【基地局巡り】au 電柱設置 & ビル設置型

3GやLTEだけですべてのトラフィックをカバーするのは大変故
各社WIFIスポットを整備中だが、従来の飲食店内への設置に加え
ここ1-2年で電柱や建物に設置するような事例も。

auwifi_dencyu_okachimachi
※御徒町ラーメン横丁近くにある電柱設置タイプ。
ぱっと見、筐体のサイズがアステルPHS 20mWタイプの残骸か?と思うけど、アンテナは異なるのと、筐体にKDDIロゴも。

  
auwifi_bill_sotokanda5
こちらは、外神田5丁目で見つけたビルの屋上に設置されたau。
こちらはもう一つ余分にアンテナがついていますが、以前の展示会で出展
されていた機器を見ると、上位回線(wimax)の関係なのかと。
http://gigazine.net/news/20111006_au_wifi_spot_ceatec_japan_2011/

竹富島にあるドコモ、au、ソフトバンク、willcomの基地局を巡ってきた

年内最後に沖縄に行ってきました。
ただ、毎度本島しか行っていなかったので、今回は石垣島にも足を伸ばしてみた
のだが、思っていたよりも早く一通りの観光地を巡ってしまったため、急遽竹富島へ
も足を伸ばしてみることに・・・・・。
で観光もするのですが、せっかくなのでここの基地局も見学することに。。
taketomijima_bs.jpg
※ 竹富島の中心に位置する場所に4キャリアの基地局が密集。
 左からau、willcom、ソフトバンク、ドコモ
docomo_taketomijima.jpg
※ ドコモの基地局。マイクロBSタイプでよく見かけるタイプ
docomo_taketomijima2.jpg
※ 基地局施設。この地域ならではの石壁で囲まれている。ちゃんと地域の景観にあわせた
   対応をするところはさすがドコモ。
docomo_taketomijima3.jpg
※ 基地局施設。movaとfoma両方の機器が設置。ほぼ一周した感じではここ以外
   見かけなかったので、この基地局が島を全体をカバーしているのかな・・・・
willcom_taketomijima.jpg
※ willcomの基地局。willcomの場合は、ここ以外に港の前とか何個かありましたが、このタイプは
   ここだけだったはず・・・。
softbank_taketomijima.jpg
※ ソフトバンクの基地局。こちらはただのフェンスで囲まれているだけ。
   もう少しいろいろと考えて欲しいなぁと思ってしまうのは私だけ?
au_taketomijima.jpg
※ auの基地局。
au_taketomijima2.jpg
※ auの基地局施設。ドコモ同様に石壁で囲っています。さすが沖縄セルラーですね。
au_taketomijima3.jpg
※ 基地局施設。お決まりのGPSアンテナが2つほど設置。

au トライブリッド基地局 沖縄県国頭郡東村

auがフィールドトライアルで一部箇所で設置しているトライブリッド方式の基地局。
沖縄にも設置されることが決定し、(沖縄では)第一号となる東村の基地局を見に行ってきた。
トライブリッド方式とは、太陽光発電、蓄電池の連携、深夜電力の3つの電力源を活用する
もの。晴れた日には太陽光を電力源にしつつ、電池を蓄積。日が落ちたり、曇りなどでは
その蓄電池を使用。夜は料金の安い深夜電力を使うと言った、そのタイミングで一番
効率が良い方法で基地局を運用するもの。
ちなみに、トライブリッド基地局を、新潟県、栃木県、茨城県等に設置されている
沖縄ではこの東村と糸満市の2箇所に設置されることになっている
au_higashison.jpg
au_higashison2.jpg

