SIMフリー版のiPhoneを申し込んでみた

hkg_appleshop.jpg
7/10から香港でのiPhone 3GSが販売解禁された。
日本は6/26から販売開始したので2週間遅れの販売スタートである。
既にiPhone 3Gは持っているが、OS3.0にしてからというものの挙動の遅さが
顕著に目立ち、正直嫌気が増していたので少しでも処理速度が速いものが
欲しいと考えていた。
しかし、今ソフトバンクで買い増しすると、iPhone 3Gの残債返済に加えてに特別割引も
なくなってしまうため、当初実質30000円で購入できると案内されたが、これが6万とかに
なってしまう。
その上、iPhone 3GSを買い増しするとなると新規よりもインセが減るため
若干購入総額は高くなるし、iPhone3G同様SIMロックが掛かっているので海外で
海外キャリアのSIMに差し替えて使うこともできないため、機種変するにはちょっと
慎重にならざる得ない。
そんななか香港版のiPhoneについては、お国柄SIMロックが掛かっていない。
もちろん、価格はキャリアの補助がない分高いが、少なくとも今の自分の状況下
であればソフトバンクで買い増しするのと負担額はあまり代わらない上に、SIMフリー
なので、海外で現地キャリアのSIMを差し替えたり、日本では800M・1.7G帯では使えない
がドコモでも利用できるし、デザリングも出来てしまう。こうなると買ってしまったほうが
得なので、香港のアップルストアで購入することにした。
なお、お値段は16GB  5388香港ドル   32GB   6288香港ドル
 (※ 1香港ドル=13円とすると約7万円、約8.2万円。ただ急激な円高で実際はもっと・・・)
ちなみに、香港のアップルストアは送付先が香港のみのため、香港の住所がないと
販売してもらえない。幸いなことに香港在住はあるお方様にご好意でご対応してもらえ
ることになったので、とりあえずは商品到着まで待つのみ。
※ ちなみに、以下のサイトで買い物のお手伝いをしてくれます。
   日本の海外ケータイ取り扱い店での購入より総額ベースで明らかに安いので
   ご興味のある方はご利用くださいませ。。
   電脳中心買物隊 in 香港

やっとiida G9が届いた

先日、間違って届いたiida G9
au経由で店舗に対応してもらった結果、3日後には無事、正しい商品が到着した。
iida_pink.jpg
十分迷惑を被ったが、その代償として店舗さんから端末代はタダ。さらに、本件で
数日間使えなくなったことに対するお心づけを提示されるなにど、細かい部分も無事解決。
これでやっとまともに使えることになった。
で、触ってみたが結構使いやすいですね。
段差になっているキーは以外操作しやすいし、なんとなく質感も良い。
au端末で久しぶりに長く使っても良いかなと思わせてくれる端末である。
感想はさておき先日、別回線でxminiを増設したが未だSIMを挿していないので
試しにG9のSIMを挿して動くか試してみた
機種変更だけどシンプルコースで1050円。Walkman Phone Xminiを買ってみた
結果としては、無事認識。その後、本来増設した回線のSIMを挿してみたら
こちらは違うSIMなので利用が出来ないと表示された。
ということで、初めて挿したSIMを正とするようだ。

こういうナビもありだね。有名声優の声で道案内するPND MAPLUS

オフ会で、あるお方に車で会場まで乗せていただいたのだが
そこに搭載されていたナビがこれだった。
maplus.jpg
販売されたときにこれがニュースになって、へぇ~。面白いなって感じていたのだが
その後ウォッチして無かった。しかし、実際に実機を見て、しかも某声優さんの道案内を
聞いてみると、結構欲しくなった。でも、これ結構使えるかもしれませんね。
好みのものを使いたいという気持ちはあるし、地域によっては異なる方言で案内して
くれたほうが良いと感じる年齢層・世代もいる。最近のナビは通信モジュール内蔵したり
ケータイと接続したり、メモリーカードを通じてPCとの連携も可能。
と言うことで、容易にデータ入れ替えられるわけだから、メーカー出す製品は一つだけど
もっとパーソナライズなものに出来ても良いかもね
せっかくだから、ケータイのナビアプリもこんなの採用したら良いのにね。
ちなみに、どんな声優さんが参加されているのか以下参考までに。
maplus2.jpg

