アイドルマスターシンデレラガールズ × 東急ハンズとのコラボ企画 “東急ハンズの舞踏会” 12/26フロアガール追加分を見るべく再度渋谷東急ハンズに行ってきた(POPまとめ)

11月下旬からスタートしたシンデレラガールズと東急ハンズとのコラボ企画「東急ハンズの舞踏会」
アイドルたちによる商品紹介がスタート。ライブも終わった翌週には中の人による商品紹介と続いてきた。てっきり12月中旬ごろには第三弾投入とにらんでいたのだけど、その後音沙汰なし。もう終わりかな?と思ったら企画終了1週間前に突如第三弾企画投入の告知が。

ということで、第一弾のアイドルたちの商品紹介に加え、さらにアイドル22人による商品紹介と、キャンペーンアイドルによる揃えておきたいプロデューサーの7つ道具紹介も追加したということで、ここまで来たらと再度行ってみることにした。

※ 今回の追加分より前にスタートしているアイドルたちのPOPと中の人による商品紹介は別記事で纏めていますのであわせてご確認ください。

【過去記事】アイドルマスターシンデレラガールズ × 東急ハンズ コラボ企画 “東急ハンズの舞踏会” 声優さんの商品紹介POPを見に行ってきた
【過去記事】アイドルマスターシンデレラガールズ × 東急ハンズとのコラボ企画 “東急ハンズの舞踏会”を見るべく渋谷東急ハンズに行ってきた(POPまとめ)

それでは新たに追加されたアイドルから。

■追加アイドル22人のPOP

tokyuhandsshibuya_1226addgirls
B2C 鷹富士茄子
※先日までイブサンタクロースが居ましたが入れ替わり。

tokyuhandsshibuya_1226addgirls2
B1C 原田美世

tokyuhandsshibuya_1226addgirls3
1B 喜多見柚

tokyuhandsshibuya_1226addgirls4
1B 市原仁奈

tokyuhandsshibuya_1226addgirls5
1C 今井加奈

tokyuhandsshibuya_1226addgirls6
2A 五十嵐響子

tokyuhandsshibuya_1226addgirls7
2C 大槻唯

tokyuhandsshibuya_1226addgirls8
2C 三船美優

tokyuhandsshibuya_1226addgirls9
3A 木場真奈美

tokyuhandsshibuya_1226addgirls10
3A 中野有香

tokyuhandsshibuya_1226addgirls11
3C 乙倉悠貴

tokyuhandsshibuya_1226addgirls12
3C 柊志乃

tokyuhandsshibuya_1226addgirls13
4C 十時愛梨

tokyuhandsshibuya_1226addgirls14
4C クラリス

tokyuhandsshibuya_1226addgirls15
5C 成宮由愛

tokyuhandsshibuya_1226addgirls16
6A 橘ありす

tokyuhandsshibuya_1226addgirls17
6A 兵藤レナ

tokyuhandsshibuya_1226addgirls18
6A 白坂小梅

tokyuhandsshibuya_1226addgirls19
6A 日下部若葉

tokyuhandsshibuya_1226addgirls20
6C 水木聖來

tokyuhandsshibuya_1226addgirls21
6C 佐城雪美

tokyuhandsshibuya_1226addgirls22
7A 櫻井桃華

以上22人のPOPでした。
既に第一段・第二弾をこなしてきているせいか凄く簡単に捜索ができました。土曜日、イベントとイベントの合間に正味1時間程度の滞在時間で22人のうち7~8割を見つけられましたので、複数回捜索した人ならば難なくできるはず。ちなみに冒頭にも貼り付けたハンズさんの呟きにある追加アイドル一覧。あのアイドル掲載順位はフロア毎に纏まっています。なのであれをメモ帳とかにコピーして見つけた順にチェック等していくと、仮に1人でもズレが出たらその間で見落としたってことも判るので、より見つけやすいかも。

次いで、キャンペーンアイドルによる揃えておきたいプロデューサーの7つ道具紹介POPへ

■揃えておきたいプロデューサーの7つ道具

producer_SevenTools1
1つ目は、名刺入れ。1Bにて奈緒が紹介

producer_SevenTools2
二つ目は、ボールペン。1Cにて凛が紹介

producer_SevenTools3
三つ目は手帳。2Aにて加蓮が紹介

producer_SevenTools4
四つ目はハンカチ。3Aにて加蓮が紹介

producer_SevenTools5
五つ目は洋服ブラシ。4Aにて加蓮が紹介

producer_SevenTools6
六つ目は、鞄。5Aにて凛が紹介

producer_SevenTools7
七つ目は時計。5Bにて奈緒が紹介

どれもプロデューサーというよりビジネスマンなら必要なものばかりですね。最後の時計あたりはケータイ普及以降は代用されてしまって必須とは言えない状況ですが・・・・。

この7つ道具POP探しは見ていただいても判るとおり、ご丁寧にPOPに次どこのフロア行けば良いかが書いてありますし、そのフロアでビジネスマンの必需品と考えれば簡単にたどり着けると思います。

