JALカード ブランド変更してみました。

マイルをためる上で、クレジットカードは手っ取り早く貯めるためのツールですが、カードによって還元率も異なるため、どのカードを選ぶかのポートフォリオが重要になってきます。自分の場合は、以前はJAL、ANA両対応させていたものの効率性を考える1社集中が良いため、JALのみにして、ここ数年貯めに貯めた訳なのですが、再びANAカードを入手し始めたこともあり再び再編を考えることに。。今持っているカードを挙げますと・・・・。

--- JALへの集約 ----
JAL JCB(CLUB-A)
AMEX
UC-GOLD(VISA)
--- ANAへの集約 ---- 
ANA-VISA
Diners Club
--- 非提携 ----
JACCS(MASTER)
VIEW(JCB)
計 7枚
 
上記が今までのカード構成でしたが、一言で言えば「カード持ちすぎ」な状態。個人的なスタンスとして、すべてのブランドは持つという考えがあるためその点を踏まえつつ、マイルが貯まりやすいようにとしていた訳ですが若干、不効率さは生じていたことから、メスを入れることに。で、今回手をつけたのが・・・・・。
  
1、DinersをJALカード(Diners)にして、JAL-JCBは解約
2、非提携のカード2枚の解約。
 
JALカードとしての年会費23100円と高くなるものの、両方持ったときの年会費は25000円以上となってしまうため、集約した方が安くなるというのもありますがなによりJAL Diners Clubにするメリットとしては、ポイント積算条件が1万円単位から100円単位に変わる。この部分が一番大きかったりします。Diners Clubは普通、1万円単位でポイントが付与されるわけですが、9999円以下は付与されないので、結構不効率だったりするわけですが、JALにするとショッピングマイルプレミアのおかげで100円単位でマイルが積算され、また手続きをすればDiners Clubのポイントも貰うことが出来るのですが、この時の積算単位も5000円単位と通常よりも条件が緩くなるため、どちらで使ってもお得になるというのがあるわけです。ANAにもDiners Clubがありますが、こちらは通常のカードと同じ積算条件。Diners Club持つならJAL。と言えそうです。そんなこともあってか、ちょうど1月始めに申込みをしたところ、修行中に届いていたようですが、当然受け取れるはずもなく、本日郵便局で無事受取。これで、今まで以上にDiners Clubを使う機会が増えそうです。残りの2枚については言うまでもないですが、今回JAL-JCB含め3枚解約するとJCB、MASTERブランドが無くなってしまうこと。何かで抑えないと・・・・。変に凝る癖いい加減に治さないと・・・・・。やっぱ死ぬまで直らないのかな・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です