月額980円 イオン限定b-mobile SIMを購入。 情報まとめ

6月10日に日本通信がイオンと提携し、イオン限定で購入できるb-mobile SIMの販売を発表。
価格は、100kbpsとなるが月額980円と格安。
6月10日から全国のイオンのうち14店舗で先行販売し、順次拡大していくらしい。
過去にWillcomが月額980円程度(その後、機器によってはもっと格安提供されたが・・・)と
格安ながら128kbpsなデータ通信端末を販売していたが、そもそもパケ詰まりしやすい
ネットワークだったこともあり、ほとんど使うものにならず。まさに安物買いの銭失いだった訳で
今回もそんなことになりそうな気がしてならなかったのだが、人柱精神が悪い意味で幸い
してか買ってみることにした。。
行ったお店は品川シーサイド店。東京ではこの店舗のみ。埼玉では川口前川店と
越谷レイクタウン店。10時頃電話してみたらレイクタウンは売り切れ。この店舗は
30枚程度入荷し在庫もあるが問い合わせも多くて取り置きはしないとのことだったので
即効で行ってみた。。
aeon_bmobilesim.jpg
12時頃到着して契約。簡単な説明を受けて、申込書書いて、faxでセンターに
送って開通と、正味10分程度で受け渡し。
プリペイドとして考えれば普通だが、実にあっけない・・・。
店舗限定という制約もあるが結構人気なようで既に自分の前に1人契約していて
私の後に2~3人がいた。その後twitterで品川シーサイドに行った人が何人もいたよう
なので、きっともう売り切れしているかも。。
で、開通後さっそく使い勝手を試してみることに・・・・。
aeon_bmobilesim_speedtest.jpg
※Nexus Sで品川シーサイド店3階で実施。
まずはスピートテスト。結果は予想通りな速度。100KbpsはおろかISDN並み。。
もともとb-mobile自体がドコモから借りている帯域が小さいのもさるものの、その帯域の
狭さの割りに利用者も結構多く、速度遅と言われていたのでこれは予想通りな感じ。
次に、パンフとかでも訴求ポイントとなっていたSNS利用ということで、Twitterのタイムライン
を200件程度読み込んでみたが、こちらもまぁ速度遅いなぁ・・・と感じてしまう。。
もっと取り込み件数とか下げれば、遅さが気にならないかもしれないが、件数多めに
している人は少し対応が必要かも。
でも、willcomのパケット詰まりでほとんど使えないのに比較したら断然快適。
これなら980円で維持していても良いかもって感じがする。
なお、このsim買うときの注意事項。
 1、契約段階でskypeやyoutubeやニコニコ動画は使用できないと明言されている。
   個人的に試していないが、これやりたいと考えている人はあきらめること。
 2、初回は3150円必要で、かつ申込書に記載してクレジットカード番号で決済が必要
   となる。
 3、980円は、申込書に記載したクレジットカード番号に先払いで請求。
   初回だけ契約日の2営業日後に請求処理がかかる。
   もし解約するときは、先払いであることを意識して対応が必要。
   解約時日割り計算とかもなし。   
 4、1ヶ月の考え方は、契約日を1日目起算として翌月の契約日前日までを指す。
   6/11契約ならば7/10までが1か月分ということになる。
   
 5、APNはdm.jplat.netとu300とかと同じだが、ユーザー名はbmobile@aeonになる。
   Nexus SにこのSIM挿したら、デフォルトでこのAPNが反映されていたが、ユーザー名は
   これになっていない。なので修正が必要だし、bmobileを使い分けしている人は
   別途APNを分けておくことをおススメする。

