ディズニーモバイル契約でソフトバンク端末は使えるのか

iPhoneの時も試してみたが、ディズニーモバイルを買ったので
ディズニーモバイルのSIMカードはどのソフトバンク端末になら使えるか
試してみることにした。
今回試したのはiPhoneの時と同じ以下の3つ。
1、ソフトバンクの最新端末
2、ボーダフォンロゴ付きの端末
3、ソフトバンクロゴ付き端末だが、もともとはボーダフォン時代に販売された端末
で結果ですが、予想通りなものになりました。
1、ソフトバンクの最新端末
【結果】 不可(920SH YK、922SH)
音声NG、データNG
※ 挿入されたSIMはこの電話機では使用できないとのエラー有
2、ボーダフォンロゴ付きの端末
【結果】 可能。(905SH ボーダフォン版) 
音声 発信OK、着信OK
      データは基本NG。但しメール設定、オンライン料金案内、ユーザーID通知設定は可
3、ソフトバンクロゴ付き端末だが、もともとはボーダフォン時代に販売された端末
【結果】 可能。(804N ソフトバンク版) 
音声 発信OK、着信OK
      データは基本NG。但しメール設定、オンライン料金案内、ユーザーID通知設定は可

au 新プラットフォームKCP+が絶不調。顧客獲得にも影響し、auはもうダメ

ケータイの機種は、今でこそ割賦販売等が広く行われている分、高いという認識
はあるものの、少し前までは最新機種でも1円等で売られてしまう始末で、電話機自体
5~6万するなど思いもしなかった人も多かったと思う。
高くなる理由は、高機能化だったりするのだが新機能つけるたびに単価が上がっては
大変なので、当然コスト削減も同時に行われていたりする。
auもKCP(KDDI Common Platform)という新プラットフォームを作り、部品やソフトウェア
開発等でできる範囲で共通化してしまい、各メーカーの負担量を軽減させるようにしている。
そして、2007年冬ではKCPがさらにバージョンアップしたKCP+のお目見えし
対応機種も発表されたのだが、不具合が多発し販売されず・・・・。いつまで経っても
販売の目処が立たない上に、気がついたら2008年春モデルが発表。この春モデルでも
KCP+搭載機があるが、そもそも冬モデルが販売されていない時点で、春モデルを出す
わけにもいかず、どん詰まり状態。
KCP+自体がしっかり直れば、冬、春モデルともに市場投入されそうな気がしますが
そうすると価格も暴落。小出しに足せば、そのうち夏モデルの発表が来るわけで
またおかしくなってしまい、どのみち価格は相当下がりそうな予感です。
でも、KDDIはなんでこんな不安定な段階で商品投入を認めたんでしょうか。
こんな状態なら多少ラインナップが貧弱でも発表しないで、本当に整った段階で一気に
攻めたほうが良かったと思うのですが・・・・・。
それにしても最近のauは絶不調ですね。買い方セレクトで、明らかに一番高いイメージが
つきましたし、最新機種のデザインも微妙な上に、KCP+搭載は販売できず。
学生向けのガク割も、WIN主流のイマでは形はあってもほとんど利用できないなか
ここぞのタイミングでソフトバンクが大々的なサービスを投入、少なくとも学生から見れば
ソフトバンクが安く見えるのは確実。エリア面でauがつながりにくいという話が多々いわれ
続け、最近ではITMediaでも言われてしまう始末。それもそのはず、いまある800MHz帯は
一旦、お国に返却が必要で、もらっておきながらまったく整備していなかった2GHz帯を
やっと整備し始めたばかり。当然、あれだけ電波の変われば、電波の飛びも変わるわけで
一番最初にドコモやソフトバンクが苦しんできたことをイマから苦しみ続けることになる。
(イマでも苦しみ続けている2社に対して、これから一からやるau。この差は、何年経っても
埋まらない)
おそらく、今回の一件でユーザーへのイメージは相当悪くなると思う。
イマは、まだ浸透しきっていないがこれが浸透すると、かつてもボーダフォンのように
なりそうな気がするのは私だけであろうか・・・・。
———————————————————————————
auの「W54SA」に不具合、販売を一時停止
KDDIは、三洋電機製の「W54SA」において、プリセットされるアプリケーション
が利用できない場合があると発表した。これに伴って、「W54SA」の販売は中止
明日発売を予定していた地域についても延期される見込み。
 不具合の事象は、「W54SA」の一部において、製造上の問題からプリセットされている
アプリケーションが「!」と表示され、利用できない場合があるというもの。
通常、au端末のアプリキーを押すと、プリセットされたアプリケーションの名前やアイコンが
表示される。不具合のある端末では、この表示部分が全て「!」になっている。
「EZナビウォーク」や「地図ビューアー」「ぷよぷよ通DX(体験版)」「ニュースフラッシュ」など
が利用できない状態。
なお、「!」マークが表示されていない場合は問題なく利用できる。通話および通信機能
カメラやワンセグ機能などの利用には問題がないとしている。
 auでは、新たな携帯電話プラットフォームとして「KCP+」を採用。「KCP+」ではベース
バンドチップとして、新たにMSM7500というチップセットを導入しており、これに合わせて
出荷前に行なう工場でのチェック体制を変更した。
 今回の不具合の原因は、一部の工場でチェック体制に不備があり、検査時の状態から
出荷状態に戻さずに、そのまま出荷してしまったことによるもの。「W54SA」は2月7日まで
894台販売されており、このうちの2~3割の端末に不具合が発生するものとみられる。
 なお、対象となるユーザーには、個別連絡で対応する。販売再開時期については
未定だが、KDDI広報部ではそれほどかからずに販売が再開できるとしている。
明日発売を予定していた都内のauショップでは、販売を延期する旨がアナウンスされて
おり、予約客への対応を行なっているという。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38415.html
———————————————————————————-

