8年越しの実現か? 紆余曲折の末、ANAがA380を導入へ(2016/1/1)

日経と言えば政治経済などの記事に重きをおき、ビジネスマンならば結構な人が習慣的に見ていると思うが、違う見方をすれば政治的な意図で使われる媒体だったりもする。ほぼ決定した情報を発表数日前に報道する場合もあれば、感触を確認する、すでに没な話だけどネタとして流すケースも。簡潔に言えば当たるも八卦、当たらずも八卦な媒体なのですが、新年早々飛び出したのが「ANAがA380を導入」という記事。

ANAがA380を導入する?という話は、実は今に始まったことはない。直近では支援することになったスカイマークの騒動の時。スカイマークの債権者から支援者として認めてもらうために、スカイマークが発注したものの完成前にキャンセルし大損を被ったエアバスに対してA380を買っても良いと仄めかし同意を取り付けようとした時。実際はANAと決まったタイミングで撤回。債権者の怒りを買い、新たにデルタを担いだ一派と支援計画決定に向けて一騎打ちすることになった。(このタイミングで最終的にANAはエアバスにA380買うと約束する羽目になった。それが今回の話になる)

と、スカイマーク騒動でA380の話題が出ていたが実際ANAは2008年段階で自ら導入を計画していた

ANA A380導入に向け調整開始 9月までに決定へ

当時の振り返りだが、客単価の高い海外路線を収益の柱にしようと思っていた中で、日本人だけでなく外国人の利用者も増やす、エコノミーよりビジネスシート増やして利益率高めようとしていたので、シンガポール航空含め海外勢数社が導入し”豪華な仕様”で展開すると言っていた故に、他社との競合に勝つためにキャッチアップする思惑もあったようだし、また燃料高騰していた時期で、さらに航空業界のトレンドとして飛行機輸送は昔からの大型機材での大量輸送ではなく小型機多頻度輸送するトレンドになりつつあった頃。いくら燃費の良い小型機でも複数便運航すれば燃料費は大型機1機飛ばすより高くなるため、逆にこのトレンドに反して昔の大型輸送に戻そうと考えた節もある。(特に中小型機による多頻度輸送のトレンドを後押しするためにボーイングは最新鋭B787を開発していたがご存じのとおり何度も遅延していたので、ANAの機材計画=路線展開等とズレが生じはじめていたことも背景にあった。

結果としては、ANAはA380は導入せず、B787ローンチまで待ち続けていたのだがもう少しB787が遅れればA380が導入された可能性もあったかもしれない。

と昔話が膨らんだが、今回の記事は本当?またガセ?どっち?となる訳だが、今回は買うと思う。いや買わざる得ないというのが本音かもしれない。前述したけどスカイマーク支援に対してエアバスにA380を買うと約束してしまっている。さすがに2度もエアバスを裏切るのはなかなか厳しいと思うので何等か機材は買うことは確定。じゃJALみたいに開発中の最新鋭機A350や地方で大活躍のA320にするとか選択肢もある訳だけど機材・路線計画的な観点で見ると成田・羽田を中心とした幹線はこれ以上便を増やせないから中型機材を追加で入れても余剰率が高まる。(A350は国際線でこそ役に立ちそうだけど路線増えなければ追加しても意味ないし、B767からの置き換えとかもあるけど、国内転用するにしたも北陸新幹線開業で小松・富山就航していた中・大型機材は一部別路線転用したりと、やり繰りしている状況。売るにしても機齢古ければ・・・・)
小型機はまだ使い道はありそうだけど地方間輸送として路線拡大させてもあまり需要がないし、近距離国際線もLCCが相次ぎ参入で利益薄くなる一方。またエアバスの視点で見るとA380はあまり買い手がいないので、作ってしまったけどキャンセルされてしまった完成品・製造途中だったA380をどうにか捌く必要がある。当時完成品・製造途中だった機材はおそらく別のカスタマーに相当数値引きして売った可能性はあるけど、もともとの発注数はそのままでさらに追加で買う可能性は低く、もともとの発注数の内数に組み込まれていると思われる・・・。仮にそうだとすると、そのカスタマー向けに製造するために部品発注等は下請けに出していた可能性は高く、キャンセルしていたとしても多少なりとも損害も出ていた可能性もある。(故に新しい客を見つける必要は変わらないのかも) またエアバスは不人気化しつつあるA380の話題作りを欲しているので、導入済みの航空会社の追加よりは新規の航空会社に採用された事実の方がうれしいはず。