「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ

まだ新聞社がスッパ抜いただけのレベルでしょうから本当かどうか
は不明ですが、着手に向けて検討に入ったようですね。
MNPするとメアドは使えなくなり、その場で人間関係が分断されてしまう。
今も繋がりあれば面倒ではあるもののメールアドレス変更をメールで伝えれば
良いが、若干希薄化しつつある友達で自分はアドレス変わっていないが
相手は変わってしまっているなど、こちらからお知らせができない場合に
おいては、自分が変えてしまうともう完全に分断されてしまう。
もちろん、最近の若者では学年が変われば人間関係リセットしてしまうぐらいなので
そこまで希薄化してしまえば無かったものとしてアドレス帳から削除にしてしまう
だろうが、社会人以降になるとビジネス絡みも入って、いつか掛かってくると思って
保存しておく人もいるだろう。そんな人にとってはMNPは選択肢から外れてしまう
訳でだが、これが実現されれば多少検討の余地が出てくるだろう。
まぁ、それ以前にメアドより電話番号でやりとりできるSMSが全キャリア共通になって
くれた方が断然使い道があって良いので、むしろこららだけ実現さえしてくれれば
良かったりする。
仮にこれが本当になるとしても最低1年はかかりそう。インターネット事業者と違って
通信キャリアはスピードも遅いですし、なにより全キャリア一斉となると体力差もあって
歩調合せないといけないので余計。なにはともあれ時間がかかっても是非実現して
欲しいものです
——————————————————————
「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ
5月5日3時3分配信 読売新聞
 携帯電話4社が、「電話番号の持ち運び制」の使い勝手の悪さを改善しようと
携帯メールを新しいメールアドレスに転送するサービスの導入を協議している
ことが4日、わかった。
 今年度中の合意を目指し、転送サービスを始める方向で、携帯各社の契約者が
一気に流動化する可能性もある。番号持ち運び制は2006年10月に導入された
が、アドレスは持ち運べず利用者の不満が多かった。
 携帯メールのアドレスは、携帯会社ごとに「@」以下の部分が異なる。携帯会社を
変えると、電話番号は同じでもアドレスが変わってしまうため、新アドレスを「メル友」
などに知らせる必要がある。
 携帯4社は、番号持ち運び制を使った契約者の古いアドレスに届いたメールを
一定期間、新しいアドレスに自動転送する方向だ。同じ携帯会社の契約者間で
電話番号をアドレス代わりに使う「ショートメッセージサービス(SMS)」も、他の
携帯会社の契約者とやり取りできるようにする。
 システム改修などの負担が生じるが、契約者の純増数が増えている
ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが積極的で、最大手のNTTドコモも
協力する方向という。
 番号持ち運び制は、アドレスが変わることから期待されたほど利用されず、
導入2年間の利用件数は、全契約者の5・5%にとどまっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000045-yom-bus_all
—————————————————————————–

b-mobile Doccicaを買ってみた

携帯電話のデータ通信と言えば、パケット通信。
パケット通信と言えばデータ量で課金。
このデータ量課金が曲者で、閲覧するサイトの構成によって小容量で済むものもあれば
いきなり上限張り付きしてしまうものまである。固定のブロードバンドが普及するまでは
時間課金が基本だったが、その後一律料金へ。
音声通話についても時間課金が基本であり、携帯のような最初は従量制で一定量超えたら
料金定額は、まだまだ馴染みにくい。
そんななか日本通信がドコモ網を使い、1分10円の時間課金で利用できるDoccicaを販売。
doccica.jpg
イーモバイルもあるし、iPhoneやWindows Mobileなどスマートフォン用としてソフトバンク
もあるし、時間課金だがWillcomのTwo Link Dataやドコモのデータカードもあるのだが
せっかくなので購入してみることに。
仕事帰りにヨドバシカメラに立ち寄り、買ってみた。
いちよ、開通手続きしてから90日間有効なので、中途半端に開通させると期限が
分からなくなるので月初などキリが良い日まで温存させるため、評価はしばしお預け
使い始めたらいろいろと試してみよう