台北で携帯巡り - 西門に香港を超える販売店を発見 – <台湾旅行4日目>

西門は若者が集まる町。日本で言えば渋谷か原宿になるのだろうか。
ここの一角には、携帯電話のお店がたくさんある。
その規模は光華市場と変わらないぐらいだろうか。
さっそく携帯電話ショップがあるビルに向かって歩いていくと、途中にケータイショップが
あるのだが、ショーケースを見ると見慣れた携帯電話機が。
ximen_kshop0.jpg
 
ショーケースには、現地の携帯電話もあるが、ドコモの905シリーズ、ソフトバンク920SH
なども売られていた
ximen_kshop.jpg
このショップを見た後、目的地である携帯電話店が多数入居しているビルに到着。
ソニーエリクソンの看板がデカデカと。外側にはXTC、LGなどメーカーの販売店が。
ximen_kshop3.jpg
実際に、ビルの中は小さななお店が所狭しと並んでいる。
土曜日の遅い時間だったせいかお客さんの数は少し少なめ
ximen_kshop4.jpg
いろいろと見ていくと、あるお店に目が留まった。
店員さんが2人がしゃべっていたが、そこに並んでいる商品はほとんどが日本の携帯電話
ximen_kshop5.jpg
 ※ 後ろにはPANTONEケータイの箱がたくさん。
ximen_kshop6.jpg
 ※ 705SH・920SH・804SH ・705P ・812Tなどソフトバンクケータイがたくさん
    でも良く見るとイーモバイルのH11Tまでもが販売されていた
ximen_kshop7.jpg
 ※ こちらのショーケースには、ソフトバンク製品に加えドコモ905シリーズが
ximen_kshop8.jpg
 ※ こちらには903SHがたくさん。しかし、一つずつ見るとFarEasToneが販売している
    ものと旧vodafone端末が混在。日本販売品はお決まりの注意シールが。
    それでも凄いのはノベルティーの多さ。ドコモダケがたくさん
ximen_kshop9.jpg
 ※ iPhoneもしっかり入荷中。
ximen_kshop10.jpg
 ※ 2つあるショーケースのうち一つを正面から撮影。ほとんどが日本の携帯電話
ximen_kshop11.jpg 
 ※ ノベルティーがあるのも驚きだが、今月の総合カタログまであったのは驚いた
ちなみに、あまりの大いに驚いていたら日本語しゃべれる女性の店員さんが
やってきていろいろ話すことに。日本と同じぐらいの在庫量に驚いていると話すと
日本のケータイの人気があることなどを教えてくれた。せっかくなので写真とりたいと
言ったところ一発ok。これでもか!!とたくさんとってしまった。
ちなみに、920SHがいくらか聞いてみたところ電卓をはじき18500台湾ドルと提示
してきた。日本円換算すると65000円程度。
大方が割賦などを悪用したケースの商品なんだろうけど、あまりの数の多さに
驚いてしまった。少なくとも1年前の香港で見た光景以上の光景がそこにあった感じで
ある。
再び他の店舗を見て回ると、1~2機種程度日本のケータイが売られている店舗が数店
存在したが、さっきの店舗によりは少ないもののそれなりに在庫があるお店ももう一件発見。
ximen_kshop14.jpg
 ※ こちらはもソフトバンクケータイが。台湾はPHS提供地域ということもあってか
    WILLCOM端末も。
ximen_kshop15.jpg
 ※ こちらはショーケース。ドコモの純正オプションがある。 
こちらの店舗は撮影禁止といわれてしまったのでたくさんは取れなかったが
 もう一つのショーケースにはたくさんの日本のケータイが。
 もし行かれる機会があれば一度見てみてはいかがだろうか・・・・

