ウィルコム、私的整理との報道される

とうとう、こんな報道がされるようになってしまった。
もともとドコモ、au、ソフトバンク(旧ボーダフォン)、ツーカーと携帯電話4社時代の
際には、データ通信のサービスをやってはいたものの決して力を入れていたとは
言えなかった。
故に、PHSのデータ通信サービスはその存在意義があったのだが、イーモバイルが
参入したことで速度等でPHSは劣り始め、その後各社もスマートフォンなどの端末
やらデータ定額サービスを始めたことで優位性は減り、また音声等に比べたら需要も
多くないので、かなり厳しいシェア争いに突入してしまっていた。さらに音声通話につい
ても、ソフトバンクの低価格戦略におされてしまっていた。
そんな新規加入が獲得しにくい状況になるなか、解約者を出さないような施策を打つ方法も
必要だったが、むしろ新規契約者に対して月980円で128Kbpsのデータ定額まで始めて
しまい肝心な既存契約者は同じサービスでありながら月3~4000円と言う、また変な
状況に。これでは既存契約者からも見放されてしまう。
正直、しっかりやっていても数年程度長く生きられただけかもしれないが
タイミング、今までの施策などがうまく出来なかった結果、早まった感じがしてしまう。
今後、債務整理等を行なってスリムな状況にした上で運営継続するのか。
はたまた有望な支援者が出ることなく結果としてサービス終了としていくのかは
判らないが、どちらにしても利用者が困る状況だけは避けていただきたいところ。。
——————————————————————————
ウィルコム、私的整理へ 銀行団に1000億円返済期限延長求める
ウィルコムが金融機関に1000億円規模の債務返済期限延長を求める
方針を固め、近く事業再生ADRの手続きに入るという。
PHSのウィルコムが、三菱東京UFJ銀行などの取引金融機関に、1000億円規模の
債務返済期限延長を求める方針を固めたことが19日分かった。来週にも、私的整理の
一種で第三者機関が仲介する、事業再生ADR(裁判外紛争解決)の手続きに入る。
 ウィルコムはPHSで約450万人の顧客を持つ。サービスを継続しながら経営再建を
進め、政府が近く設立する企業再生支援機構への支援要請も検討する。
 ウィルコムは現行PHSの20倍の速度を持つ無線通信サービス「XGP」を開始する
電波利用免許を取得、10月からサービスを始めるが、多額の有利子負債を抱え、
今後5年間で必要な1400億円規模の設備投資の資金調達を巡り銀行との交渉が
難航。筆頭株主の米ファンド、カーライル・グループへの追加出資要請や経営陣の
刷新で事態の打開を図ったが調整がつかなかった。産経新聞の取材に対し
ウィルコムは「現時点で決定した事実はない」(広報)としている。
2009年09月19日 12時31分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/19/news005.html
—————————————————————————————-

980円でつなぎ放題 WILLCOMのGWキャンペーンに申し込んでみた

ws014in.jpg
先日、発表されたゴールデンウィーク スペシャル企画キャンペーン。
指定のデータカードでの契約であれば、端末の割賦代金(700円程度)と毎月3880円の
つなぎ放題の料金プランの組み合わせで通常なら月々4500円するところが980円で
持てるという。
明らかに赤字じゃないかと思う価格であり、投げやりな感じがしてしまうが
せっかくなので契約することに。やはり価格の安さもあってか一番欲しい機種は売り切れ。
その次に良いかなって思った機種を契約してみた。
これで、所有している回線数は20回線に。
学生時代以来の久しぶりに大台突破である。
ほとんど良番の維持で、料金も半分は8円端末だし、他もシンプルプランとかなので
維持費は大した額にならないが、ここまで来てしまったという感じ。
個人的なことはさておき、WILLCOMは本当に大丈夫なのだろうか。
ここ最近の加入者数を見ても、かろうじて純増、悪いときは純減になっている
発表が23日でしかも今月までなら、さらに契約事務手数料も無料になる点を考えると
今月は明らかに純減になりそうで、どうにか歯止めをかけたい感じも見えてくる。
カーライル等との約束である程度の加入者数・収入を維持する必要があるとは良く
聞く話だし、故にそれを守るために頑張ろうとしていると思われるが、今回の
キャンペーン価格は、各社新たな収益源としているデータ通信において格安な価格
で定額化してしまった。
おそらく速度は求めない人にとっては、今後この料金が一つの指針となる。
ますます料金に対してシビアになる人も出てくるだろう。
確かに他企業に比べたら一定の利益を上げている。それらが適切にユーザーにに還元
されるべきとも思うのだが、これらがさらに進むとそのうち新しい投入もままならない状況に
なってしまうなんてことが出てくるのであれば、近いうちにどこかで見直す必要があるのかも
しれない。