Willcom D4を購入

willcomd41113.jpg
拡張性は微妙だけどサイズとしては、個人的に欲しい。しかし、WILLCOMの通信速度は
遅く、使い放題でも利用価値は低い。そのため価格的に見れば利用料金等含めた総額ベース
で見ると高い。そんな状態なので、なかなか買うことを躊躇していたWillcom D4。
たまたまヤフオクで安い価格で出品があり、最低価格で入札したところ、他は入札が入り
価格が上がっていくものの、こちらは入札なくそのまま落札することに。
おかげで5万円とEeePCを普通に買った場合と変わらない価格でゲットできた。
あとは、PHS300+イーモバイルを使って無線LAN経由で楽しませてもらおうと計画中。
肝心なPHSは、W-SIMへの変更はせずに、しばらくはTWO LINK DATAのデータカード
のままで放置。来年春には次世代PHSも試験レベルだが開始予定なので
優待適用が出来る状態で放置することに。

イーモバイル D02HWを購入

d02hw.jpg
先日、モバイル無線ルーターPHS300を購入したが、これに繋ぐUSBタイプのモデム
が必要となりD02HWをヤフオクで購入。
これでイーモバイル端末は、スマートフォンのS11HT、データカードのD01NE
そしてD02HW。1回線ですべての環境に対応。凄く便利になりました。
あとはPHS300でドコモのUSB対応モデムも使えるようになれば、鬼に金棒かな

モバイル無線LANルータ PHS300購入

CradlePoint Technology社製の無線LANルータ PHS300。
USB接続した携帯電話とこのPHS300を接続すると、無線LANを搭載機器から
PHS300を経由して、携帯電話の通信回線を利用してインターネットに接続できる。
phs300.jpg
最近やっと国内販売スタートするようだが、その少し前にネットで購入
今日、海外からの無事商品が到着した。送料込みで178ドル。
円高のおかげで100円/ドルだったので実質18000円ほど。
なかなか楽しめそうなツールである

度重なる落下に涙目

S11HTのバッテリーの稼動時間が少ないということで
大容量バッテリーを買ったものの、あまりの厚さに端末を落下させて
しまうことがしばしば。
今日も端末落下し、10メートルを地面を滑走。orz..
実は、4月末にも、ホームに上がる階段を走ってあがっている際に、端末が落下。
運悪く上りきったところだったため、勢いで端末が地面を滑走。この途中でバッテリーが
外れ、端末はギリギリホーム上でとまったものの、バッテリーは線路に落下。
翌日、駅員さんにバッテリーをとってもらっていたりする。
そのせいか、まだ3ヶ月なのに端末の外装は傷だらけ。
いちよ、保障サービスは加入しているものの、このまま2年使い続けられる
のだろうか・・・・。バッテリーの品質面で怖いと言っていたが、むしろ自爆で昇天
させてしまうほうが早そうな気がひしひしと。。
そもそも、大容量バッテリーの利用をやめれば良いだけなんだろうけどね。。

大容量バッテリーを買ってみた

emobilebattery.jpg
イーモンスターことS11HTを買ってから2週間。毎日、ネット見たり、Googleカレンダと同期
させたり、ストリーミングラジオやOrbを使ったり、自宅PCに遠隔操作したりといろいろやって
いるが、早速バッテリーの持ち時間の少なさに困ってしまい、どうしようと考えていたところ
に見つけたのが、大容量バッテリー。
サードパーティだし、中国製造と正直、品質面で変なトラブルが生じるのではないか
と考えてしまうが、背に腹は変えられぬと一度2つ調達。
これで、長時間稼動も万全!!のはず・・・・。

