高雄環状軽軌鉄道(ライトレールLRT)を乗り鉄してきた

高雄少女を見に高雄にまで来たということで、どうせならと高雄ライトレールの乗り鉄もすることに。

ちなみに、高雄ライトレールはMRTのような鉄道ではなく都電のような比較的輸送力は低めな鉄道。海外では(私自身乗ったことがあるのが)スペイン。日本では富山などにライトレールがある。路線としては高雄市内を環状線のように走る予定。予定としたのは、まだ全線完成していないから。現時点では40近い駅の中10駅程度に留まっている。実際現在は既に利用はできるものの試験期間という形で料金は取られない。日本なら短い区間でも有料になりそうだけど、乗り方も事前もしくは社内でタッチかが必要と少し違うし慣れが必要ということで無料にしちゃうのは太っ腹。

レッドラインのR6凱旋駅がライトレールの乗り換え駅。ライトレールではC3前鎮之星駅になる。

20160813_takao_light
※ C1籬仔內駅行き列車がC3前鎮之星駅に到着した時のワンショット。
  
この列車の手前、上にある横棒はなんと架線。このライトレールの電気供給は駅にあるこの架線からだけ。駅でも架線があるのは車両分の長さしかないので、停車している数十秒の間に充電し、走行中は充電されたバッテリーで走行ということになる。

20160813_takao_light2
※車内

車内はお馴染みのプラスチックな座席が配置されており、窓も大きめなので解放感も。

20160813_takao_light3
※C1籬仔內駅

高雄ってまだ鉄道交通網が貧弱なので、これが早く全線開通してくれると高雄敢行がしやすくなることに期待。
もちろん、MRTも増やしてほしいけど・・

田所あずさ 2ndアルバム「It’s my cue」 リリースイベント in 台北 アニメイト に行ってきた

少し時間経ってしまったが、8/14に陰ながら応援させていただいている声優の田所あずささんが自身の2ndアルバム「It’s my cue」のリリースイベントで、初の台北(アニメイト台北)で開催するということだったので行ってきた。

正直、国内のリリイベに行くつもりだったけど、イベント発表を見逃していて行けたのはタワレコ新宿回(その後、別の方のご支援もありアニメイト新宿回にも参加)のみに。これじゃもろ足りないなぁと思っていた中で、リリイベ発表されてからしばらく残っていたのがアニメイト台北開催分(配布は秋葉原アニメイト)。

移動費用はLCC活用で往復2万円程度と安く行けることも判明したものの、この金額だとまだ名古屋や仙台とかの方が安上がり。しかもイベント内容はサイン会と、他のトークやライブではなく一瞬で終わってしまう。メリット低いのだけど、それでも久しぶりに台湾行きたいし別件もこなすことセットで行くならまぁいいか!と思いイベント券もらいにアルバム予約。(どうやら私が最後の人だったらしく、その後配布終了していた)

と、背景はさておきイベントの話へ。

■現地参加者は100人以上?想像以上の参加者が!
 
集合場所であるアニメイト台北に出向くと、既に入場待機列が形成。秋葉原配布組と台北配布組に2列に並ぶことに。秋葉原配布組は私が最後だったのでどうやら20人程度なんだけど、残念ながら20人全員は来ていなかった。メンバーの中にはイベントに必ず来ているガチ勢もチラホラ。でも台湾の方が並んでいたりもしたから、わざわざ秋葉原までイベント券捕獲しに来たのか?と考えると恐れ入る。一方台北配布列には、もがみんの缶バッチをつけている人や、ころあずのライブTシャツ来ているガチ系もいるものの、大半はアイマスきっかけが多いようで765ASライブTシャツ、シンデレラガールズのライブTシャツ、ミリオンライブTシャツなどのグッズを着用している率が多い。さらに、いろいろみてみると、中にはトラハモTシャツを着ている子や星梨花のキーホルダー付けてきている子、渋谷凛のイラスト名刺を首から下げている人もいるほど。なんとなくだけど、彼ら的にはアイマス声優が来るからという位置付けのような気がする。もちろん、これきっかけで田所あずさ本人の曲も好きになってくれれば良いので、問題なしですけどもね。

■開始時間はかなり遅れたが、イベント内容は予想外のてんこ盛り

本来17時(現地時間)には開演だったが、会場準備が整っていない等で待たされるはめに。この日は比較的温度も低く湿度もほどぼとだったので、どうにかなったが湿度高かったら死んでたかも。結局会場に入ったのは開演予定から15分遅れ。そして実際にイベント開演したのは当初予定から30分遅れの17:30。