長々と書いたが中小型機に振替することは可能性としては低いんだろうと。では何を理由にA380を買うのか?だが、日経さんの記事でも触れられていたがハワイ線の拡充。

ハワイ線は日本人がよく利用するし、JASとの合併までは国際線中心だったJALはこの路線枠を持っていて、今でも多数の便が運航されている。ANAとしては最近JALを抜き首位となったが、ハワイ線でも優位に立ちたい・・・・。なら増便したいが前述の通り成田や羽田発着枠は満杯だし、アメリカ路線はアメリカとの政治交渉も絡んでいて、簡単に便を増やすことはできない。ならば今持っている枠はそのままで輸送数を増やすしかない・・・・。ならばB747導入?という選択肢も出てくるけど性能比較で大幅に差がある訳でもないから、それならばエアバスの顔も立てられるA380を選んだ方がマシとなる訳で消去法的にA380しかないという感じになる。

ちょうど今が両社の思惑としてはちょうど良いタイミングなんだと思う。

ただ、リスクも結構あるなぁと感じる。
ハワイ線って観光路線なので客単価は決して高くはない。ANAとしては輸送できる人数が限られるから増やしたいが先なんだろうけど、購入すると思われるA380に他の欧米路線のようなエコノミーよりもビジネスやファーストクラスの率を増やす展開ができるか?と言えば、難しいかなと思う。おそらくエコノミー率が多くなるのだろうと思うけど、そうすると季節変動やテロとかの騒動で利用者が減ったりすると別路線に転用したくても転用しにくいかな?と思う。結果として空気運ぶだけで利益率が下がるなんてオチにならなければ良いのですが・・・・(まぁビジネスクラスの余剰率高まると上級会員にとってはアップグレードしてもらえる率高まるから、個人的には嬉しいけど)

ともあれ、ANAも馬鹿じゃないからしっかり検討はするだろうけどどうなるのか楽しみ。

—————-
ANA、超大型エアバスA380導入 3機1500億円
2016/1/1 2:00

 ANAホールディングスは欧州エアバス製の超大型機「A380」3機を国内勢で初めて導入する。発注規模は定価ベースで約1500億円。国内線は人口減で頭打ちとなっており、国際線の拡大に向け大型投資に踏み切る。2018年度にハワイ路線などに投入する見込み。1座席当たりの運航コストが低い超大型機の就航により、人気の太平洋路線で運賃競争が激しくなりそうだ。

 A380は総2階建てで500席超の座席設定が可能な世界最大の旅客機。1度に大量の旅客を輸送できるため、競合機に比べ1座席当たりの運航コストが約15%低いとされる。07年にシンガポール航空が世界に先駆けて就航させ、独ルフトハンザ航空やアラブ首長国連邦(UAE)ドバイを拠点とするエミレーツ航空が導入している。

 ANAは14年に国際線の旅客輸送実績で日本航空を抜き、国内首位に立った。ただ首都圏発着のハワイ路線で提供する座席数シェアは約20%。約35%の日航に差をつけられている。日本からハワイへは年間約150万人が訪れ、航空各社の平均搭乗率は80~90%。ANAはハワイ路線の既存機材の2倍超の座席数を設定可能なA380の導入で1便当たりの旅客数を増やし、シェアを高める。

 国内ではスカイマークが11年に6機のA380の購入契約を結んだ。前払い金の支払い遅滞などを理由に14年にエアバスが解約を通知。15年1月にスカイマークが経営破綻する一因にもなった。

 スカイマークには現在、ANAが16.5%を出資し、再生を支援している。15年8月の債権者による投票の際、スカイマークの大口債権者だったエアバスにANA支援案への賛成を求める見返りに、将来的な機材発注の可能性を伝えていた。

カテゴリー: ANA | タグ:

【ANA搭乗録】福岡往復

20131203-231725.jpg

小倉で行われるイベントに参加するため福岡へ。
本当は、北九州空港が最寄りなので北九州空港往復が良いのですが、イベント終演時間がなんとも不明瞭だったのと21時20分発の最終便で帰えるためには20時5分に小倉発北九州空港行きリムジンバスに乗る必要があり、逆に小倉から新幹線で博多、そして地下鉄で福岡空港ならば小倉を20時30分まで居られて、福岡空港発最終便21時30分に間に合ってしまうことから、あえてこのルートで。

さて以下は搭乗録。
1.羽田→福岡
NH245(B777-200 JA713A)
HND 09:00 Spot:73 R/W:05
FUK 10:55 Spot:7 R/W:16
もともと11時過ぎの便だったものを前倒し。しかし満席のためキャンセル待ち。
幸いステータス持ちが私だけだったようで難なく前倒し完了。

2.福岡→羽田
NH274(B737-800 JA60AN)
FUK 21:30 Spot:5 R/W:16
HND 23:11 Spot:67 R/W:34R
数便の着陸を待ってから離陸。

ANA搭乗録 6月1日 香港へ

台北で開催されるComputex Taipei2011に行くのだが、香港も久しぶりに
立ち寄ってみたいと思い香港経由で行ってみる事にした。
【搭乗便】
 ANA1171便 東京羽田→香港 B777-300ER ( JA778A )
ana1171_hnd.jpg
東京羽田 : (搭乗口) 108  (滑走路)  離陸 05
香港 : (搭乗口) N32 (滑走路)  離陸 25R
(定刻) 8:55 → 12:35   (実績) 8:55 → 12:35
羽田空港に1時間30分前に到着。香港から台北まではエバー航空利用だったので
手荷物を台北までスルーバゲージしてもらうが、微妙な手違いもあり手続きに時間を
要したのと、成田と違って上級会員向けのセキュリティーレーンがなく、見事に混雑に
嵌ってしまい搭乗時間の20分前にやっとラウンジで小休憩。
いつもならば優先搭乗で行くがこの日は最終案内タイミングで搭乗する。
定刻にドアクローズし、すぐさまプッシュバックしたものの一向に機体が動き出さない。
10分程度経ったところで機長より「左エンジンのエアコンシステムに不具合
発生で緊急整備中」とのアナウンスがあり、プッシュバックして20分少々経ってやっと
滑走路に向け移動開始する。(すぐ後ろには、このスポットに入る予定?のエバー航空な
機体も待機中。これのおかげで多少なりとも出発遅延とかしていそう・・・・。)
9時30分頃、R/W05より離陸したあとは、順調に飛行。ただ、香港到着は羽田での整備
の影響でいつもなら定刻より15~20分程度早く到着するところが、ほぼ定刻に到着。
時刻表上では定刻出発の定刻着だが実質はディレイ。
機内では、ラウンジでの朝ビールに続き、機内でもビールを飲みながら、エンタメシステムで
どちらも良い味を出していた俳優さんである、児玉清氏出演番組と中条静夫氏出演番組
を視聴する。
ana1171_hnd_eat.jpg
※ 機内食。

ぶらり旅 はじめての根室中標津空港

ana837_101113.JPG
気がつけば1年ぶりの更新でしょうか。
やっと更新できるだけの力が戻りつつあるので、まずは一回更新してみることに・・・
(再び続けられるように頑張らないと)
毎年恒例となった北海道養老牛温泉でのオフ会に参加。
いつもならば釧路から入りますが、今年は仕事の関係で根室中標津から入ることに。
※ ANA837便 東京羽田→根室中標津 B737-800 ( JA58AN )
  東京羽田 : (搭乗口) 504 (スポット402 (滑走路)  離陸 34R
  根室中標津 : (搭乗口) 1    (滑走路)  着陸 16
  (定刻) 11:40 → 13:20   (実績) 11:40→ 13:24