以上が12/26から追加された新しいPOPでした。

第一段のアイドルPOPと第二弾の中の人による商品紹介はイヴサンタクロースを除けば未だ健在ですので、これから初めて見られる方は120個近くPOPを探すことに・・・・。結構ハードでしょうけど見応えはあるのでぜひチャレンジしてみてください。でもコミケ帰りだと相当体力消耗しそうなので覚悟して欲しいのと、間違いなく時間はかかりますので余裕をもってご来店ください。

【最後に】
もうハンズの舞踏会企画はこれで終了だと思いますが、十分楽しませてもらいました。そして気が付けばいろいろとモノも買ってしまっていたり・・・・。来店数と売上に対してコラボ費用を天秤にかけた時の費用対効果がハンズさんにとって満足行くものであったかは?判りませんが、またなんかやっていただきたいですね。
是非とも、(勝手な憶測でしかありませんが)数年後にアニメ化されるであろうとミリオンライブでもコラボ化していただけると大変うれしいです。

電波教師 YDスペシャルイベント ~冬季特別講習~ イベント感想

画像

2015年春アニメとして放映されたアニメ「電波教師」
やりたいことしかできない病な先生と、それぞれに悩みを抱え立ち止まっている学生が先生の特別授業によって一歩踏み出していくという、昔のドラマでもよくあったジャンル(学生に熱心な熱血系先生的が奮闘する系)の2次元版っていうところだろうか。(違う点は、体育会系な先生に対して文化系。しかも重度なヲタと現代に適したキャラ設定いうところか。)

個人的には、もはや週刊マンガ等を読むこともしなくなったので、応援させてもらっている声優さんが出演しているきっかけでアニメから入ったけど、ある意味安心できるストーリーだし(週刊マンガらしく)要所要所にギャグも散りばめられて面白く見させてもらった。で、2クールやって2015年9月には終わってしまった訳だけど、今回初のイベント開催ということで行ってみることにした。

ということで、今回は電波教師イベントの感想をまとめたいと思う。

■ 盛りだくさんのイベント
イベントの中身は大きく以下。学園系作品ですし、冬季特別講習とタイトル付したぐらいですから、コーナー毎に1時限目・2時限目と付けられていた。

・作品振り返り
 キャストによる一番の見どころ
・東先生へのインタービュー
・イラスト勝負
 純音役の松井さんによる温泉回のワンシーンを描いてほしいというお題によるイラスト対決
・ライブパート
 トライセイル、スフィアによる主題歌披露
・クイズパート
 実在する変わった学校校則を当てるクイズ 
・朗読劇
 いろいろと問題がある内容で書けないなので割愛。

所要時間としては2時間半と思っていたより長かったのと、今回MCとしてニッポン放送吉田氏が担当ということで、キャストの方々の発言をいろいろ拾ってくださったおかげで、それぞれのコーナーで裏話等も聴けてなかなか面白かった。

ということで、各コーナーで面白かったことをまとめ。

■作品振り返り
・神谷さんの収録時ぼっち発言。
 ほとんど女性キャストさんしかいなかったので主役を担当された神谷さんはさぞ両手に花状態と思いきゃ、実際は自分の周りに女性キャストさんが来なかったと吐露。天さんは1話目の時は隣に座ってくれたけど・・・。ころあずも(ご本人の人見知りな性格もあって)挨拶以外したことなく、このイベントで初めて・・・などそれを裏付ける結果に。

・(神谷さんから見て)雨宮天さんは変わった子。そして本人による闇発言
 神谷さん曰く綺麗だし、アーティストさんだけど変わった子と発言。その理由としては一例として、アーティストだから音にこだわるっていると思ったら付属品のイヤフォンを使っていたこと。さらにインナーイヤー型イヤフォンにはよく付属しているパットも使っていたことに不思議だったようで収録時に理由を聞いたら「音聞こえますよ」と言われ、そこじゃないだろう!と思ったことを吐露。また本人も受験時使っていた片耳イヤフォンを長年使っていたなど無頓着さを裏付ける発言も。
(インナーイヤー型はだんだん減ってますけど、確かに音質としてはカナルとかの方が良いのですが、個人的には耳に負担がかかるのと、移動中とかに聴くとなると密閉すきるのも考えものなのですよね。最近減りつつありますがインナーイヤーで1万円台の製品を使っていたり。)

 また、作品振り返りでは天さんはご担当された美奈子に触れた1話を取り上げていましたが、先生の行動に対してこんな先生だったら私ももう少し学校に行っていたなぁ・・・といかにもあまり学校に行っていなかったような発言を展開。さすがに深く聞くことはしなかったが発言がホントだったら、いろいろあったのかな?と思ってしまうほど。

■東先生へのインタビュー
 事前に出演されることは発表されていなかったのでサプライズゲストとして登場。ただステージ出てきた姿は全身タイツ。一般的に原作者がステージ来るときって結構きちんとしていることが多いですが、さすがに今回の登場にどこの芸人だよ!と言いたくなるほど脱帽。なんでも東先生は元劇団ひまわり出身という異色な芸歴をお持ちのようで、そのあたりも影響していた模様。で、そんな全員タイツで登場だけでも十分なネタなんだけど、裏話としてアフレコに結構いらっしゃってたようでその度にドーナツの差し入れがあったようだが、毎回東先生の住む地元で買ってきたものと言ってたようだが、いつの日かころあずがアフレコ現場近くでドーナツを買う東先生を目撃してしまい、その日のアフレコ現場でも「地元で買ってきた」と言ってたことから東先生を嘘つきな人認定していたことを暴露。なかなか面白い展開に発展。結局もともとのコーナー趣旨は、東先生に作品に対するお話を聞く予定だったけどタイツネタとドーナツネタで、肝心な話に進むことなく終わってしまうことに・・・。