イベントはサイン会という話だったが、サプライズということでトークパート(今回台北に来てから食べた料理ばかり)、その後参加者からの質問受付(残念なのは、アルバムの質問が無かった)、そしてライブパート(披露した曲は、A-Z、cue、純真の3曲)、その後サイン会に。このサイン会スタート前に、保坂氏から終わったら全員で写真撮影するから待機という案内が。予想以上に非常にてんこ盛りの内容でした。

せっかく最前だったから写真に収まりたかったけど、残念ながら20:45発の台北発羽田行のピーチ便で帰らないといけないので、なくなくサイン貰って離脱することに。。この時点で18:20。既にリムジンバスでは怪しい時間帯のため、18:46発の台湾新幹線に乗るべく走って台北駅へ。どうにか間に合って無事チェックイン終了10分前に手続き完了。

この日はVairの羽田行きが運航している日だったら、あと2時間は滞在できたのに・・・。(帰り成田だったら深夜便もあったのですが、行きが羽田発深夜便でクルマ移動だったから成田便にしちゃうと取りに戻るのは避けたかっのでやめたけど、やはり深夜の成田便にすべきだったと悔やまれるばかり)

嬉しいサプライズもありながら、なくなく一部断念せざるえなかったものの楽しいイベントでした。

えっ半年で撤退! 9月末で運航終了するV airで台北に行ってきた

陰ながら応援させてもらっている声優の田所あずささんが台北で初のリリースイベントを開催するということで、台北まで出向くことに。
ただ、イベントだけではつまらないので、前々から行こうと考えていた高雄MRTの萌えもセットで行くことにしたのだけど、宿泊ならまだしもスケジュールが確保できず日帰りで。普通に朝便使っていたら高雄なんて行ってられないし・・・と考えた結果、候補に挙がったのが台湾のLCCであるV air。なんと不定期ながらも深夜27時。AM3時に羽田空港を出発し、台北には現地時間のAM6時着というダイヤ。幸いなことに8/13は運航日だったのでこれを使っていくことに・・・。と予約したのは6月末ぐらいなんだけど、搭乗日直前になって、なんとV airは10/1を以て運航停止を発表。

vair_endpress

結果としては、初の搭乗でもあり、最後の乗り納めを兼ねるフライトに。

■深夜の羽田空港国際線ターミナル

1時頃に自宅を出てクルマ走らせ、1時45分頃には空港に到着。空港内は到着ロビー、出発ロビー、そして江戸小町共々外国人旅行客らがあちこちで寝ていたりしていて活況だなぁと。早々に
搭乗手続きをこなして、自動化ゲートで出国手続きしたのち搭乗ゲートへ。
20160813_hnd_i_vair
※ さすがに2時近くになるとカウンターは閑散。大半の客は終電で羽田に到着してくるのでこの時間になると、クルマで来る人以外いないので余計

出発まで若干時間があったので、空港内を散策。途中もともと19時台に北京に飛ぶはずなのに遅延しまくって26時過ぎの出発になってしまった中国系航空会社の便のお見送りをしつつ、気が付けばV air側も搭乗開始になってきたのでそのまま搭乗。

20160813_spot113
※搭乗口は113番。搭乗客の半数は台湾人でした。

20160813_vairsafetyguide
20160813_airmag
※機内誌と安全のしおり

搭乗機はA321(B-22610)。A321なんて、イベリア航空で一度乗ったことがあったような無かったような・・・なぐらい久しぶりな機材。でも疲れからウトウト。

気が付いた時には、台湾時間AM5時(日本時間6時)
既に着陸態勢に入っていて、そのまま桃園国際空港に着陸。
てっきり搭乗口にスポットインするかと思ったら、まさかの沖止め。かれこれ何年も台湾来ているけど沖止め喰らったのはじめてかも。

 V air

沖止めした時には台湾時間5時30分過ぎ。定刻では6時に到着だったけど、実際はもっと早く到着するらしい。

ちなみに早々に入国手続きを済ませ、THR桃園駅行きのUBusに乗り込もうとしたが、搭乗客の多くが桃園から新幹線移動を考えている人が多かったようで、チケット購入で時間がかかり、挙句バス乗るのも長蛇の列に。幸い、最初に来たバスに乗れたけど乗れなかった人はさらに10-20分空港で待たされていたはず。これからVairに乗って、THR桃園へ向かおうと考えている方は早めの行動をおススメします