CEATECにて、auトライブリッド基地局について、いろいろ聞いてきた

ゆんたく会に参加するため沖縄へ行くことになっていたが、この時期はCEATECの開催時期。
いつもならば土曜日に行くのだが、その日は沖縄。と言う事で、金曜日に沖縄へ旅立つ前に
行って来ることにした。(それでも15時の飛行機に乗る必要があったため、実質2~3時間
しかいられなかったが・・・・)
で、CEATECでいろいろなネタがあったけど、それは別ブログ等で書くこととして
ここではauブースにて紹介されていたauのトライブリッド基地局について。。
まさに、これから東村に行く予定だった私にとっては、実物を見る前にいろいろ情報が
聞けてよかった。
au_trybrid.jpg
※トライブリッド基地局の概要
au_trybrid2.jpg
※ 現在、稼働中のトライブリッド基地局の発電状況。
   ちなみに、この時期はまだ積雪がなかったが雪が多い上越市での実験では、積雪時でも
   結構太陽光発電が出来ていたとの事。他地域より微妙に角度を変えることで、積もりにくく
   させていることに加え、以外に反射熱等で思っていたより蓄積が出来ていたとの事
au_trybrid3.jpg
au_trybrid4.jpg
※ 現在設置済み、設置中のトライブリッド基地局のリスト。
   ちなみに、沖縄では東村のほかに、糸満も設置されるとのことだが、このタイミングで
   設置は少し遅くなるという話が。。
au_trybrid5.jpg
トライブリッド有と無の電力量と料金比較。
au_trybrid6.jpg
 ※ どの時間帯にどの電力源を使用していたかの事例。
    日の強い午前は太陽光。午後は蓄電池。夜は電力となっている
 