■イラスト勝負の勝者の絵はトップレス
 純音役の松井さんは今回ビデオレターでのご出演となったが、作品に携わったものの一つ心残りなこととして温泉回が無かったことを吐露。ということで、純音の温泉回があったとしたらどんな回?とそれを連想すする絵をステージにするキャストさんに描いてもらい、勝った絵を東先生に後日書くというお話に。
神谷さん、三森さん、田所さんらが一生懸命書いている間に、東先生は純一郎と純音のイラストを描き上げ、芸人のような感じだけどやっぱり原作者なんだな・・・と感心。で、出てきたイラストだが、一番まともだったのが三森さんの書いたラーメンの汁に浸かる純音。(トップレス)

結局これを東先生が後日書いてホームページで公開することに・・・・。

■クイズパート
 実在する変わった学校校則を当てるクイズを、電波教師チーム(東先生、神谷さん、三森さん、田所さん)、トライセイルチーム、スフィアチームの3チームで戦うことに。この校則クイズがなかなかに面白かった。クイズで出てきた問題としていろいろあったが、記憶に残っているものとしては以下。

・近畿圏の学校にあるバレンタインに関する校則。
 ”バレンタインのチョコには毒が入ってるかもしれないから食べちゃダメ”
・どこの地域は失念したが、学校にマンガ持参することを禁じた校則
 ”学校に漫画持ってきちゃダメだが、先生に貸す場合は持参可”
・服装違反に関する罰則だけど・・・・
 ”服装違反したら半年間教頭と交換日記”
・地域の人にちゃんと挨拶しましょうとか学校外での行動について記した校則なんだけど・・・・
 ”金持ち、それらしい人には礼儀正しく学校の品位下げるな”
・授業中に笑ってはいけないという校則なんだけど・・・・
 ”授業中、笑ってはいけないけど大声で笑い場合は良し” (うろ覚え)

いやー、嘘のようで本当に実在している校則に終始笑いだったが、それ以上にそのクイズに答える各チームの行動もまた楽しいものばかり。特にミュージックレイン所属であるトライセイル、スフィア両チームがなかなか面白く、回答内容がほぼ同じだったり、暴走する子と止める子がいたりと、行動と思考が似ているなぁ・・・と。その中でもスフィアは4人揃っておふざけに走っていったけど、トライセイルはもちょ、天の二人が暴走。ナンスが冷めた状態で見ていて途中からはもちょ・天の回答とナンスの回答と2つ回答することに。
あとは、もちょの爆弾発言ですかね。確か”授業中、笑ってはいけないけど大声で笑い場合は良し” の問題の時だったけど、回答に「愛想笑い」と書いたトライセイルチーム。その際もちょが「例えばこの現場でも・・・」と、私いつも愛想笑いしているんですと言わんばかりのような発言をしたのが印象的。いつもの言葉の使い方間違って・・・なんで気にする必要もないですが、神谷さん推しの女子が多く来られていたので、トライセイル知らない人には結構悪いイメージを取られていないだろうか?と気になってしまった。

■朗読劇
 東先生自ら作ったものなんですが、映像化されないことをいいことに色々アタリが生じてしまうようなワード等が散りばめられていたのが印象的。大晦日活躍される某キャストさんがいらっしゃるので、某作品ネタをぶっこんでキャストにしゃべらせるとか・・・。なかなか楽しかったですよ。

と、こんな感じ。
結構楽しめました。

個人的には、応援している田所あずささんが東先生嘘つきネタをしゃべったり、その後行動・発言等で笑いを誘い、良いポジションを気づけていたので良かったかなと。MCが吉田さんだったことで吉田さんが地味に田所あずさの人柄等をさらりとアピールしていたので、ころあずをあまり知らない人にも関心を持ってもらえるのではないかな?と思う。(ただ少し頼りすぎかな・・・という部分もありましたけどもね)

ともあれ、楽しいひと時でした。

さて電波教師は今後どうなるのだろうか。
原作は淡々と進んでいますけど、映像化はあるとしたら単行本とセットでOVAか?。
再び映像で見てみたいものです

TrySail TRYangle harmony FES イベント感想

画像

声優さんによるラジオ番組はAM・FM・ネット放送等でたくさん展開されていて、当然のことながら追っかけることは不可能な訳ですが、そんな中でもしっかり聞き続けているラジオ番組がTrySail TRYangle harmony。(あとはモモノキファイブ、田所あずさのANNM、アニアモ、洲崎西。あとは適宜アイマス系ラジオか・・・って結構聴いてるなぁ。)