光華市場へ行って来た <台湾旅行2日目>

PCパーツの生産拠点である台湾。
当然、秋葉原同様なパソコンパーツを取り扱う電気街が台北にもある。
MRT板南線忠孝新生駅から歩いて5分もしない周辺エリアがその地。
koukashijyo_near.jpg
※ 開店時間前に散策したのでお店はシャッターがしまったまま。光華市場を中心に
   東西に小さな店舗がひしめいている
パソコン・カメラ・携帯電話等の機器を販売するお店があちこちにあるのだが
その中でも有名なスポットが光華市場。
(営業時間は、現地時間10時以降順次。すべての店が開くのは12時ごろ。夜は21時頃まで)
koukashijyo.jpg
 ※ 新しくなった光華市場
光華市場は最近新しいビルが建てられ、それまで仮設で営業していた店舗は
新しいビルに引越した。店舗の中は、PC・PCパーツ・MP3プレーヤー・ケーブル類
書籍・ソフトなどを扱うお店が中心だが、ところどころに携帯電話屋さんもある。
koukashijyo2.jpg
 ※ 店舗内。数坪程度の店舗が各階に多数あり。見ているだけで楽しくなる
   ちなみに平日の午前は空いていたが、土曜の夕方に再度来ると結構混雑していた
koukashijyo3.jpg
 ※ 携帯電話屋さん。こちらは二手(中古)端末のほかに、端末を守るプラスチックカバー
    液晶保護シートが壁一面に陳列。
koukashijyo4.jpg
 ※ 携帯電話屋さん。こちらは新品と二手を扱うお店。まだ台湾では販売されていない
    はずのiPhoneが販売されていた・・・・。
softsale.jpg
 ※ ソフト屋さん DVDやPCゲーム販売がされているが、結構日本のタイトルの移植が
    目立つ。中でも明らかに正規品とは思えないものも多数存在。
なお、肝心な価格だが、パソコンパーツについては日本より若干高い。
たとえばあるお店ではウエスタンデジタル製(3.5インチ)500Gのハードディスクが
2800台湾ドル程度から売られていたが、レートを1台湾ドルで3.5円とすれば
単純に9800円。(※2008/08/28の価格です)
この値段だと日本ならば、9800円以下で購入できてしまうし、メーカー選ばなければ
640GBなども変えてしまうほど、そんなわけでPCパーツについては余程、日本で売られて
いない商品などのレアもの以外は台湾に来てまで買うほどではない。
一方、ソフトについては国外持ち出しはNGとされるものだと、300台湾ドル程度から
購入可能。日本のドラマ、アニメ、18禁ゲームもあり、放映から少し時間が経ったドラマは
全話収録の値段だし、日本のドラマに関心がある国だけあって、現クールで放映中のドラマ
の3週間前ぐらいに放映した分だけ(例:1~6話とか)のDVDが販売されていたりする。
また、正規品とされているものは最新のものは1000台湾ドルぐらいするが、それでも
日本円で3500円程度。人気がないものなんかだと、DVD10巻セットで300台湾ドルで
売られていたアニメも。台湾はリージョン3なので、日本と異なるものの対処方法はネット
等でいろいろ載っているので活用すれば、正規品ならば堂々と持って帰ることも可能。
どちらにしてもソフトについては購入の価値ありだったりする。
それにしても日本のソフト販売価格は高いですね。制作費高騰などで高くせざる得ない
のも分かりますが、高くしているが故に売れない訳で、もう少し考える必要があるようです
※ なお、違法行為を進めるつもりはありません。あくまで行って見てきたことを纏めた
   ものですので、各自自己責任でお願いします。

PCのコンテンツをケータイで。ポケットUサービススタート。 

ドコモが発表したポケットU。
PCに蓄積したコンテンツをケータイからNW経由でアクセスして
視聴等ができるサービス。
この手のサービスは個人的には凄くありがたいサービスで、結構前から利用していたする。
最初は、I・ODATAのTVキャプチャー用ソフト「どこでもmAgic」で、PC to PCで利用。
その後、orbではPC to PC に加え、PC to Windows Mobile で利用。
今回のポケットUは、これにPC to ケータイも可能に。
new080522_01-3.jpg
月額500円というのが嫌なところだが、結局乗り換えてしまいそうな気がするのだが
ただ、画面イメージを見ると、色合い等は異なるものの、なんとなくorbのメニューに
近いものが。
仮にorbをベースとしたら、そのうちorbもケータイ対応してくれるのか?
というか、そうなってくれると非常に嬉しいのだが・・・・・