「UQはうちの会社だ! 」 と、KDDI小野寺社長兼会長が発言

3日にロイターの記者がKDDIの小野寺正社長兼会長にインタビューをした際に
WiMAX提供事業者のUQコミュニケーションについて発言したもの。
WiMAXへの参入条件として総務省から議決権ベースで33%以上の株を保有できない
出資制限、MVNO提供などの義務が課せられている。端的に言えばどこかの企業色を
出さず、広くあまねく企業を受け入れサービス提供しなさいというもので、WiMAX提供事業者
は日本では地域ベースは別として全国提供可能なのはこの1社だけなので、そりゃ当然と
言えば当然の話なのだが、実際のところは参入後から議決権ベースは33%以下だが
優先株を含む総株式総数では33%を超え、下手すりゃ過半数に到達するほど。
そして今回、さらなる設備投資で資本増強をすべくKDDIが追加出資をする方向で進めて
いるようで、この辺についてロイター記者としてはツッコミしたところ、「総務省が参入条件
として出資制限しているから仕方なくやっているだけで、実際は我々の会社だぞ」と言った
趣旨の発言を堂々と言ってしまったらしい。
もともとKDDIの社員がUQに出向しているのだから、自然と他社より身内に対して優しく
なるのは、人間の感情としては自然なこと。だから、まぁ多少動きが鈍いとか、密告されない
ぐらいの非協力的な対応は当然予見できるものなのだが、それでもそれを露骨に表現
してしまうのはあってはならないと思うのだが、それを社長自ら言ってしまったものだから
まぁ大変。
ぶっちゃけ、公平に対応とか総務省が掲げた参入条件だって、参入枠が少なくて誰かが
勝って、誰かが負ける状況下なら、その後のシコリを無くすために表面的に付けた条件に
過ぎない気もするのだが、それでもこの条件があるからこそ、競争に負けた企業は本当に
使う・使わないに関わらず、いちよ一選択肢として検討時にカードを持つことができる。
しかし、今回の発言はそんな角が立たないための配慮も無意味に。総務省としては
少々面子がつぶれた感じがする。
この発言だけで参入取消しとか言われることはないが、それでも何らかの影響はありそう
な感じ。どんな結末になるか楽しみです
——————————————————————————————
インタビュー: WiMAXのインフラ構築でUQコムに追加出資も=KDDI社長
東京 3日 ロイター] KDDIの小野寺正社長兼会長は3日、ロイターのインタビューで
今月から始まった高速無線の「WiMAX(ワイマックス)」を運営する持分法適用会社の
UQコミュニケーションズ(UQコム・東京都港区)に追加出資する構えがあるとの考えを
示した。
 UQのインフラ構築資金は必要に応じて提供する方針で、今後、大容量データの利用で
成長が見込める高速無線市場の基盤を固めていく姿勢を示した。
 WiMAXは受信速度が毎秒最大40メガ(メガは100万)ビットで、固定回線のADSLの
速さに匹敵する無線回線。7月1日から有料サービスを開始したが、当初は首都圏
名古屋、京阪神の一部のカバーにとどまる。運営会社のUQコムは、これから順次エリアを
拡大し2012年度までに1400億円をかけて全国をカバーする計画。サービス開始までに
UQコムは、KDDIのほか、米インテル、東日本旅客鉄道、京セラの出資で470億円の
資本金・資本準備金を調達した。今後も追加出資や銀行借り入れで資金を調達する方針。
 ただ、総務省が新規参入を促すことをねらいとして設けた制限によって、UQコムには
KDDIほかNTTドコモやソフトバンクなど第3世代携帯電話会社からの出資が議決権
ベースの3分の1未満に制限されている。このためKDDIが保有する普通株の議決権
比率は32%となっているが、5月にはUQが優先株で実施した第三者割当増資を引き
受けたことで、KDDIの出資総額は207億円になった。UQの資本金・資本準備金に
対する比率は44%となる。
 小野寺社長は「UQはうちの会社だと思っている。(優先株による出資は)3分の1の
制限があるから仕方なくそうなっている」と指摘。その上で「(今後の出資は)増やす
必要があれば増やしていく。他社も比率をキープしたいなら按分することもあるかも
しれないし、いろいろなケースがあり得る」との考えを示した。
 インタビューの詳細は以下のとおり。
 ――今月からWiMAXの有料サービスが始まったが、KDDIは拡大するデータ通信
市場でどのように事業展開するか。
 「auとWiMAXではマーケットが違う。Auは携帯電話のサービスだが、WiMAXは
パソコンがベースで当面はノートブックがメインになるだろう。MID(モバイル端末)も
そうだ。最初のうちは(パソコンに挿入する)データカードを販売していくことになるが、
将来の発展を考えるとパソコンに初めから内蔵される時代に間違いなくなる。データ
通信市場は、携帯で広げることも考えているし、UQでの展開も考えているが、エリア
や料金の違いがある。どちらが有利かはお客が判断していくことになる。ただ、UQは
パソコン、auは携帯。基本的にはそういう方向に行く」 
 ――KDDIは出資しているだけでなくUQから回線を借りるMVNO(仮想移動体通
信事業者)だが、どんなサービスを予定しているか。
 「法人向けのデータカードがメインになる。ただ、WiMAXのサービスエリアはまだ狭い。
WiMAXだけでは不十分という人のために、EVDO(携帯のデータ送信)とのデュアル
(自動切換え)モードを出す」 
 ――WiMAXのカバーエリアの拡大で、UQの設備投資のために追加出資の考えはあるか。
 「当然、増やす必要があれば増やしていく。他社が比率をキープしたいなら
プロラタ(按分)でやることもあるし、いろいろなケースがある」
 ――既存の携帯事業者は、WiMAXの運営会社に3分の1以上出資できない
制限があるが。
 「UQは3分の1の出資制限があるので別の会社にせざるを得なかったが、もともとは
KDDI自身がやりたかった。今の(優先株の注入)は仕方なくそうなっている。UQは
うちの会社だと思っている」
 ――米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)による携帯向け基本ソフト(OS)を
搭載した「アンドロイド」携帯端末の発売はいつか。
 「2010年中には発売する。(実験的なものではなく)きっちりしたものを出す。
どのくらいの数の端末を出すかは言う段階にはないが恐らく複数になる」 
 ――携帯端末と通信料を分離した販売方式の導入が進んで、端末料金分を
差し引く分だけ通信料が下がる傾向にある。
 「シンプルコース(分離プラン)への移行によって、あと1年か2年の間はARPU
(契約あたり月間収入)は減っていくだろう」
 ――音声ARPUが下がる一方、データARPUを引き上げるのが課題だが、
どのように取り込んでいくか。
 「データをたくさん使うお客のパーセンテージは大体決まっていて(課金の)上限に
張り付いたままだが、ほとんどのお客がメールしかやらないなどの最低のデータ利用
しかない。こうしたお客に魅力的なコンテンツを提供していく。あまり使わない人に
どうやって使ってもらうか。ここを底上げしないとARPUは上がらない」 
 ――今期の配当予想(1万1000円)は配当性向20%を下回っているが、予想よりも
増配する予定はあるか。
 「今までも通期の業績予想を出したとき、配当20%を割った配当予想を出したことが
過去に何回もある。それで決算をやった結果、われわれがコミットしている配当性向20%を
割れば、必ず20%を上回る配当性向に増配している。今回も決算の結果が業績予想
どおりなら期末に(増配)することになる
—————————————————————————————–