トラハモはトライセイル3人組の個々の性格が反映されたトークが面白くて、ラジオ番組イベントとしては初回から皆勤状態が続いているほどお気に入りの番組の一つだったりする。
で、今回ラジオ番組イベントが開催されるということで昼夜共に行ってくることにした

melparukuhool
※会場は浜松町・芝公園の間にあるメルパルクホール。

と言うことで、今回はトラハモフェスのイベント参加した感想を纏めてみようと思う。

■構成はいつも通り

イベントの中身は以下。

・公開録音(昼は12/29放送分、夜は1/5放送分)
 ・ナンスの白黒つけましょう
 ・もちょの名言めもちょ
・会場限定お楽しみパート
 ファンディスクで試みた新企画を会場でやってみる
 昼: もちょのやみーレストラン、新訳トラハモ辞典
 夜: 夏川椎菜の可能性、ドヤ宮天の挑戦状
・ライブ
  新曲whizの披露

トラハモイベントとしてはもうお馴染みのラジオ公録、限定パート、ライブの3部構成なんだけど、トライセイルとしてライブ活動をすることになったのでトラハモでのライブパートは縮小に。よってイベントの所要時間も以前は2時間ちょっとだったのでほぼ1時間半に短縮。ミューレ所属推しのファンの人には1イベントの濃さよりイベント回数なのかもしれないけど、今までが濃かった分若干残念感も。

さて個々の感想なんですが、ラジオ公録パートについてはどちらも放送前なので感想は割愛。一つ言えることは、もちょはやっぱりもちょだったってことか。

あとは限定パートの感想だが、こちらは二つ。一つは、もちょのやみーレストランがなかなか面白かったのと、二つ目はドヤ宮天の挑戦状は天さんのドS属性が炸裂して笑えたなぁ・・・と。

やみーレストランは、もちょ(麻倉ももさん)が食べたいと思う食事が数品出され、その中から食べたいと思ったものを天さん、ナンスに当てられず済んだら見事食べられる企画。ファンディスクで出てきた高級フルーツ、チョコレート、プリンという選択肢の中で、(答え合わせまで我々も知らないけど)もちょが選んだのはプリン。それぞれの質問をうまく乗り切り見事当てられずに済みプリンをゲット。と文字で書くと、もちょ冴えている!と見えるが実際は天さんに早々に見抜かれていて、でも天さんとナンスとの協議でナンスがどうしても自分達がフルーツを食べたいという理由から天さんがしぶしぶナンスの意見に合わせフルーツと回答をした結果のこと。とは言え結果は結果。無事ゲットし美味しそうに食べる”もちょ”とひたすら謝るナンスとご不満な天さんが印象的。(以降、ナンスは低姿勢モードに)

ドヤ宮天の挑戦状は、なぞなぞが出題されて一番先に正解したらドヤドヤタイムが与えられる企画。ファンディスクでも天さんのドヤトークが凄すぎたが、実際の今回も正解したドヤ宮さんのドヤトークは強烈すぎた・・・。まぁもはや素なんでしょうけど本当にドSな方なんだな・・・と。あとは複数回の出題で相変わらず”もちょ”は答えられず置いてけぼりを食らっていて、ほぼ天VSナンスの戦いになってしまっていたのが印象的。

どちらも面白かったけど、前者はコストアップするしラジオで登場商品に触れるのもやりにくそう。後者はほぼ無理かな。今だってそれっぽい場面はあるけど、あのドヤトークは結構キツイトークも含まれていたから、あまり経緯知らない方だと性格悪い人が電波に乗せてわーわーしゃべっていると捉えられても仕方ない部分も。無尽蔵に増える業界でポジション作る観点では悪くもないけど少々リスクもありそう、事務所・本人共に評価を許容できないならば面白いけど辞めた方が良いかもしれないね。

と、こんな感じ。
イベントとしては十分楽しめましたから次回も是非ですが、新企画については楽しかったけど先々考えるとうーん・・・という感じがしたイベントでした。

最後に、これはこのイベントに限らずなんだけど、最近度々思うのがナンスが少し浮いてるような・・・・。正しくは他人との距離がありすぎるような・・・・
(ミリオンのニコ生でもそうだったし、今回のイベントもたまにそんな場面も)
まぁ単なる気のせいかもしれませんが・・・・

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ 山手線内 大型広告を見に行ってみた(12/11以降)

画像

11月は記念すべき3rdライブの開催ということもあってか、東京駅京葉線連絡通路の広告ジャックを皮切りに、デレステの大型広告や東急ハンズとのコラボ等が行われてきたが、引き続き12月も東急ハンズのコラボと、デレステの大型広告は継続していたのだが、12/11頃からデレステの大型広告の掲載物が変更に。

またもや山手線の各駅に、駅ごとに異なる広告掲載となったことから行ってみることにした。

※以下。12/11以降掲載中の新しいデレステ広告。(駅は順不同)