イーモバイル 音声通話提供開始、同時にNMP、ローミングもスタート

イーモバイルが新規参入してから、はや一年。
当初の予告どおり、音声通話サービス、NTTドコモ網へのローミング
そしてナンバーポータビリティー(NMP)の提供をスタートすることになった。
 正直、エリアはまだまだ微妙だし、NTTドコモ網ローミング対応機は1つのみ
 で、しかも従量制。でも、Willcomよりも高速通信ができて、あの値段は安い。
 また、これは個人的な話だが、既にデータカードを1年契約で所持し、その期限が
 4月。一旦解約して、新たにPDAタイプを購入すれば、一契約で両方楽しめて
 しまうのは、凄くオイシイ。
 さらに、NMPができるので、余っている良番を移動させることができ、その分コスト
 削減も可能。一個人としては良いこと尽くめ。
 とりあえず、NMPスタートの3/28にはHTCもしくは、投売り状態のEM ONEαでも
 ゲットしましょうか・・・・。
—————————————————————————–
イー・モバイルが音声サービス開始――”基本料金0円/月、パケット定額
1000円/月”からの「ケータイプラン」
2月25日15時47分配信 +D Mobile
 イー・モバイルが3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。
通話の基本料金が無料で、パケット定額が1000~4980円/月(新にねん契約
の場合)の「ケータイプラン」は、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が
付属し、2万3825パケットを超過すると0.042円/パケットが課金され、上限が
4980円となっている。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが
2.1円/通。
 また、データカードと音声回線を契約するとデータ通信料が0円~3980円になる
「ケータイプランデータセット」も用意。同プランを利用することで、データ通信カード
ユーザーは、追加の月額料金を支払うことなく音声携帯向けサービスを追加できる。
ケータイプランデータセットには、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が
付属し、2万3825パケットを超過するとパケット通信料が0.042円/パケット課金され、
上限は3980円となる。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが
2.1円/通だ。
 いずれのプランも、月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間
の音声通話を24時間定額で利用でき、固定電話への通話は5.25円/30秒、
他キャリアケータイあての通話は9.45円/30秒と非常に低価格になる。
 なお契約解除料は、「新にねん」を契約した場合、利用開始月から経過期間1カ月
までが2万4000円、2カ月目からは毎月1000円ずつ減額され、経過期間2年で1000円、
2年1カ月目以降は不要になる。端末購入時に、2万4000円を分割払いする「ご加入
アシストにねん」を利用した場合は、利用開始月から経過期間1カ月までが4万8000円、
2カ月目からは毎月2000円ずつ減額され、経過期間2年で2000円、2年1カ月目以降は
解除料が不要になる。
 イー・モバイルのサービスエリア外では、NTTドコモによるローミングで音声および
データサービスが利用できる。国内ローミングサービスを利用するには別途申し込み
が必要で、料金は月額105円。通話料は一律30秒あたり22.05円、パケット通信料は
1パケットあたり0.0735円、イー・モバイル端末間のショートメッセージサービス(SMS)
は1回5.25円(配信通知なし)もしくは7.35円(配信通知あり)。対象エリアは北海道の
札幌近郊をのぞく道内、青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、長野県、富山県
石川県、福井県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県
大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県で、その他の地域では
地下なども含めてローミングは利用できない。
 音声サービスに対応する端末は、2機種発表した。1つはHTC製のスマートフォン、EMONSTER「S11HT」で、QWERTYキーを備えたWindows Mobile 6搭載端末
となっている。SIMロックをかけておらず、海外では現地のSIMを装着して利用可能。
もう1つは東芝製の音声端末「H11T」で、ワンセグを搭載した回転2軸型の端末だ。
カラーバリエーションは4色を用意する。
最終更新:2月25日18時5分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080225-00000046-zdn_m-mobi
—————————————————————————–

