蒙古タンメン中本 池袋店 北極ラーメン

3週連続で沖縄帰りにそのまま蒙古タンメン中本へ行くことに。
羽田到着が遅れたため、閉店ぎりぎりに目黒店に駆け込むことができなかった
ため、池袋店へ。到着したのは0時半近くなのだが7~8名ほど並んでいる人が
既に食べている客層を見るとこの変の界隈で働かれているお水関連の人。
繁盛していることが伺える。
moukotanmen0131.jpg
頼んだのは北極ラーメン、半冷やし味噌スープ、単品麻婆。
本当は味噌卵麺とか食べるつもりであったが、少し外で待つことになってしまい
体が寒くなってしまったので体が温まる北極に変更。
食べ前に唐辛子をふりかけたのち、食すが結局この後も唐辛子を大量投入
おいそくいただきました。

人身事故の影響で、東京メトロ10000系が西武池袋へ入線

夕方前に西武線内で発生した人身事故の影響で、西武線のダイヤが乱れ
有楽町線、副都心線も直通運転も中止。結局終電近くまでこの余波が残っていたのだが
そのおかげか普段有楽町、副都心線への乗り入れてしまうメトロの10000系が
西武池袋まで走行。
なかなか珍しい光景がみれた。
seibuikebukuro_metro.jpg
ちなみに、西武池袋への乗り入れ対応はされていないため案内は臨時扱い。
この時の行き先は清瀬行き。池袋~練馬は準急、その後は各駅と事故時によく
ある変則的な運転でした。

本日開業。さっそく東京メトロ副都心線に乗ってきた

東京メトロ最後の新規開業路線となる副都心線。
既に開業済みの和光市~小竹向原~新線池袋に、本日新たに
新線池袋~新宿三丁目~渋谷間が開業。4年後に予定されている東急東横線のホーム
移設が完了すれば副都心線を通して北は埼玉、南は横浜まで結ばれることになる。
マスコミ等の事前の宣伝もあってか混雑するだろうな。と思いながらも本日さっそく
試乗することに。。
新線池袋改め池袋で1本待ったのち急行列車で渋谷へ。当初、池袋~新宿三丁目間は
6分と言われていたので、結構なスピードで走りきるのかな?と思っていたが、急行出発の
3分前に各駅停車が出発するようなダイヤのせいか、あっという間にノロノロ運転。
各駅停車の通過待ちが行われる東新宿直前では、一旦停車してしまうほど。。
その後は、ごくごく普通に走ったものの、新宿三丁目では停車時間が長すぎるせいか
追い越した各駅停車が接近し急行が出発するまで停車待ちしているなど土日ダイヤ
しかも昼間と過密さがないはずなのに、朝方の過密ダイヤのような洗練さがない
ダイヤ構成に、いささか閉口。平日の朝ラッシュは大丈夫なのかと不安に感じて
しまった。
※ その後も混雑が続き全体的に遅延。私鉄線のダイヤにも影響が発生していた。
fukutoshin.JPG
※ 副都心線渋谷駅にて、出発待ちの西武線直通急行飯能行き
渋谷駅では、折り返しの電車の最前列に陣取るべく待つ人や、少々変わった
駅の仕様を見学する人がたくさん。それもそのはず2年後に予定されている東急線
乗り入れに対応させるべく2ホーム4線仕様になっている。
しかし、現時点においては4線分も不要なため、実際使うのは両ホームの外側にあたる
2線分のみ。内側の2線分は、既に線路は敷設済みだがこのホーム間をつなぐ通路を
何箇所か設置し、完全に利用できない形に。ユーザーにとっても便利だし、このような
珍しい形も早々なく、気になっている方が多々いた
fukutoshin4.JPG
※ 渋谷駅新宿三丁目方面寄り。真ん中の2線上に通路を設置。目の前には交差ポイントが。
fukutoshin2.JPG
※ 渋谷駅の中間部分。完全に通路で埋めていないため、所々線路が見える。
fukutoshin3.JPG
※ 渋谷駅横浜方面寄り。いまは壁があるが2年後にはここがなくなり、横浜方面へ続く。
とりあえず、埼玉方面から渋谷方面への利便性は増した。そしていずれは横浜まで
つながることでもっと利便性が良くなる。 しかし、一方で複数の路線が乗り入れることで
トラブル発生時は遅延がよりひどくなることも。
特に、今回では西武線と東武線双方が有楽町線と副都心線に乗り入れするため
計4路線が絡むネットワークになり、いずれかの路線でなにかが起きれば、他の3路線
にも何かしらの影響を与えてしまう。
現実に、初日の段階で混雑による遅延が発生し、西武線のダイヤが若干乱れたことを
考えれば、今後も同様な影響を受けることは多々ありえるわけで、極端な発言だが
多方面に影響を与えてまでも、本当に一本でどこでもいけるというやり方は良いのか?
という疑問も沸いてしまう。もちろん、そんなことが起きないような仕組みにしてもらえれば
良いだけですが・・・・・。

蒙古タンメン中本 吉祥寺店限定 北極の冬

もう5年近く経つDVDレコーダーの調子がおかしくなり、延長保障行使し修理すべく
ヨドバシカメラへ。せっかくなので立ち寄ることに。
nakamoto_kichijyoji.jpg
駅から若干離れたところ、しかも人があふれるエリアとは逆に店舗があるということもあって
まだ数回程度だがほぼ並ばず入れる状況。認知度が高く交通の便も良い池袋、新宿が
常にそこそこ混んでいる状況を考えると結構穴場かもしれません。
nakamoto_hokkyoku_wintter.jpg
頼んだのは、吉祥寺店限定の北極の冬(850円)
北極ベースなのですが、個人的には若干辛さ控えめのような感じが。
でも、通常の北極にはない具も乗るなど結構食べていて新鮮さがありました。
悲しきことに今月で終了してしまうとのこと。食べてみたいかたは行ってみては
いかがですか?