萌えに力を入れる高雄MRT(地下鉄)。”高捷少女”キャラクターまみれの鹽埕埔駅を見学してきた。(2016/8)

高雄MRTと言えば2008年に開業した比較的新しい地下鉄でして、台湾では台北に続く2地域目の地下鉄です。
私が初めて高雄に旅行したのは2008年8月。地下鉄は開業していたものの美麗島駅がまだ開業していなかったので、六合夜市行くのにタクシーを使った記憶が。地下鉄は高雄から三多商圏の往復で1度使ったぐらいか。

それ以降は、確か昨年のComputex Taipeiの見学ついでに、バニラエアで高雄発成田便に乗るときに左営から使った程度。この際、後述する萌えポスターの拝見しつつ、美麗島駅のステンドグラスを拝見。とそんな程度だったのですが、これ以降高雄MRTはどんどん萌えを強化。公式自ら”高捷少女”と、いろいろなキャラクターを投入するは、オレンジラインの鹽埕埔駅ではキャラクターラッピングやラッピング列車まで走らせる始末。一度行かないとなぁ・・・と思いつつ、今年はComputex Taipeiも欠席したので、しばらく行けていなかったけど、応援しているある声優さんのリリイベが台北で開催されることになり、それとついでに行くことに。

ということで、今回は高雄MRTの”高捷少女”に汚染された鹽埕埔駅へ行ってきたお話。

左営からレッドラインに乗り、美麗島駅でオレンジラインに乗り換え2駅目にあるのが鹽埕埔駅。ここが”高捷少女”のキャラクター達がたくさん展示されている萌化した駅。なんでも”高捷少女”のキャラクター設定で、この駅が仕事場か何かになっているようで、そこから。とは言え、公式自ら駅を萌え化しようとしてしまうのは凄い。(まぁ、オレンジラインでも海側の終点の一つ手前と乗降客数は多くなさそうな駅なので、これで利用が少しでも増えるなら儲けものという考えなのかも)

列車が鹽埕埔駅に到着し、ホームに降り立つもののホーム自体は、特にラッピングはなく何処の駅にもある艾米莉亞(エミリア)さんの強行乗車禁止のポスター、小穹(シャオチョン)さんの飲食禁止ポスターのみ。ホームから改札などがあるコンコース階に移動すると・・・

高捷少女

高捷少女

あちこちに、キャラクターの立て看板や壁にはキャラクターパネルなどが。(天井からもいろいろぶら下げられている)ということで、あまり冷房が効いておらず蒸し暑いコンコース内の掲示物を見学してみることに。

高捷少女
※ これは各駅の改札前に設置されている駅周辺マップ

高捷少女

高捷少女

高捷少女
※車両整備等が担当の婕兒(ジェアー)さんの立てPOP
 大きく書き方が異なる2パターン。うち1パターンは手の向きが違うバージョンがある。計3パターン

高捷少女

高捷少女

高捷少女
※駅係員である小穹(シャオチョン)さんの立てPOP
 婕兒さん同様、こちらも3パターン。

高捷少女

高捷少女

高捷少女
※運転士である艾米莉亞(エミリア)さんの立てPOP
 こちらは手の向きが左右だけでなく、片側のての位置、指さしどれも違うので完全に別々のパターンで3つあるようです。

高捷少女

高捷少女

高捷少女
※カスタマーサービスを担当する耐耐(ナナ)さん 
 艾米莉亞(エミリア)さん同様、まったく異なるデザインで3つ。

高捷少女
高捷少女
※ 電車の中をイメージした大型看板。
過去には(これとは違うけど)1編成の内装をキャラクター達がジャックしていた時期もあったので、それを彷彿とさせるような。立てPOPを設置するはまだしも、公式がこれまで設置とは・・・・。凄い。一方の台北MRTなんて萌え要素なんてないのに・・・・

高捷少女
高捷少女
※こちらは大型のキャラクターパネル。
 ふちにはフィルムのような枠が。彼女たちの働く姿の一コマをを写真に収めたかのような演出に。

高捷少女

高捷少女

高捷少女

高捷少女

高捷少女

高捷少女

高捷少女

と、結構力入ってます。
で、これだけに留まらず・・・・。

(これはどの駅にもあったけど)去年高雄MRT乗った時には見かけなかったポスターとして
チャージ機の操作説明も。新しいキャラクターが登場。小穹(シャオチョン)さんと同じ制服なので駅係員さんみたいですね。そのうちプロフィール公開されるのだろうか・・・・。