au 新プラットフォームKCP+が絶不調。顧客獲得にも影響し、auはもうダメ

ケータイの機種は、今でこそ割賦販売等が広く行われている分、高いという認識
はあるものの、少し前までは最新機種でも1円等で売られてしまう始末で、電話機自体
5~6万するなど思いもしなかった人も多かったと思う。
高くなる理由は、高機能化だったりするのだが新機能つけるたびに単価が上がっては
大変なので、当然コスト削減も同時に行われていたりする。
auもKCP(KDDI Common Platform)という新プラットフォームを作り、部品やソフトウェア
開発等でできる範囲で共通化してしまい、各メーカーの負担量を軽減させるようにしている。
そして、2007年冬ではKCPがさらにバージョンアップしたKCP+のお目見えし
対応機種も発表されたのだが、不具合が多発し販売されず・・・・。いつまで経っても
販売の目処が立たない上に、気がついたら2008年春モデルが発表。この春モデルでも
KCP+搭載機があるが、そもそも冬モデルが販売されていない時点で、春モデルを出す
わけにもいかず、どん詰まり状態。
KCP+自体がしっかり直れば、冬、春モデルともに市場投入されそうな気がしますが
そうすると価格も暴落。小出しに足せば、そのうち夏モデルの発表が来るわけで
またおかしくなってしまい、どのみち価格は相当下がりそうな予感です。
でも、KDDIはなんでこんな不安定な段階で商品投入を認めたんでしょうか。
こんな状態なら多少ラインナップが貧弱でも発表しないで、本当に整った段階で一気に
攻めたほうが良かったと思うのですが・・・・・。
それにしても最近のauは絶不調ですね。買い方セレクトで、明らかに一番高いイメージが
つきましたし、最新機種のデザインも微妙な上に、KCP+搭載は販売できず。
学生向けのガク割も、WIN主流のイマでは形はあってもほとんど利用できないなか
ここぞのタイミングでソフトバンクが大々的なサービスを投入、少なくとも学生から見れば
ソフトバンクが安く見えるのは確実。エリア面でauがつながりにくいという話が多々いわれ
続け、最近ではITMediaでも言われてしまう始末。それもそのはず、いまある800MHz帯は
一旦、お国に返却が必要で、もらっておきながらまったく整備していなかった2GHz帯を
やっと整備し始めたばかり。当然、あれだけ電波の変われば、電波の飛びも変わるわけで
一番最初にドコモやソフトバンクが苦しんできたことをイマから苦しみ続けることになる。
(イマでも苦しみ続けている2社に対して、これから一からやるau。この差は、何年経っても
埋まらない)
おそらく、今回の一件でユーザーへのイメージは相当悪くなると思う。
イマは、まだ浸透しきっていないがこれが浸透すると、かつてもボーダフォンのように
なりそうな気がするのは私だけであろうか・・・・。
———————————————————————————
auの「W54SA」に不具合、販売を一時停止
KDDIは、三洋電機製の「W54SA」において、プリセットされるアプリケーション
が利用できない場合があると発表した。これに伴って、「W54SA」の販売は中止
明日発売を予定していた地域についても延期される見込み。
 不具合の事象は、「W54SA」の一部において、製造上の問題からプリセットされている
アプリケーションが「!」と表示され、利用できない場合があるというもの。
通常、au端末のアプリキーを押すと、プリセットされたアプリケーションの名前やアイコンが
表示される。不具合のある端末では、この表示部分が全て「!」になっている。
「EZナビウォーク」や「地図ビューアー」「ぷよぷよ通DX(体験版)」「ニュースフラッシュ」など
が利用できない状態。
なお、「!」マークが表示されていない場合は問題なく利用できる。通話および通信機能
カメラやワンセグ機能などの利用には問題がないとしている。
 auでは、新たな携帯電話プラットフォームとして「KCP+」を採用。「KCP+」ではベース
バンドチップとして、新たにMSM7500というチップセットを導入しており、これに合わせて
出荷前に行なう工場でのチェック体制を変更した。
 今回の不具合の原因は、一部の工場でチェック体制に不備があり、検査時の状態から
出荷状態に戻さずに、そのまま出荷してしまったことによるもの。「W54SA」は2月7日まで
894台販売されており、このうちの2~3割の端末に不具合が発生するものとみられる。
 なお、対象となるユーザーには、個別連絡で対応する。販売再開時期については
未定だが、KDDI広報部ではそれほどかからずに販売が再開できるとしている。
明日発売を予定していた都内のauショップでは、販売を延期する旨がアナウンスされて
おり、予約客への対応を行なっているという。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38415.html
———————————————————————————-

とうとう、スーパーボーナス一括で0円

0805akiba_supabo.JPG
秋葉原に行ってきたのだが、電気街口そばにある石丸電気でソフトバンク 804Nがスーパーボーナス一括価格0円で売られていた。一括ということは、契約時に端末代金はすべて支払い済みにするということなのだがその支払額は0円。しかも、特別割引はそのまま残るので、基本料金は相殺されて実質タダ。前回、PDCの端末を3150円で購入したが、それよりもコストパフォーマンスが高い。
当然、躊躇せずに購入。当初は2台契約するつもりでいたが、販促の店員が2台在庫あるといい、申込書まで書かせておきながらやっぱ1台しか無いという始末。普通、申込書書かせる段階でモノの確保はしておくものなんですけどもね。。。
804n.JPG