開通直後の首都高速中央環状線を走ってきた

22日16時。首都高中央環状新宿線 熊野町JCT~西新宿JCT間が開通。
先日、トンネルウォークイベントでトンネル内を見学したが、やはり車で走って
みなくてはと思い、開通直後である22日17時頃に走行してきた。
しかし、こんな考えをする人は多かったようで、各JCT付近では渋滞
全区間スムーズに走行とはいかなかった。
ちなみに、トンネル内には両方向にオービスが存在。環状線にある2車線対応型
ではなく、普通のLHタイプがトンネル上部に設置されている。
これがまたコンパクト故にトンネル内の機器と意外に同化しており、しかもオービスが
あることを示す最後の警告板(K板)からカメラまで結構距離があり、カメラ直前に
速度を判別し速度超過!等の表示をしてくれる警告表示もないため、うっかりしていると
撮影されてしまいそうになるほど。
走る人は、気をつけてください。
※ さっそく撮影されているかたがいるので、ご紹介します。
 外回り 西新宿JCT→熊野町JCT

 内回り 熊野町JCT→西新宿JCT

首都高中央環状線トンネルウォークへ行ってきた

12/20に新規開業する首都高速の中央環状新宿線。
このルートを歩くことができるというイベントが12/8開催されたので、行ってきた。
そもそも中央環状線は、湾岸線の葛西JCTと大井JCTを放射線上に結ぶという計画
だが、実際は用地買収等もあり1987年に葛西(湾岸線)~堀切(6号線向島線)が繋がって
以降、長年路線が延びることが無かったのだが、2002年に江北(S1川口線)~板橋(5号池袋線)
まで開業、そして今回熊野町(5号線)~西新宿(4号線)まで開業することになった。
ちなみに、2年後には西新宿~渋谷(大橋)も開業予定。
現状、埼玉、東京、千葉、神奈川等各方面から来る車が他エリアに行くには、すべて
都心環状線を通らないと行けなかったため、都心環状線へ向かう交通量が激増、慢性的な
交通渋滞を引き起こしていたことから、山手線外側に環状線を作り、各方面から他エリアへ
行く車をここで対処することで、首都高速全体の渋滞緩和を図ろうとしており、今回の開業では
主に4号線の渋滞が大幅に緩和されると言われている。
余談はさておき、今回会場になった西池袋入り口へ。
c2_walkroot.jpg 
ちなみに、今回応募したのは池袋会場。中野会場でも実施していました。
c2_walk1.jpg ※ 料金所。ETCで通るとものの数秒で通過してしまうところですが
今日は歩いて通る分、いろいろと見ることができました。
c2_walk2.jpg※西池袋出入口から本線へ入るためのトンネル。結構な急勾配です。
c2_walk3.jpg ※ 新宿方面本線合流後、新宿方面を撮影。どうやらこの先には
オービスがあるようです。おそらくトンネル内にあるのは始めてのような気がします。
きっと2線対応のLHシステムあたりが待ち構えていそうな感じがします。
c2_walk4.jpg
※ なかなか見られない非常口。
c2_walk10.jpg
※ 非常口の中は、単に階段しかありませんが、そもそもここを見ること自体が無いので
新鮮。
c2_walk6.jpg
※ 池袋方面本線。シールド工法で掘られたルートが続きます。写真で見ても判るとおり
路肩部分の道幅がほとんどありません。故に、車が故障とかすると実質的には道を塞ぐ
ことになるため、渋滞になること間違いなし。そもそも、アップダウンもそれなりにあるので
下手すれば追突されかねない。
c2_walk8.jpg
※ 消防施設。あまりお目にかかれないですが、消火器と消化ホースがあるようです
c2_walk9.jpg
※ 退避スペース。高速道路の路肩ぐらいのスペースがやっと確保されています。
環状8号線(環八)の井草トンネルのようなしっかりとした退避帯があることが望ましい
のですが、用地買収等の関係もあってままならなかったようですね。
c2_walk7.jpg
※ トンネル区間を抜け、5号線への合流へ。ここで2車線あった道もここで1車線に。
だいたい2キロ程度の散策でしたが、火災報知機、給排気口、ケータイのアンテナ等
普段見られないものをしっかり見られたのはうれしいものです。というか、もう歩くことは
できませんので・・・・・。
それにしてもルートはアップダウン、カーブが多いこと。カーブは緩やかだが、トンネル故に
見通しが悪い。またアップダウンは、意識していないと知らぬ間に速度を落ちてしまう。
そしておまけにオービスも。自然渋滞を引き起こしそうな箇所が多いので、注意が必要です。
また、5号熊野町JCT~板橋JCT間は、6号線小菅JCT~堀切JCT同様合流方法が面倒。
少なからず、5号線はそれなりに慢性的渋滞を引き起こしそうな気もします。
皆さんも、通る際はご注意を。

蒙古タンメン中本 目黒店限定 チャンプ勇

月替わりで提供される限定メニューの中でも、一風変わった商品だったため、足を伸ばして食べに行ってきました。

※ チャンプ勇、単品麻婆、半冷やし味噌スープ 
チャンプ勇は、スープ無しのラーメン。蒙古タンメンの麻婆と野菜、北極ラーメンの肉、ネギとアスパラ、卵が載せられた一品。普段、北極やら冷やし味噌に唐辛子をバンバンに掛けて食している分辛さに若干不満が残るものの、美味しかったです。

もし、近場の方一度お試しあれ