ANA搭乗録(8月9日) 千歳から羽田へ

もともとは20時50分発のAIRDOとのコードシェア便で帰宅予定だったが
到着したのが17時過ぎだったこともあり、前倒しすることに。。
【4 (24)】 ANA053 東京羽田→札幌千歳 B747-400 ( JA8966 )
ana074_0809.jpg
  千歳     : (搭乗口) 8 (滑走路)  離陸 19R
 東京羽田 : (搭乗口) 58  (滑走路)  離陸 34L
  (定刻) 18:30→ 20:05   (実績) 18:33 → 20:03
(Twitter)
この便も満席。前倒ししてもらった際にどうにか窓側席を確保してもらったものの
2階の階段近くだったため、窓と席の間に若干空間があり若干見難い状況に。
まぁ前倒しできただけでもよかったと言うべきなんだろうが、ちと残念。
混雑もあってドアクローズ自体は定刻後となったが、即離陸できたこともあってか
遅れを挽回し、2分ほど早く到着となった。

ANA搭乗録(8月8日) 千歳へ

北海道でBBQをするという話が持ち上がり参加することに・・・・。
前回のオフ会から2ヶ月ぶりの北海道である
【3 (23)】 ANA053 東京羽田→札幌千歳 B747-400 ( JA8966 )
ja8966_20090808.jpg
  東京羽田  : (搭乗口) 52  (滑走路)  離陸 34R
  千歳     : (搭乗口) 9 (滑走路)  着陸 19R
  (定刻) 8:00→ 9:35   (実績) 8:03 → 9:38
Twitterへのカキコ
搭乗ゲート
 夏休みシーズンということで満席。また当初、53番スポットからの出発であったが
 急遽機材変更(と言っても同型JA8961からの変更)がかかり、52番スポットから出発に変更
 それらもあってか搭乗開始予定時間から遅れて開始するなどあり、定刻より遅めの出発と
 なった。
 ドアクローズ後20分後に離陸。北海道内では雲が低い位置まで立ち込めていたこともあり
 若干揺れ等もあったが無事到着。最近は、乗ったらウトウトしてしまうが毎年恒例となった
 ANAオリジナル扇子を購入する必要があったため、ウトウトすることなく過ごす。。

上海・香港・深圳(シンセン)に行こうと画策したのだが・・・・

そろそろ夏休みシーズン。
一気に休みがとれるシーズンでもあるので、再び海外に行くことにした。
ちょうど前回行けなかった上海・深圳(シンセン)で携帯市場を見学しつつ
香港でSIMフリー版iPhoneでもゲットしようと考え、ANA・上海航空のスターアライアンス系
で羽田から関空経由で上海に行き、その後香港に飛ぶコースでチケットを確保したのだが
確保してから一週間経った今日、サイトを覗いてみると「予約便出発時間が大幅に変更に
なりましたので連絡ください」との記載が表示があり、予約行程を見ると上海から香港への
上海航空便が17時発が8時発に前倒しされていた。
当然この日の朝に日本から上海に移動して、香港に向けて移動するまでの数時間の滞在で
携帯電話市場を視察する予定だったのだが、これでは上海滞在どころが、上海に行く前に
なってしまうため、とりあえず、ANAのSFCデスクに連絡し、便変更の相談をする。
しかし、上海航空の香港便でかつスターアライアンス加盟ユーザーが利用できる便は
17時より前倒しされた15時台のみ。関空から上海に到着するのが11時過ぎなので
滞在するにはちと厳しい感じ。
仕方なので一旦すべての行程をキャンセルすることにした。
そういえば昨年の11月に上海経由で行こうとしたが、あの時は15時台の便を希望して
いたものの、この便が欠航になって17時台しかないと言われ、やむ終えず香港行きの
直行便にビジネスシートを利用して行った記憶があるが、今度は17時台希望だったのに
予約便が8時台に変更され、しかもその日の利用できるのは15時台。
なんというか、このコロコロ変わる部分がさすが中国というべきなのでしょうか・・・・。
とりあえず、別日で再設定しますか・・・・。でも、SIMフリーなiPhone買うだけなら
香港在住のあるお方様に別途費用お支払いしてお願いする方法もあるので
わざわざお金かけていくまでもないような気も・・・。ついでに5月に行ったばかりだしな・・・・。
う~ん迷います。。