やっとiida G9が届いた

先日、間違って届いたiida G9
au経由で店舗に対応してもらった結果、3日後には無事、正しい商品が到着した。
iida_pink.jpg
十分迷惑を被ったが、その代償として店舗さんから端末代はタダ。さらに、本件で
数日間使えなくなったことに対するお心づけを提示されるなにど、細かい部分も無事解決。
これでやっとまともに使えることになった。
で、触ってみたが結構使いやすいですね。
段差になっているキーは以外操作しやすいし、なんとなく質感も良い。
au端末で久しぶりに長く使っても良いかなと思わせてくれる端末である。
感想はさておき先日、別回線でxminiを増設したが未だSIMを挿していないので
試しにG9のSIMを挿して動くか試してみた
機種変更だけどシンプルコースで1050円。Walkman Phone Xminiを買ってみた
結果としては、無事認識。その後、本来増設した回線のSIMを挿してみたら
こちらは違うSIMなので利用が出来ないと表示された。
ということで、初めて挿したSIMを正とするようだ。

auさん、またですか? 再び顧客の電話機・SIMを取り違える

あるネットショップでiida G9がシンプルコース13000円で売られていたので
NMPで契約し、本日商品が届いた。
g9_green.jpg
さっそく箱から端末を出したところ、端末の色が注文したピンクではなく
グリーンと違っていることに気が付く。
おいおい、違う色で登録かけてしまったのか?。(汗)
ひょっとしてSIMも?と思い端末からSIMカードを取り外し、カード記載のICCIDと
申込書記載のICCIDを見比べてみると、やっぱり違った。
いや、たまに申し込み書の記載間違いもあるからと思い、念のため電源を入れて
番号確認してみたが、やっぱり違った。
と言うことは・・・・(怒)
どうやら、私に送るべき端末・SIMを別の人に送ってしまい、別の人に送るべき
端末・SIMを私のところに送ってきたらしい・・・・。まぁ、端末の色が違った時点で
ぷんぷん匂いましたが、案の定ですか。。
とりあえず、早速店舗に電話したところ、反応無し。
仕方ないのでauのカスタマーセンターに電話。au経由で対応してもらうことにした。
そういえばもう2年ぐらい前に、秋葉原のヨドバシカメラで新規契約したときにも同様の
経験をしたことがあったので、今回で2回目。前回はauの営業部長やら担当営業
ヨドバシの代理店の担当者と責任者がこぞって訪問謝罪に来て、ヨドバシに限らず
他の店舗でもしないように徹底させます。と言っていたのにな・・・・。
出荷段階で申し込み書記載した端末番号、端末の箱記載の端末番号を見るだけで
解決できるのにね・・・・。ほんの数秒の確認を怠ったこと些細な人為的ミスで大きな
問題に発展してしまうのだから担当者さんも大変ですな。。
そういえば、去年は秋葉原のポケットプラスワンでW62H買った時もauが代理店へ
の通達がしっかりできていなくて、端末購入で得られる基本料金の特別割引が適用
されると案内しておきながら、適用不可になって後日弁済してもらったような。。。
そう考えるとなんかauはミスが多いですね。
顧客満足度が高いとか言っていたけど、実態はそんなことはない。
もったいないですね

