久しぶりに、先達広場に行ってみた。

iPhone修理でtelecom digitalに寄ったのち、先達広場へ。
香港は2009年8月に来て以来なので実に約2年ぶり。
お店の勢いとかは変わっていないと思いつつも、来たからには見ていかないと思い
立ち寄ることに。
sentatsuhiroba110601.jpg
※先達広場
フロアが増減した訳でもないので店舗数に極端の差はないけど、それでも2年来ていな
かったので店舗の取り扱い内容は大きく変わってた。
sentatsuhiroba110601_1.jpg
sentatsuhiroba110601_2.jpg
昔と比べるとiPhoneやiPadとか扱うお店が増えた感じがするし、アクセサリー専門の
お店も増えた感じ。やはり2年も行っていないと明らかに変わって部分が多々ある。
sentatsuhiroba110601_3.jpg
sentatsuhiroba110601_4.jpg
日本の携帯電話を扱う専門店も健在。
買っている人が若い人も変わらず。
SH-12cが早速販売されていたが、もう夏モデルはSIMフリーに出来てしまうので
特別不思議なことではないんですな・・・。
さておき専門店は代わり映えしないが、海外ケータイの販売がメインでいくつか日本ケータイを扱っていたお店は昔と比べればほとんど減った感じ。
sentatsuhiroba110601_5.jpg
sentatsuhiroba110601_6.jpg
sentatsuhiroba110601_7.jpg
ちょうどiPhoneやiPad2があちこちの店舗に納品されてきていて、一部の店舗では
商品と引き換えに大量の札束を受け取り、数える方も・・・・。
こういうのが見れてしまうのは、さすが先達というべきか・・・。
これほどあちこちに入荷していたのでSIMフリーなiPad2を購入しておく手もあった
のだが、既に、Eee Slate(win7なタブレットPC)とEee Pad Transformer(Android)を買って
しまったので、おあずけすることに・・・。
でも、いろいろな端末が売られている姿はいつ見ても良いですな・・・・。
俺も手元資金で電気街の片隅で1~2つぼのお店でこんな商売ししようかな・・・・

香港版iPhone4の修理依頼で、テレコムデジタルさんへ

telecomdigital.jpg
香港に到着して最初に行ったのは、旺角(モンコック)にあるTelecom Digtalさんへ。
ここは、アップルの修理等を受け付けているお店。もともと来る予定は無かったが
4月に買ったばかりのiPhone4のホームボタンが複数回押さないと反応しないケースが
多々出始まったので、ちょうど香港に来るので相談してみることにした。
正直、あんまりコミュニケーションできるほどの英語能力はない(片言レベル)ので
事前に症状をしっかり纏めた上で、窓口の人と交渉。
英語もどうにか伝わったし、症状も再現できたので無事修理受付をしてもらえること
になった。(一安心。)
修理完了まで2時間ほど待つことになり、この間に深水埗(シャムスイポ)でプリペイドSIMの調達
やら、尖沙咀(チムサーチョイ)で買い物したりと時間を潰したのち、再度お店へ。
修理と言ってもパーツ交換等はせず単純に筐体交換。新しい端末に変わって戻ってきた。
ただ今度の端末は、香港版の32GBであるMC605ZP/Aから、アメリカ版MC319LLに。
MC319LLってなるとSIMロック版と思ってしまうが、そこはしっかりロックが外されている。
てっきりMC605ZP/Aになると思っていたのでこれは驚きだが、海外版を日本で修理依頼
すると日本版の型番ながらSIMフリーな端末に化けて帰ってくる。単純に機能差分が変わら
なければ型番に拘っていないのは何処の国でも同じなんだなぁ・・と思うと納得。
どうあれ無事元に戻ったことで一安心。
正直、あのまま複数回押さないと反応しないままだと、間違いなくiPhone4を嫌いになりつつ
あったので助かった・・・・。 (やはり馴れは怖い)
どのみち半年後には、iPhone5が出て購入しちゃうだろうけど、違うお店でAPPも購入。
なんとなくずっと残しておこうかなって思っていたりする。。