Willcom D4を購入

willcomd41113.jpg
拡張性は微妙だけどサイズとしては、個人的に欲しい。しかし、WILLCOMの通信速度は
遅く、使い放題でも利用価値は低い。そのため価格的に見れば利用料金等含めた総額ベース
で見ると高い。そんな状態なので、なかなか買うことを躊躇していたWillcom D4。
たまたまヤフオクで安い価格で出品があり、最低価格で入札したところ、他は入札が入り
価格が上がっていくものの、こちらは入札なくそのまま落札することに。
おかげで5万円とEeePCを普通に買った場合と変わらない価格でゲットできた。
あとは、PHS300+イーモバイルを使って無線LAN経由で楽しませてもらおうと計画中。
肝心なPHSは、W-SIMへの変更はせずに、しばらくはTWO LINK DATAのデータカード
のままで放置。来年春には次世代PHSも試験レベルだが開始予定なので
優待適用が出来る状態で放置することに。

iPhone 3G と Willcom D4

どちらも7/11に販売されることになったApple iPhone 3GとWillcom D4。
個人的には、この2機種はどちらも興味深いものがある。
main_overview20080609.jpg
iPhoneは、GSM搭載機の初代は既にアメリカで売られ、自分の周りには
持っている人も多かったし、通信機能がないiPod Touchは日本でも売られ
いまさら外観や操作性への関心はない。ただ、今回3Gが搭載されることで
いつでもどこでもあの操作性でネットに接続できる点やSDK活用によるアプリ開発の
開放は、いまのiPhoneをもっと便利にできる可能性を秘めている。
今回、発表された料金プランや端末価格は、パケット定額を使っていない人に
とっては高いと感じるが、上限まで使っている者としてはHTC等のXシリーズ
同様1万円コースにならない分むしろ安いぐらいに感じる。
個人的には、既に17回線持っている身なので、パケット定額上限まで使った回線
が一つ増えたぐらいに過ぎず、痛くもかゆくもないというのが本音。
おそらく安く買えると期待した人には酷な言い方かもしれないが、一個人としては
パケット定額使わないぐらいなら、そもそもiPhoneではなくiPod Touchを買ったほうが
良いと思う。iPhoneは、通常のケータイでもないし、単なる音楽プレーヤーでもない。
そういう商品なのである。
color01.jpg
一方、販売日と端末価格は判明したものの、いまだバッテリーの稼動時間が未公表な
Willcom D4。ニュースサイト等では2時間程度と言われているが、ある筋からは4時間ぐらい
持たそうとしているという話も。正直、パソコン利用の視点で考えればどちらでも良かったりする
のだか、これを電話機能中心として考えると、世間で言われている貧弱という点は否めない。
一個人としては、スマートフォンの類で通話する気はほとんどない。EMobileのS11HTを
使っているがもっぱら移動しながらストリーミングラジオ聞きまくり、Googleカレンダをシンク
させ、ネットを見るぐらいの活用。この使い方で標準バッテリーでは1時間30分しか持たない。
そのため稼働時間をネガティブに考える必要はなく、むしろブラウザの貧弱さが解消され
通常のアプリがそのまま活用できる等を考えれば、D4のほうが良かったりもする。
かなり個人的な使い勝手に寄った話をしてしまったが、Willcom D4のポイントは
あのコンパクトさで、通常のアプリが走ること。
過去に東芝のLibrettoなど手のひらサイズPCは度々出ていたが、徐々に大画面化し
結局B5ノートぐらいに落ち着き、この手のひらサイズはスマートフォンの領域となっていた。
スマートフォンの場合、OSはWindowsMobileなどになるが、昔と比べ親和性は良くなった
とは言え、同じアプリは使えないなど何処か勝手が悪い。もちろん割り切りが必要なのだが
やはり勝手が異なるのは面倒だったりするのです。
そういう意味では、今回ハード的に省電力化され、このような形が出てくれたことは
個人的には感謝だし、一つの選択肢として増えたことは非常に良いことただと思う。
正直、こういうPCの認知度が上がって欲しいと思うが、価格面を考えれば高いし
そもそも複数台所有率は低く、一台目として買ってあれだけですべてこなすことも辛い。
実際のところはマニアのおもちゃどまりになってしまいそうな気がする。
ただ、今回はコスト面で高くなっても、製造コスト軽減でき本当に買いやすい
単価まで落ち着けば、一つのジャンルを確立できるかもしれない。
是非頑張って欲しいと思う。
※ D4、iPhoneの画像は各メーカーサイトから用いてます。