chieri_harajuku
※原宿駅 緒方智絵里

frederika_ebisu
※恵比寿駅 宮本フレデリカ

fumika_kanda
※神田駅 鷺沢文香

kanako_tabata
※田端駅 三村かな子

miho_mejiro
※目白駅 小日向美穂

miku_tamachi
※田町駅 前川みく

minami_oosaki
※大崎駅 新田美波

anasutashia_oosaki
※大崎駅 アナスタシア

mio_ikebukuro
※池袋駅 本田未央

miria_ueno
※上野駅 赤城みりあ

nana_sugamo
※巣鴨 安部菜々

ranko_akiba
※秋葉原駅 神崎蘭子

airi_akiba
※秋葉原駅 十時愛梨

rika_mika_shinjuku
※新宿駅 城ケ崎美嘉、莉嘉

rin_shibuyasta
※渋谷駅 渋谷凛

rina_takadanobaba
※高田馬場駅 多田李衣菜

uzuki_shinagawa
※品川駅 島村卯月

anzu_kirari_tokyo
※東京駅 双葉杏、諸星きらり

kaede_shinbashi
※新橋駅 高垣楓

以上19人。
今回は掲載されているカードと広告掲載駅との関連性も一部ですができています。たとえば”みりあ”の場合カード絵柄を踏まえ動物園がある上野駅が選ばれ、”楓”さんはオヤジギャグとお酒好きということでオヤジの街”新橋駅”に掲載。”蘭子”は中二病ということで秋葉原、”文香”は読書好きということで本当ならば神保町とかが適切だけど山手線での最寄駅となる神田駅に。”智絵里”はクローバー集めという点から広い公園がある原宿に(その代わりゲーム上では原宿のボスだった”みく”は田町に)など、ちゃんと考えられていますので、見学される際にはその駅との関連性についても考察してみると楽しめるかも。

なお山手線内だけとはいえ、一通り見るには効率良くやってもなんやかんや2時間程度掛かります。特に掲載位置は車両の前方後方等バラバラですし、前回のアイドルマスターシンデレラガールズ Shine!!発売告知の展開ではホーム上の小型看板に展開に対して今回は、ホームの反対側の大型広告になるので列車が居ないタイミングに限られます。特に新宿駅(埼京線)に至っては新宿始発列車が停車中だと最大10-15分程度待機する羽目になります。また大崎駅みたいに写真残す。じっくり見るには不適な場所もあり人がいないタイミングに配慮等するとその分時間も取られます。なのでもし廻られる場合はお時間に余裕をもっていらしてくださいね。

Wake Up, Girls Festa. 2015 “Beyond the Bottom Extend” ライブ感想

画像

Wake up Girls!と言えば、AVEXと81プロデュースがタッグを組んだ企画で、アイマス、ラブライブなどのアイドルにスポットを当てたオトナアニメ作品の第三勢力的存在。(プリパラやアイカツなどをコドモアニメを入れるとキリがないので除外)
正直この手の作品はハマり出すとそれなりの出費も伴い大変なので、個人的にはアニメ(劇場公開含む)はどれも見るけどライブ等深追いするのはアイマスだけにしている。そんなWake up Girls!を推すワグナーではない私が諸般の事情でライブにご招待いただく機会をもらったので行ってみることに・・・・。今回はその感想をまとめてみたいと思う。

wugfes2015
※幕張メッセ電磁ホール5。

まずはセットリストから。

■セットリスト
1. 少女交響曲
2. 地下鉄ラビリンス
3. 極上スマイル
<イベントパート> バッティング企画
4. 7 Girls War
5. 素顔でKISS ME
6. レザレクション/I-1club(ネクストストーム)
7. Beyond the Bottom

<アンコール>
8.ワグズーズー
9.タチアガレ

今回のライブはアンコール含めて2時間ちょっと。イベントパートが1時間近くやるという訳のわからないことをやってしまい披露された曲はたった9曲と最近のアイドル系作品のライブにしてはずいぶん控えめすぎ。劇場版前篇でリリースされた少女交響曲、素顔でKISS ME(AVEXらしい曲調)に加え、前日から封切られた後編のBeyond the Bottom、レザレクションなどが披露されたが、同じく作品上重要な役目をもったI-1club内でのメンバー対決で使われた”運命の女神”は残念ながら披露されなかった。

■総じて不満しか残らないイベント。
ライブを終えて感じたことは、なんともいえない感。時間が経つごとに不満しかなく主催であるAVEXの力不足感が作品の魅力を半減させているなぁ・・・と感じてしまう。まず曲。Beyond the Bottomとか少女交響曲とか聴けて嬉しかったけど、圧倒的に披露した曲が少ない。Wake up Girls!は正直、アイマスやラブライブみたいに楽曲は多くないので、2-3時間ずっとライブパートは難しいと思うけど、それでもまだ全員曲で歌っていない曲もあるし、個人曲を含めたりすれば、少なくとも今回以上の曲披露は可能。せめて前述した”運命の女神”とか劇場版で流された曲を披露するぐらいは必要だな・・・と。

次いでイベントの構成。今回ライブとライブの間に、劇場版での戦いの舞台となった”アイドルの祭典”に掛けて、メンバー間で戦うということでバッティング企画が行われたが、このバッティング企画自体が作品と関連性もなく、さらにこれに1時間近く時間を費やしてしまった。所要時間の半分をこれで終わらせるはさすがに無いし、企画の発想が芸能人のお遊び企画をアニメイベントでもやってみた感じで根本的に間違ってるなぁ・・・と。素直に歌や作品の感想とかをやるとか、あとはせっかくなんだから劇場版後編では静止画でしか表現しなかった優勝シーンを朗読劇とか演じるとか。方法はいくらでもあったと思う。