SIMフリー版 iPhone 3GS 到着

iphone3gssimfree.jpg
香港での販売が解禁された11日にアップルストアで購入したiPhone3GSが無事到着。
これで心置きなく海外行っても現地SIMで定額でデータ通信が出来る。
早速、いろいろ触りたいところだが、現時点では少しお預け。
あー、早く使いたい。。。

iPhoneを格安で修理してくれるお店

※ほぼ自分のためのメモ
電池交換も9800円ぐらいかかったあげく、本体そのもの交換となるため
面倒だし、値段も結構高い。液晶のひび割れについても本体交換ゆえに
最低2万円程度はかかってしまう。
どうやらこのお店ではずいぶん格安でやってくれるようだ。
まぁ、2台ともアップルケア加入しちゃったので利用頻度は少ないかと思うけど
とりあえず万が一の時にはここを使うことに・・・
http://ilab.cc/index.html

SIMフリー版のiPhoneを申し込んでみた

hkg_appleshop.jpg
7/10から香港でのiPhone 3GSが販売解禁された。
日本は6/26から販売開始したので2週間遅れの販売スタートである。
既にiPhone 3Gは持っているが、OS3.0にしてからというものの挙動の遅さが
顕著に目立ち、正直嫌気が増していたので少しでも処理速度が速いものが
欲しいと考えていた。
しかし、今ソフトバンクで買い増しすると、iPhone 3Gの残債返済に加えてに特別割引も
なくなってしまうため、当初実質30000円で購入できると案内されたが、これが6万とかに
なってしまう。
その上、iPhone 3GSを買い増しするとなると新規よりもインセが減るため
若干購入総額は高くなるし、iPhone3G同様SIMロックが掛かっているので海外で
海外キャリアのSIMに差し替えて使うこともできないため、機種変するにはちょっと
慎重にならざる得ない。
そんななか香港版のiPhoneについては、お国柄SIMロックが掛かっていない。
もちろん、価格はキャリアの補助がない分高いが、少なくとも今の自分の状況下
であればソフトバンクで買い増しするのと負担額はあまり代わらない上に、SIMフリー
なので、海外で現地キャリアのSIMを差し替えたり、日本では800M・1.7G帯では使えない
がドコモでも利用できるし、デザリングも出来てしまう。こうなると買ってしまったほうが
得なので、香港のアップルストアで購入することにした。
なお、お値段は16GB  5388香港ドル   32GB   6288香港ドル
 (※ 1香港ドル=13円とすると約7万円、約8.2万円。ただ急激な円高で実際はもっと・・・)
ちなみに、香港のアップルストアは送付先が香港のみのため、香港の住所がないと
販売してもらえない。幸いなことに香港在住はあるお方様にご好意でご対応してもらえ
ることになったので、とりあえずは商品到着まで待つのみ。
※ ちなみに、以下のサイトで買い物のお手伝いをしてくれます。
   日本の海外ケータイ取り扱い店での購入より総額ベースで明らかに安いので
   ご興味のある方はご利用くださいませ。。
   電脳中心買物隊 in 香港

擬似iPhone <香港旅行2日目>

eseiphone.jpg
プリベイドSIMを使い切ってしまい、再び深水埗(Sham Shui Po)の鴨寮街へ。
せっかくなので、携帯電話店をじっくり覗いていると、898ドル(1.2万円)と
ありえないくらいの安さで売られているiPhoneがあった。
2G版だったとしてもこの値段なら買いと思いつつ、いろいろ見てみると
擬似iPhoneと書いてあることに気がつく。
そう、iPhone人気にかこつけて外観だけ真似た端末だったりする。
日本とかなら即訴えられそうな感じがするが、さすが中国って言ったところ
でしょうか。。

ジュエリーなiPhone <香港旅行1日目>

madia_iphon.jpg
Airport Express香港駅(MTR香港)の真上にあるIFCモールにある
MADIAという宝石店のショーケースにあったiPhone。
ダイヤなどが散りばめられており、15.5カラットもあるらしい。
先日、上戸彩と樋口可南子さんにプレゼントされてティファニーケータイよりは少ないけど
面積が広い分、こちらのほうが良く見えてしまった。。