まだ懲りていない? ANA プレミアムパスを再び販売へ

4月にANAプレミアムパス購入者が傍若無人な対応をしてマイレージの会員剥奪
され、その一件がゴシップ誌に取り上げられたことを書いた。
ANA 機上生活者と珍妙トラブル
企画したANAもしっかり手を打っていなかった点も問題だし、お客さん側もお得意様意識を
丸出しにして、やりたい放題やってしまったという両者に問題ありと言えるものであったが
正直この一件でANAはこの手の企画はもうしないと思っていたのだが、ここにきて再び
ANAが300名限定でプレミアムパスの販売を告知した。
プレミアムパス300 の告知ページ
サービスの詳細をまとめると以下の通り。
 ■ 価格やマイル積算など
  ・ 価格は300万円。募集人数は300名。
  ・ 有効期限は2009年9月からの1年間で、年間の搭乗可能上限回数は300回まで。
    (有効期限前に300回到達したら、期限があっても利用不可)
  ・ マイルの積算は、搭乗回数に関わらず一律20万マイルのみ
    (搭乗ごとのマイルは付与されない)
  ・ 上級会員など次年度のステータス判定するためのプレミアムポイントは、搭乗毎に付与
 
 ■ チケットの予約、空港での提供サービスについて
  ・ 予約について、同一搭乗日かつ同一区間のご予約は1つに限定。
   (単純な1往復は可能だが、同じ路線をひたすら往復する俗に言うピストン修行はNG)
  ・ 経由便など複数便を乗り継いで目的地に向かう場合、乗り継ぎお手続き・手荷物の
    預かりは最大3区間まで、かつ1予約番号であること。
    (複数の予約番号に跨った乗り継ぎは不可 = 修業的な搭乗方法もNG )
  ・ 手荷物は最大35キロまで優遇
 ・ プレミアムパスユーザー専用のネームダグ・パスケースがもらえる
 とざっくり纏めてみましたが、修行層対策がしっかりなされています。
 そして、注意書きを見てみると・・・・・・。
  ———————————————————————–
  ▼お願い
  「プレミアムパス300」でのご予約は、変更・取り消しのお申し出が
  なければ、搭乗日まで自動キャンセルはされません。このため
  不要となった予約をそのまま放置されますと、座席の有効利用に
  支障をきたすことがございます。お使いにならない予約は必ず
  お取り消しいただきますよう、皆様のご協力をお願い申し上げます。
  出発前までに予約を取り消しされなかった場合、当該便に搭乗され
  たものとして、搭乗回数に含みます。
  ——————————————————————————
 
  ——————————————————————————
  ▼ご注意
「プレミアムパス300」でご予約・ご搭乗いただけるのは、「プレミアムパス」
   に記載されたパスの名義人1名様のみです。同一搭乗日・同一区間の
   ご予約は1つに限らせていただきます(日帰り往復の旅程は可能です)。
   例) 9/1 羽田⇒伊丹NH19便+9/1 羽田⇒伊丹NH21便・・×
       9/1 羽田⇒伊丹NH19便+9/1 伊丹⇒羽田NH36便・・○
   このほか、旅程上成立し得ない複数の予約などはご遠慮ください。
   他のお客様も含めた座席の有効利用、「プレミアムパス300」の円滑な
   ご利用のために、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
   また、このような場合には、弊社より予約の一部取り消しをお願いする
   場合がございます。あわせてご了承ください。
   ——————————————————————————-
 まさに、傍若無人な対応をし会員剥奪されたユーザー対策もしっかりされています。
 これで、変なお客さんも排除できて、搭乗回数制限でANAが採算割れすることも回避。
 しかも、300名から300万円を先に回収するので、いっきに9億円も売り上げが経つ
 分けで、収支面も含めて万々歳な状態になったわけです。
 これだけ企業側がハッピーな状況と言うことは、言い換えればユーザーから見れば
 昔と比べて明らかに改悪に。
 厳密に損得の計算は別の方に譲るとしても、搭乗回数だけで見れば羽田~大阪線
 のプレミアムシートの正規運賃は2.75万円なので、ざっくり100回以上乗れる人なら
 元は取れると思いますが、今まで得られていたマイルが一律付与になったことで
 長距離路線を利用していた人には旨みがさらに減ることになる。
  ———————————————————————————–
  例 : 東京~沖縄線を1日1往復で年間50日利用。
区間マイル 984マイル + プレミアムパスのボーナス100% = 1968マイル/搭乗
     1往復(2搭乗)×50日なので、計100搭乗で196800マイル。
     ※ 実際は、さらにプレミアムシートのボーナスもついた。
   ———————————————————————————–
  