また告知タイミングもあんまり良くなかったなぁ。そもそも告知ってライブパートが結構な時間が経った時に演者さん、そして観客側双方にちょっとした休憩を与えるタイミングに用いるもの。企業視点で見れば広告してナンボなんだけど、今回はバッティング企画で時間を使い、ライブもあまり多くしていない中での状態で逆に興ざめしてしまう。今回の構成ならば各席にパンフも備え付けてあったから宣伝コーナー設けないほうが良かったかもね。

さらに、アンコール後の最後の挨拶で本人たちがマイクを使わず挨拶してくれたが、あの時音響さんはBGMの音量を下げなかったのも痛い。ちゃんと音量下げて本人たちの大声あげての感謝コメントをみんなに届けてあげないと。私はB1ブロックと比較的近い位置だったけど正直ほとんど聞こえなかった。イベントに来るようなファンの方々は優しいから良いけど、やっぱりこのあたりの配慮は必要

そして演者さんの使い方。今回出演されたのは以下の方々。

Wake Up, Girls!
(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)
I-1 Club(ネクストストーム)
 大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん
I-1 Club
 山本希望さん、上田麗奈さん

浅沼晋太郎さん(マネージャー)、下野 紘さん(ファン)、宮本 充さん(白木)

早々たるメンバーだけど、白木役の宮本さんは冒頭と最後にチョイ出てくる程度。希望さんや麗奈さんに至ってはイベントパートでバッティングするだけで、歌も歌うことがなければ作品の感想もなし。凄く勿体ないし、観に来ていた我々も希望さんや麗奈さんが歌ってくれるであろうと予想していたはずでがっかりした方も多いはず。それこそ前述した今回歌わなかった”運命の女神”をI-1全員で歌っても良かったと思うのよね。同じく前述した朗読劇だって出来たよね。(それをやっていれば、最後の新企画発表ももう少しワクワク感出せたと思う) 実に勿体ないなぁ・・・と。

そして最後は、新企画発表について。
劇場版後編を見た方は判るとおり、作品上ではトップのアイドル集団であるI-1 Clubに勝利してしまったので、その先どうするんだろ?と思っていた方は多かったと思う。この状態だと仮に続編をやるならば、優勝後の人気が出た場面や再び戦いがあって防衛するか否やを描いたりするぐらい。もし歌劇団への夢を持っていた”菜々美”の方向性決断がこの後編で描かれていなければ、メンバー一部離脱を掛け合わせるもあったけどそれも一先ず消えた(本人の気持ちがグラつく可能性もあるけど作品内で意志が固いともうブレることはないと宣言してますからね。自ら道を塞いだ感も)。
だから、一先ず今回新企画発表されたことはWUGが好きな人には一安心したと思う。

でも、新企画の内容は白木さん曰く「I-1と合併」
と言うことは、WUGのメンバーがそのままでI-1が加わって歌うというよりは、間違いなく前篇の練習シーンみたいにメンバー選別されバラバラになることが予想される。それって本当にそれでよかったのかな?と。アイマス、ラブライブでも同じ会社内で異チーム同士のコラボとかはあるけど、まったく別の団体同士が合併してって、どうなんだろうね。むちろん真夢が志保や愛らと組んで初代I-1のようなコラボもできることは楽しみかもしれないけど、ストーリー次第ではWUGがWUGでなくなる気も。

こちらは続編を見守るしかないけど、なんとなく一波乱起きそうな気がするのは気のせいだろうか。

と長々とイベント行った思ったことを書いたが、いろいろ残念さが残る内容に。
次回はもう少し良くなってくれると良いですね

アイドルマスターシンデレラガールズ3rdライブ “シンデレラの舞踏会” 感想

画像

今年はアニメが放映され人気がさらに増したアイドルマスターシンデレラガールズ。
ちょうどモバゲーで配信開始してからちょうど4年になる11/28、29に3rdライブが開催されることになったので行ってくることに。

まずは今回のライブのセットリストを。

今回のライブは、去年のライブ以降にリリースされたCD第7・8段のアイドル(声優さん)お披露目と、当然のことながらアニメを意識したものに。アニメ放映でリリースされた楽曲はもちろんだし、セトリを見ても初日はシンデレラプロジェクトがメイン。2日目はシンデレラプロジェクトに加えプロジェクトクローネも。そして2日目終盤はアニメ終盤を意識したセトリに。
またシンデレラライブとしては新しい試みだったのが、ソロ曲を複数人で歌うケースや持ち歌を持っているアイドル(声優さん)がいないのに歌うケースも。たとえばソロ曲を複数人歌うケースでは、1日目の卯月(大橋綾香さん)の持ち歌であるS(mile)ingをはっしーに加え、りっか様(立花里香さん)、津田さんが一緒に歌ったし、後者の持ち歌もっているアイドル(声優さん)いないケースでは、1日目のMemoriesをふーりん(福原綾香さん)、るーりぃ(青木瑠璃子さん)が歌っていた(2日目は洲崎さん、佳村さん、福原さん)。後者なんかは765ASではチョイチョイあるし、ミリオンやシンデレラではコンビの誰か一人でもいる形はあったけど、こういうのは初めて。