共同基地局 トンネル内アンテナ 首都高速中央環状新宿線

2007/12に実施された首都高速中央環状新宿線開通前のトンネルウォークイベントに
参加した際に見つけて撮影したもの。
トンネル内での通話を可能にするためのアンテナです。
tonnelantena3.jpg
※ こちらがPDC用のノッチアンテナ。この形自体はパッと見、東京の地下鉄でよく
見かけるものと似ています。
tonnelantena4.jpg
※ こちらが3G(IMT)用。PDC用と比べサイズがいくぶんコンパクトになっています。

共同基地局 電波引き込み用アンテナ  首都高速中央環状新宿線 西池袋IC

2007/12に実施された首都高速中央環状新宿線開通前のトンネルウォークイベントに
参加した際に見つけて撮影したもの。
トンネル内での通話を可能にするため、地上から引き込むためのアンテナのようです
tonnelantena.jpg
※ 左側にあるのが3G用、右側にあるのがPDC用です。
tonnelantena2.jpg
※ PDC用だけ拡大させてみました。トンネル内設置ということもあり、整備協会が
  関与しているようです。
c2_walk2.jpg
※ 設置されていた場所は、中央環状新宿線 西池袋ICの地上と地下にある本線を
結ぶ道の途中。ちょうどこの写真のトンネル入口から20mぐらいのところです。

ソフトバンクモバイル IMT八丈島局

八丈島空港から見えるぐらい近いところに基地局があったため
早速現地に行ってみました。場所は、ターミナルから見てほぼ正面。
アンテナ、設備構成は一般的な形ですが、空港に近いということで
設置物を認識させるためのランプが付いています。