高捷少女

あとは改札外。同じく券売機の近くにはipassを勧める耐耐(ナナ)さんのPOPが。

高捷少女

そして単なるPOP掲示だけに留まらず、さらに活性化させようとイベントの開催や腕時計型ipassを全種類買うと抽選でキャラクターがプリンティングされたカード型ipassがもらえるキャンペーンをやっていたりと、現地のヲタからしっかり搾取する施策も展開されているようです

高捷少女

高捷少女
※キャンペーンポスター。一つ500台湾ドル(3.5円換算で1750円)を4種類買うと・・・

さらに、改札外の通路では、キャラクターのコンテストが開催されていたようでそれの優秀作品?等が掲載されていました。

高捷少女
※おっ、男性もいるぞ。

高捷少女
※さっきのチャージ機の操作案内ポスターの子と同一のようですね。
 やはり書き手が2人いるみたいですね。

高捷少女

こちらは銀行さんのポスターなんですが、自社のクレカでipassオートチャージ設定にしていると2%オフになるという案内。ここにも新しいキャラクターが。この子はipassのイメージキャラで「魔法少女iPASS」の小帕(シャオパー)さん。まだ高校生という設定。

この日はライトレールにも乗り鉄しに行ったのですが、小帕さんがライトレールで大活躍しているのはもう終わってしまったようで、普通の内装に戻っていてがっかり。その代わり左営駅の自動改札機に、ipass広告がありそこで宣伝をしていたので写真に収めました。

高捷少女ipass

もう少し早く来ていればライトレール含め見られたのかな・・・・。やはり6月computex taipei行くべきだったなぁ
・・。

ともあれ、高雄MRTのあちこちで高捷少女や魔法少女iPASSのキャラクター達が頑張って宣伝に勤しんでいます。台湾は最近LCCがたくさん飛んで早く予約するか、暇そうな時期に行けば片道1万円以下で行けてしまうほどになったので、是非皆さん機会があれば足を運んでみてもらいたいところ。

 

確かに辛い。北極ラーメンを超える「誠ファイアー」を食べに蒙古タンメン中本に行ってきた

辛いのが大好きで、蒙古タンメン中本には週一以上通ってしまう(でないと、手が震える(嘘))人なのですが、毎回行って頼むのが、北極やさい辛さ3倍 or 冷やし味噌やさい辛さ3倍。体調が少し悪い時は冷やし五目蒙古+半冷やし味噌スープなどしますが、原則辛いものを選んでしまう。

で、いつもの北極を超えるような辛さのメニューが出るとやはりチャレンジしてみたいもので、7月頃には辛さレベル12の「北極の火山」が限定販売され、何度か食べさせてもらっている。そして8月に入り、それよりももっと辛い。なんでも北極ラーメンの辛さを2倍にしたという「誠ファイアー」なるものを限定投入と聞き、食べに行ってみることにした。(場所は品川店)

注文したのは当然「誠ファイアー」(メルマガで卵追加)と野菜が無さすぎるので「ゆでやさい」

到着したのはこれ。
蒙古タンメン中本

千切りの唐辛子が炎のごとくたくさん盛られ、粉砕されたものではなくまんまの唐辛子が数本だけ。もやしも野菜もない。ただただ赤い。
スープは北極なんだけど山椒が少し入っていて若干ピリリと今までと違う。ただ、通常の北極で辛さ5倍以上注文した時にあるドロドロスープになってしまっていて、麺がスープ吸うだけでなく、千切り唐辛子もがスープを吸うのでスープが減っていく。挙句マジマジ見ていると人の髪の毛でも喰っているような気持にもなって、テンションが落ちてしまう。(正直、千切り唐辛子いらない)

蒙古タンメン中本

はじめて食べた、ゆでやさいを食べつつ、どうにか完食。

この辛さは好きだけど、食べた時の満足感はいつもと違いって少なかったかな。
個人的には、いつも通りの組み合わせがいいかな・・・と再認識しました。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ 山手線内広告を見に行ってみた(デレステ広告 2016/8/9~)

山手線内でのデレステ広告。昨年2か月連続で行なわれたのち、今年は6月から掲載開始。7月に更新が入り。前回同様2回で終わりかな?と思っていたら8月も更新。これで3か月連続の広告展開となる。

毎回、ゲームのイベント等やガチャで貰えるSR、SSRなアイドル達が各駅でデレステの宣伝に勤しんでいます。今回も山手線を一周して撮影してきました。ちょうどコミケのシーズンで東京に来られて直接見る方も多いでしょうが、事前学習用や東京に来る予定が無いけど見たいという方向けに役立てばこれ幸い。

