(沖縄そば食べ歩き) 大宜味村 前田食堂 牛肉そば

jedasyokudo1009.jpg
名護から国道58号線をひたすら北上していくとあるのが前田食堂。
ここは、たっぷりの野菜が盛られ、スパイスがよく効いた牛肉そばが有名なお店。
特に牛肉と野菜を炒めた汁がそば汁とマッチ。さらに胡椒の効き具合も絶妙。
実は1月に沖縄に来たときに食べていて、今回で2度目なのだが、最初に食べたときの
インパクトが強くて、沖縄そばの中では一番好きかも・・・と思っていたりするほど。
ボリュームは結構あるのだが、この味の旨さであっという間に平らげてしまえるし
食べ終わった後、もう一杯食べたいという衝動にも駆られる。
なかなか行きにくい場所だがぜひ行って食べて欲しいと思う一品。

(沖縄そば食べ歩き) 本部町 きしもと食堂 八重岳店 きしもとそば

ほんの10分前に八重善さんでイカスミそばを食べたばかしなのだが
本部町で有名なきしもと食堂へ。
最初は本店に行ったものの、既にたくさんのお客さんで長蛇の列。
本店は断念し、八重善さんに行く途中にあった八重岳店さんに行くことに。
kishimotosyokudo_yaedake.jpg
ただ、八重善に行ったとき、そしてきしもと食堂の本店に行く途中。それそれ通過した時は
さほど混雑しているようには見えなかったが、ここに来たときには、こちらも混雑。
15分程度待たされてやっといただくことが出来た。
kishimotosyokudo_yaedake_kishimotosoba.jpg
頼んだのは、きしもとそば(大)。
ざっくり言ってしまえば、普通の沖縄そば(三枚肉が入っている)と言うべきか。
ちなみに、さっき大盛り頼んだばかしなのに、また?と言われそうだが、ここのは大が普通サイズ。
大盛り頼みたいかたは、特大。少し軽めにしたい方は中を注文すると良い。
スープは、なんとなく色が濃い目だが、味はそこまで濃い感じはしない。
ただ、肉はじゃっかん濃い目な感じはしたが、決して辛いと言う訳ではなく
むしろスープの味にマッチしている。
次は本店に行きたいな・・・・・。

(沖縄そば食べ歩き) 本部町 八重善 いかすみそば

※ 2010年10月に訪問
久しぶりにちゅら海水族館に行くべく、本部町へ。
せっかくなので本部町で気になるお店を巡ってみようと思い
最初に行ったのが、八重善さん。
ここは、限定10食でイカスミそばを出してくれる。
yaezen.jpg
到着したのは、11時ちょい過ぎ。
早速店舗へ。ちょうど自分と同じタイミングでもう1組のお客様も来店。
さっそくイカスミそばを注文してみた。
yaezen_ikasumisoba.jpg
待つこと10分程度で、イカスミそばが到着。
大盛りを頼んだが、おまけでジューシーも付いてきた。
このあと何店舗か巡るのでちょっと不安になるが、全力で食うのみ。
魚なので汁に若干の臭みがあるものの、決して臭い!ということはなく
味はそばのスープにイカスミが加わり、さらっとしている中でもコクがあって美味しい。
また食べたいかもと思うぐらい、癖になりそうなお味でした。。

新橋 沖縄料理源さんの新メニューは金曜限定の牛そば

gensan0410.jpg
なんやかんや毎週食べに行ってしまっている沖縄料理の源さん。
金曜日限定だが、野菜そばに代わって牛そばという新しいメニューが登場したので
早速食べてみることに。
基本的に、野菜そばを踏襲するものの、肉が豚から牛肉に変わる。
肉の量が多い分、若干野菜の量が減った感じもするがそれはさておき。
味は牛肉が入った分、野菜そばよりも一味変わったておいしい。

秋葉原 沖縄そば まーさぬーや

秋葉原に沖縄そば屋が出来たとの情報を聞き、沖縄そば好きとしては
一度食べなくてはと思い、今回行ってみることにした。
0207akiba_okinawasoba.jpg
 ※ 末広町に近いところにあるお店。もともとはカキ氷みたいな商品を扱っていた場所の
    跡に出店
0207akiba_okinawasoba_2.jpg
頼んだのは普通の沖縄そば。(木灰入り)
麺はきしめんのような細長い麺。軟らかくなく、硬くもなくちょうど良い。
ただスープは、なんとなく薄めに感じた。
たまたまなのか、これが基本なのかは何度か通ってみる必要があるが
個人的には、やはり現地には敵わない感じ。まだ新橋の源さんのほうが
良いかもしれない