※ 基地局全景

※ アンテナ部分

※ 設備部分

景観に配慮した基地局設置の動き

日本の基地局と言えば、あからさまにアンテナと判るものばかりなのですが
海外ではアンテナがあることをユーザーに気がつかせないように、いろいろと隠したりしていることが多いのが現状です。
日本は、ほんの数年前までドコモなどが数局設置している程度でしたが年々採用箇所も増えたようで、やっと諸外国に追いつき始めた感じがします。今後、何処に設置されているか判らない・・・・なんて時代は来るのでしょうか?
—————————-
「忍者型アンテナ」続々 携帯基地局増加で景観に配慮
2007年02月21日11時35分
作り物の枝葉をまとって大木に化けたり、神社の格子戸の奥に潜んだり――。
携帯電話のアンテナ基地局に、周囲の風景に溶け込んで姿を消す「忍者型」が増えている。ケータイの爆発的普及と足並みをそろえ、電波をやりとりする基地局も急増。各地の郊外に高さ数十メートルに及ぶ鉄塔が次々と姿を現すようになり、便利さと景観維持の兼ね合いが求められるようになったためだ。 名古屋市東部の住宅街に面した竹林に昨春、ひときわ太い「竹」が出現した。濃緑色の表面にはちゃんと節があり、四方に伸びた枝に細長い葉が茂る。実は、高さ15メートルの鋼管を竹そっくりに塗装し、鉄製の枝葉を溶接した「擬竹アンテナ」だ。 NTTドコモが地元住民と話し合い、竹林の風情を壊さないように工夫した。節の間隔はあえて不ぞろいにし、枝のたわみまで再現した力作に、近所の主婦は「少し離れて眺めれば、竹林に紛れて違和感がない」。オーダーメードのため、コストは通常型のほぼ倍かかったという。 ドコモはこのほか、合成樹脂製の樹皮や枝葉をまとった松型アンテナとログハウス風の機器収納箱をセットした「山小屋型」や、鋼管にランプを取りつけた「街灯型」などを、全国22カ所の国立公園や景勝地に設けている。
 ソフトバンクモバイルは「立ち枯れシラカバ型」を長野県内のスキー場に
設けているほか、広島県内の神社では基地局を境内の建物内に隠し、
格子戸越しに電波を送受信させている。「携帯電話は通じて欲しいが、
境内の古風な雰囲気は乱されたくない」という声に応えたものだ。
 忍者型が増えている背景には基地局数の急増がある。携帯電話と
PHSの契約数は1月末で1億件を突破し、全国民のほぼ8割に行き渡った
計算だ。06年末には規模の大きい携帯電話の基地局だけでも約13万局
に達しており、過去5年間で2.5倍に膨らんでいる。
 特にここ数年は顧客争奪戦が激しくなる中、各携帯電話会社は電波の
通じない「圏外」解消に奔走。山村部や観光地への基地局設置を急いで
いるが、電波を効率よく送受信できる好立地ほど見晴らしがよく、武骨な
鉄塔が目立つ結果となる。
 ドコモは忍者型のほかにも、やぐら組みの鉄塔を鋼管1本に置き換えたり、
本来光沢のある表面をつや消しや茶系色に塗り替えたりするなどの景観
対策を進めている。
 行政側が主導して、基地局の乱立を防ごうとする動きもある。基地局は
各社の「企業戦略」に従ってバラバラに建てられてきたが、山梨県は06年度
から、高さ20メートル以上の基地局を建てる場合はライバル会社に共同利用
を呼びかけるよう指導。現在、新設局の2割が共用されているという。
 ドコモは「今後も通話エリアを広げていくためには、景観対策は避けられない
課題。基地局を目立たせない工夫に加え、基地局の総数を抑えるような技術
開発を続けていく」と話している。
ソース元 : http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY200702210140.html
—————————-

ソフトバンクモバイル 新座堀ノ内 鉄塔タイプ

イーモバイル参入にあわせて、再び熱を入れ始めた基地局巡り。
今のところはイーモバイルが本命とはいえ、一つ一つ見つけては
巡っているため他の会社のアンテナについても撮影しております。
せっかくですので、今後はまんべんなくご紹介して参ります。

※ 基地局全景
3Gケータイの基地局です。昨年ボーダフォンから買収された際
46000局まで増強すると発表したこともあり、結構な頻度で
見つけることができます。

※ 設備部分
設備については、よく見かける形です。