脱獄せずにiPhoneとGoogleカレンダーを同期する

せっかく3G(W-CDMA & HSDPA)が搭載され、いつでも何処でも通信が
できるようになったので、カレンダーの同期とかしたいと考えていたものの
Mobile meはリアルタイム更新がかけられるものの値段が高いし、クレードル経由
での同期は意味がない・・・・。
脱獄すれば選択肢が広がるが、できればそれはしたくない。
なんか良いかなと探していたところ、nuevasyncというサービスを発見
これはMS Exchangeを活用し、Googleカレンダーと同期。更新されたときはPUSHで
iPhoneに送ってくれるというもの。PUSHなので、iPhone側が定期的にアクセスして
情報取りに行く必要もない。これは便利と思いさっそく使ってみることにした
URL : https://www.nuevasync.com/
手順は、
 1、サーバー側の設定作業
    ・ nuevasyncサイトへ行き、signupをクリック。nuevasyncのアカウントを作る
      必要事項を入力すると、登録したメアドにメールが届く。
 nuevasync2.jpg
    ・ メールにあるURLへアクセスし、カレンダーのchangeをクリックしgoogleを選択
    ・ 同じくカレンダーのsetupをクリックし gmailのアカウントを入力。
       すると、アクセス許可を求めてくるので許可を選択
    ・ 写真のようにカレンダー欄の右側に緑色に店頭すれば完了。
 nuevasync3.jpg
 2、iPhone側の設定作業
    ・ 設定-メール/連絡先/カレンダーを選択し、アカウントを追加へ。
    ・ Microsoft Exchangeを選択  
    ・ nuevasyncで登録したメアド・ユーザー名・パスを入力。その後サーバー欄に
      www.nuevasync.com を入力
    ・ どのサービスを利用するか選択できるので、カレンダーのみ有効にする
    
    あとは保存すれば、完了。保存後、今あるカレンダーを取り除く旨の案内が
    あるが、かまわず同期を選択。あとは、時間帯サポートはオフにしておいた
    ほうが良いかも。
  こんな感じで結構簡単に出来てしまいます。
  いちどお試しあれ。

iPhoneでインターネットラジオを楽しむ

洋楽を良く聴く自分とって、ラジオは新しい曲を知るためにも必要不可欠
で、特にネットラジオは世界の多数あるラジオ局の番組が気楽に聴けてしまう
ことから、自宅では結構な頻度で聴いているほど。
しかし、ストリーミング配信なのでブロードバンド環境でこそ聞けるものの
移動中となるとWillcomじゃ通信速度等の要因もあって環境的に厳しく聴きに
くい状況だった。
イーモバイルのEMONSTERが販売されてからは移動中でも聴けるように
なったもののiPhoneでも聴けたらなと思っていたら、しっかりアプリが公開
されていた。
tuner.jpg
 
Tuner Internet Radio。700円なり。
デフォルトでも結構ラジオ局が登録されているが、自分で追加することも可能。
個人的には結構調歩しそうである。
しかし、オーディオプレーヤーでネットラジオで聴けるようになってしまうとは
幅が広がることで良い事なんだけど、人に音楽を聴かせるという点では競合する存在。
少しだけ違和感を感じてしまう。
 

iPhone専用SIMは本当に他の携帯で使えないの?

ということで、自分の持っている端末で試してみました。
iphone_handsettest.jpg
SIMフリー端末含めてテストを慣行。テスト内容は、待ち受け、発信テスト。
さて、結果は・・・・・。







機種名合否備考
Nokia6120cSIMフリー端末
シャープ 905SHVodafoneロゴ
シャープ 705SHVodafoneロゴ
NEC 804Nソフトバンクロゴ
シャープ 812SH×PANTONEケータイ
東芝 911T×

 
ソフトバンク端末は案内の通り駄目でしたが、Vodafone時代に販売された端末
についても端末にソフトバンクロゴがあろうと正常動作となりました。
もちろん、SIMフリー端末は当然利用可能。
ちなみに、S!ベーシックパックに加入していますが、Yahoo!への接続はできませんでした。
もしvodafone時代に買った端末が今でもあるのであれば、万が一の際応急処置
として利用するのも可能ですが、そもそもこの時期に出た端末では使える機能も
少ないのでメリットはないかも。。