イーモバイル 音声通話提供開始、同時にNMP、ローミングもスタート

イーモバイルが新規参入してから、はや一年。
当初の予告どおり、音声通話サービス、NTTドコモ網へのローミング
そしてナンバーポータビリティー(NMP)の提供をスタートすることになった。
 正直、エリアはまだまだ微妙だし、NTTドコモ網ローミング対応機は1つのみ
 で、しかも従量制。でも、Willcomよりも高速通信ができて、あの値段は安い。
 また、これは個人的な話だが、既にデータカードを1年契約で所持し、その期限が
 4月。一旦解約して、新たにPDAタイプを購入すれば、一契約で両方楽しめて
 しまうのは、凄くオイシイ。
 さらに、NMPができるので、余っている良番を移動させることができ、その分コスト
 削減も可能。一個人としては良いこと尽くめ。
 とりあえず、NMPスタートの3/28にはHTCもしくは、投売り状態のEM ONEαでも
 ゲットしましょうか・・・・。
—————————————————————————–
イー・モバイルが音声サービス開始――”基本料金0円/月、パケット定額
1000円/月”からの「ケータイプラン」
2月25日15時47分配信 +D Mobile
 イー・モバイルが3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。
通話の基本料金が無料で、パケット定額が1000~4980円/月(新にねん契約
の場合)の「ケータイプラン」は、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が
付属し、2万3825パケットを超過すると0.042円/パケットが課金され、上限が
4980円となっている。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが
2.1円/通。
 また、データカードと音声回線を契約するとデータ通信料が0円~3980円になる
「ケータイプランデータセット」も用意。同プランを利用することで、データ通信カード
ユーザーは、追加の月額料金を支払うことなく音声携帯向けサービスを追加できる。
ケータイプランデータセットには、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が
付属し、2万3825パケットを超過するとパケット通信料が0.042円/パケット課金され、
上限は3980円となる。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが
2.1円/通だ。
 いずれのプランも、月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間
の音声通話を24時間定額で利用でき、固定電話への通話は5.25円/30秒、
他キャリアケータイあての通話は9.45円/30秒と非常に低価格になる。
 なお契約解除料は、「新にねん」を契約した場合、利用開始月から経過期間1カ月
までが2万4000円、2カ月目からは毎月1000円ずつ減額され、経過期間2年で1000円、
2年1カ月目以降は不要になる。端末購入時に、2万4000円を分割払いする「ご加入
アシストにねん」を利用した場合は、利用開始月から経過期間1カ月までが4万8000円、
2カ月目からは毎月2000円ずつ減額され、経過期間2年で2000円、2年1カ月目以降は
解除料が不要になる。
 イー・モバイルのサービスエリア外では、NTTドコモによるローミングで音声および
データサービスが利用できる。国内ローミングサービスを利用するには別途申し込み
が必要で、料金は月額105円。通話料は一律30秒あたり22.05円、パケット通信料は
1パケットあたり0.0735円、イー・モバイル端末間のショートメッセージサービス(SMS)
は1回5.25円(配信通知なし)もしくは7.35円(配信通知あり)。対象エリアは北海道の
札幌近郊をのぞく道内、青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、長野県、富山県
石川県、福井県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県
大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県で、その他の地域では
地下なども含めてローミングは利用できない。
 音声サービスに対応する端末は、2機種発表した。1つはHTC製のスマートフォン、EMONSTER「S11HT」で、QWERTYキーを備えたWindows Mobile 6搭載端末
となっている。SIMロックをかけておらず、海外では現地のSIMを装着して利用可能。
もう1つは東芝製の音声端末「H11T」で、ワンセグを搭載した回転2軸型の端末だ。
カラーバリエーションは4色を用意する。
最終更新:2月25日18時5分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080225-00000046-zdn_m-mobi
—————————————————————————–

ドコモPHSがサービス終了

1995年7月に北海道と東京でサービスインしたドコモのPHS(前身は、NTTパーソナル)
が、1月7日 24時を以ってサービス終了となった。
当時のケータイ電話は基本料、通話料も高く、なかなか手を出しにくいモノであったが
PHSの登場はそれらを払拭するほどのポテンシャルがあった。しかし、エリアの構築が
十分でなかったことや、ケータイ各社による度重なる料金値下げにより、ケータイに奪われ
衰退。今回、ドコモがサービスを終了することで、当時3社参入したPHSサービスは
Willcom(前身DDIポケット)を残すのみとなってしまった。
※ 正確には、関西地区のケイ・オプティコムがeo64でデータ通信として提供して
   いるので、2社存続している。
もともと、この分野にハマるきっかけをくれたのはほかならぬPHS。
特にNTTパーソナルは長年使ってきたこともあり、感傷深いものがあり
正直、サービスが無くなってしまったことは残念でならないが、サービスイン当時のCM
にあったキャッチフレーズ「みんなを電話にする」(この時、とんねるずが出演していた)は
まさに今のその状況。
間違いなく一定の貢献はしてくれたPHSに、感謝をしたい。