機種変更だけどシンプルコースで1050円。Walkman Phone Xminiを買ってみた

xmini.jpg
春ぐらいから、現在利用中の端末が3ヶ月以上ならば機種変更なのにシンプルコースで
低価格で購入できるという話のあったXmini。
端末自体は去年の年末に販売されたものだが、音楽視聴をメインにした仕様でサイズも
あまりに小さすぎる故か人気がなく、あっという間に低価格で販売されることになった端末。
しかしこの低価格販売もそろそろ在庫が無くなるという噂を耳にして、せっかくだしそろそろ
抑えておくべきと思い、ネット通販のレクサスプランニングさん
購入することにした。
xmini_letter.jpg
で早速商品が届いたのだが、一緒に入っていたお知らせを見ると
「au ICカード対応機は最初に挿入したaui ICカードのみご利用いただけます」
「※ 相違するICカードを挿入した場合、ご利用者がしようできるようにするには
 auショップにて登録が必要となり・・・・」と興味深いコメントが。
これって、最初に増設した回線以外の回線のSIMを挿したら動くのでしょうか。
無駄に試してみたくなってしまいました。
ちょうど、iida G9をNMPで申し込んでいるので届いたら、そのSIMを挿して試して
みることに。
と言うわけでしばらく利用はお預けです。

ソフトバンクとau の広告は、犬と犬の対決。

shibuya0508.jpg
渋谷駅ハチ公前にある広告。
ソフトバンクとauが出稿し、どちらも犬。(まぁ、ソフトバンクの場合は、お父さん)
なんか、確信犯的な展開に見えてしまうのは気のせいでしょうか・・・・。
ちなみに、auのiidaブランドとして販売される「私の犬のリンリン」
これの販売価格は、結構な高額になる予定。
第一弾として販売されたG9こそ、それなりの価格帯だが、「私の犬のリンリン」
しかり、「宇宙へ行くときのハンドバッグ」、「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」
は高額商品。一番安い「宇宙へ行くときのハンドバッグ」ですら10万円台の予定
そんな端末をCMやら渋谷の広告展開に使うというのは、なんか客層とあっていない
ような。斬新なデザインを出す会社としてアピールしたいんでしょうけど、微妙に買える
値段を遥かに超える値段設定をしていては、まったく意味がないと思うのだが・・・・・。

ドコモ、夏モデルを対象に端末メーカーの開発費支援へ

販売方式変更で急激に端末が売れなくなってしまい、メーカーは悲鳴な状態。
これで在庫抱えたら大変なので奇抜なものは作らなくなるだろうし、売れそうな
もの作ろうとするとオーソドックスなものになって結局他社との差別化もなくなる。
そして、ユーザーも販売方式変更で購入熱が下がっている上に、さして変わらな
ければ別に今すぐ買い替えしたいとも思わなくなる。まぁ、悪いスパイラルになりがち。
当然、なにかしら補填入れるしかないんでしょうね。
日本メーカーが海外進出していて、一定の成功を収めていればまだ吸収する方法も
あったんでしょうけど、日本での販売がほとんどな状況だからなぁ・・・。
———————————————————————————-
ドコモ、夏モデルを対象に端末メーカーの開発費支援を検討
1月24日11時39分配信 ロイター
[東京 24日 ロイター] NTTドコモ<9437.T>が、携帯電話端末の09年夏モデルを
対象に、端末メーカーの開発費を一部支援する方向で検討している。同社の広報担当者が
24日、明らかにした。
 携帯電話端末の出荷台数は、通信各社による販売方式の変更や不況の影響で急減し
ており、開発・販売から撤退するメーカーも出ている。ドコモは支援を通じ、端末調達価格
の引き下げや、端末の安定供給確保を図る。
 対象とする企業や支援の規模は明らかにしていないが、ドコモ向け端末の出荷台数が
多いNEC<6701.T>と富士通<6702.T>、パナソニック<6752.T>、シャープ<6753.T>の4社を
対象に、総額百数十億円規模になるとみられる。ドコモは過去にも、第三世代(3G)携帯電話
の普及を図るため、端末メーカーの開発費を同じく100億―200億円規模で支援した経緯
があった。
 国内の端末市場は、通信各社による販売方式の変更や景気悪化の影響を受けて急減。
足元では08年4─11月の累計出荷台数が前年同期比24.2%減の2486万台となるなど、
低迷している。一方、端末の高機能化とともに開発費が増加しており、昨春の三菱電機<6503.T>など、端末の開発・販売から撤退や事業を縮小する動きがある。ドコモは、端末
の安定調達を確保するため、秋冬モデル以降の開発費も支援する可能性がある。
最終更新:1月24日11時39分
———————————————————————————-