またセットが前回よりもかなりパワーアップ。同じシンデレラってことで童話シンデレラの世界観を取り入れ、メインステージは端が2階建てのバルコニーを設けつつ、1階真ん中へ降りる階段があったりと王宮のような感じに。また鏡をモチーフにした液晶が設置されたのもなかなか凝っていたし、最近使われることがお決まりとなったゴンドラ(このライブでは馬車)は今回も採用されたが、その動き方は以前は左右両端と真ん中あたりに左右をつなぐ道を通るぐらいだったが、今回はその導線が細かく切られてあちこち移動してくれたりと、いろいろとパワーアップしていた。

さて、これからは私が個々に感じたことを。

■1日目
1、あんきランキングの”嫁にしたいアイドル”1位 新田美波。
単なる個人的なお話からスタートしますが、美波は良い子ですよ!!!! よくAV作品コラに使われたり、歩くセクロスとか酷いこと言われてますけど、確かにドキッとするような発言しますけど本当に良い子なんですよ!!! と、私の想いはさておき、歌パートと歌パートの間の休憩タイムとしてのMCと思っていたら突如始まった企画で戸惑いつつも、開発者メンバーで嫁にしたいアイドルアンケートで見事1位をゲットしたことに個人的には前述のようなこともあったので、凄く嬉しかった。特にお恥ずかしい話だけどアイマスは765AS、ミリオン、シンデレラもプレイして担当アイドルも決めているんだけど、シンデレラでの担当いや推しのアイドルは、実は演じられている中の人ありきな部分が多かった。(ちなみに、卯月、未央) ただチョロいかもしれないけどアニメで美波の頑張りに心動かされるものがあって、12話あたりからは初めてキャラクター観点から”美波”を推しとしたいなぁと感じゲームもプレイし始めたので、想定外の企画で戸惑ったものの結果は凄く嬉しかった。

2、サイリウムを無邪気に振る”原さん(飯屋)”
これは1日目だけでなく2日目もそうだったけど、確か1日目はMemoriesだったと思うけど馬車で移動中に歌っていない原さんがサイリウムを振る場面があってそれが曲にあっていない振り方だったので、歌よりそっちが気になってしまったことが。相変わらず笑いを取りに行く飯屋さん大好きですが、その後の”つぼみ”ではしっかり歌いきるところはさすがだなぁ・・・と。

3、花簪
 2ndライブで、着物風衣装をまとい傘を使った演出するなど曲の世界観をしっかり現実にしインパクトがあった花簪。最近の2ndBDで改めて映像見て、りっか様(立花理香さん)の表情が素晴らしくて応援ししたい声優さんの一人に含まれつつあることから、今回フルで披露されることを期待していたのですが残念ながらメドレーで前半部分のみの披露に。さすがに着物風衣装とはいきませんでしたが傘を使った演出は健在。しかも鈴木さんとのペアで歌うという新しい試みもあって凄く楽しめた。で、あの時二人の演出を見ていて思ったのが、(比較できてしまう状況になったことで)りっか様の手の動きが凄く優雅で様になっていて、改めて凄いなぁと感じたこと。
 
■2日目
1、2nd Side 虹色サイリウム企画成功
正直、2日目当日。開場する間際まで企画の存在を知らなかったのですが、たまたま企画の話がリツィートされてきて”ふーん”と軽く見ていたのだけど、この曲になった時にふと思い出して私も違う色を出したりしたのだけど、結構あの企画が浸透していたようでかなりの人が虹色になるよう複数色を使っていた。無事企画が成功して良かったな・・・と。

2、各人の言葉からくる”それぞれの踏み出す次の1歩”
2日目のアンコールで手短ながら各自一言しゃべった際に感じたことだが、中でもこのライブで自己新記録を超えたと、自分に課していた目標が吐露する場面が。るるきゃんは、たくさんの人の顔を見ることを目標として実際思っていた以上にたくさんの顔を見ることができたよう。また洲崎さんも”いつも緊張してばかんりだから楽しみたい”という目標を課したようで、実際”GOINで吹っ切れて、やっと楽しめるようになった”と吐露。それぞれがライブで目標を課し、それを達成させたことでそれによって知ることができた景色を見ることができただけでなく、達成した上で次に目指すべき目標もできたと思う。きっと更なる成長にはとても大事なことだと思うし、次のライブ等でさらに成長した姿が見られると思うと楽しみ。

■両日通して
1、まりえってぃ(三宅さん)大活躍
 今回のライブで大活躍されていたのが三宅さん。対外的には1日目のみの出演。毎回1日のみ参加だったので今回もなのね・・・と残念に思っていたのですが、それでも1日目はメルヘンデビューを歌いつつ、全員曲など要所でもご活躍されていたが、あんずの歌では杏の戦略的休憩中に、うさぎ役(杏愛用のうさぎの人形と共に)として登場し場を盛り上げるなど十分存在感を示されておられましたが、2日目はいきなり開演しょっぱなに突撃レポートとして会場の雰囲気をレポート。その後はWonder goes omからスペシャルゲストとして登場するなど、両日場の盛り上げ役として大活躍。結構美味しいところを掻っ攫っていた感じに。まりえってぃさんも今後も両日参加してほしいな。