ヤフオクでS11HTが特価販売。その後の結果

先日、ヤフオクにあった社内向けとおぼしき優待販売の件の顛末についてだが
せっかくなので、書いておくことした。
ブログへアップする数日前の段階で、ネットでは詐欺とか言われていたが
過去のケースからして、これも小遣い稼ぎの優待販売紹介で間違いと判断
速攻で申込。個人的には、郵送で契約書が来るかと思っていたが、メールで
デジタル化された契約書が到着。(店頭と同じフォーム)
送付先がイーモバイルとなっていたことや、さらに契約書の代理店コード部分
には、XXX本部(以下省略)とも書かれている。書面内容も胡散臭さもないが
出品した人が明らかに値段を見せたくなかったのか、そのページが無くなっており
故か資料構成的につながらない箇所があったぐらい。
明らかに問題ないことが確定し、カキカキして17日必着となるよう発送。
あとは、到着を待つのみであったが、音声サービス開始直前に送られてきた
メールによると、書類到着時期が20日より前は28日から発送。20日以降は
ほぼ4月一週目以降の発送と案内があり、若干ヒヤッとしたものの
無事、先ほど到着。
emobilebox.jpg
これからいろいろ使いこなすとするか・・・・。

ヤフオクでS11HTが特価販売。本当????

3/28から始まる音声サービスにあわせて販売されるイーモバイルの音声対応端末。
既に量販店では、S11HTが新にねんアシスト適用で19800円、S11Tは先行予約すれば1円
となっているが、これをさらに下回る価格で販売するという出品物がヤフオクにあがっていた。
senko_s11ht1.jpg
内容を整理すると
 ・ 料金プランはケータイプランのみ、かつ年間契約割引で新にねんとしたらS11HTが
   14980円になる。
 ・ 一旦、出品者に5000円振り込んで、残りはイーモバイルから商品送付時に代引き支払い
 ・ 申し込み書が郵送されてくるので、それをイーモバイルに送る。 
 アシスト無しで、なぜにそんな価格設定できるのか??、なぜにお金を2回に分けて支払うの??
 など多々疑問が沸きはじめ、パッと見で胡散臭く感じてしまう。ネットでも、そんな感じにとられ
 れている方も多いようだ。 
 ということで、ちょっと検証。
 価格。
 初期投資としての費用は5000円安くなるし、毎月費用においてもアシストがない分
 安くなる。結果として、量販で19800円で購入する際の条件と比較すれば約29000円も
 お得となるのは魅力的。ここにおいては、新にねんのみの契約自体は、イーモバイルでも
 可能なため、変なことは言っていない。
 気になるのは、14980円という値段設定。にねんアシストはぶっちゃけ端末購入費用の
 一部を分割支払いする言わば割賦であり、ユーザーが負担する部分。この部分は
 誰かが負担することになる。
 次に販売方法。2回に分けて支払うというのは、対面販売でしかも予約とか特別なケース
 を除けば早々なかったりする訳で、不自然さを強調させる。
 しかし、よくあるパターンとしてイーモバイル社員向けの優待として対一般ユーザー告知価格
 と異なる値段で販売しているイレギュラーなルートがあり、そのルートを持っている人が
 小遣い欲しさからやるケースが考えられる。例えば、少し前に富士通社内向けの優待販売
 でドコモの最新機種が1万円以下で売られたことがあり、それがヤフオクに大量出品されて
 いたときもある。また、イーモバイル自身もサービスイン当初に社員や社員の友人向けに  
 EMONEやデータカードが対一般向け価格より1~2万も安く販売する優待をかけていた
 こともある。
 とすると、今回もなにか優待があって、そのルートを知っている人が小遣いが欲しいと
 考え、出品して人集めて、最初は自分の小遣い。そのあとはルートの流れで支払いと
 なっているのかもしれない。
 と考えると、ぶっちゃけあまり害はないかもしれないし、仮にこれが・・・・・だったとしても
 申込書が届いた段階で、募集時と食い違いがあって、それが怪しければ郵送しなければ
 良い。もちろん、最初に払った5000円は損するがそれ以上は害はない。 
 と言う事で、ここはあえて、チャレンジしてみることに・・・・・。
 どういう顛末となると楽しみだったりする。
 ※ ちなみに、一個人の過去の経験で自己責任として動いており、これを奨励するものでは
    ありません。もし同様なことをやられ万が一なにかあっても責任は取りませんで、あくまで
    自己責任でお願いします