■品川駅 双葉杏
 
 7月担当だった五十嵐響子から、杏にバトンタッチ。
 杏は7月は新宿駅の大型広告でお仕事していました。
 
デレステ広告

■大崎駅 佐久間まゆ、緒方智絵里、多田李衣菜
 LOVE Destinyイベントの壁ドンですね。7月担当だった姫川友紀からバトンタッチ。

デレステ広告

■恵比寿駅 宮本フレデリカ、城ケ崎美嘉、一ノ瀬志希
 つぼみイベントだった気がする。フレデリカは去年、そして今年の広告展開でずっとこの恵比寿駅を担当しています。なんか由来あるのだろうか・・・

デレステ広告

■渋谷駅 大型広告 塩見周子、三船美優
 7月は大槻唯、日野茜ペアでしたがバトンタッチ。。

デレステ広告

デレステ広告

デレステ広告

■渋谷駅 高垣楓
 先ほどの大型広告から2つ恵比寿寄りにある広告枠に楓さんがいます。楓さんと言えば昨年と6月はオヤジの街新橋を担当されていましたが7月はお休みに。今回渋谷駅で再びお仕事復活です
 
20160809_deresute_shibuya3

■原宿駅 赤城みりあ、橘ありす、櫻井桃華
 7月は飛鳥が担当でしたがバトンタッチ。前回までは何かしら代々木公園とのつながりを感じさせる言葉があったのですが今回は無しに
デレステ広告

■新宿駅 大型広告 新田美波、諸星きらり
 掲載直前まで開催されていたガチャ限定のSSR。
 しかし美波は可愛いな・・・と担当Pとしては常々思います

デレステ広告

20160809_deresute_shinjuku1

デレステ広告

■高田馬場駅 櫻井桃華、宮本フレデリカ、一ノ瀬志希。
 明日また会えるよねイベントですね。
デレステ広告

■目白駅 中野有香、五十嵐響子
 高田馬場同様に「明日また会えるよね」イベントより。
 しかし目白駅は光学ズームつきコンデジとか持参しないと厳しいですね。
デレステ広告

■池袋駅 北条加蓮、小日向美穂
 LOVE Destinyイベントで加蓮が美穂の服をコーディネートし、事務所に戻ってきた時のシーンですね。このコメントと構図が援助交際を彷彿とさせるものがあり、イベント配信時に話題なりましたし、今回の広告掲載でも再び盛り上がっていますね。
デレステ広告

■巣鴨駅 市原仁奈、片桐早苗
 きみにいっぱいイベントですね。このライブ前には、早苗さんの若かりし頃のボディコン服を事務所に持ってきて仁奈が着るというお話もありましたな。最近の若い子はボディコン服なんて知らないよな

デレステ広告

■田端駅 姫川友紀、大槻唯、相葉夕美
 きみにいっぱいイベントより。
デレステ広告

■上野駅 龍崎薫、赤城みりあ、市原仁奈
 ハイファイデイズより。ちなみに、昨年の広告展開ではみりあが、6月は仁奈が上野担当しておりました
デレステ広告

■秋葉原駅 鷺沢文香、塩見周子、速水奏
 咲いてjewelイベントより。この時の文香の表情結構好きです。

デレステ広告

■神田駅 二宮飛鳥、橘ありす
 秋葉原同様に咲いてjewelイベントより。
デレステ広告

■東京駅 大型広告 相場夕美、乙倉悠貴
 
デレステ広告

デレステ広告

デレステ広告

■新橋駅 川島瑞樹、難波笑美、上田鈴帆
デレステ広告

■田町駅 日野茜、堀裕子
 茜のこの笑顔、個人的には結構気に入ってます
デレステ広告

一先ずこの広告は8/9から1か月間は掲載される予定なので機会があればぜひ一度巡ってみてはいかがでしょうか。しかし今回で3か月目。もし9月も更新されれば4か月連続に・・・。このあたりも気になるところ

■デレステ 山手線内での過去の広告展開をまとめた記事です。
2016年6月、7月それぞれのもありますので合わせてどうぞ。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ 山手線内広告を見に行ってみた 2016/7/11~

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ 山手線内広告を見に行ってみた(デレステ広告 2016/6)

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ 山手線内 大型広告を見に行ってみた(12/11以降)

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージの特大看板を見に行ってみた