早着したが入管が営業時間前のため、搭乗ゲートではなく一旦駐機場で40分待機。9時の開始にあわせて駐機場からゲートへ移動。
 ※もし時間変更前の時間で飛んでいたら、約2時間空港待機する羽目に。

デルタはGOGO INFLIGHTによる機内WiFiが搭載されており、これを利用すべく事前に24時間パスを購入しておいたが、実際のところ到着まで一切利用することはできず。具体的には機内のWIFIは問題なく吹いていて接続もできるのだが、その先。すなわち機内に搭載された親機-衛星-ネットの接続がしっかり出来ていないためめか、認証ページにログインすることができず。デルタのホームページでは使用可能エリアは、アラスカ沖を含むアメリカ国内という話だったが、実際はアラスカは難しくアメリカ本土内ぐらいに限られるようだ。

DL590_Economycomfort
 今回の席はエコノミーコンフォート。JALやANAで言うプレミアムエコノミーと同等で、エコノミー席よりもレッグルームが最大 4 インチ広いなどの差がある。正直足含む膝周りにゆとりがあるだけで座席幅が広くなるわけではないものの無いよりはマシって感じだろうか。

 ちなみにこの席、運賃クラスがBやMならば無料で指定ができるが、そうでなくてもスカイマイル アメックスゴールド契約者ならば無料アップが可能。

【2】1/10 ラスベガス→成田 デルタ航空DL591便
dl591_140110

 機材:B767-300ER ※機材番号確認できず。
 LAS 12:05 Spot:D20 R/W:25R
 NRT 17:14 +1日 Spot:26 R/W:34L
 コメント 
 飛行時間11時間50分。前日時点で飛行時間が延びるため到着1時間遅延と案内されたが実際は20分程度の遅延で到着。行き同様帰りの席もエコノミーコンフォートだったので足回りはゆったり。しかし12時間。半日あの狭い席にいないといけないのはシンドイ。。
さらに、行きも帰りもなぜか搭乗開始が出発の50分前と国内系航空会社の30分前よりも時間が長めに。国際線は小型のキャリーバックを機内持ち込みする人が多く、荷物置場が一杯になるため早めに搭乗する必要があるため、さらに機内にいる時間が長くなることに・・・・。トホホです。

行きでは全く使用ができなかった機内WIFIが、この便では無事使用することが可能に。しかしエリアは前述の通りアメリカ本土内に限られ、西海岸沿岸以降は繋がらない状態に。
速度等については別途。

dl590_eat1
 ※機内食。行きも帰りも2回。1食目は出発1時間後ぐらいに食事。2食目は到着1時間半前に軽食が。

las
 ※ラスベガス空港内にあちこちスロットマシンがあるとは聴いていたが、マジで到着の手荷物受取や出発ロビー、ゲート前などにスロットマシンが。とは言え到着時のターミナル3(国際線用)には無かったので、何処にでもあるわけではなさそう。