3、1日目と2日目のS(mile)ing
ソロ曲としては珍しく両日で歌われた曲。まぁアニメで卯月はストーリー上でも大事な役回りでしたので当然な流れなんでしょうが、1日目と2日目にはそれぞれ意味があったように感じられ振り返ってみると深いなぁ・・・と。個人的には1日目は今までのライブでもお馴染みの歌い方。2日目はアニメ再現的なセトリによる心理効果もあるのだろうけど、より元気というか、綺麗に表現できないけど、さらに良くなったなと思えるような違いが。(アニメ同様に歌の合間や終わりにセリフ入れていた部分などの違いもありましたが、それとは違う微妙な違いが感じられました) こういう形で2度聞くのも悪くないなぁと。

4、コーナー(あんきランキングとマッスルキャッスル)は本当に必要?
ちょっと苦言になってくるけど、アニメ上の企画をリアルで再現ということで今回行われたが、これって本当に必要だったのかな?と。みなさん歌を聴きに来てるから、その時間あるならもう1-2曲歌ってほしいだろうし、またMCは声優さんが歌う際にどんな思いだったのか等を知ることができる貴重なタイミングでならばここわもっと手厚くでも良かったのでは?と(今回は最初の自己紹介もほぼ省略でしたしね。)。あんきランキングはあって良かったですけど、マッスルキャッスルは終盤、結論がないまま終わってしまった感があったので、そう感じてしまったのですが、このあたりは今後の改善でしょうかね?

5、”後ろの席でもちゃんと見えていない”
劇場版アイドルマスターで名セリフにもなった”後ろの席もちゃんと見えているからね”だが、SSAとか大きな箱でもよく言われていたが、今回はさすがに”後ろは見えない”と吐露する場面が。でも、この発言で個人的にはやっと正直に吐露してくださったなぁ・・・と。今回は特に後方になるほど豆粒のような感じでしたけど、SSAとか他でも我々より高い位置にステージはあるけど我々だって、演者さんがいることは判っても表情までは見えないわけです。(せいぜいサイリウムの振りとかね) 我々側から見て見えにくいから大型スクリーンが設置されている訳で、我々そして演者さんだった見えないからこそ馬車(ゴンドラ)で回っている訳ですから。故にそろそろ名セリフを壊しに行くっていうのがあっても良いかなと思っていたので、個人的には良かったかなと。

まぁ、これ以外にも細かいことはたくさんありますが、一先ずここまで。
さて本当に最後ですけど1点だけ見に行く観客(プロデューサー各位)へ

■見に行く人への配慮は忘れずに。自分だけ楽しむではなく、相手のことを考えよう!!!

ライブは年々人気で、その上出演者が増え所要時間がどんどん長時間化しています。ライブを見れる喜びが先に来てしまっていることが多いですが、見に来ている人への配慮は絶対に忘れないで欲しい。具体的には、体臭が酷い。太りすぎな方は、ケア怠らないこと。

酷いような発言に聞こえるかもしれませんが、でもそれを怠ると同じように苦労してチケットを手に入れた方にライブ中(4-5時間)はずっと不快な思いをさせ続けることになることを理解しておく必要があるってこと。椅子はご存じのとおりパイプの折り畳み式で標準サイズで余裕はないし、椅子と椅子は隙間なく設置されている。限度を超えた方はその椅子に収まらないから結局左右席の方のスペースを侵食する。ということは左右の席に座る方はその人にせいでスペースがさらに減り辛くなっているということを理解すべき。またそんな限度を超えた方が座る際に股を開けるような座り方をしたり、腰にポーチをつけサイリウムとか入れていたりとかしていると、さらに場所を侵食する。左右の方は隣が太っているからとさらに隣の方のスペースを侵食して良いわけではありません。結局左右の方がさらなる窮屈さを許容し肩身が狭いまま時間を過ごすしかないことに・・・。もう、これ害しかありません。

限度を超えて太っている方は自分が他人よりもスペース占有してしまうことを認識して欲しい。そしてポーチやプロデューサーバックを使うならば、必ず前に向けること。決して左右の席を侵食しないようにしてほしい。

そして体臭も。ここでいう体臭は軽く汗をかいて・・・よりも、さらに酷い場合のお話。残念ながらケアができていない率が多い。不特定多数の人が集まるような場所に出向く方は、このあたりもケアは怠らないようにして欲しい。日頃から食生活改善や体を洗っておけと。(汗かいた場合などもウェットティッシュなど携帯して汗を拭くぐらいはしよう!)
風邪予防でマスクを持っていたから途中からマスク装着しましたが、臭いは・・・。逆に息苦しくてコールはできなくなるし、なんでこんなことしないといけないんだろう・・・・とフラストレーションが。

オールスタンディングならば、正直被害受けてる側が妥協すること自体変な話だけど、またその場から逃げることもできるが座席指定で完売となればもうどうにもならない。(まだ空席があれば主催者に相談だって決して不可能なことでもない)、その上長時間その場にいないといけないはさすがに地獄。気持ち悪くもなるし辛すぎる。このあたりはエチケットとしては必ず守ってほしいですね。

と、2日目に隣に極度に太り、そして体臭が酷い方が居て、ライブを楽しむより辛い気持ちが上回ってしまい凄く残念だったので吐露してみました。(そんな方がこのブログを見てくれるかは判らないけど、もしそんな方が目に留まったならば、ちゃんと改善できるように努力して欲しいですね)

最後に「限度を超えているものは害しかない」

楽しいことも嬉しいこともたくさんあつたけど、残念なこともあったという3rdライブでした。