  去年販売分なら200回、300回乗れれば乗っただけマイルもついたし、搭乗回数を
  300回と制限されてもマイルが積算されていれば、まだ良かったかもしれない。
  しかし、今年の条件はマイルの積算は一律20万マイルのみ。
  と言うことは、実質103搭乗以上する人は貰えていた部分がなくなり損することになり
  修行僧以外のユーザーにとってもメリットが減ってしまうことになる。  
 
正直、300万円も先に出す訳だから多少出しても良いと思うような条件にしておくべき
  部分もあるのだが、ここまでキツキツにし、修行層排除だけならまだしも一般ユーザーに
  まで魅力半減と感じさせてしまう可能性があるのにプレミアムパスを販売したのには
  驚いた。
  
  やはり顧客満足度より先払いで9億円手にすることができるという部分が魅力なんだろうか。
  申し訳ないが、ここまで企業側の利益ありき的な持ってきかたするならば、最初から
  販売しないほうがムダに顧客満足度低下させることなく良かったような気がするのだが。
  
  
  

ANA搭乗録(6月7日) 羽田へ。

オフ界も終わり、東京に戻ることに。
帰りは行き同様にANA便に搭乗。



搭乗回数便名路線FOP切符 費用 備考
ANA082札幌千歳→東京羽田

【17】 ANA082 札幌千歳→東京羽田 B747-400 ( ※失念した。 )
ana082_0607.jpg
  千歳     : (搭乗口) 8 (滑走路)  離陸 19R
  東京羽田  : (搭乗口) 54  (滑走路)  着陸 16L
  (定刻) 20:45→ 22:20   (実績) 20:45 → 22:15
札幌から快速エアポートに乗り20時に空港着。既に必要な買い物は済ませていたため
そのまま手荷物検査を受けゲートのラウンジへ。
10分程度の小休憩の後、優先搭乗の案内にあわせて搭乗する。
この飛行機も満席。ユーザーがたくさんの荷物を抱え、座席上の収納棚に分散して
入れていく中、こちらは二階席の窓側だけにある収納ボックスをフル活用し
たくさんの荷物を収納。さらに行き同様後ろに席がないシートを抑えたので
快適そのもので、おかげで1時間30分の時間をほぼ爆睡してしまった。
と言うか、最近即寝てしまう比率が増えましたな・・・・

ANA搭乗録(6月6日) 千歳へ。

長年続いた仲間内の集まりに参加すべく、北海道へ行くことに。
昨年、濃霧でヤキモキした釧路からは半年振りだが、札幌については
実に1年ぶり。昔は2~3ヶ月おきに出向いていたことを考えると実に落ち着いた
といえる。



搭乗回数便名路線FOP切符 費用 備考
ANA053東京羽田→札幌千歳

【】 ANA053 東京羽田→札幌千歳 B747-400 ( JA8963 )
ana053_0606.jpg
  東京羽田 : (搭乗口) 57 (滑走路)  離陸 34R
  千歳    : (搭乗口) 9     (滑走路)  着陸 19L
  (定刻) 8:00→ 9:35     (実績) 8:00 → 9:29
 出発1時間前に、羽田空港到着。何処にも寄ることなく優先のセキュリティーチェックを
 とおり、ラウンジでまったり。この時間ならばエアポートラウンジに行くとクロワッサンが
 もらえたりするのだが、それよりもまだ入ったことがなかった北ピアのsignetへ行き
 トマトジュースを飲みながら、パソコンを使ってネット接続を楽しむことに。
 30分程度ネット接続したのち、搭乗開始の案内がなされた時点で搭乗口へ移動。
 少し並んだうち機材へ乗り込む。
 ほぼ満席だったようだが、ほぼ定刻にドアクローズ。そのまま34Rから離陸。
 しかし、全国的に気候が悪いこともあって揺れも多々発生。
 離陸してから20分程度、そして着陸時も到着40分前ぐらいからベルトサインが
 点灯するなど、あまり動きがとりにくい状況だった。