(沖縄そばの食べ歩き)那覇市内 どらえもん どらえもんそば

亀かめそばを食べた後、一回東京に戻った上で、再び沖縄へ。
到着後に早速2軒目へ。
場所は、那覇市内、国際通りからちょっとだけ外れたところにあるお店
どらえもん。ここは宮古そばを出すお店、実は2~3年前に一度来たことがある
のだが、それ以来の来店。
doraemon0131.jpg
ビルの2階にお店があり、お店の入り口には上に上がる階段とお店のちょうちんのみ。
パッと見では、入りにくいかもしれない。
しかし、お店の中に入るとおばぁが切り盛りするお店。
doraemon0131_2.jpg
頼んだのは、どらえもんそば。800円。
宮古そばに三枚肉、ソーキ、てびちのお肉が載ったちょっと欲張りなそば。
麺を食べると最初ちょっと柔らかいかなって思ってしまう感じがするのだが
でも芯はしっかり残っていて、決してやわらかくなってしまったそばではない。
正直、絶妙って言ったほうが良いかもしれない。
スープはすっきりした感じ。肉から出る脂もあってちょうど良い。
国際通りあたりを散策するときに食べるなら「どらえもん」か「かどや」って感じだろうか。
結構オススメなお店である

(沖縄そばの食べ歩き)那覇市内 亀かめそば ソーキそば

3週連続の沖縄そば巡り。
一軒目は昨年も行った亀かめそばへ。
モノレールの旭橋駅から沖縄港に向けて歩くこと10分程度のところにある。
kamekamesoba0131.jpg
※ 亀かめそば。太陽館というビルの中にお店がある。
kamekamesoba0131_2.jpg
昨年はフーチーバそばを注文したかず、今回はソーキそば大盛り。500円
麺は細めん。スープは少し甘めに煮てあるソーキが加わったせいか、スープに
深みが増す。昨年フーチーバを食べたときは、スープが少し薄く感じたがソーキ
の組み合わせでは薄く感じることはなくベストな味だった。
なお、肉の量も4切れとボリューム満点。それでいて500円なのでありがたい限り。
お店は10時30分から開店。麺がなくなり次第終わってしまうので、行かれる方は
お早めに。。

(沖縄そばの食べ歩き) 奥武山公園 うるくそば

先ほどの与那原家Ⅱの間一つ隣にあるお店が、うるくそば。
かなり昔から営業しているお店のようで、地元でも結構有名なお店らしい。
ちなみに奥武山公園駅からは、こちらが手前にある。
uruku.jpg
頼んだのは、お店の名前と同じうるくそば。
uruku2.jpg
ソーキや三枚肉といったガッツリしたお肉ではなく、こまぎれなお肉と椎茸などが盛られた
そば。なんとなくライトな感じがする。ちなみに、椎茸などは甘く煮てあるようで、食べたとき
に甘みが出てくる。スープは鰹ベース。個人的に結構すきだったりする。

(沖縄そば食べ歩き) 奥武山公園 与那原家Ⅱ

沖縄市内 ゆいレールの奥武山公園駅から歩いて3分程度にあるのが
与那原家。もともと与那原町にあるお店だが、どうやらここにもお店を出したようだ。
yonabaruya.jpg
頼んだのは、てびちそば。麺大盛り。スープはこってりタイプ。
ここはスープがあっさりとこってり。麺はいつもながらの麺とは別に2種類ほど選ぶ
ことができる。
yonabaruya2.jpg
てびちとそばが別皿に載せられてくる。そばの中に入れても良いし、別々に食べても
良い。与那原町で食べたときは一緒の皿に載って来たが、ここでは別々ということで
正直、麺だけが強調されてしまって魅力減。またスープもこってりを選んだのは失敗
だったような。。
味は悪くないけど、ちょっと残念が残る感じでした

(沖縄そば食べ歩き) 那覇市内 波布食堂

嶺吉食堂から歩いて1~2分と凄い近い場所にある波布食堂。
ここは、想像以上に量が多いことで有名なお店である。
habu.jpg
開店時間は11時から。しかしこのタイミングで数名の地元のお客さんが来店。
その後もどんどんお客さんが来店するなど人気ぶりが伺えた。
頼んだのは肉そば。650円なり。
その量はなんと・・・・
habu2.jpg
はい。麺が見えません。野菜盛り過ぎです。
野菜を食べ終わらないと麺が食えない。麺を先に食べようならば野菜が雪崩のように
崩れてくる。そんなボリューム量に圧倒です。
とりあえず、一緒にもらった小皿に野菜を避難させた上で、麺を食べ始めます。
スープは野菜を炒めた汁も加わってか、あっさりがある沖縄そばのスープよりも幾分
濃いめな感じ。でも、これが良いのか、どんどん食べてしまいます。
おそらく腹減っていればガツガツ食べてしまいそうなのですが
しかし、さっき嶺吉食堂でてびちそばを食べたばかり・・・・。
いくら大食漢でも結構負担になります。
どうにか食いきりましたが、正直しばらく食べたくなくなるぐらい豪快な量でした。
ちなみに、もし食べられなくても大丈夫。実はパックをもらうことができ
持ち帰ることができます。地元の人も最初からそれを見越して頼んでいる
人も多いので、食べられなくても気楽に持ち帰ることができるようです。